excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


イソダの住まい エース級仕様(1)

当社は外断熱工法のソーラーサーキット(SC)の家を標準的な仕様としております。


高断熱化と高気密な住宅を造るのに外断熱工法は最適だからです。


そして耐震等級
3
に適合する耐震住宅を標準仕様としてますが、お客様のご要望でプラスTIP構法をお薦めしています。


地震大国日本で最も木造軸組構法に適した
T・I・P構法
は中越地震等で、倒壊した家屋は皆無という実績を残しました。


当社仕様のエース級仕様が
SC
TIP構法を採用した住宅となります。


当社は建築基準法の耐震等級3の上を行く高耐震住宅をお薦めしてるのです。


日本人の平均寿命は年々伸び、高齢化の人口構成が増加し、自立生活のできる健康寿命が大切な時代となりました。


住宅の寿命も国土交通省の『長期優良住宅』の政策により、従来の
30
年から100年は住み続けられる家へと転換しました。


高断熱の暖かい家は家庭内事故(ヒートショック等)も少なく健康的との実証も揃い始めています。


現代は、人も住宅も病期や地震に強い家が安心、安全の主流となりました。


次回は
SC
TIPの家の安全・安心性の構造を現場写真で紹介いたします。



# by isoda-shonan | 2017-11-21 17:02 | Comments(0)
人生のつまづきが始まる時

取引先の会合で、信用銀行の理事長が挨拶された。

『人も会社もちょっとした過ちから、転落が始まる』と挨拶が始まった。

最近の一流企業の失態や、横綱日馬富士の暴行事件を指してのことだ。

『日々緊張感を持って会社経営を。自己の行動には社会的責任を感じて欲しい』と締められた。

今朝の出勤途中のラジオから流れてきたのは『酒とバラの日々』。

アンディー・ウイリアムスの甘い歌声が、寛容に溢れた古き良き時代のアメリカを思い出す名曲だ。
おなじ題名の映画は、日々の快楽と華やかな生活から一転、アルコール依存症による人生の転落を描いたもの。

当家の家訓に『酒は飲んでも、飲まれるな』がある。第2代社長の長兄からの戒め。

何かあると兄弟本家腰越の家に集まって、よく酒を酌み交わした。

深夜まで口論もしたが、酔いに任せては無し、真剣だった。

今朝のスポーツ新聞は早くも日馬富士引退と報じている。

心の中での心配事は土俵に現れる。今場所2連敗のスタートはこの事件があったからか?。

酒の力は恐ろしい。今までの努力も本人の長所名声も一瞬に無となった。

こののち、厳しい断が下されるが、横綱としての社会的重責が問われることになる。



# by isoda-shonan | 2017-11-15 11:56 | Comments(0)
モズの高鳴き深まる秋



今年の立冬も過ぎ、穏やかな晩秋の季節となりました。

『キーキリキリキー』と、鎌倉西北は自然が色濃く残り、モズの高鳴きが晴れた青空に響きます。

鋭い嘴と目を持つモズの勇姿を撮ろうとカメラを持って早朝散歩に出かけた。

最初に出会ったのは北国から秋に渡ってきたジョウビタキ、日本で越冬するためだ。

オレンジ色の胸に黒マスク、白い紋付の羽をもっている。

尻尾を上下させる野鳥は多いが、この日で出会った鳥のジョウビタキ、モズ、セキレイは皆シッポ上下派だ。

お目当てのモズが高枝の上で縄張りを主張してるが逆光の位置。

セキレイ類、シジュウカラ、が飛び交い、ウグイスは藪の奥で地鳴きしてる。

暖冬を思わせる今年の秋は、紅葉は未だ走りだが、ハゼの木がグラデーションに輝いていた。


モズ 高鳴きの後飛び立つた

e0050231_15343284.jpg

畑のキセキレイ

e0050231_15351783.jpg

シジュウカラ

e0050231_15354425.jpg

ハクセキレイは電線の上

e0050231_15361971.jpg

柿が色づく

e0050231_15364805.jpg

ハゼの木

e0050231_15381114.jpg



# by isoda-shonan | 2017-11-10 15:39 | Comments(0)
激闘日本シリーズ 一横浜フアンの反省



神奈川の郷土チーム横浜ベイスターズを長年応援してる。

10歳年上の兄の影響もあったが、大洋ホエールズの時代からだ。

1960年、大洋ホエールズは名将三原監督を要し宿敵水原監督率いる巨人を破りセ・リーグ優勝を果たした。その勢いで球団初の日本一に輝いている。

当時の大洋の主力選手は明大野球部出身者が多く、中でも秋山―土井のバッテリーの活躍で同窓の兄は大洋優勝に狂喜してた。また『三原マジック』という言葉が流行語となった。

2回目の日本一は大魔神佐々木投手が活躍した1998年。打線も一度打ちだしたら止まらない『マシンガン打線』と呼ばれた好打者揃い、監督は権藤博だった。

時は移り横浜DeNAベイスターズ時代に。
昨年からラミネス監督が指揮をとり
Aクラス入り、初めてCSに進出するチーム力をつけてきた。

相手に貯金を殖やすチーム横浜銀行と揶揄され、常勝ならず常負けの横浜がAクラスを2年続けた。

球界の4番筒香や小魔人山崎、今永の活躍に大勢のフアンが横浜球場に駆け付け超満員のゲームが増えた。

今年はセ・リーグ覇者の広島を破り日本シリーズに進出。フアンは下克上シリーズと呼んだ。

もうここまでの活躍で横浜フアンは充分のはずが、人の強欲は深淵にして奥深い。

ベイスターズフアンは3連敗の後、2連勝した横浜に3度目の夢を託し始めた。

5戦でルーキー浜崎の力投を見て勢いを感じ、33敗のタイに持ち込めば流れが変わる…・今年は神奈川の年だー!。

と、郷土愛のフアンも私も欲を掻いてしまった。

6戦、一点先取された今永を打線が援護、白崎のホームラン、ロペスの2点タイムリーで3対Ⅰとリード。

やったー・・・!、この時点で祝盃を上げてしまったのがいけなかった。謙虚さが足りなかった。

9回裏、切り札山崎が内川にホームランを打たれ同点に、内川は元横浜の選手、痛い恩返しを受けてしまった。

延長12回裏、走者12塁でライト前ヒット、梶谷の好返球が不運にもイレギュラーし走者生還。

勝利の女神はソフトバンク・ホークスにオリーブのクラウンを投げ与えた。

2チームの投手力、攻撃力は遜色無い、小さなミスを重ねた横浜と安定してた福岡との差で優勝が決まった。

それにしてもよくやったラミネス監督、選手達、来年の日本一を夢見て、応援を続けたい。



# by isoda-shonan | 2017-11-06 15:14 | Comments(0)
SWH( 健康・省エネ住宅)は賢く補助金を利用できます(2)

最近は英語表記が氾濫してますが、SWHとかSWTが注目されていますがご存知でしょうか?。

窓を2重サッシにしたり、床下に断熱材を充填し『暖かい家』にリフォームし、国の補助金を工事費の1/2、最大100万円受けられるのが、国土交通省のスマート・ウエルネス・ハウス(SWH)事業です。


SWTは各都市で導入が始まっているスマート・ウエルネス・タウンの総称です。

湘南地区では、辻堂のFujisawa SST(サステナブル・スマート・タウン)が完成済みで、ここの住宅は全てZEH(ゼロエネ・ハウス)で建設されています。

将来住宅の高断熱化と太陽光発電、家庭用蓄電池の採用で自立型ゼロエネ住宅が普及すると、先進国の中でも省エネ国家の先導に立つことになります。

同時に既築住宅の断熱リフォームの推進も、我が国の高齢化社会に対応し、医療費削減と健康寿命の延伸に『暖かい家』を普及させる政策なのです。

当社が所属する『健康・省エネ住宅を推進する国民会議』の会員のみが、国土交通省の認可を得てSWH事業の補助金を受け取ることが出来ます。(簡単な健康調査にご協力頂きます)


一般的な延床30坪の家のSWH断熱リフォームの例 (実際には現地調査しお見積もり)

窓の断熱改修 2重サッシの取り付け工事費 材工共  一式  110万円

床下断熱工事費                      “        35万円

小屋裏断熱工事費                     “        30万円

高能率給湯器への交換工事費             “        15万円

                            税別合計       190万円 

190万円×1/295万円  SWH補助金

実際のお客様負担額   95万円

なんと高齢者に優しい暖かい家への改修工事190万円が半額の95万でできるのです。

現在お住まいの家で今年の冬の健康調査を済ませておけば、断熱リフォーム施工が来年4月を過ぎても、今年の予算に間に合い補助金は受給できます。

国土交通省SWH事業のお問い合わせは当社リフォーム事業部實方(0120-27-3127)まで。



# by isoda-shonan | 2017-11-02 15:31 | Comments(0)
かながわ健康・省エネ住宅シンポジウム2017開催(1)

2020年に向けてのZEH50%の目標が進む中、断熱性に優れた省エネ住宅=『暖かい家』は健康的とする新しい医学的エビデンスが収集されている。

10月28日表題のシンポジウムの基調講演で慶応大学 伊香賀 俊治教授は、寒冷地と温暖地の『冬季死亡増加率』は寒冷地北海道の10%増加に対し、温暖地の茨城県が25%も増加してると指摘。

さらに他の寒冷地の断熱住宅普及地でも冬季死亡増加率は低くおさえられている。
『暖かい住まい』は高い血圧が抑制されるからとも。

寒冷地の住宅は気候に準じた高断熱住居になっており寒さは軽減され、反対に温暖地は住宅の断熱化に関心が少なく、断熱住宅の普及率が遅れたからとデーターを示した。

また国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部 渡辺麻衣子氏は、カビ・ダニの権威として、『住宅の性能・住まい方と室内のダニ・カビ汚染』について講義された。

具体例として、石巻の仮設住宅の調査結果を報告された。

応急仮設住宅はその目的から断熱性が乏しく結露から多くカビが発生、住人は多量の病原物質に暴露され続け、アレルギー性気管支肺真菌症患者が多く発症してる。

またその改善には

・住居の断熱/気密性をバランス良く高める

24時間換気装置のような新たな換気システムの導入

・湿気の供給源の特定とその除去を上げました。

住宅内のダニ(ヒョウヒダニ)は室内のカビをエサとして繁殖するので、カビの原因になる結露を抑える断熱改修が必要とも。

やはり住宅は結露しない、補助的な暖房で快適に過ごせる、高気密高断熱の省エネ住宅が健康住宅の本流に位置してると確信しました。

(次回に続く)



# by isoda-shonan | 2017-10-30 16:19 | Comments(0)
魅力的な都道府県ランキング2017


この10月、国内の魅力的な都道府県の21017年ランキングがブランド総合研究所から発表された。

我が郷土神奈川県は5位、都市ランキングでは鎌倉市は7位となっている。

ちなみに47都道府県ランクでは、①北海道②京都府③東京都、都市では①函館市②京都市③札幌市とランクされた。

北海道の人気が高いのは、北の大地、夜景、ロマンチック小樽、美瑛の花畑、ニッカ、イカ刺、白い恋人、日ハム大谷のおかげか?

神奈川県は湘南の海、箱根の山、歴史の鎌倉、葉山御用邸、横浜みなと街、京浜工業地帯、と経済と自然が調和した近代的都市を形成する。

鎌倉市は源氏による鎌倉幕府発祥の地、鎌倉五山と禅、流鏑馬、鎌倉彫、能舞台、鎌倉文人、別荘文化、鳩サブレー、鎌倉シャツに連なる。

特に湘南地区は、穏やかな海洋性気候に恵まれ、明るく、スマートなライフスタイルを醸し出す土地柄と感じています。



# by isoda-shonan | 2017-10-25 09:00 | Comments(0)
超大型台風一過

本日の早朝上陸予報の超大型台風に、久しぶりに前日から雨戸を閉めて対応した。

エリアメールでは、何度も避難準備を伝えてきていた。

深夜まで選挙速報を見ながら起きていたが雨風とも超大型にしてはそんなに酷くなかった。

我が家の窓を二重サッシにした効果も大きく、外部の音は半減してる。

衆院選でも、小池代表の嵐は吹かず、国民は安定政権の道を選択した。

鎌倉市長選も3期目を目指す現職が早々と勝利宣言し、あっけなく終了した。

稲村ケ崎のお客様訪問で134号線を走ったが、海は大荒れ、晴れた青空を波しぶきで霧が掛かったような視界に。

海もいつもの青さは見えず、茶褐色になっている。

大リーグもヤンキースの嵐は大人しく、アストロズに優勝を預け、ワールド・シリーズ日本人対決の投手戦は実現しなかった。

あと残るは横浜ベイスターズが王者広島カープに、どこまで食い下がれるかだ。まだ期待したい。

それと、ボクシングの村田選手が実力を発揮、世界チャンピオンを捕れたのは、快挙だった。


台風一過の七里ガ浜 134号線

e0050231_14085846.jpg


腰越漁港に押し寄せる荒波

e0050231_14095175.jpg




# by isoda-shonan | 2017-10-23 14:10 | Comments(0)
今年のワールドシリーズの期待

メジャーリーグのリーグ優勝決定シリーズで両リーグとも日本人投手の活躍で、今年のワールドシリーズは日本人投手の投げ合いが観られるかも知れない。

これが実現すれば、日本野球史上の快挙となるはずだ。

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手はリーグ優勝シリーズ5戦目に先発し、3勝目となる貴重な試合に快勝し、ア・リーグ優勝に大手を掛けた。

マー君は、ピンチを凌いだ場面では久しぶりに吠えていた。

同じくロスアンジェルス・ドジャースのダルビッシュ有投手も3戦目に投げ、気合の入った投球でドジャースを3勝目に導き、ナ・リーグでも大手をかけた。

まだ分からないが、両チームの勢いから、あと1勝での優勝は確実とみられる。

大リーグ日本人選手の歴史で、野茂投手、松井秀喜選手、一郎選手と日本人選手が活躍してきたが、ワールドシリーズで日本人投手が投げあうのは初めてのことになる。

ドジャースには、前田健太投手も在籍、抑えで活躍することは間違いない。

楽天の選手は自分達もパ・リーグの優勝をかけて頑張っているが、過ってのチームメイトのマー君の活躍を海外ニュース実況で聞きながら戦っていると解説者は伝えている。

楽天の選手達は田中投手の活躍に即発され、見事な戦いで初戦に勝利した。



# by isoda-shonan | 2017-10-19 15:53 | Comments(0)
少子高齢化社会の対応

神奈川県黒岩知事の『未病』対策の呼びかけは、医療関連業界にも浸透してる。

先日パシフィコ横浜での『バイオ・ジャパン2017』の中で神奈川県は、未病産業研究会を立ち上げ、未病対策としてのヘルスケア産業を紹介する展示会を開催した。

長寿社会の進む中での医療費の削減と少子対策は日本の未来社会の重要な課題、今回の選挙でも重要政策とする政党は多い。

今朝の外気温鎌倉西北では12℃、事務所のある腰越では14℃だった。

腰越は海に近く海洋性気候のおかげで、同じ鎌倉でも内陸部より暖かいのだ。
これが厳寒期になると3℃は違ってくる。

3年前ごろから築40年の自宅は寒く感じるようになった。

若いころ気づかなかった、自宅までの坂道がきつく感じる年齢になったのだ。

体の中で未病が現れてきたのだ。

思い切って自宅の断熱リフォームを行い正解だった。

未病対策の一番は暖かい家に住むこと。

血圧も安定し室内歩行も増えるというエビデンスも集まっている。

国土交通省も今後は既築住宅の高断熱化と耐震性向上の長期優良化リフォームを住宅政策の第一義と掲げているのです。



# by isoda-shonan | 2017-10-16 15:56 | Comments(0)