excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鎌倉西北大寒の野鳥達


一年で一番寒い大寒に入りました。


ニュースでは今年最大の寒波襲来と沿岸低気圧の接近が重なり、5年前の大雪と同じ気象状況。


予報は夕方から明日の早朝が雪とのことだったが、お昼には雪が降り始めた。


念のためタイヤチェーンは積み込んできたが、総務からは早めの帰宅を促される。


明日の朝は雪かきを覚悟しなければならないか?



昨日の日曜日は、よく晴れた小春日和に誘われ鳥達に会えると直感し、谷戸を散策した。

鳥達は温かい陽だまりに集まるからだ


順光のなかでの羽色は輝きを増し、一層美しさが映える。



鎌倉西北は腰越より3℃ほど気温は低いが、陽だまりはとても暖かい。


谷戸や畑も広がり、自然が色濃く残り鳥達も長閑に過ごしてる。



昨日の春景色に遊ぶ、鎌倉西北の野鳥達を紹介します。



ご近所の庭の蝋梅が咲き始めた

e0050231_13335204.jpg

『カタカタカタ』ジョウビタキ(♀)が屋根瓦の上で囀っている。愛くるしい目が人気者

e0050231_13344050.jpg


木の実を食べに来たジョウビタキ(♀)

e0050231_13350532.jpg



陽だまりで日向ぼっこのジョウビタキ(♂)のオレンジのお腹が映える

e0050231_13355883.jpg



梅にウグイスいやメジロです

e0050231_13362928.jpg



薄黒い地味なヒヨドリも順光の中ではなかなかの羽色

e0050231_13374491.jpg



この時期にガビチョウ(?)とは、目の周りのリングが特徴なので

e0050231_13382497.jpg



モズが鋭い目で獲物を探す

e0050231_13385449.jpg







# by isoda-shonan | 2018-01-22 13:40 | Comments(0)
厳寒期 湘南海の絶品

ハバノリをご存知でしょうか?

厳寒期に荒磯で成長する海苔の仲間。

近頃は温暖化の影響か海水温が上昇、すっかり漁は寂れてしまい、貴重な食材となっている。

寒い磯に乗り、手作業でハンバを摘むのはキツイ漁。
天然物の貴重な海苔として高値で販売され、また何とも言えない磯の香りが最高だ。

地元の地魚屋でも今では知り合いの漁師から少量を分けて貰えるだけと聞く。

毎年江の島神社に初参りの後立ち寄る地魚食堂では、例年正月に所望すれば食べられたが、今年は採れてなかった。

よほど残念がって見えたのか、この店の女将さんが、初物のハバノリ(地元はハンバと呼称)が手に入ったと会社に届けてくれた。

江の島と腰越の地元人として、行けば話が弾む間柄だ。

この地魚屋さんはテレビでも度々取材され、遠方からの江の島神社参拝者もわざわざ訪れる店。

メバル、カサゴ、キンメダイと地魚は新鮮で伝統の煮汁で煮つけられ、形も見事だ。

サザエのつぼ焼き、焼き蛤、トコブシ、と酒の肴も多様な磯料理店、自家製の塩辛も美味。

焼いて細かくちぎったハンバは食べやすく密閉容器に入れられ、夕飯のたびに感激させてくれる。

温かいごはんに多めにふり掛け、醤油を少々垂らすだけ。

口の中で磯の香りが広がり幸せな気分となる、この時期の特別な絶品なのです。



# by isoda-shonan | 2018-01-19 15:45 | Comments(0)
『STOP!  地球温暖化』への対応

風邪をひき暫く投稿できずにおりましたが、やっと元気になりました。

1月6日はイソダ協力会の『新春の集い』を鎌倉プリンスホテルで開催、今年のグループの結束と発展を参加者全員で誓いました。

参加者は150名。

途中、海側のカーテンがせり上げられると、真っ青な海にヨットが浮かぶ光景が現れた。

まさに湘南そのものの新春に開場は歓声が沸き上がった。

8日、成人の日はお取引先の役員さんと新春ゴルフの対抗戦、9日から平常業務に入っております。

11日は神奈川県環境計画課主催による,次世代型住宅のZEHが地球環境の保全にどのように貢献できるか、県内大学を対象とした体験学習会がおこなわれました。

当日は神奈川工科大学の准教授、研究員、学生、7名が参加され、4名の学生がモデルハウスに体験宿泊をされました。

宿泊された学生は、家一軒が家庭用エアコン一台の稼働で、厳寒期どの部屋も20℃近くの全館暖房の快適さに驚き、また感動されたと報告している。

これらの体験学習の報告は一月末頃の神奈川県のホームページでも掲載される予定です。

翌12日は東京海洋大学の教授と准教授がSCNEXTのモデルハウスを見学に来られた。

こちらも神奈川県の環境計画課の体験学習の呼びかけに応じたものでした。

船舶動力をモーターとした『エコシップ』の開発を担当されていて、省エネ高断熱の船室設計の参考にしたいとのことでした。

当社は昨年2月に『かながわ地球環境賞を受賞』、県の環境計画課とは『STOP!地球温暖化』を旗印に、ともに啓発、啓蒙活動を協力していくことにしております。



# by isoda-shonan | 2018-01-17 14:42 | Comments(0)
あけましておめでとうございます

賀正


あけましておめでとうございます。

エアコン一台で全館冷暖房を可能にした『かながわ地球環境賞』の新モデルハウス。

外断熱の温かい家を普及させ、健康長寿社会と省エネ性に貢献致したく存じます。

今年も『ソーラーサーキットNEXT』をお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

                         2018年1月元旦
                         株式会社 イソダ 会長 磯田誠次

e0050231_14245028.jpg

                     江の島弁天橋からの海に浮かぶ富士



# by isoda-shonan | 2018-01-01 09:00 | Comments(0)
今年の最後は『ほっとする』写真を

皆様には今年も心からのお引き立てを賜りありがとうございます。

本日を最終営業日とし年末年始の休業に入らせていただきます。

来年は1月9日(火)より平常業務を開始いたします。


2017年は、トランプ大統領に始まり、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの発射、○○ファーストという言葉も流行り、国や個人の権利が強く主張される一年でした。

安定した経済、世界の平和維持、地球温暖化の防止と人類は未来の子供たちに向けて、グローバルな世界に対応した社会を築かなければなりません。

当社は少子高齢化が常態化する時代、高断熱、高気密住宅の『ソーラ^サーキットNEKT』の啓蒙と普及を促進し、省エネ性と健康性、長寿命な住まいの建設に邁進致します。

今年2月神奈川県より『かながわ地球環境賞』を受賞した当社鎌倉モデルハウスを利用しての、小学生向けの環境講座の開設も来春から開始する予定です。

来年もますますのご支援とお引き立てを賜りたく年末の挨拶とさせていただきます。

                                   2017.12.28

今年最後の写真として、『一番ほっとする』写真を公開します。

安心、安全な環境の中、ノーストレスで毛づくろいするキンクロハジロ・・・・・。
イソダの『暖かい家』も『ノーストレス』がコンセプト

(この写真は『湘南スタイル』2018年2月号(発売中)の当社宣伝ページに採用されました)

e0050231_17293362.jpg
『湘南で見つけたほっとする冬』





# by isoda-shonan | 2017-12-28 08:30 | Comments(0)
小春日和のクリスマスの海

朝から日差しの暖かなクリスマスを迎えた。

北国は銀色に広がるホワイトクリスマスの世界に浸っているが、湘南は海も空も美しい湘南ブルーの視界が広がる。

都会の商店街はジングルベルのBGMで年末の慌ただしさに拍車がかかり、未だやり残した仕事が気に架かる。

暖かさに誘われ、昼休み昼食がてら腰越海岸までカメラを持って散歩にでかけた。

風もなくカモメものんびりお昼休み。「サンタが水上スキーでプレゼントを持ってくるのを待ってるの」とでも・・じっとしてて動かない。

あまりの暖かさか江の島も遠くもやっている。

水蒸気を多く含む大気は冬の海ではなく,湘南は小春日和の風情。

こんな日は滅多に無い。
海に突き出た突堤から竿を垂らし、釣れても釣れなくてもいいから海を見てるのが良い。

ノンビリと、何のストレスも感じない、平穏な日差しを楽しむだけでいいのだ。

そう云えばドクターが出版した『心に休みを』とするストレス解消の本が売れているらしい。


カモメも昼休み

e0050231_15094877.jpg

湘南ブルーに もやった江の島

e0050231_15353179.jpg



小動神社が鎮座する八王子山小動岬(腰越漁港から)

e0050231_15110169.jpg



# by isoda-shonan | 2017-12-25 15:12 | Comments(0)
沖縄離島の観光とオジロトウネンの撮影

先週末、身内の祝言で沖縄の離島に行きついでに探鳥も楽しんできた。

本土でよく見る野鳥の、ジョウビタキ、キセキレイ、ヒヨドリも観察したが、沖縄のヒヨドリは『ピィーヨ』と呼ばれイソヒヨドリのメス似の単色。

南国の『アカショウビン』もと思ったが、夏鳥と分かりこれは無理。

島人から『シロハラクイナ』は良く現れるとの情報、早朝散歩がてら探したが天候が悪く会えず。

処がプールサイドで休憩してるとジョウビタキの近くに居た可愛いい小鳥をカメラで捉えることが出来た。

ホテルの従業員が『オジロトウネン』だと教えてくれた。
自分の野鳥図鑑には出てこない、本土では滅多にお目に架かれない珍鳥に出会えた。

旅の醍醐味は美しい景観に触れることだが、探鳥という新しい楽しみも加わって来た。


珍鳥オジロトウネン

e0050231_13202188.jpg

かわいいオジロトウネン後ろ姿

e0050231_13205503.jpg

沖縄ヒヨドリの『ピィーヨ』

e0050231_13212978.jpg

星の砂浜の『シギ』

e0050231_13221035.jpg


あいにくの曇り模様だが、湘南の海とは桁違いの青さに感動

e0050231_13232468.jpg



# by isoda-shonan | 2017-12-22 13:23 | Comments(0)
日馬富士事件は国技相撲VSモンゴル相撲

今回無言の貴乃花親方の抵抗の根底が見えてきた。

国技としての大相撲を守ろうとする貴乃花一門とモンゴル一門による勝てば官軍のモンゴル相撲の対立だ。

角界は暫くモンゴル横綱の時代が続き、その恩恵は興行的にも相撲協会に大きく貢献したのは事実。

初代モンゴル横綱朝青龍は強かったが相撲の粗さで度々横綱の品格が問われ、最終的に民間人への暴力沙汰で相撲界から追放されている。

当時の白鵬はこれに対し模範的な横綱を務めていたが、ここ数年力が衰えてくると、張り手、肘打ち、ダメ出し等朝青龍に匹敵する粗い相撲を取るように成り、真の相撲フアンからは叱責と横綱の品格を問われている。

先場所でも、立ち合い両手をついているのに、「待っただった」と行司の判定に異を唱え、暫く土俵を降りず異様な光景を見せた。また千秋楽の万歳三唱もそうだ。

白鵬は高慢になってしまったのか?・・・・・いや俺がいるから大相撲は成り立っていると思いあがったのか?

モンゴル力士の頂点に立つ横綱の言いなりにならない、貴乃花部屋の貴ノ岩を懲らしめるため日馬富士を制止しなかった?

40優勝という大記録を成し遂げた大横綱とは思えない言動だし、日本の古武道に通じる振る舞いや精神が、外人故に理解できてないとしか思えない。

宮城野親方も八角理事長も協会もこの風潮を止められない・・・・・・なにかしら国技大相撲の伝統も精神も衰退していく。

これを一番危惧したのが貴乃花親方の無言の抵抗のようだった。



# by isoda-shonan | 2017-12-20 12:32 | Comments(0)
年末の準備

12月も中旬に入り年末の準備に取り掛かっております。


お客様をお迎えする打ち合わせホールには大きなクリスマスツリーが飾られ、お子様連れのお客様も歓迎してます。

ホールは何となく華やいた雰囲気に包まれていますが、今年も1228日迄通常営業し29日は社員一同で大掃除を行い打ち上げ会の予定。

年賀ハガキの売れ行きが伸びてないと聞くが、若者はメールで済ませるのがクールらしい。

一時流行った『アケ オメ コト ヨロ』も陳腐化する時代にどのように送信するのか?

今年は喪中ハガキや、年賀状終了宣言をした知人も増え例年よりも少なくなった。

パソコンの住所録を開き、差し出し先を選出しながら、一人ひとりの顔と付き合いの深さを思い起こしている。

年賀状、一年に一度の『元気にしてる』発信は貴重な年末行事になっている。

お客様をお迎えするツリー

e0050231_13541881.jpg

2018年年賀ハガキに採用した『冬の腰越海岸』 冬の海は透明度が違う

e0050231_13552966.jpg




# by isoda-shonan | 2017-12-14 13:56 | Comments(0)
人生100歳時代に対応する住宅


日本人の平均寿命、女性は87.14歳、男性80.98歳と世界最高の長寿社会を形成してる。

日本の長寿命化に呼応するように、『LIFE SHIFT』=(100歳時代の人生戦略)が出版されベストセラーに。

著者は統計から、平均寿命は10年で2歳以上のペースで延びていて、現在10歳の子供は105歳まで50%が生きられると云う。

年代別では、20歳なら100歳、40歳なら96歳、60歳以上は90歳以上まで半数が可能と述べている。

政府も子育て支援や教育費の拡充と、少子高齢化対策に取り組むとしてる・


本書では、人生での働き期間は80歳まで延長し、余生はその後からだと・・・。

自分自身のスキルを高め、健康な生活と充実した人生を過ごせる考え方を示唆した。



当社のモデルハウスは『次世代型住宅』」とし、来る超高齢化に対応すべき設計仕様で建てている。。

年老いても大切なのは、『健康寿命』、自分で何でも出来る生活スタイル。そのキーワードは温かい家。

ソーラーサーキットNEXTは、エアコンは補助的に使用して全館暖房可能な高断熱の住まい。その断熱性能は北海道並みとしてる。

温度差の少ない室内は血圧も安定し活動量も増す健康住宅となり医療費も軽減できる。

耐震構造をより高めるT・I・P構法も採用、国産檜を使用した
100
年、いやそれ以上の長期優良住宅を目指すエネルギー自立型住宅です。

我々住宅屋も、地球温暖化防止と超長寿時代に対応した住まいづくりを推進しております。

蓄電池業界の技術革新により、2020年までに普及型家庭用蓄電池が発売されれば、この流れはさらに加速される。



# by isoda-shonan | 2017-12-07 17:23 | Comments(0)