excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今年の冬日は東京で20日、急遽床下断熱を手配

夏日は気温30℃以上の日とは知っていたが、同じように冬日とは0℃以下を記録した日だと今朝のニュースで知った。

湘南地方の住人は、夏日には敏感に反応してたが、冬日も規定があるとは知らなかった。

それが東京で冬日が20日を記録したとニュースになったのだ。

今冬はシベリア大陸からの寒気団が強烈で日本海側は記録的な大雪に見舞われている。

南国とされている九州や四国でも積雪のニュースが発せられる。


今朝7:20住宅地入口の契約駐車場に停車した車の外気温は-4℃だ。
どの車も霜で真っ白。
湘南と言えども、鎌倉西北は会社の在る腰越とは、
3度ほど気温は低い。加齢とともに我が家の寒さが気にかかっていた。


ソーラーサーキットの家は冬日でもスリッパ無しでフローリングの床を歩いても冷たくない。

これは基礎断熱と開閉式基礎換気口のおかげだ。

真冬でも地中熱で床下温度は、14℃ぐらいあり、冬季は床下換気口は閉鎖し、冷たい外気をシャットアウトしてしまう。

基礎自体が断熱されているので地中熱でフローリングも冷たくならないのだ。

このように自然のエネルギーを有効に利用するのが『パッシブハウス』でSC外断熱工法の特徴です。

我が家は築43年になる一般的在来工法の家。もちろんイソダの設計施工の家だ。
愛着もあり、構造もしっかりしてる。
兄弟は皆SCで建て替えたが、自宅はリフォームで断熱性を高める方向で対処してきた。

自宅は新築時に一階床下にはロックウール50mmの断熱材を敷き込み、当時としてはとても暖かい家だと来訪された客人から褒められていた。

仕事柄、屋根や外壁はフォーム、設備の交換も行い、見た目には築43年とは思えない。

しかし、年を重ねると室内の寒さに敏感となり、8年前に内窓を取り付ける二重サッシのリフォームを行っている。
当時二重サッシの工事には『エコポイント』という補助金制度を利用させてもらった。

気密性も上がり、暖房も断然効くようになったが、最近押し入れを開けたりすると床下の冷気が室内に入り込んでくる。

床下断熱の専門業者に調べてもらうと、床下断熱材はダラリと垂れ下がり、まったく用を無してない。原因は此処だった。


急遽古い断熱材を撤去し、発砲ウレタン100㎜断熱材を吹き込む工事を手配した。

この断熱工事により、室温は34℃上昇、気密性も上がり、床下からの冷気の流入も無くなる。

床下断熱工事は2月中旬施工、2日間で完了する予定だ。

以前の記事『我が家丸ごと断熱令フォーム』は左の年表2010年2月、3月をクリックしてください。




by isoda-shonan | 2018-02-06 12:20 | Comments(0)
<< 小雀公園の野鳥達 江の島神社で節分祭に参加 >>