excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
025-バードウォッチング2
 立春の日、町内会の探鳥会に参加してきました。
 当日はこの冬一番の寒波が押し寄せ、参加者はマフラーに毛糸の帽子と、万全の出で立ちです。
 この日のお目当ては「タゲリ」。私も見たことのない鳥です。図鑑によれば冬の渡り鳥で、背中がメタリックグリーンの頭に冠羽がついた何とも気品のある鳥です。

 相模線の香川で下車し、小出川沿いに寒川方面へ出て、刈り取りの終わった田んぼに向かいました。途中、大きな一番高い木に「アオサギ」を発見。背中をつぼめて瞑想にふけっている用です。

 前回の柏尾川沿いの遊水池では、「カワセミ」のホバリングが見られて、皆大感激。今日もサイサキ(アオサギ)が良さそうだ。

 寒風の中、第一の観察地に着いたが、タゲリの影はない。ちょっと心配になる。そう、タゲリなんてそんなめったに見られる鳥ではないはずだ。

 双眼鏡を覗く目も寒さで涙が出る。今日は駄目かな・・・

 隊長役のNさんの作戦変更で、もう一方の田んぼに移動する。
 途中、愛鳥家との情報交換が行われる。とても重要である。
 「この先の右側の田んぼにいましたよ」
 皆、急に元気で明るくなる。遠くからその田んぼをうかがうと、望遠カメラを設置した人やその横に先程の田んぼで会った二人の女性探鳥家もいる。
 「あそこだ」と直感がはしる。

 少し急ぎ足で現場に到着。双眼鏡の中に「タゲリ」をゲット。14羽の群だ。群は一列になり、低い土手を風除けにして、顔を背中の中に埋めている。冠羽が風で揺れ、高貴だ。

 そのとき、もう一群のタゲリが飛来して来た。やはり14,5羽の群だ。タゲリの飛来もめったに見られないという。
 ゆっくり3回、4回と辺りを回転し、先程私たちの見に行った田んぼの方へと去っていった。

 近くの小学生4~50人も先生に引率されて、タゲリの探鳥に来ている。
 少しずつ破壊されている自然の大切さを、探鳥を通して学んでいるのだろう。
 スコープでタゲリを捉え、子供達にも見せたところ、
 「わーきれいだー」と歓声が沸いた。
 この後、途中でゴミ拾いをして学校へ帰り、豚汁パーティをするとのこと。
 スコープのお礼のつもりか、「おじさん達も来ていいよ」と誘ってくれた。

 将来、LOHASな人柄に育ってくれる、やさしい子供達だ。

 私も寒さで凍てついた身体を、大船の「イキツケ」の熱燗で暖めることにした。
by isoda-shonan | 2006-02-10 16:21 | コラム | Comments(0)