excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
猛暑の中のソーラーサーキットの住みごこち
 連日33度を越える猛暑が続いています。
 今月末の竣工引渡しをむかえる相模原市のI 様邸が完成したので、紹介させていただきます。

 I 様は江の島を見る対岸に建つマンションに住んでいました。
 テレビのお天気カメラが江の島と海を写し出すビューポイントのところです。
 相模原市内の病院に勤務するお医者さんで、奥様のご実家が広い土地を所有されていて、その一部の一番良い土地を、I 様ご夫妻が提供を受け、今回新築となりました。賃貸マンションからの脱出と住勤近接の実現です。

 当社の社内規定の竣工社内検査と施主立会検査も完了し、引渡しを待つばかりの日、温熱環境を調べに行ってきました。車の温度計は外気温33度を表示しています。現場に着くと顔見知りの外構業者が仕上げに入っています。「暑いから給水を取りながら作業して下さいよ」と声を掛けておきます。

 室内に入るとすべての窓は閉め切った状態なのに、そんなに暑さは感じません。とりあえず数ヶ所の窓をあけ、風通しを行いました。
 電気は通電されていますので、24時間換気は作動しています。

 I 様邸は、「ソーラーサーキット仕様、外壁下地は桧のラス下地板を斜め45度に張った高耐震のTIP工法」になっています。構造材の土台、大引、柱はすべて天然桧です。
 屋根はタルキ間にも40mmの断熱材(カネライトインサート)を入れて、ソーラーサーキット標準の50mmの屋根断熱と合せて、90mmの断熱となっています。

 冬暖かい家は当り前の住宅造り。
 夏に少ない冷房負荷でしのぎ易い家とするかが、省エネ住宅の最先端の考え方。

 神奈川でも内陸部に属する相模原地区は、冬は寒く夏はとても暑い地区とされています。

 屋根断熱でガッチリとガードされた室内は熱ごもりも無く、湿度の高さも感じません。TIPと構造材の桧の調湿作用が働いているものと思われます。

 I 様邸、外壁は1F乾式タイルと2Fモルタル吹付、通気工法、屋根は平瓦
e0050231_8522364.jpg


玄関ホール奥のシューズクローク
e0050231_8531730.jpg


キッチン奥のドアの向こうは家事室
e0050231_8535744.jpg


2階のファミリールーム
普段はパソコン、TV、お子様との勉強など、家族交流の場所となります
e0050231_8555855.jpg


1Fリビングから食堂 化粧丸太は当社設計のポイント
e0050231_8571593.jpg


屋根断熱図
e0050231_8574379.jpg


参考:「天井断熱と屋根断熱の違い」
by isoda-shonan | 2008-07-29 09:00 | ソーラーサーキット | Comments(0)
高校野球。北神奈川は慶應高校、南神奈川は横浜高校
 「神奈川を制するものは全国を制する」とするこの言葉は、県下高校野球のレベルの高さと、強豪揃いの熾烈な戦いを制覇した者が甲子園に出てもトップになれるとするものです。

 しかしながら猛暑の中、連日予選を戦っていき、優勝するには計算上8試合に勝たねばなりません。神奈川県の参加校は191校、全国一です。
 この中で甲子園までの予選を戦っていくと、肉体的にも精神的にもボロボロの状態で甲子園に参戦です。

 私はいつも「神奈川を制しても甲子園は一回戦敗退」と見ていました。裏を返せば東京の様になぜ、2校出場枠にならないのかと思っていました。
 今年は第90回の記念大会ということで、神奈川も2校枠となり南北の神奈川代表が決まりました。
 ブロックが大きく二分された為、日程的にも選手への負担は軽くなった様です。

 南地区を制したのは常勝校の横浜高校です。
 予想通りの優勝です。エースの土屋君は余力を持って甲子園に望めます。全国制覇も夢ではありません。

 北神奈川ブロック、決勝に進んだのは慶應義塾と東海大相模。春の選抜では慶應が代表になっています。
 決勝戦は近年まれに見る激闘となり逆転また逆転のシーソーゲーム。延長13回まで力と力の熾烈な勝負が続き、最後は投手力のわずかの差で46年ぶりに慶應が夏の甲子園への切符を手にしました。

 今年は意外に公立校が頑張った年でした。
 桐蔭学院を敗った県川崎工、準々決勝まで進んだ藤沢総合、藤沢西高、準決勝までいった綾瀬高などです。これも2ブロックにした結果と思われます。

 敗れた東海大主将の大田君、最後に力尽きた大城投手にはこれからも大学野球またはプロ野球で大いに活躍してもらいたいものです。

 神奈川の夢は今年の甲子園決勝で横浜高校と慶應義塾が当たること。そうなれば本当の意味での「神奈川を制するものが、全国を制覇する」になります。
by isoda-shonan | 2008-07-28 17:11 | コラム | Comments(0)
53才の全英オープン挑戦
 第137回全英オープンゴルフ選手権は英国リバプールの北、約30㎞のサウスポートにあるロイヤル・バーク・デールG・Cで開催されました。
 土曜日までの3ラウンドが終了し、トップにたったのは53才のグレッグ・ノーマン(オーストラリア)です。
 最近はゴルフでの活躍はあまり聞こえず、いわゆる過っての名プレイヤーとして、名声は残しています。

 3週間ほど前にテニス界の女王として君臨した「クリス・エバートと結婚した」とニュースがあったばかりで;実業家としても大成功を収めています。

 会場となった「ロイヤル・バーグ・デール」はいわゆる「リンクス」と呼ばれる、強い海風と自然のブッシュやラフにガードされた極めてタフなコース。手入れが行き届いているのは、グリーンとフェアウェイだけと云う難コースです。

 予選ラウンドの二日間は雨混じりの強風が吹き荒れ日本人選手は全員予選落ち。
三日目は特に風が強く、各国の名選手に「これだけの風の中でプレーすることはめったにない」と言わせるほどでコースの自然が選手を寄せ付けません。

 しかしこんな中で「ノーマン」は三日目も2オーバーで廻り、単独首位に立ちました。
もうこの三日間で世界中のゴルフファン、とりわけ中老年のゴルファーを充分すぎるくらい感動させました。そしてファンは彼の「全英オープン」の制覇を期待し、エールを送ります。

 全英オープンの最年長優勝記録は「トム・モリス父」(息子で同名のトム・モリス・ジュニアも名選手)が、1867年の46才でした。もし「ノーマン」が勝てば141年振りの快挙です。
 最終日のTV中継で日本のシニアの第一人者、青木功プロがラウンドレポーターとしてコースに出ています。
 青木が「ゴルフ殿堂入り」した時のプレゼンターを「ノーマン」が買って出たと云う間柄です。

 最終ラウンドの一番ティー。ナーバスな空気が漂います。新婚のノーマンは、「愛する人」に勇者の誇りを示そうと心に決めてスタートしたものと思われます。
 第1打をフェアウェイのど真ん中に運んだ地点に、ライオンの様に後ろ髪を風になびかせ,大またで歩く「ノーマン」がアップで写し出されます。
 「クリス・エバート」が、「Oh. How brave he is!!」(なんてカッコイイんでしょう)と叫んだはずです。

 しかし1番から3番までを連続ボギーとしてしまい、2位の「P・ハリントン」に抜かれます。「ハリントン」は2007年の全英チャンピオンです。

 青木が「ノーマン」への応援を込めて解説します。
 「いや、ここで抜かれた方がいいんだ」
 「グレッグの性格からして首位を守ろうとするゴルフはだめなんだ」
 「むしろ追いかけて挑戦するゴルフの方がいいんだ」と。
 「ノーマン」に何とか勝ってもらいたい、年寄りファンには何とも心強いコメントです。

 その後一時は「ハリントン」を抜き去り、もしかしたらと、期待を持たせましたが最後に老雄は力尽き、36才のディフェンディングチャンピオンに敗れました。
 この4日間、世界中のシニアゴルファーを勇気づけ、感動を与えてくれた「グレッグ・ノーマン」でした。
 ジャスティン・ローズ(英)は「彼は今、人生で特別な時間を過ごし、楽しんでいる。」とコメントしています。

 53才で再婚し、メジャーの大舞台でも活躍し、今が人生で一番輝いている男なのかも知れません。
by isoda-shonan | 2008-07-22 18:30 | コラム | Comments(0)
ヤンキースタジアム最後のオールスター
 

 米大リーグのオールスター2008を、NHK BSテレビで見ました。
 昨年は「イチロー」がオールスター初のランニングホームランを放ち、「MVP」に輝いております。

 今年も「イチロー」はア・リーグの1番 ライトとしてスタメン出場です。今年、シカゴ カブスに入団した「福留」もナショナルリーグの8番 センターで出場です。

 2008年「オールスター」は今年で最後となる「ヤンキースタジアム」で開催され、記録に残る名勝負となりました。
 現地時間20時45分に開始した試合は延長15回まで続き、M・ヤング(レンジャーズ)のライトへの犠牲フライにより、アメリカン・リーグがサヨナラ勝ちをしました。
 終了したのが午前1時38分。5万を越すファンが見守っていました。試合時間4時間50分はオールスターの最長時間の記録、そして、ア・リーグのサヨナラ勝ちも、1941年以来の記録とのことです。

  「ヤンキースタジアム」は1923年設立、85年の歴史を持つアメリカ屈指の名球場です。
 ベーブルース、ルー・ゲーリック、ジョー・ディマジオ、ミッキー・マントル、レジー・ジャクソンと、幾多の名選手を育んだ球場です。

  この様に日本人選手にとってはあこがれの球場で、今年も「イチロー」は見事なプレイを披露しました。今回は打撃ではなく守備です。

 ライト線の強烈な打球をタイミングよくクッションボールにさせ、2塁に「レーザービーム」送球。
見事に打者走者をアウトにしました。普通なら完璧な二塁打です。

 米大リーグの醍醐味は「パワー」と「スピード」。
 日本人選手として、ヤンキースタジアムの5万のファンを唸らせ、大喝采を浴びたこのプレーこそ、本物の大リーガーの「パワー&スピード」の真価なのです。

 「イチロー」がM・L・Bでオールスターに7回もスタメン出場している実力が証明されたプレーで、テレビで応援していた日本のファンも誇りに思ったことでしょう。
 
by isoda-shonan | 2008-07-17 11:24 | コラム | Comments(0)
7月5日、2棟のお引き渡し
 7月5日に竣工引渡しを行った2棟を紹介します。
 1棟目は鎌倉市津のI 様邸です。現場は当社から車で3分のところにあります。

 I 様は昭和50年に新築されています。施工会社は他社ですが昭和56年に大改装と増築のリフォームを当社が請負いました。
 お子様の成長に伴って2階に2室増築し、1階も食堂を広く取り、浴室も全面改装しています。
広さも使いやすさも向上しましたが、季節ごとの寒さや暑さが不満でした。そして新耐震基準が改正された昭和56年以前の建物であり、耐震性も心配だったので、今回思い切って外断熱工法と耐震性に優れたTIP構法を採用され、建替えられました。

 基本的な間取は奥様がプランし、それを専門家の技術者が構造を考えて図面化しました。
 床のフロアーはチークのムク材を採用し、建具は全て高さ2400mmのハイドアーです。ハイドアーというのは建具の上の40cm程の垂れ壁が無いので、ドアーを開放すると広々と感じます。

 全体的に黒を基調とした木部に、壁も天井も同一クロスを選定、シンプルでモダンな仕上がりは、ご夫妻のセンスの良さが表れています。

 入居後に親しい友人を招いてのホームパーティーが開かれる予定です。


平瓦の屋根に通気モルタル吹付けの外壁
e0050231_14571899.jpg


リビングドアー開口高2400
e0050231_14574536.jpg


キッチンよりダイニング
e0050231_1459559.jpg


 2棟目は鎌倉市城廻のO様邸。御施主様は30代の若々しいご夫婦です。こちらは私の自宅から車で5分のところです。

 結婚後、アパートにお住まいでしたが、お子様が幼稚園に通うようになり、思い切ってご両親の住んでいる土地に増築という形で建てました。

 基本コンセプトはモデルハウスの箱型の家です。白を基調とし、天井高を上げた広く開放感のあるお住まいです。

 ご両親もこれからはお孫さんの顔を毎日見られると、大変楽しみにしておられました。

箱の家完成。右がご両親の母屋
e0050231_14593624.jpg


ホワイトの対面キッチン
e0050231_1501787.jpg


化粧梁と勾配天井
e0050231_1505063.jpg


玄関ホール横のシューズ棚
手前右のドアーからご両親の家に連がります。
e0050231_1511935.jpg

by isoda-shonan | 2008-07-07 15:11 | コラム | Comments(0)
今年もおしゃれな海の家が完成しました
 長い梅雨が続いていますが、6月28日に由比ガ浜海水浴場は海開きをしました。

 昨年に続き今年も6月の暑い最中、海の家「Paradise-AO(パラダイスアオ)」を施工しました。総合プロデュースは「電通」 設計「みかんぐみ」 管理「電通テック」 施工は当社「イソダ」と、昨年と同じチーム編成です

 鎌倉由比ガ浜海水浴場は多分日本一「おしゃれな海水浴場」です。
 20年前より「FM局」が夏のシーズンにミニ局を開設したり、大手食品会社の運営する斬新な海の家が出現していました。
 私の知人の息子さんは掘っ建て小屋のダサい海の家ではなく、由比ガ浜のおしゃれで、カッコイイ海の家でアルバイトをしたいと私に紹介を求めてきたこともありました。

 昨年のこのコーナーでも紹介(夏の海も終わり2007.9.14)しましたが、先進気鋭の設計事務所が担当していますので、今までに見たことのない斬新さです。
 今年の計画図が出来、当社藤沢工場で組立て施工と荷重に対する耐圧実験を行ってから再度実施計画図が作成され、工事に取り掛かりました。
 昨年は大きな木の竿の組み合わせでしたが今年は鋼管パイプとブラケットの構造体です。
 床組、壁は木製です。 屋根はシート(タイベックスーパーシート)で、施工は静岡から専門のテント屋さんに来てもらいました。

 当社の職人たちの人海戦術で工事を進めどうやら7月1日のオープンに間に合いました。

 海の家「Paradise-AO」は単なる「海の家」としてシャワー室、更衣室、ロッカーの機能だけでなく人気料理研究家 尾身奈美枝さんがプロデュースするレストランとしても人気があります。

 是非 今年の夏は由比ガ浜に来て斬新な設計とおいしい料理を堪能してみてください。

 潮風に当たりながらの「夏野菜のカレー」は最高ですよ。

 「Paradise-AO」施工写真はこちらから
by isoda-shonan | 2008-07-02 12:13 | コラム | Comments(0)