excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
給湯システム研修会
低炭素社会に向けての住宅設計と家造りが更に進む中、住宅本体そのものと住宅設備、とりわけその家のエネルギーをどのようにセーブするか慎重に計画することが大切です。

一番身近なところでは「給湯」や「調理」を「電気」にするか「ガス」で行なうかです。

従来は台所や洗面所、お風呂の給湯はガス給湯器が当たり前でした。
外部設置により、安全性も確保され、費用面(イニシャルコスト)もそんなに高くありません。

しかし「エコ」に対する家庭のCO2排出量の低減化計画により、ここ数年電気温水器が急速に普及する様になりました。

深夜電力を利用した時の給湯システムの長所と短所、「コジェネレーション」を採用したガスによる自家発電システムの長所と短所を知る為、最先端の「給湯」システムの工場見学に参加してきました。

見学先はボイラーで著名な長府製作所です。
同社は電気やガス、灯油による各種の給湯器を製造しています。

ガス業界の省エネのキーワードは「コジェネレーション」です。
「コ」は二つを意味し、電気を発電した時に発生する排熱を利用して、給湯や空調にも利用する二方向の効率的運用システムのことです。

電気業界のオススメ品は「エコ・キュート」。低料金の深夜電力を使います。
ガス業界のオススメ品はコジェネレーションの「エコウィル」。
ガスエンジンで発電し、その廃熱を給湯に使います。


比較する時の重要項目は
・初期設置費用(イニシャルコスト)
・運用したときの年間エネルギー費用(ランニングコスト)
・補助金の有無、額
・敷地の余裕、機器の体積、重量
・湯切れの時のバックアップ、使い易さと快適性
・ポンプやエンジンの騒音は
・故障時の対応とメンテナンス。
と、多岐にわたります。

費用、家族構成、調理、生活リズム、低炭素化貢献度等も考え、自分の家にマッチするのはどっちか、良く検討してから決定することをお勧め致します。
by isoda-shonan | 2009-05-29 16:39 | コラム | Comments(0)
この不況を脱出する為には
政府は最悪な不況対策と低炭素社会の推進の為に、ハイブリッドカーの免税と家電製品のエコ・ポイント還元制度を導入し、発進させました。

エコポイントについては、民主党の党首交替に伴う政局論戦の的にもなっています。
野党は家電のポイント還元をバラまきと主張。
そして拙速な発進で法案が通らなかったらどうすると攻め立てます。

自民党は、法案成立を待っていたらますます不況対策の手が遅れると。そして当然法案が通る最大の努力をすると反論しています。
論議の是非はともかく、ここは景気対策と低炭素社会への踏み出しが大切。

トヨタのプリウス、ホンダのインサイトも車が絶不調の中、唯一好調な販売を維持してます。
(プリウスは、受注残が11万台となり、急遽、名古屋工場の残業を再開しました。)

家電販売市場ではエコポイント効果で、消費電力を大幅に改善したクーラー、冷蔵庫、そして人気の大型画面、地デジ対応テレビの売り上げも一気に30~40%アップしていると報道されています。

この様な政策指導型の不況対応が好転へのきっかけとなり、徐々に不況回転を脱出する兆しを作ります。ある面、景気=消費拡大は消費者の心理的影響も大きいもの。

さてそこで更なる景気対策として省エネ住宅取得や耐震リフォーム、省エネリフォーム等に対しても、消費税の特別優遇制を導入する案です。

200万前後のエコカーの購入では買換え補助金約10万、免税額約15万円トータル約25万円は車輌価格の10%以上です。
エコ家電では、地デジ対応テレビが10%、エアコン・冷蔵庫が5%のエコポイントが付与することになっています。住宅にも低炭素化と、景気対策として消費税5%を免税にするとする政策はどうでしょうか。

住宅市場はとても裾野の広い産業です。
この政策を住宅にも導入し、本格的な景気対策を取ったなら、景気の車輪は好況の回転軸に戻り、更に車も家電も家具の買換えも進み、全産業の牽引車となるハズです。
by isoda-shonan | 2009-05-25 14:57 | コラム | Comments(0)
生の邦楽を初めて聞きました
取引先の設計事務所、所長の奥様がお琴(日本語での正式な字は箏)の教授をされていて、韓国釜山市の演奏団と横浜の能楽堂で共演会があり、生の邦楽を初めて聞いてきました。

箏(こと)は中国大陸から朝鮮半島に渡り、日本に伝来したとされます。

韓国語では伽倻琴(カヤグム)と発音します。韓国で人間国宝に指定された演奏者も出演し、当日の横浜能楽堂は満席でした。

日本の箏の曲目と韓国の伽倻琴の曲が、交互に演奏されます。1曲あたりの演奏時間は約15分。
若い時なら、2曲も聞いたら眠くなってしまうところ、箏の優雅な調べが、遠い上代の世界へといざないます。
侘び、寂びの静寂の中に包まれ、ゆったりとした時の流れは、我が年の重ねを思い知ります。

韓国人間国宝の演奏者の調べは、微小な音色(洋楽ではピアニッシモ)が能楽堂の効果でしょうか、ハッキリと耳まで届くのは神秘的な空間が存在するようでした。

フィナーレの「天空の扉」という曲は、伽倻琴奏者6名、箏奏者8名、そして日本の尺八奏者3名での大合奏です。

この曲では、日韓の箏と琴の音が重なり、天空に飛び立ちます。また尺八がこれほどまでの高音を出せるとは、邦楽を初めて「生」で聞いた私には感動ものでした。尺八の奏者も高名の方でした。

韓国伽倻琴と日本の箏の共演は今年が7回目で、隔年ごとに相方の国で開催され、文化、芸術面で両国の友好を深めていました。
by isoda-shonan | 2009-05-21 17:10 | コラム | Comments(0)
鎌倉山の家と鎌倉山納豆
当地鎌倉で地場の建築会社として、「伝統」と「信用」を表すブランドとして、2007年よりイソダの造る建物を「鎌倉山の家」として商標登録をしています。

この「鎌倉山」を冠したブランドとしては「鎌倉山ローストビーフ」「鎌倉山納豆」さんがあり、いずれも一流のレストラン、一級品のこだわり納豆として、その評判と暖簾を築いています。

「鎌倉山納豆」の商標を持つ野呂食品㈱さんは当社の「ソーラーサーキットモデルハウス」の右隣に本店を構えています。昭和30年の創業で、私が腰越中に通う頃は平家建ての工場から、大豆を炊き上げる湯気が上がり、どこからともなく香りがしていました。
平成5年に蔵造りのイメージの新社屋を建て、現在は当社「SC鎌倉山の家」モデルハウスと建ち並び、古都鎌倉のイメージをかもし出しています。

平成15年には「丹波黒豆納豆」が全国納豆鑑評会にて「関東農政局長賞」を受賞。三越や高島屋百貨店でも発売され、こだわりの一級品として知名度を築きました。

先日、お店の前を通ると商品名「鎌倉小粒」が2009年2月13日の「第14回全国納豆鑑評会」で「優秀賞受賞」のポスターが貼られているのを発見。

早速購入し、お昼に社員と賞味しました。
豆がしっかりしていて、少し固めです。かきまぜると納豆ネバが大量発生。ネバリ腰の強さです。いや、さすが優秀賞受賞品と頷けます。

一時納豆ブームでスーパーではかなり安いものも出回っていますが、国産小粒大豆100%の品質と味は、価格だけで高い安いと比較できるものではありません。

当社に来られる取引先の中には、必ず購入して帰る人もいます。

納豆好きの方には「鎌倉小粒」を、是非ご賞味されたらとお勧め致します。
価格は40gが2コ入ったパックが200円です。

国産桧を土台、大引き、柱に採用している当社の「鎌倉山の家」も先達が築いた「鎌倉山ブランド」を大切にし、信頼に応えてまいります。

・鎌倉山納豆さん本店。左側が当社SCモデルハウスの鎌倉山の家。
e0050231_14581577.jpg

by isoda-shonan | 2009-05-15 14:58 | コラム | Comments(1)
OZONE家づくりサポートで完成した家
5月9日(土)と10日(日)の2日間、完成現場見学会を開催しました。

現場は鎌倉の笹目町です。
照明器具や、寝室の室内ガラリ戸(この家の一番のアイデア、通風と防犯用)は未工ですが、90%は完成しています。

今月末のお引渡しの予定で、新宿パークタワー内の㈱リビングデザインセンター「OZONE」の「家サポ・オープンハウス同好会」の見学会の会場としてA様のご了解を頂き、当社との共催の様な形で開催致しました。

「家サポート」の登録会員14組様が見学に訪れました。オゾンのスタッフ2名と施主のA様の奥様もお見えです。

この建物の特長やお客様のご要望をどう設計に生かしたか、当社の部長が説明、オゾンとの相談から契約までの経緯をA様を担当したオゾンサポートスタッフが話され、質問にお答えします。

「OZONE」を通して契約した家が実際どの様に建ち上がったのか、住宅と云う「人を優しく包む器」としての機能を何処に具現化しているか熱心に質問されます。

一通りの見学の後、施主のA様をスタッフが紹介し、ここまでの経過を話されます。

「今まで住んで居た家は、夏は暑く、冬はとても寒い家でした。これからのことも考え、冷暖房の力を借りなくても、温熱性能の良い家が第一でした。この家は三軒目の新築の家ですが、今までの不便さや、使い勝手の悪いところや、老齢化した時の生活シーンも考え設計に生かしてもらいました。
千葉に住んでいて、節目の検査には立会いに来てましたが、ほぼ完成に近い状態は初めてなので、私も興奮してます。思った以上の出来ばえに満足してます。」
とご挨拶されました。

参考:A様邸の記事
2008.11.29  鎌倉笹目町での地鎮祭
2009.1.23   2009初めの上棟式
当日お越しいただけなかった方には、営業部(0467-32-8181 夏目、吉田、平沼)にお電話いただければご案内の対応をさせていただきます。)

・軒の出を深く取った外観
e0050231_16394170.jpg

・ダイニングからのオープンキッチン
e0050231_16395017.jpg

・2階洋室からのロフト
e0050231_164076.jpg

・ソーラーサーキットの外断熱と壁内通気
e0050231_16402381.jpg

・熱心に見学する「家サポ・会員」さん
e0050231_16403798.jpg

by isoda-shonan | 2009-05-11 16:40 | コラム | Comments(0)
葉山国際村の朝市とツツジ
5月2日から6日まで連休を取りました。

ETC 1000円価格導入で、どこの高速も大渋滞が予想されたので、近場で家族と過ごすことにしてました。

3日は早朝から「葉山国際村」に「ツツジ」を見に行く計画で、朝6:50出発の行程は渋滞回避と駐車場確保、そして朝市も見る為です。

鎌倉西北部の自宅からは海岸の134号線を使用するルートと、朝比奈インターから横浜横須賀道路を利用する2つのルートがあります。
今回はETC休日利用の恩恵を実験する為、横浜横須賀道路を使いました。早朝の為か道路は空いていて国際村には40分程で到着、高速料金は50%OFFでした。

箱根芦ノ湖「山のホテル」の株立ちツツジも見事ですが、ここ国際村は斜面にびっしりと植え込みされ、満開時の美しさは圧巻です。開花期間中は臨時駐車場も開設され、沢山の見物客が訪れます。
しかし満開のピークは少し過ぎていて、部分的に残っている花が連休にしか来れない人を迎えてくれます。

国際センターの入口正面で「子安の里」の採れたて野菜の朝市が開かれていて、愛犬との早朝散歩の人達も集まりごったがえしています。

会津の物産展も同時開催され、会津の山菜「タラノメ」「コゴミ」「コシアブラ」と「子安」のエビイモを購入。帰りに腰越で「生しらす」も仕入れ、夕食は「しらすと山菜のてんぷら」で帰省した息子も久し振りの母親の手料理に満足そう。

国際村を9:30に出る時は、臨時駐車場には長蛇の列が出来ていて、やっぱり連休だと感じさせます。
早起きは「三文の得」を実践した気持です。

早出の為、朝食抜きだったので、134号線へ出て森戸海岸のデニーズ森戸店に寄りました。

ここは都市部のデニーズと異なり、海を見下ろす立地で、マリンファションが似合う特別なレストランの雰囲気が漂います。
渚橋際のデニーズ逗子店と共に逗子葉山地区のオシャレなファミリーレストランとして人気があります。

この日の朝食は連休用の特別メニューだけです。
たまごを中心とした3メニューと魚の和定食の4つのメニューから選びます。

これが何とパンと飲み物が付いて580円でした。コーヒーはおかわりオーケーです。
席につくまで20分程待ちましたが、湘南らしさと季節による対応の仕方で満席、オーダーの早さも加わり、人気を保っていました。

村内道路脇のツツジ
e0050231_1715276.jpg

ツツジのアップ
e0050231_17151840.jpg

斜面の植込み
e0050231_17152939.jpg

ツツジを見物にきたホージロ
e0050231_17153995.jpg

by isoda-shonan | 2009-05-07 17:17 | コラム | Comments(0)
定期健康診断の大切さ
当社では、毎年この時期に全社員と大工職方全員の定期健康診断を近くの総合病院と提携し、受診しています。

一般的な受診項目の他,4年程前から採血による腫瘍マーカーの検査も行い癌の早期発見にも対応しております。

この結果、社員2名と大工職1名の癌が早期発見され、いずれも摘出手術により、事なきを得てます。

大腸癌の発見は検便が一番重要と思います。
便潜血が「+」で「CEA」が正常範囲を越えていたらまず大腸癌と疑うことです。
必ず内視鏡による精密検査を受けることをお勧めします。

男性は50歳を過ぎたら前立腺癌を現す「PSA」のマーカー検査をし、正常値オーバーは特に気をつけて下さい。
今の医学だと早期発見であれば摘出手術が可能であり、高い確立で完治してます。
社員、大工職の健康データーは「定期健診成績表」として7年間分が比較できる形で発行され、医師の講評がついて各自に発行されます。

事業主は社員の健康と衛生を管理し、適切な指導、助言や職場環境を維持する責務を負っています。

この「定期健診成績表」が発行された後、当社契約の産業医のチェックを受け、赤信号のついた社員は役員立会いのもと、先生による精密検査の指導を受けます。

この毎年行う「定期健康診断」により、社員と大工職の癌が早期発見され完治し、これが良い警鐘となり今では受診率は100%となっています。

昨年からは腹囲の計測も項目に入り、「メタボ」の対策も行なわれる様になりました。

勤務先をリタイヤした人は職場での団体受診が無くなりますので、自己管理で毎年の健康診断を続けることをお勧めします。
by isoda-shonan | 2009-05-01 13:22 | コラム | Comments(0)