excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
仕事納め
100年に一度の不景気と言われた今年も今日29日で仕事納めです。

社員全員で事務所の大掃除を行います。
机の周りに積み上げていた資料や新製品案内のパンフレットを片付け、電話やパソコンの埃を払いました。
100年に一度の不景気を吹き払いたい気持を込めてです。
一年を振り返ると、日本の産業はどの分野も停滞、失業率の上昇や雇用不安から消費が伸びず、完全なデフレスパイラルに入り込んでしまいました。

だからと言って、企業経営は世の中の景気に委ねる訳には行きません。

一人一人のお客様を大切に思い、確実な仕事を重ね、住み心地の良いご満足が戴ける家をお引渡しする。
お客様の満足度を通じ、地域での評判を上げて行く。

社員、職方全員が力を合わせ、どうやらこの不景気の中、そこそこの決算を出せる予定です。

来年からは政府もやっと住宅業界にテコ入れし、「住宅エコポイント」政策を導入することが決定したのは明るい材料です。

お引き立て戴きましたお施主様への感謝と、お取引先各位の皆様にも今年一年を心より御礼申し上げます。

どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さい。

年末年始の休業は 12月30日から1月6日となります。
by isoda-shonan | 2009-12-29 10:59 | コラム | Comments(0)
無尽の会 忘年会
12月も押し迫り、本年最後の忘年会を仲間の無尽(むじん)の会で行いました。

無尽。若い方には解りにくい会合と思われます。
昔は別名、頼母子講(たのもしこう)とも呼ばれ、仲間で毎月決まった金額を出し合い、その月まとまったお金が必要な人が他の会員に配当を付けて順番に落とし、子供の節句のお祝いや入学資金に用立てていました。

古臭い様ですが私も無尽に加入しています。
メンバーは12名、お医者さん、ゴルフのレッスンプロ、中小企業主、プロの歌手もいる多士済々の会です。

しかしこの無尽は単純にいうと、月一度気の合った仲間が集まって楽しく過ごす食事会(飲み会)なのです。 

何か特別に購入したい物や旅行を計画した時などに、必要な人が順番で落とすことになっています。

景気の話、スポーツの話題、最近の世相、政界の動向など街の評論家として皆、一家言を持っているメンバーです。

私にとっては仕事を越えた情報交換の場であり、社会勉強の場でもあり、かれこれ10年以上のお付き合い。

今月は本年最後の無尽で忘年会も兼ねました。
鳩山首相の献金疑惑は贈与税を納めてけりをつけるだろう、タイガーウッズの
場外11連発OBでは離婚は避けられないだろう、と話しは尽きません。病気が完治したメンバーが、快気祝いに九州の焼酎を二本下げてきて会は更に盛り上がります。

二次会はメンバーのプロ歌手のお店に行ってカラオケ大会でした。
1年の疲れを吹き飛ばし、メンバーの健康と元気さを祝う「無尽」でした。
by isoda-shonan | 2009-12-25 14:45 | コラム | Comments(0)
12月6棟目の上棟
師走の大安22日(火)に横浜の中区でH様邸の上棟を行いました。
今月6棟目の上棟です。

長期優良住宅の認定申請の審査がなかなか前に進まず、本来なら11月に上棟を計画していたのですが12月となってしまいました。

他のお客様も年内に上棟を済ませておきたいとのご所望もあり、今年は12月に上棟が集中してしまいました。

H様邸は、日本でも有数の住宅資材商社 N社の住宅事業部が設計し、当社が施工を担当するお住まいです。省エネ性の高い外断熱工法を採用されています。

施主のH様とN社はお取引関係の間柄になられます。

H様邸は奥様のご実家の敷地に建設されます。
隣りにはご両親の家が建っています。
当日仕事の都合で上棟式に参列出来ないご主人様に代わり奥様のご両親が出席され、家の四隅のお清めをしていただきました。

施主ご挨拶では、ご主人様のしたためた挨拶文を奥様が代読され、立派に内助の功を果たされました。

当社も社長が出席し、安全な工事とN様のご期待に応えられる住み心地の良い家の完成をお約束させていただきました。


柱と土台は桧の骨太構造のH様邸
e0050231_16521926.jpg

by isoda-shonan | 2009-12-24 16:52 | コラム | Comments(0)
ルリビタキとベニマシコ見ました
冬将軍登場のこの冬一番の厳寒の先週末に、町内探鳥会で宮ヶ瀬ダムの早戸川に行って来ました。

自治会館前6:30の出発で現地到着が8:30頃でした。
宮ヶ瀬湖を左に見ながら早戸川口まで来ると「気温1度。凍結注意」の看板が目に入ります。

この日、今人気の防寒下着ヒートテックを着込んで行き、少し過信してしまいダウンジャケットを薄手のウインドブレーカーにしたのが失敗でした。探鳥会用に家族が贈ってくれた防寒手袋をしても指先がジンジン冷たく感じます。

山の北斜面際の早戸川林道を歩くのですが、ハイテク下着を用いても寒さはこたえます。少しでも日向の場所があるとそこで暖を取るため休憩です。気温は多分氷点下を超えていた様、温度差の厳しい神奈川産の桧や杉を育む丹沢山系の山の中です。

しかし、この寒さもなんのその、たくさんの「カメラ派」が長い望遠レンズを付けたカメラをセットして待機しています。「ベニマシコ」を待っているのです。

私達もその横で小枝が動くのを探し、双眼鏡をかまえます。
最初に捕らえられたのはベニマシコのメス。全体に薄緑で何の鳥か解らず図鑑を見てベニマシコのメスと解ります。

場所を少し移動した所で「ルリビタキ」を発見。双眼鏡で見るのは初めて、オレンジ色の脇腹とルリ色の羽がとても美しい。

そして同じ場所に飛来してきた鳥が薮に止りました。
今度はお目当ての「ベニマシコ」のオスです。首が詰まっていて頬や胸に紅が差しています。茅の枝に止り、じっとして「どうぞゆっくりご覧ください」とと云っているようです。
この日は他に「シロハラ」や「カケス」の飛翔を見ることが出来、寒さを越えて珍しい鳥と出会え充実した探鳥会となりました。

同行した野草博士のMさんから「ヌルデ」を教わりました。「ヌルデ」は野鳥にとって塩分を補充してくれる実とのことです。この日も「ヌルデ」には「ジュウビタキ」や「ヤマガラ」が来ていました。野鳥は本能で必要な食餌をし、植物は鳥により繁殖し、生物多様性が森の中で育まれているのです。
by isoda-shonan | 2009-12-21 17:22 | コラム | Comments(0)
米国住宅産業の減税効果表れる
今日、NHKの早朝ニュースを寝惚け眼で見ていると、米国の経済は住宅減税の効果で、住宅販売は8%以上の伸びを示して、景気対策の下支えをしていると発表していました。

米国が裾野の広い住宅に補助金を出し景気対策として継続させるとしたニュースは、12月始めの頃に聞ていました。

しかしそれは補助金ではなく、住宅を建てた(買った)人の所得税を8千ドル(日本円約70万円)を限度として減税するとした政策が正しかった様です。

民主党政権は、エコ住宅に約30万円のエコポイントを来年1月以降着工の建物につけると発表しています。

前政権の自民党が景気対策として行ったエコ家電への10%近いエコポイントには、民主党は「ばら撒き」として大反対。しかしこの法案により電気産業界は持ち直しを見せています。
エコカーの減税と補助金は200万前後の車で25万、車輌価格の12.5%にあたり、思い切った自動車産業のテコ入れとなっています。

この景気対策は自民党が決めて行ったものを新政権は継続しているだけです。

新政権が発表した政策は、平均2.500万円の家で30万円のエコポイントでは、たったの1.2%の補助にしかなっていません。
景気対策は自民党の案に乗り、自前で出した政策はチッポケなもの。
ガソリンの暫定税率廃止をマニフェストに掲げたのに当分は見送りの様子。

この辺が産業界が現民主党に苛立つ原因と思われます。

住宅に掛かる消費税5%を補助するぐらいの肝っ玉の大きい事を思い切ってやらないと「景気の二番底」は本当に来てしまいそうです。
by isoda-shonan | 2009-12-17 15:24 | コラム | Comments(0)
今が旬,リンゴの「富士」
今回は旬に入ったリンゴについてです。

富士の名の付くものは日本一を表すとされています。

青森県の名産品リンゴの「富士」は、リンゴの生産者のそんな思いが凝縮されたリンゴです。

何とか日本一のリンゴを生産したいと永年研究され生まれたのがこの「富士」。純国産の「国光」と洋名の「デリシャス」を掛け合わせて生まれました。その後土壌や栽培方法が何度も改良され現在に至っています。
「富士」の名は当時日本一の美人女優とされた山本富士子さんからともされています。

一時野菜でも果物でも見た目での「形」や「色付き」が重要視され、またその規格に当てはまった品は高値で取引されました。

しかし時代が変わり、本当においしい品種はどうすべきかに変わりました。農薬を一切使用しない、有機肥料だけで作った野菜が大人気になりつつあります。形が少し悪かろうが、葉に虫食いが残ろうが、新鮮で安全な食品を選ぶ消費者が増えたからです。

「富士」も一時、「形と色」にこだわり「有袋」栽培が主流でした。確かに一つづつ袋を掛ける事により、「形も色」も一級のリンゴが生産され、日本だけでなく海外でも最高級とされました。

しかし、自然派の食材人気が高まり太陽の恵みが得られる「無袋」で行った所、若干形は悪くても「蜜」がたっぷりと入った糖度の高いリンゴを生産することに成功したのです。見栄えより味と品質を優先させました。

今では「無袋」で生産された富士を商品名「サンふじ」とブランド名にしています。サンは英語SUN=太陽からです。

私の事務所の机の上にポンと一つ、この「サンふじ」が置かれています。今日の昼食のデザートにする予定です。

旬に入った今月初め親しい取引先から送られ、社員で分け合ったリンゴです。

形は真円ではないが、二つに割ると「蜜」が1/3近くまで占めています。香り、歯ごたえ、甘味とも三拍子揃った一級品のリンゴで、今月いっぱいまでが食べ頃のようです。
by isoda-shonan | 2009-12-14 21:01 | コラム | Comments(0)
裾野の広い住宅産業へのテコ入れ政策
民主党がマニフェスト通り厳格に政策を遂行すれば「二番底景気」に入ると指摘したのは、政治コメンテーターの星 浩氏です。
新政権発足の日、9月16日の地元信金の講演会での話でした。
講演会の内容はこちらから2009.9.17 鳩山内閣発足)

新政権が発足しほぼ3ヶ月が過ぎ、無駄な予算を始末する「仕分け」が行われ、官主導型からの脱皮は評価されるものの具体的な景気対策が発表されない事に、産業界は苛立っておりました。

ところがここにきて、12月8日、緊急経済対策として総額7.2兆円の補正予算を組むと発表しました。

このうち住宅関連の緊急対策は次の様です。

○2009年度第2次補正予算に「住宅エコポイント制度」を創設。
(2010年1月1日着工分から適用。予算1.000億円)

○長期固定住宅ローン「フラット35」の金利を1.0ポイント引き下げる。(4.000億円)

○住宅取得時の贈与税の非課税枠の拡大。

○木造住宅の振興(11億円)等で、12月15日の閣議決定を目指すとの事です。

電化製品や自動車と比べると、住宅エコポイントの予算額は少ないですがこれがキッカケとなり、外断熱工法のエコ住宅やペアガラスに交換する等の省エネリフォームが活性化することが期待されます。

そして、高耐久、高耐震、省エネ、維持管理等の性能が審査される長期優良住宅の認定補助金100万円の申込みが、平成22年2月26日まで延長されることも年初の着工促進に寄与するものと思われます。

住宅産業に携わる職人、設備メーカー、建材関係等は大変多く、裾野の広い事は周知の事実。

米国政府も、一旦自動車の補助金はここで中断させましたが、住宅への補助金制度は継続し、経済の建て直しと浮揚策の最重要政策と位置付けています。
by isoda-shonan | 2009-12-11 09:00 | コラム | Comments(0)
石川遼選手 プロの心掛け
ゴルフの石川遼選手がとうとう2009年度賞金王に輝きました。18才での達成はジャンボ尾崎の26才を抜いて36年振りの快記録。もちろん最年少賞金王の18才は世界記録でもあります。

今年のゴルフ界は池田勇太選手の台頭もあり、二人の賞金王争いは最後までヒートアップ。

石川選手の爽やかさ対池田選手のスリータックの太ズボン、天才的なセンスと職人技の対比にファンはどちらも応援したくなる筈です。

私の友人などは最終戦のJTカップ最終日、5オーバーの池田選手に「10アンダーの60で廻れ」と声援を送っていました。「そうしたら優勝に絡むかもと」。

結果9アンダーで丸山茂樹選手がプレーオフを制して10年振りの優勝。
いつも笑顔の素晴らしい「マルチャン」が長いスランプからの脱出に思わず堪えきれず涙を流しました。

今年の日本ゴルフ界は石川選手の活躍で、練習場、ゴルフ用品、ウエアーの売上増、ギャラリー入場者の増加、TV視聴率のアップ、ジュニアゴルファーの増加と多大な貢献を受けました。

そして世界の一流スポーツ選手が肝に銘じていること、それは「ファンを大切にする」ことを実践してきた1年です。
丸山選手の笑顔も石川選手のバイザーにちょっと手をそえる仕草も、ファンに対する応援の返礼なのです。

インタビューで「他の選手より優ることは何か」と聞かれ「ギャラリーの皆さんの応援です」と答えている。その「応援」に応えられる実力をつけたのは見事の一言です。
「ギャラリーによって自分が育てられているから・・・・。ギャラリーの応援で自分を奮い立たせる、ギャラリーの期待に応えたい一心で練習をしてきた」と。

18才で一流ゴルファーのプロの心掛けが出来ている賞金王です。

決して表に現われようとしない石川家の父親の存在と教育も素晴らしいと推察します。

そして、ジャパンゴルフツアーは日本ゴルフ会への貢献度に対し、石川選手には2009年最優秀選手賞(MVP)を、池田選手には最優秀新人賞を表彰しました。
今後ともこの二人がジャパンツアーを良きライバルとして、引張って行くことでしょう。
by isoda-shonan | 2009-12-09 14:12 | コラム | Comments(0)
どんどん進化する塗料
このところ新しく開発された塗料が建築業界にも採用され、その進化は目覚しいものがあります。

・タバコのニオイを吸収してしまう塗料。
・宇宙開発のロケットの断熱材として開発された断熱塗料。
・光触媒で窓ガラスの汚れを雨で洗い流してしまうコーティング塗料。
・西日の熱をカットする遮熱コーティング塗料。
・「雨が汚れを流し太陽が洗い出す」としたキャッチフレーズで売出し中の光触媒外壁塗装材。超親水性を発揮し汚れを寄せ付けません。 

いずれも施工面積の大きさで価格が割高となる部分もありますが、用途が広がれば価格も下ります。

この中で私が注目するのは、宇宙開発のロケットの先端に施工された断熱塗料。

一昨年、先進気鋭の設計事務所「みかん組」の設計によるJT由比ヶ浜海の家の施工の時です。
太い木組みのパラソルを何本も建てた斬新な設計で、パラソルの傘(屋根)の部分はガルバリウム鋼版でした。裸足では砂浜を歩けない程の海岸で、鋼版傘では大変な暑さになってしまうと思っていましたが、担当した設計者が「宇宙開発で使った断熱塗装を施すから大丈夫」と平然としています。数年前に名古屋万博で設計したパビリオンの金属屋根に施工して実験済との事でした。

この時初めて塗料で断熱出来る事を知ります。

夏の太陽がガンガン照りつける由比ヶ浜。
塗装後のパラソルの屋根は触るとむしろ冷たく感じました。

宇宙開発ロケットが大気圏に突入する時の高熱にも耐えられる特殊断熱塗料でした。
2年前は大変高価でしたが、現在は自動車のマフラーや他の産業にも使用されて価格も下った様です。

今後コロニアル屋根の再塗装や外壁に「塗り替えて綺麗」にし、合わせて「断熱性も確保」という様に幅広い用途に発展すると思います。

2007年夏 JT海の家パラダイスAO 鋼版屋根に断熱塗料施工
e0050231_11365022.jpg

by isoda-shonan | 2009-12-07 11:37 | コラム | Comments(0)
師走の職業病の予防法
師走に入りました。
毎年クリスマスソングが街に流れるこのシーズン職業病でしょうか、何となく気ぜわしくなり、「あれもやっておかないと、これもやっておかないと」と気持が昂ります。

特に建築業は、年内に竣工引渡しを済ませる、年末までに上棟しておく、又は基礎までは完了し、新年に備えると言った具合です。
そして今年の師走も7棟の上棟が予定されています。

12月は、先生も走り回る位慌しいので「師走」とした様ですが、こう読ませた先人はユーモアも持ち合わせていた様です。

こんな気持を少しでもリラックスさせるのが、野山を歩きながらのバードウオッチングや軽いスポーツです。

先週末の11/28(土)は、座間谷戸山公園に町内探鳥会のグループで鳥見に行って来ました。  
現地に9:00に着き14:00頃まで里山の秋を愛でながらの散策は、メタボ対策とストレスからの開放をもたらしてくれます。

百舌、ヤマガラ、オナガ、空にはハイタカを、「イナバウアー」の様な格好で探鳥しました。

翌日の29日(日)は、市内関谷城廻地区スポーツ振興会主催の「グランド・ゴルフ大会」に選手として駆り出され、半日楽しんできました。
1チーム5人編成で地区自治会8チームが参加する秋の恒例スポーツイベントです。

「グランド・ゴルフ」。
年寄りのお遊びでしかないと思っていましたが、体力も集中力も必要です。

アウトコース8ホールは関谷養護学校の植込みの中、築山の登り坂に球を打ち出して行きます。
建物と建物の間を突っ切ったり、芝生のグランドも使用し、自然を相手にしたコース設定で冒険心も湧きます。

インコースは隣接する関谷小学校のグランドで通常的な8ホール。
しかし振興会競技役員がグランドキーパー等の障害物を設置しホールをガードします。
距離の長いホールは30m以上もあり、力いっぱい打たなければ届きません。

我が自治会はチームワーク宜しく同率1位に入り、5人の団体戦のプレイ・オフまで進みましたが、惜しくも敗れ準優勝。
それでも選手全員は晴々として地域のスポーツイベントを楽しみました。
私も心身をリラックスさせ、師走を迎える心の準備ができました。


紅葉の座間谷戸山公園  
e0050231_16425561.jpg

縄張りの主、百舌   
e0050231_1644131.jpg

関谷養護学校植込みの中を行く1番ホール
e0050231_16442399.jpg

by isoda-shonan | 2009-12-03 16:45 | コラム | Comments(0)