excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
春の「木工教室」は今年も大盛況
大型連休の初日に当る昭和の日に、第12回春の「木工教室」をイソダハウジングパークで開催致しました。

事前に予約を受付けましたが、開催の数日前に満員となり、回を重ねるごとに人気のあるイベントとなっています。

開催主旨は、建築現場で不用となった材料を使用し、プランターとマガジンラックを造るリサイクル活動と、お客様サービスの日としています。

材料は工場で予め「キット」に加工し、「釘打ち」「ネジ止め」「塗装」「バーナーでの焼き付け」の作業で、低学年のお子様も完成させることが出来ます。

技術指導は元大工職のアフター担当や、工事担当の社員達が務めます。  

玄能(トンカチ)のコツは手首のスナップ。
子供達に少しスナップを使って打つと、気持ち良く釘が入るのを教えます。
これはボールを投げる時、剣道で面を打つ時、ゴルフのショットの時など、みな同じ原理なのです。

プランターは防腐の為にバーナーで焼きを入れて炭素化させます。
これも、10cm程の所からバーナーをゆっくり移動させると上手に焼きが入ることを教わります。

マガジンラックは「青」「緑」「赤」「グレー」「茶」の色の中から好きな色を選び塗装します。
自分の個性を出し、自分一人で最後まで完成させた喜びを感じてもらいます。

この日、プランターは60個、マガジンラック30個のキットを用意し、午前2回と午後2回の教室で一回平均13組、合計100名以上のご家族の参加があり、完成させた作品を大きな袋に入れ、満足げにお持ち帰りいただきました。

家族協力の作品作り
e0050231_13272730.jpg

バーナーでの焼き入れ
e0050231_13274722.jpg

マガジンラック(ライトブラウン色)
e0050231_1328227.jpg

完成したプランター
e0050231_13284750.jpg

by isoda-shonan | 2010-04-30 13:25 | コラム | Comments(0)
街の評論家 政局に切り込む
私の仲間は多士済々。いろいろな職業を通じた交流があり皆一家言を持つ街の評論家でもあります。

街の評論家は庶民の暮し向きや政治家の発言の本質などを鋭く見抜く力も持っています。いつものレストランに集まり政局談義です。

A氏が「鳩山さん、普天間解決出来ないで、6月には退陣だな」と切り捨てます。

B氏も「今のままでは、民主党は次の参議院選はボロ負けするよ」と手厳しい発言です。

総意は首相のリーダーシップを問われているが、誰が権力を持って入るかを国民は皆知っている。そして、政治資金で秘書が逮捕されているのに首相も幹事長も責任を取ろうとしてない。
政治で一番大切な国民に対する「信義」を忘れている、国民は民主党のそこに失望しているのに意を解していない。

「選挙に勝つ為の政策提案(バラマキ人気取り)より、安定した国家の構築を考えてくれ」と街の評論家は要望しています。

C氏は民主党に一つ光明を見出せるのは『七奉行』の存在だと指摘します。

自民党に古い体質の脱却が必要と同じ様に、民主党も小沢幹事長に退陣してもらい、新しい顔の党首を選び参院選を戦えば再び浮上するだろうと評論します。

そして連立の相手も再考し、選挙前に政策の方向が同じ新党と組めば日本の新しい道筋が開かれるかも知れないと。

参院選のゆくえは民主党内の「影の実力者」に立向かう自浄作用が働くかどうかに掛っているのです。

安定した政局が整い日本丸の浮上を街の評論家は望んでいるのです。
by isoda-shonan | 2010-04-28 08:52 | コラム | Comments(0)
日本創生のシナリオ
地元取引先、信用金庫の講演会に参加してきました。
テレビでも顔なじみの著名な評論家が登壇する人気の講演会です。

4月度の講演は三井物産戦略研究所の寺島実郎会長でした。

冒頭「今の日本は皆が伏せ目勝ちだ」と指摘します。豊富な統計の資料を配布し、これからの日本再生の道筋と問題点を追及します。

実質GDPは2009年-5.3%だったのが2010年には+1.5になり、少し明るさが見えて来ます。

問題は素材原料は前年比 175.3 中間材 108.9 と値上りしているのに、耐久消費材は 69.4と逆に30%近く下落しているデフレ状態。
価格を上げたくても上げられないのです。

これは、200万円以下の収入で働く人は労働人口6,272万人の34%に当る2,165万人にも達していると。
加えて、サラリーマンの家計可処分所得も収入減と公的負担増で2000年~2009年までの9年間で9.5%も減少したと指摘し、消費に金が廻らない状況を分析しています。

最後に日本創生のシナリオとして次を提案しました。

①エネルギーも食糧も自前で調達
 食糧自給率70%への達成(システム農業の展開)
 水力や原子力の「技術蓄積」を高め脱石油のビジネスへ
 
②海底熱水鉱床の探査と採鉱技術を高め資源化へ

③人工衛星の利用の可能性(GPS)

④100人乗り「中型ジェット旅客機」の国産化

⑤100%光ファイバー網敷設によるインフラ基盤の整備


そして、日本、台湾、韓国、三国によるネットワーク型協力体制を構築し,志を持った方向で行くべきと結びました。
by isoda-shonan | 2010-04-26 08:45 | コラム | Comments(0)
鍋料理再登場
月初め、例年通り桜は満開となり今年もいよいよ本格的な春に突入と思われたのが、気温は乱降下。 冷たい雨が続きました。

天候不順で春野菜が高騰し、クリーニング屋さんに冬物依頼が入って来ず、こんなに暇な衣替えシーズンは初めてと、ニュースになったほどです。

今週初めは気温23℃と夏並みを記録し、翌日は7~8℃と真冬に逆戻り。
ここ数年風邪をひいていない私も喉が痛み、鼻水を垂らし体調不全です。
あまりの暖かさに薄着をしたのが原因の様でした。

熱は出ていませんが、こじらすといけないと思い耳鼻咽喉科に行き、洗浄し調剤を受けます。
私の風邪のパターンは最初に喉が痛くなり、次に鼻が詰まる、そして鼻炎を起こしてしまうといった具合です。

ニュースの街のインタビューで、防寒コートを着込んだ人が、「これから鍋を食べに行きます。」と答えていましたが、我が家も鍋料理が再登場です。
温かい湯気に当たると鼻も通ります。
今しばらく冬物はクリーニングに出せない気象です。
by isoda-shonan | 2010-04-24 08:46 | コラム | Comments(0)
住宅エコポイント
我が家の断熱改修と浴室・トイレのリフォームが終了し、「エコポイント」の申請をおこなうことにしました。

申請書類は「住宅エコポイント事務局ホームページ」からダウンロードできます。

窓の断熱工事はその部位の写真提出が必要で、氏名・電話番号を記入したA4版の台紙に貼り付けて提出します。

インナーサッシ取付やサッシ本体の交換は、大(2.8m2以上)が18000ポイント、中(1.6~2.8m2)12000ポイント、小(0.2~1.6m2)が7000ポイントとなっています。

窓の断熱化ではインナーサッシ取り付けが工事も早く、気密性能も確保できます。私の自宅はほとんどインナーサッシを取り付けました。

サッシ本体の交換は窓回りを一部解体するので、外壁の補修が必要です。今回、浴室は出窓の部分を解体したので、ここだけサッシ交換にしました。

既存のサッシのガラスをペアガラスに交換する場合はガラスごとに大(1.4m2以上)7000ポイント、中(0.8~1.4m2)4000ポイント、小(0.1~0.8m2)2000ポイントとなっており、間口1800mm高さ2000mmの引き違いの窓は1枚約1.4m2になるので1枚につき7000ポイントですので14000ポイントの申請が可能です。

開閉や出入りが多い開口部やFIX窓は、使い勝手を考えてガラス交換にしました。

ポイントを計算した結果、窓の断熱化で187000ポイント、浴室のバリアフリー改修で35000ポイント、合計222000ポイントとなりました。

このエコポイントは、トイレや空調機を追加した工事の「即時交換」で使用するつもりです。
by isoda-shonan | 2010-04-21 09:02 | Comments(0)
竹の子堀
私が居住する自治会はとても纏まりがあり、防犯や安全活動も活発で、趣味や交流を兼ねたサークルや行事も多々開催されま。

例年、この時期の日曜日「子供会」を中心とした竹の子掘りが開催されました。
久し振りの暖かい晴れた日に、子供達も大人も竹の子掘りに夢中でした。

春日野の 若菜つみにや白妙の 袖ふりはえて人のゆくらむ   紀貫之

古代より、日本では春の若草摘みが人々の楽しみになっていたようです。私も若い頃、親戚や兄弟の家族、子供達でセリ、ノビル、フキなどを摘み、山菜パーティーを開いていました。
世知がない世の中になり、うっかり野山の草摘みをすると怒られてしまいます。

先週の日曜日は「セリ」摘み、今週は「竹の子」堀を楽しみました。いずれの場所も地主さんより管理を委託されている所です。

竹林は番傘をさして通れるぐらいがちょうど良いとされていますが、自治会・竹林の会の有志が常に整備を行っています。

会の幹事役が前日、残す竹の子、取っても良い竹の子を選定し、残す竹の子には白いテープが付けられています。

約2時間を掛け、足場の悪い傾斜地での作業はかなりの重労働でした。竹の根に当るとスコップが入らず自然の山は手強いと感じます。それでも皆が頑張って250本近く収穫しました。

この竹の子掘りで、竹と竹との間隔も丁度良い広さになると幹事役さん達の顔がほころんでいます。

一家庭3本づつ配布されましたが、大人も子供も作業を楽しんでニコニコ顔で帰りました。

雨後の竹の子
e0050231_14133882.jpg

収穫された竹の子250本
e0050231_14135754.jpg

by isoda-shonan | 2010-04-19 14:14 | コラム | Comments(0)
谷戸の自然観察会
4月11日の日曜日、町内バード・ウォッチングの会から派生した「関谷川をきれいにする会」の企画で、関谷地区谷戸の自然観察会が行われました。
近隣町内の掲示板にも告知したので、会以外の人も参加しました。

会のメンバーで皆が「野草博士」と呼ぶMさん(女性)がその日の講師役。

日頃見かける何でもない野草の特長や、食べられる物食べられない物などの解説があります。

「仏の座」と「ひめおどりこ草」はとてもよく似ています。
私は全て「仏の座」と思っていたのは「ひめおどりこ草」だったと知ります。
春の七草の一つの「仏の座」は別名「タビラコ」で、別の野草です。
ペンペン草は春の七草に出てくる「ナズナ」ですから食べられるのです。

「スカンポ」は「ギシキシ」によく似ています。
子供の頃食べた記憶のある「スカンポ」の茎を噛み締めて、酸味の感じを試してみました。
小学生の男子が一人参加し、お父さんの勧めで恐る恐る「スカンポ」を噛んでみます。
喉が渇いたときに少し潤いが得られることを教わった様です。

この日、野草は「ムラサキケマン」「ハルジオン」「カラスノエンドウ」「カキドオシ」などを教わりました。
カキドオシの葉を触り、匂いを嗅ぐとハーブの様な良い香りがします。

最後に「きれいにする会」が稲作作りをしている谷戸の湿地帯に入り「セリ」摘みです。

人がほとんど入らない湿地は「セリ」が自然のままに密生しています。
25cm程に成長し、ちょうど良い大きさです。

その日の夕食は「セリ」と鶏の「水炊き」で春の香りを楽しみました。
タレには当然私一押しの「旭のポン酢」を使いました。
by isoda-shonan | 2010-04-17 10:03 | コラム | Comments(0)
我が家まるごと断熱リフォーム 最終回
足場が解体され、防護ネットも外れて室内が明るくなりました。何よりなのは室内から青空が見えることです。このように日常何でもないことが取り戻せるとストレスがなくなるのは人の心理なのでしょう。

新築と異なり、リフォームは生活の中で工事がおこなわれます。施主の立場から考えると、手際よい段取りと職人の手配でなるべく早く工事を終わらせることが肝要と思い知ります。

新築はどんなに検討し設計打ち合わせをしても、どこかに「こうしておけば良かった」と思うところが出てくるものです。それはまだその家で生活(現実)体験のない理想の世界で計画するからです。リフォームは住み慣れた家なので、どこをどう改善すれば、ストレスの生まれない生活を送れるかに立脚しています。

今回、自宅のリフォームは高断熱化による温熱環境の改善が主たる目的でしたが、細やかな点(トイレドアの目線や、リビングドア-ノブの交換など)で家族のストレスを少しでも和らげることができたと思います。

そして、最新の設備にリフォームした浴室やトイレは快適で、気持ちを安定させる効果は大きいものです。
特に室温は外気温7℃の時、15℃位を保つようになり温熱環境の改善を達成しました。
なによりも安心したのは、34年前にイソダで建てた家は今でも構造がしっかりしていると、工事に入った職人さん達が評価したことです。

今回のリフォームは自社と請負契約する特殊な関係でしたが、担当してくれたリフォームの金子次長、工事監督の峯君、そして細かなことを気持ちよく施工してくれた菅原大工さん他、協力会の職方さんには心から御礼申し上げます。

「我が家丸ごと断熱リフォーム」も全16回となりましたが、これで終了とさせていただきます。ご愛読ありがとうございました。

新築のような自宅は築34年
e0050231_10335313.jpg

廊下東側窓の二重サッシ
e0050231_10341286.jpg

1216が1616サイズの浴室に
e0050231_10342526.jpg

ちょっぴりエコで、雨水を貯水出来るようにしました
e0050231_1034361.jpg

by isoda-shonan | 2010-04-15 10:35 | Comments(0)
2010 マスターズ 愛の優勝者
今年もゴルフシーズン開幕を告げる「マスターズ・トーナメント」が世界一美しいゴルフ場オーガスタ ナショナルコースで開催されました。

毎朝5:00からのTV放送で寝不足のゴルフファンも多かったはず。

今年はスキャンダルで一時ツアー出場を見合わせていた「タイガーウッズ」もマスターズに復帰。どんなプレーでギャラリーに応えられるか楽しみでした。

結果、優勝したのは「フィル・ミケルソン」。3回目のマスターズ優勝は名手サム・スニードやゲーリー・プレイヤーに並ぶ快挙です。

解説の中島常幸プロが何度も「ゾーンに入っている」と表現したスーパーショットの連続は、彼の実力プラスアルファの力が存在したようです。

彼の夫人と母親が乳ガンと闘っている状況で、夫人と母親を勇気付けるにはマスターズの優勝しかなかったのです。

18番をバーディで優勝を決め、スコア提出に向かう途中、応援に来ていた夫人との長い抱擁のシーンがアップで流されます。
「君も頑張っているので、家族の為に私も頑張ったぞ」と奥さんの耳元でささやいている様で、とても感動的なシーンです。
その後子供達も抱きしめ家族との絆の深さを示しました。

日本人は気恥ずかしさが先に出て,なかなか出来ない表現ですが、ミケルソンだとなんとカッコいいシーンに映るのでしょう。

ミケルソンに実力以上の奇跡的なリカバリーショットを何度も成功させたのは、「勝利の女神」が「家族愛の深さ」を称えた今年の「マスターズ」でした。
by isoda-shonan | 2010-04-13 08:48 | コラム | Comments(0)
我が家まるごと断熱リフォーム(15)
例年3月は工事が集中し、職人さんの奪い合いとなります。
年度末で、引渡しが1年の中で最も多い時期となるからです。

自宅のリフォームでは防水屋さんが手一杯で、他のお客様を優先してもらい手の空く4月まで待つことにしました。

漸く先週末に職人さんが入り、防水工事が完了しました。
自宅のハネ出しバルコニーの防水は15年以上も経っています。
ドレインの所を私がコーキング材で補修したことはありますが、水漏れはしませんでした。
防水の耐用年数は普通10年とされていますが良く持ったものです。
今迄はシート防水でしたが、今回はウレタン防水で行っていますので信頼度は高まります。

今日足場を解体する予定で、家の廻りの犬走りも歩き易くなり、庭にも出られるようになります。

足場をバラしてからの小工事が少し残っていますが、ほぼ95%の工事が完了したことになります。
by isoda-shonan | 2010-04-12 08:51 | Comments(0)