excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
仕事納め。変らぬお引き立て、ありがとうございました。
今年も今日29日、社員全員で事務所の大掃除を行い、その後、納会を行い2010年の仕事納めとします。

厳しい経済状況のなか、どうやら例年並みに着工が出来ました事、御発注を戴きましたお客様皆様のお引き立てに、心より感謝申し上げます。

来春の竣工を目指し、多くの現場が動いておりますが、安全で高品質な住宅を、分けても「住み心地」と「省エネ性」を大切にしたお住まいをお届け致します。

来年も皆様の旧倍のお引き立てを宜しくお願い申し上げます。
12月30日より1月6日迄、年末年始休暇とさせて戴きます
通常業務は、7日より開始致します。



正月を迎えるイソダ本社
e0050231_12224352.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-29 12:22 | コラム | Comments(0)
ホルモン、人気のキーワードはコラーゲン
数年前のB級グルメチャンピオンに輝いた、厚木の「シロコロ」を本場で食べる機会を得ました。

厚木の知人が、№1のシロコロを食べさせる店を予約してくれ、3年振りに実現したのです。

厚木のシロコロは豚の生大腸(鮮度最高品)を綺麗に洗い、割らずに輪切りにし、独特の味噌だれで網焼きにして食べます。

豚一頭で約80cm程しか取れない貴重品です。

地元の人は、他のシロとは全然違うんだと云っています。

予約したS苑は、予約客で満席。
焼き上がるとコロコロしてくるので、シロコロと云うのだそうです。

確かに他のホルモン屋のシロとは、全く食感が違います。
上質なコラーゲンが口の中いっぱいに広がります。
もう少し食べたかったのに、残念ながらシロコロの追加注文は出来ませんでした。

最近、ホルモン焼きの店に沢山の若い女性客が訪れるようになりました。
人気のキーワードはコラーゲン。
お肌に良いコラーゲンが摂取できると、B級グルメ人気に拍車が掛ったのです。

一昔前までは、ヤキトリもホルモンも「オヤジの店」だったのに、時代は変わりました。
by isoda-shonan | 2010-12-27 10:27 | コラム | Comments(0)
逗子で親と子の住宅2棟が完成
逗子市久木町はJR逗子駅に程近い閑静な住宅地です。
県道鎌倉・葉山線を少し入った処で、親世帯のS様邸と子世帯のT様邸2棟が同一敷地を分割し竣工しました。

今回もお施主様の御協力を戴き、新築した家を紹介させていただきます。2棟とも断熱性能の高い外断熱工法で施工されています。

親世帯のS様邸は外から見ると一見平屋建ての様に見える2階建てです。
最大の特長は2階に6帖大のインナーバルコニーを設けて、洗濯干場にされていることです。周囲の目線をさえぎり、夏は夕涼みの場所としても使えます。ここですと逗子の海風も届きそうです。

子世帯のT様邸は1階に個室を設け、2階にキッチン、リビングダイニングと和室を設けた設計です。親世帯がダーク色を基調としているのに対し子世帯のT様邸は、白を基調とした若々しい明るい住まいに仕上っております。

2棟を写真で紹介します。

◎親世帯 S様邸外観
一見平屋建てに見えますが2階建てです。
e0050231_847518.jpg

リビングよりキッチン方向を。
ダーク色の床とキッチン。白壁とのコントラストでシックな趣きを。
2階インナーテラスから北側の明りも取り入れる。
e0050231_8472740.jpg

リビングに連がる和室、壁ニッチと地窓も。
e0050231_8474159.jpg

2階洋室からインナーテラス方向。
廊下のハキ出し窓から出入りします。
e0050231_8475382.jpg


◎子世帯 T様邸外観
 愛犬用に外階段からバルコニーに上れます(板の横格子の処)
e0050231_8481234.jpg

2階リビングダイニング、勾配天井で天井高を高く取って解放感を。
e0050231_8483064.jpg

イソダオリジナル、天井の「底目地」仕上げ
e0050231_8484716.jpg

明るい色でまとめられたキッチン。
e0050231_849378.jpg

1階寝室にクローゼットを3ヶ所設置。床の杉板は素足でも暖かみがある。
e0050231_8491953.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-24 08:49 | コラム | Comments(0)
広重も描いた「秋谷立石」の絶景
今年は逗子の現場が多い。
逗子の現場巡回の折に、秋谷の立石まで足を延ばした。
昼食を取りながら富士山が見られるのを期待して。

葉山の海岸線を走る134号の長者ヶ崎を過ぎると、神奈川の50選に入る「秋谷の立石」に着く。

立石越しに見る富士山と夕日の美しい景勝地として、アマチュアカメラマンが多数押し掛ける絶景のポイントだ。

立石公園脇に大きな県営の無料駐車場もあり、撮影には便利。

その昔、安藤広重が「相州 秋谷の里」と題して描き、その絶景を世に広めました。

海の中から孤立する奇岩は高さおよそ12m、右横の海に伸びる磯と松との景観も見事なバランス。

外気温が5度以下となるような真冬日の晴れた日には、立石と右の松の真中に富士山が姿を現す。
「今日はどうだろう?」

県営駐車場の出口の所にイタリアンレストラン「Don」がある。
2階席から立石が見渡せる。
昼食を取りながら富士山が現れるのを待った。

「Don」一番の人気メニュー「渡り蟹とトマトクリームのスパゲティー」を注文。
たっぷりなクリームスープの中にパスタが浸っている。
たいした量でもないのに、こってりとしたスープで満腹になった。

ちょうど食べ終わった頃、一瞬の雲間に富士山が顔を出した。

急いで表に出て、広重の構図を思い浮かべ、両脇を固め、息を止めてシャッターを押した。
旨く撮れたでしょうか?


・広重の構図「相州 秋谷の里」             
e0050231_946611.jpg

・立石の右奥に富士山が現れる             
e0050231_9462027.jpg

・三浦半島と、画面中央に大島も見えました。      
e0050231_9463994.jpg

・昼食で訪れた「Don」。窓際は大海原に夕日が沈む絶景の席となります 
e0050231_9465120.jpg
  
by isoda-shonan | 2010-12-20 09:47 | コラム | Comments(0)
イソダの建築手法「大型玄関収納の威力」(3)
今回は玄関収納(下駄箱)についてです。

過っては玄関には、上部がカウンターになっている下駄箱を置くのが主流でした。

カウンターの上に飾り物を置いたり、その上の壁には絵を掛ける家も多々ありました。

生活習慣が変わり、季節や場所により履くシューズも多様化し、今までの下駄箱感覚では収納し切れないほどになっています。

代わって登場したのが玄関収納です。
高さが2mもありその収納力が発揮されます。
従来の下駄箱に比して、倍以上の収納が可能となりました。

イソダでは、この玄関収納を主流にして設計に取り入れています。
他の部屋のドアと同じ素材で造ることも可能です。

棚の間隔の調整や間仕切りをして、ブーツやゴルフバッグを収納することも。上部にオフシーズンの靴を、取り出し易い下方に使用頻度の高い履物を入れておきます。

・従来型のカウンタータイプ        
e0050231_953418.jpg

・イソダオリジナル 玄関収納H=2000    
e0050231_935868.jpg

・イソダオリジナル 玄関収納(扉開放)    
e0050231_941546.jpg

・玄関収納 プレーンホワイトタイプ      
e0050231_942991.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-17 09:05 | コラム | Comments(0)
イソダの建築手法「天井と壁見切り」の納め(2)
天井と壁の取り合い部分に取り付けるのが天井廻り縁です。

ビルや会社事務所の建物では、クロス等の仕上げ材の突き付けで廻り縁は取り付けません。
天井と壁の仕上げ材が異なる場合は、プラスチック製の見切り縁が使用されています。

住宅の場合、この様な目立たない部位も如何に綺麗に納めるか考慮して設計しています。

当社では、壁も天井もクロスの同じ仕上げ材の時は、原則「底目地」仕上げで納めています。
天井の廻りに12mmの底目地が通るように施工します。
これは、地震等の揺れで、突き付け納まりだとスキマを生じる恐れがありからです。

昔からの大工の知恵で、最初から目地でスキマを取っておけば若干のスキマが生じても、差ほど気にならないからです。この考え方を「逃げ」と云っていて大工技術の大切な技ともいえます。
天井廻り縁を取り付けるほうが簡単に済みますが、綺麗な目地が通るのは、とてもシンプルでしかもすっきりとした納まりと云えます。

天井と壁の仕上げ材が異なる時は、適切な見切り材を選定し廻り縁を取り付けております。


・天井、壁のクロスの突き付け納まり(事務所)
e0050231_9445621.jpg

・天井化粧ボード、壁クロスの時の見切り縁(事務所)
e0050231_9451562.jpg

・天井、壁共クロス。イソダ方式「底目地」納まり
e0050231_9453138.jpg

・和室の廻り縁に半丸太を使用した例
e0050231_9454624.jpg

・壁クロス、天井小巾板の時の廻り縁施工例
e0050231_946192.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-15 09:46 | コラム | Comments(0)
イソダの建築手法「窓枠の納め方」(1)
今回よりしばらく、住宅の意外とお客様が気付かない細かな部分(専門用語で『納まり』と言っています)や、イソダ施工の特徴ついても紹介していきます。
第1回は窓枠についてです。

窓枠は室内側から木部の見える重要なポイントとなります。
納め方により、軽快な若々しさにも、重厚な洋館にも変身させることが可能です。

一般的に枠納まりは「四方枠」と「前板納め」の二通りがあります。

大正~昭和初期の古い洋館の室内に入ると、漆喰壁と左官装飾による天井の蛇腹廻り縁に対比して、奥行きのある巾広のステイン仕上げの窓枠と壁の腰板が、歴史ある重厚な雰囲気を醸し出しているのが感じられます。
窓の上下左右に、厚板で枠を組んではめ込むのが「四方枠」です。

特に古い建物は構造の柱は太いので、壁が厚くなり窓枠の巾も広くなっています。
歴史的な木造建築は、プレハブ系住宅の倍近い巾広になっていて、小物置場になる程です。

一方「前板納め」は、枠の下だけに前板を入れ、上と左右は壁クロスを巻き込んで納める方法です。
細かいことですが、材料費は前板が一枚だけと、木枠を組む手間を省略できます。

子供室など、明るい雰囲気を出す場合は、あえて「前板納め」で行うことも度々あります。

窓枠の納め方一つで、部屋ごとのインテリアや住む人の感性が表現されるのです。

・バルコニー出入口の「四方枠」施工例 
SC外断熱工法は壁が厚いので、枠板巾は180m/mもあり重厚感が出ます。防水性能を確保する為,立ち上がりを高くとっています。           
e0050231_939622.jpg

・ 個室の「前板納め」の施工例
下枠のみを入れ、上と左右はクロス巻き込み
左側のサッシとの見切縁は結露によるクロス汚れ防止。
e0050231_9391761.jpg

・「四方枠」に飾りケーシングを取り付けた施工例。瀟洒なセンスが出せます。
e0050231_9393368.jpg

・出窓甲板の下に飾り框を付けた例
e0050231_9394620.jpg

・軽快感を出す様、左右と上枠の出巾を少し小さくした変形四方枠
e0050231_940524.jpg

・一階ウッドデッキへの掃きだし窓。段差を少なくする為、左右と上枠のみの三方枠で納めています
e0050231_940154.jpg
        
by isoda-shonan | 2010-12-13 09:41 | コラム | Comments(0)
オバマ大統領の鎌倉来訪と経済効果(オバマッ茶アイス)
APECで来日したオバマ大統領が鎌倉大仏、高徳院を訪れたのは報道の通りです。
警察による警護も最大級の物々しさで、交通も大幅に規制されました。

大統領が子供の頃、母親と大仏見物に来て抹茶アイスを食べたのが懐かしかったと、昨年来日した折に語っていたのが実現したのです。

本来は大仏様に世界平和を祈願するのが目的でしょうが、美味しそうに抹茶アイスクリームを食べるシーンが流れ、その後、長谷界隈と抹茶アイスは大変なブームとなります。

大仏通りのアイスクリーム屋さんは、早速「オバマ大統領想い出の味『オバマッ茶』ソフト」と銘打った大看板を掲げると、たくさんの観光客が来店し、オバマ効果はテキメン。

休日ともなると、長谷観音の長谷寺と長谷大仏の高徳院の廻りは、全国からの観光客で溢れかえり、オバマ大統領の鎌倉来訪は、その後大変な経済効果を上げているようです。

・オバマッ茶ソフトを販売するお店           
e0050231_9442612.jpg

・家族で抹茶アイスを楽しんでいます。
e0050231_9443833.jpg

・店の大看板
e0050231_1062462.jpg

・オバマッ茶、一丁上り   
e0050231_9472141.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-09 09:47 | コラム | Comments(0)
施主のセンスが生かされた鎌倉山「杉の家」
神奈川県産「杉」を構造材に使用した、「杉の家」のK様邸が鎌倉山の入口で竣工しました。外壁下地は杉の木づり板の上に50mmのカネライトフォームの外断熱、合板をなるべく使用しないオール電化住宅です。

今回もお施主様の御理解を戴き、新築建物の御案内をさせていただきます。

K様は「杉の家」の基本コンセプトの無垢材を多用した木造りの家と、コストパフォーマンスの両立を希望されました。

K様のセンスも表現され、室内は木地のままの建具と枠で木質感を、白を基調としたカラーコディネイトの中に大胆にも黒をポイントとしたアクセントが近代的で、建築家がプロデュースしたような家に仕上がりました。

K様邸の特長とポイントを写真で紹介します。

階段を20段程上る高台のK様邸は2階がリビング
e0050231_17141677.jpg

1階寝室 腰壁部分は高基礎部分に50mmの断熱材施工。そこを小物置き場に。床はパイン無垢フローリング厚15mm
e0050231_17145067.jpg

2階リビングルーム 勾配天井の化粧梁を黒く塗装し、天井換気扇取付
e0050231_171531.jpg

同じくリビング天井 一部900mm巾に杉板を貼り黒塗装。火打と梁、小屋束も黒くしてアクセントに。とても大胆だが、センスの良さが表れる
e0050231_17152243.jpg

建具も枠も全室、無垢パイン材ホワイトステン木目仕上げ、床は一階がパイン、二階はオークで木視率も高く、初期の設計意図を達成
e0050231_17153481.jpg

対面式キッチンはイソダオリジナル、IHクッキングヒーター付。
床は水に強い300角フロアータイル、奥の棚は食品庫、引戸付
e0050231_1715446.jpg

天井高1.4m以下の小屋裏物入れ 立格子はリビングからの明り取り、東西に窓もあるのでとても明るい。広さは8帖大、ここも柱や梁を黒塗装
e0050231_17155789.jpg

2階のファミリールーム(食堂)。 シンメトリー4連の滑り出し窓と黒いカウンターで上品に。床はオーク無垢フローリング 巾130mm、厚18.5mm重厚感あり。
e0050231_17161364.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-04 17:16 | コラム | Comments(0)
朝日に輝く「鎖大師」の大銀杏
今日から12月に入ります。毎年何となく気忙しくなるのが師走です。

毎月一日は、自宅神棚の榊を換え、灯明を上げて商売繁盛と工事の安全を祈願してから出社してます。


鎌倉市手広に在る通称「鎖大師」は私の通勤道路沿いです。毎朝この道で大銀杏を見るのが楽しみな季節となりました。

手広の交差点から江ノ島に向かい、西鎌倉に入る切り通しの右手前に、空高くデンと聳え立つ鎖大師の大銀杏。
朝日を浴びて黄金色に輝き、見事な風情をただよせている。
炎の形をした大木で樹高およそ15m、近隣のシンボルツリーとも云えます。

鎖大師、正式な山号は飯盛山青蓮寺、開山は「弘法大師空海」です。

空海自作の自我像が本尊で、鎖で膝を屈伸出来るようになっていることから、鎖大師と云われるように成り、国の重要文化財に指定されています。
2019年(平成31年」には開創1200年を迎える名刹です。

境内には、新しく五体の五輪塔童子が安置され「恋愛運」「金運」「勝負運」「健康運」「出会い運」と童子像に優しく触れて祈ると願い事が叶うとされ、最近のパワースポットにも。

気忙しい師走の気持ちを、童子像の優しいお顔が癒してくれます。

P.S
12月3日、夜半からの台風のような大風で、見事に黄葉した銀杏は散ってしまいましt。



黄金色に輝く鎖大師の大銀杏(12月1日撮影) 
e0050231_11201743.jpg

山門と鐘楼からの大銀杏
e0050231_1215687.jpg

境内の不動明王と紅葉
e0050231_12152116.jpg

「きゃ」の五輪塔童子は「愛」を守ります。奈良の「せんと君」と同じ製作者の像で似ています。
e0050231_12153869.jpg

本堂と手前は新しく完成した「香炉堂」
e0050231_12155594.jpg

3日、早朝の大嵐で散った銀杏の葉は黄金色のジュータンに(12月3日)
e0050231_10574057.jpg

by isoda-shonan | 2010-12-03 11:21 | コラム | Comments(0)