excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
 大屋根の家竣工
当社和風住宅「五郎左衛門」シリーズの流れをくむ、和風大屋根の家が金沢区で竣工しました。

金沢八景の平潟湾に面した住宅地でしたが、3月11日の震災にも地盤も工事中の家も被害は有りませんでした。

お施主様の御協力で竣工した外断熱工法の家を紹介致します。


・外観       
   ゆったりとした大屋根でまとめ、頂部は小屋裏収納になっています
e0050231_915893.jpg

          
・バルコニー手摺
   和の趣きを強調した横格子がアクセントに
e0050231_9152051.jpg


・リビング
   20帖大で厚15mm「ピンカド」ムクのフローリング、
   掃き出しの所は鉢物が置けるよう一部タイル張りに
   外はセラカンバのウッドデッキと目隠しフェンス
e0050231_9153512.jpg

・リビング吹き抜け
   南の日照を取り込む4箇所の高窓と天井扇
e0050231_915466.jpg


・リビング~和室
   リビングに連なる4.5帖の和室は縁無し畳で、フロアーと畳の段差無し、
   フローリングは南洋材のピンカド
   吊押入れの下部は風通し用の地窓になっている
e0050231_915571.jpg

・二階洋室
   杉ムク板のフロアーは足裏に柔らかさを感じる
   バルコニーの出入りは防水の為200mm立ち上げています
e0050231_916965.jpg

・二階寝室
   大屋根の勾配を利用した斜め天井、化粧梁や火打ちは枠材と同色に
e0050231_9162040.jpg

・小屋裏収納   
   10.5帖の広さがあり明かり取りの窓はヨコスベリダシ
   最高天井高1,400mm、屋根断熱で快適な空間に
e0050231_9163362.jpg

by isoda-shonan | 2011-04-28 09:16 | コラム | Comments(0)
自治会イベント「竹の子堀」
自治会子供会と竹林の会共催による春のイベント「竹の子堀」が24日の日曜日開催されました。
竹林の会とは自治会有志による定期的な竹の伐採と育成を行っているボランティアです。
手入れの行き届いた竹林は住宅地公園外周部に在り自治会で管理している処です。

雨後の竹の子と云いますが、前日が雨で当日は暖かい陽射しに恵まれ絶好の竹の子日より。
あちこち一斉に芽を出しています。

私の姪の家族も横浜から来て特別に参加させてもらいました。2年生と4年生の子供達にとっては初めての竹の子堀、前日からわくわくしてたようだ。

2年生の男の子は時間を掛けてやっと一本取れると、両手で掲げ「獲ったぞー!」と母親に向かい誇らしげに叫んでいます。

一時間半程の作業で150本が収穫されました。
参加者全員に2本づつ配布、茹でる時にアクを除くヌカも手渡され大喜びです。

震災と原発で皆の気持ちが沈んでいるとき、あえて「竹の子堀」のイベントを行い、大人も子供も一緒になって汗を流し、晴れ晴れしい顔をして収穫の作業を楽しみました。
by isoda-shonan | 2011-04-25 13:49 | コラム | Comments(0)
埋立地の液状化現象
住宅地は周囲の環境、利便性、方位日照、地形、等によって価格が決定されてきた。

しかし今回の大震災により新に「埋立地か、旧来の住宅地か」、「海岸沿いか、高台か」と土地の価値判断の尺度に地震や津波の安全性が付加されることになる。

住宅そのものの耐震性はより強化され、100年に一度の巨大地震でも耐えられる仕様が規定されている。また土地の地耐力の調査も行い、地盤改良や補強用の杭打ちも行った上で基礎工事が施工されている。

大地震の揺れに耐えても、津波や土地の液状化には何とも手の打ちようが無い。

海沿いの近くに土地を求めるなら、20m以上の高台を選んだ方が良いかも知れない。

海や沼地を埋め立てた土地は地下の土砂に水分が多量に含まれている。土砂は揺すぶられると粒子が下がり水分が上昇する液状化現象を起こす。(海岸で濡れた砂でダンゴ造りをすると解ります。)

今回の震災では海岸埋立地の千葉の浦安、内陸部でも沼を埋め立てた佐原市に液状化が発生した。横浜の埋立地金沢区柴町(八景島の近く)ではマンションの駐車場が波打ち2mも隆起した液状化が起きている。

同じ金沢区の平潟湾に面した住宅地には一切の液状化は起こらなかった。
そこは昔からの陸地で古くから住宅地として使用されてきたからだ。
by isoda-shonan | 2011-04-23 09:36 | コラム | Comments(0)
 震災でプロ野球が変わった
早朝散歩で植木屋の圃場に春の雪が積もったような白い花の植木を見つけた。形の良い株立ちに仕立てられている。
何の花かと札を見ると「アオタモ」と書いてある。

一般的には「アオダモ」と発音される。マリナーズのイチローが愛用してるバットの木だ。こんな細い木がバットになる程太くなるのかと思った。タモは堅木で弾力性もありテニスラケットやスキーにも利用されてきた。
住宅では造作材、建具面材、階段材としてよく使用され、家具にも加工される。

イチローはミズノにイチロー専用バットを発注し使っている。
自分の用具をとても大切にし、こだわっている選手だ。
自分の手に最も馴染むバットで自在にコントロールし、今年も200本安打を達成しそうな勢いだ。

セ、パ両リーグは震災で開幕を遅らせナイターは西日本で行っている。同時に試合時間の短縮も申し合わせ電力の消費を抑えている。
延長戦を除き3時間以内が目標だ。
横浜の村田選手は攻守交替の時、先頭をきって全力で走っている。無用な長いタイムも無くなった。

今季の巨人―阪神戦の3連戦が良い例だ。
ゲーム全般がスピーディーになり緊迫感が出た好試合だった。
ファンに全力プレーを見せ、震災復興を願う姿勢が出てる。

こうゆう試合が続けば、またまたプロ野球人気は必ず復活すると予感させます。
by isoda-shonan | 2011-04-21 18:13 | コラム | Comments(0)
東京港野鳥公園探鳥会
4月度の町内探鳥会は東京港野鳥公園に行ってきました。
東京都の台所と言われる大田市場に隣接する場所だ。

探鳥の第一目標は「オオタカ」。ここはカモ類が多くオオタカの格好な餌場となっていて、連日姿を見せているとの情報だ。
次ぎは、繁殖地のシベリアに渡る中継地になっている干潟でのシギ、チドリの観察。
そして第三の目的に大田市場の食堂に寄り昼食を取る。一般的に市場の食堂は「安くて旨い」が通説になっている。

入園してすぐ、上空にタカを発見。
スワ、オオタカと思いきや、羽裏が白い「ノスリ」だった。

この日オオタカは姿を見せず、干潟のシギ類も渡りには一週間ほど早く、アオアシシギ、イソシギ、コチドリが数羽観察できた程度。
長く飛び出た2本の目を水面から出して「ヤマトオサガニ」が春の日差しを楽しんでいた。

カモ類は、キンクロハジロ、カイツムリ、オオバン、カワウが多数いて、アオサギの魚の狩りも見ることが出来た。

昼近く大田市場に移動中ケイタイが「ビューウ、ビューウ」と鳴り地震警報。直後、身体に強い揺れを感じた。ここは東京湾の埋め立て地だ。ヤバイぞ!。
今回の震災で千葉の浦安や横浜の金沢近辺の埋立地も広範囲な液状化が起こっている。

昼食に入った寿司屋の大将が「ここはバブルの時だったので金をかけて埋め立て工事をしている。今回の大震災でも液状化は何処にも起こらず市場の建物にも被害が出なっかった。」と言います。

大将の話しに安心し、新鮮なネタの寿司とカワハギのアラ汁で市場の味を楽しんできました。

・「ノスリ」 図鑑 日本の野鳥より
e0050231_16264345.jpg

・「アオアシシギ」同上
e0050231_16265560.jpg

by isoda-shonan | 2011-04-18 16:27 | コラム | Comments(0)
山菜採り 春の摘み草
私には狩猟型の血統が流れっているのか、汐干狩りや春の野山の摘み草に結構夢中になります。

子供の頃は腰越の小動(こゆるぎ)岬の磯で、サザエ、トコブシなどを獲り平な磯の上で焼いて食べたのが忘れられない。

当時は地元の子供達の仕事であり、年上の子から海の自然と生態を学ぶ野外学習でもあった。磯の下には蛸もいて春先には子供でも良く獲れた。

漁師達も何も言わず当然のように見過ごしていた。
「漁業権」が強くなった今では考えられないことだ。

春になると田舎(実は今住んでいる処)に行き、田んぼの畦道で「ノビル」、山あいの」水路の「セリ」などの摘み草をして山菜パーティーを開いていた。当時は食べることより採ることが楽しかった。

先日近くに住む姉夫妻から「ノビル」を摘んできたから来ないかと誘いがあり御馳走になった。
軽く湯通しした味噌和えの一品は、春の恵みそのものでした。

近くの谷あいの湿地に「セリ」が群生している。
地主さんから使用許可を得て、ビオトープ造りをしている場所だ。その昔は田んぼで稲作が行はれていてセリ摘みには長靴が必要だ。

春のポカポカ陽気に誘われ私の狩猟心が刺激され、休日にセリ摘みに出掛けた。
まだ10~15cmで摘むのに手間が掛かるが、香りも柔らかさも一番の旬を感じる。

「セリ」をたっぷり使った「寄せ鍋」と「お浸し」で、春の香りとチョッピリほろ苦い自然の味を楽しみました。

散歩コース水路の「セリ」
e0050231_17223554.jpg

近くの土手の「ノビル」
e0050231_17224788.jpg

by isoda-shonan | 2011-04-15 17:22 | コラム | Comments(0)
過剰な自粛は経済活動を萎縮する
東関東大震災の支援活動はあらゆる国家、国民、団体から物資、労力、義援金、思いを寄せる心、と幅広く行われている。

国民も華美な行動を慎み、自発的自粛を続けている。

しかし、ここにきて、この自粛が過剰化し経済活動を阻害していると云う反省論も出てきた。

新潟で起きた中越地震後に、十日町の市長が声明を発している。「新潟への旅行を自粛しないで来て下さい。旅行中止のせいで地元経済は苦境に陥り復興支援が難しくなっている。」とまず経済支援を訴えた。

同じように岩手の花巻市長が3月31日に「もう(自粛を止めて)普通の生活に戻そう」と宣言を出したそうです。
花巻は温泉が有名な処だ。自立し復興していくには温泉街の繁栄が不可欠。お客様が来てくれないと活気は出ないしお金も回らない。

自粛を超えて直接支援と共に間接支援の同時進行を進めたらどうだろう。
スーパーは一画に東北支援コーナーを常設し、安全と判定された「東北産」野菜や特産品を常時販売する。お客もこれを支持し東北経済の立ち直りを間接的にバックアップする。

楽しみのイベントや町興しのお祭りは自粛しないでチャリティーとして実行する。結果日本の経済を活性化し復興に繋がることになる。

過度の自粛は経済活動の萎縮になってしまい税収も減らしてしまう。
by isoda-shonan | 2011-04-13 09:51 | コラム | Comments(0)
 マスターズ松山選手は期待の星
2011年マスターズゴルフトーナメントは、南アのシュワルツェルが初優勝した。

早朝4時半からの放送で眠い目を擦りながら、日本選手の活躍が大震災と原発事故で撃ち砕かれた被災者の心に夢と希望と活力をもたらすものと期待し応援した。

日本人選手で決勝ラウンドに進んだのは石川遼選手と松山英樹選手。

石川選手は3年目のチャレンジでマスターズ初の予選突破を達成。
震災の後、2011年の獲得賞金全額を被災地に寄付すると発表している。
マスターズで此の事を聞き及んだミケルソンは「若いのに大した選手だ!」と賞賛した。

意味深いのは、松山英樹選手。東北福祉大学の現役2年生だ。

大震災に直撃された学友や地元の被災者の生活を考えれば心の中は複雑だった。
出場を決心させたのは、周囲の「マスターズで頑張る姿をみせて欲しい」と云う励ましの言葉だった。
ウエアーに「日の丸」を付け期待に自分を奮い立たせ、四日間見事なプレーを続け被災地に希望と喜びを与えました。

マスターズには全米アマ、全英アマを制した世界のトップアマが参戦している。その中で決勝ランドに進んだなは松山選手だけ。

見事トータル1アンダーで日本史上初の「ローアマチュア」に輝き、日本ゴルフ界の期待の星になりました。
by isoda-shonan | 2011-04-11 12:24 | コラム | Comments(0)
春の白い花便り
気温も18度近く上がり鎌倉西北部も本格的な春に入りました。

早朝散歩のいつものコースで見かける白い花の多くが咲き誇っています。
気持ち的に少しでも明るくなることを祈って無垢で清楚な白い花を多くカメラに収めてきました。

今が盛りの春、東北にも早く行ってやってと祈っています。


・散歩コーススタート地点A公園 シンボルツリーの桜は満開
e0050231_10204890.jpg

・桐ヶ谷戸の山桜 ウグイスの鳴き声も聞こえます
e0050231_10205959.jpg

・杏の花
e0050231_10211299.jpg

・ユキヤナギとレンギョウ
e0050231_10213279.jpg

・白モクレンはそろそろ終りです
e0050231_10244020.jpg

・コブシ咲く谷戸の春
e0050231_10245669.jpg

・土手の水仙
e0050231_10251725.jpg

・一輪咲き水仙
e0050231_10253085.jpg

・ニラスイセン
e0050231_10254428.jpg

・椿 雪小町
e0050231_10255945.jpg

・ピンク系ボケも満開
e0050231_1026219.jpg

・紅白のボケ
e0050231_10263044.jpg

・春のシンボル菜の花
e0050231_10264081.jpg

by isoda-shonan | 2011-04-07 10:27 | コラム | Comments(0)
浄明寺華の橋
故田口雅巳画伯の遺作となった2011年江ノ電沿線カレンダー4月の画は、極楽寺の御霊神社の桜だ。
江ノ電と親子連れを遠景にして満開の桜が画面に広がる、何時もながらの素朴でのどかな風景を描いている。

田口画伯とはお付き合いも深く、当社新築のお施主様の竣工祝いに、先生に特別に製作してもらったイソダオリジナル版画を届けていました。
昨年7月に永眠されオリジナル版画の在庫分も切れました。

桜の季節になると思い出すのが浄明寺滑川に架かる華の橋と先生の思い出。
2000年浄明寺自治会館の施工を請負、落成祝いに画伯に会館近くの「華の橋」を画いてもらう事になりました。

先生と下見に同行した時、未だ桜の時期では有りませんでしたが、「華の橋」の「華」は桜を表しているとおっしゃり構図を決めていました。

この画は会館玄関の正面の壁に掲げられていますが、桜は満開に咲いています。

今日は日中少し暖かくなったが鎌倉山も段葛の桜並木も2分咲きぐらい。今週末が花見時になりそうです。大震災以後鎌倉の観光客も減少し観光産業も停滞ぎみです。

仏教的には桜の花は鎮魂を表すとも言はれます。この週末は鎌倉に来られ、満開の段葛の桜を見ながら鶴岡八幡宮に参拝され、日本復興を祈願されるのはいかかがでしょうか。


・田口雅巳江ノ電カレンダー4月 「春の神苑」御霊神社
e0050231_185133.jpg

・滑川 華の橋と桜(中央に見えるのが自治会館)
e0050231_18511740.jpg

・田口雅巳画 「華の橋」浄明寺自治会館蔵
e0050231_1852389.jpg

・足を伸ばして報国寺を参詣 桜は7分咲きでした
e0050231_18521479.jpg

by isoda-shonan | 2011-04-05 18:52 | コラム | Comments(0)