excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
栄ICとなる最後の稲作地
首都圏中央自動車道の一部として、首都高横浜横須賀線の釜利谷JCTを起点とし公田IC,栄IC・JCTを経由し戸塚の国道一号線まで繋がるのが「横浜環状南線」。計画では平成27年度完成予定とされている。

栄IC・JCTから新湘南バイパスに繋がるのが「横浜湘南道路」。こちらも27年度の予定だ。
そして新湘南バイパスの茅ヶ崎中央ICから海老名JCTで東名高速に連結されるのが「さがみ縦貫道」。こちらは平成24年完成予定。その後は八王子の中央高速道まで延びるそうだ。

カギカッコで括った三つの高速道の中核と成るのが栄IC・JCT..。
建設地の場所は栄区田谷町。公田まで来ている環状4号線が「田谷」の交差点を通過し国道1号の原宿に繋がっている。

田谷は私の家から徒歩20分の所。近隣で稲作が見れるのは此処だけになっていて、建設予定地の広大な田んぼは黄金色に輝いている。

数年前には、稲の刈り取りが終わった田に野鳥の貴婦人と云われるタゲリが飛来してきたこともある。
春には畦道でノビルの摘み草も出来る。外周の小川や葦原には珍しい野鳥も観察した。

道路の完成予定は平成27年と発表されているが、インターの工事は始まっていない。

この田園風景もあと数年で終わってしまうのかと郷愁にかられ、カメラに収めてきた。


一面黄金色に輝く田谷の稲作地  田谷交差点より撮影
e0050231_1315426.jpg

刈り取り真近の稲穂
e0050231_13155299.jpg

田園の中、犬を連れて散歩する人
e0050231_1316033.jpg

田谷葦原のカシラダカ  (2010.1.3撮影)
e0050231_13161361.jpg

by isoda-shonan | 2011-09-30 13:16 | コラム | Comments(0)
台風と雨戸
9月21日首都圏を直撃した台風15号は、強風と大雨で甚大な被害をもたらした。

翌日から当社に寄せられた家屋の修理依頼は、100件を超えている。

多くは屋根材のカラーベストがめくれ上がった、板金の棟の雨押さえ、樋の脱落といった大風によるものだった。中にはトタン屋根がそっくり吹き飛ばされた家もある。

当社施工のお客様を優先的に対応しているが、地元で永いこと商売させて戴いているので、、依頼のあった修理は順番に受け付けております。

自宅の我が家はイソダ施工の築35年。南側は1,2階共大きな掃きだし窓になっている。
当時は大きな窓には必ず雨戸を取り付けていた。また、そうゆう設計が普通でした。

近年の家はデザインが重要視され、ダサイ雨戸は敬遠ぎみになっている。

しかし、年に数回しか使用しない雨戸。
我が家はこれで助かった。

南側の家から、棟の雨押さえが飛んできて雨戸に激突した。屋根材もバラバラ当たっている。
風速16メーターの風と大粒の雨、雨戸がなくガラスが割れていたら室内は滅茶苦茶になるところだった。庭に落ちていた雨押さえは長さ1.8m、下地の板ごとだった。

一昔前の家はデザインより安全が重要視されていたのです。
by isoda-shonan | 2011-09-26 12:56 | コラム | Comments(0)
新築建物に省エネ義務
9月19日(月)の日本経済新聞朝刊、一面の見出しは「新築建物に省エネ義務」でした。
建築屋には一読してこれからの住宅の方向は、考えていた通りだと感じました。

記事を要約すると、
国土交通省は建築業者に対し、住宅を新築する際に一定の省エネルギー基準を満たすよう義務付ける。
建物ごとにエネルギー消費量の上限を定め、高断熱化で冷暖房の効率を高めるよう規定する。2020年度以後は、定めた基準を満たさなければ建築を認めない。

義務化までは基準を満たした住宅を建てた業者や個人に対し「税を優遇する」としている。、

当社は「ソーラーサーキット(S.C)の家」をメイン商品にし、住宅の省エネ性を追求してきました。

逼迫する電力需給、温暖化ガスの排出抑制に繋がる施策として、省エネ住宅の義務化が確立されると「S.Cの家」はお客様から確実にご支持を戴けるものと思います

それは既に昨年にS.Cは、高い省エネルギー性を提案したジャンルの中から、「長期優良住宅先導事業」に国交省から採択を受けているのです。

将来は既存住宅にも、省エネ性能の表示を義務付ける構想があるとも日経は伝えます。

新築住宅の高断熱・高気密仕様と同時に、既存住宅のリフォームでも省エネ性の促進が図られるようになると思われます。

・   日本経済新聞 2011.9.19朝刊の一面
e0050231_9264671.jpg

by isoda-shonan | 2011-09-24 09:27 | コラム | Comments(0)
寒川の家が竣工しました
神奈川県寒川町にお施主様のセンス溢れる家が竣工しました。

住宅のインテリアの趣向、カラースキム(色決め)は、設計者の積極的提案で成功する場合と、お客様の明確な好みのセンスが生かされて成功する場合があります。

寒川の家は後者で、白を基調とした設備機器の選定と、コントラストにメリハリを効かしたカラーコーディネイトで、お客様のハイセンスな考えが良く発揮された住宅です。

構造の基本は神奈川産の木材を多用した「杉の家」、「外断熱工法」、「長期優良住宅」の認定も受けています。


土地は南西に向いた方位、間取りは大胆に真南を三角形に切り取り大きな掃き出し窓から太陽光を呼びこんだリビング・ダイニング。
e0050231_10582993.jpg

同上アップ。三角の処は300角タイル、シンボルとなる三本柱は上の大きな梁を受けている。
e0050231_10584289.jpg

ダイニング方向より隣接する和室方向
リビング天井は折り上げ、構造梁を黒く塗装。ドアー、和室の框と色を合わせる。
e0050231_10585510.jpg

和室3帖 仏間の壁、地板、天井をダーク色で近代和風の趣に。
濃淡のバランスがとてもいい
e0050231_1059655.jpg

吊押入れの下には風抜きの地窓も設置
e0050231_10591768.jpg

和室南側天井は吹き抜けになっていて、そこから明かりを取り入れる
e0050231_10593116.jpg

玄関ホールは曲折りになっている。正面左は大きなシューズクローク
e0050231_1059457.jpg

清潔な白で統一されたキッチン
e0050231_10595664.jpg

キッチンの横に設置された食品庫、扉は白のルーバーの3本引き
e0050231_11082.jpg

リビングから直接上がれる階段室
段板と手摺のフラットバーを着色し蹴込みと巾木は白の塗装で、巾木は目立たないよう出来るだけ小さくした。細かい所までこだわりが出てとてもハイセンス
e0050231_1103768.jpg

段板と巾木のアップ
e0050231_1104742.jpg

2F寝室 天井高は平均H=2,850の勾配天井
ドアはH=2,400のハイドア、床はパネルカーペット
e0050231_111164.jpg

2Fトイレ 設備機器は白で統一されている
e0050231_1111296.jpg

小屋裏収納 おおよそ12帖の広さがある
三方に明り取りの窓があり日中は充分明るい
e0050231_1112266.jpg

by isoda-shonan | 2011-09-20 11:01 | コラム | Comments(0)
普遍のデザインはバランスの美しさ
いつもの散歩コースに気になる車を見かける。

ニッサンサニーロングボディーのピックアップバン。

とうに生産中止となった車だが、クラシカルで何とも云えないバランスの好い形で存在感もある。
現在も現役で走っているスタイリッシュなヤツだ。

叶うことなら真っ赤に塗り替え、海岸の134号線をサーフボードをくくりつけ、颯爽と走ってみたい。
江ノ島のヨットハーバーに止め、セールマストの林立をバックに、その勇姿を絵にすれば、鈴木英人の世界に入り込める。


10数年前、栃木県矢板市に在る山県有朋記念館を訪れ、格子窓のデザインの美しさに惹かれた。
長方形のラインを組み合わせ四隅に正方形が残るデザイン、クラシカルな洋館の美しさを遺憾なく発揮していた。

自宅をリフォームしたとき、風除室の窓にこのデザインを使わせてもらった。

車でも建築でも、バランスの優れた美しいデザインは、何年経ってもかわらぬ美しさを保つものです。


ニッサンサニーロングボディー
ボンネット、運転席、荷台のワンピースボディーは、安定したバランスの美しさがある。
クラシカルなスタイルは今でも通用するデザインだ。
e0050231_10461260.jpg

山県有朋記念館のデザインを用いた格子窓
e0050231_10462045.jpg

by isoda-shonan | 2011-09-15 10:46 | コラム | Comments(0)
鎌倉のつくつくぼうし
日陰に入ると秋の風を感じるが、日中は30度を越す真夏日が続く。

昨夜は中秋の名月。晴れた東の夜空にくっきりと浮かんだ。
月明かりにススキとコオロギが季節を彩る。

朝露の残る道を行くと空には入道雲、夏雲だ。
近くの林からまだセミの声が聞こえる。
短い夏の終わりを惜しでいるかのようだ。
声の主は「つくつくぼうし」。

私には、「つくつくぼ~し、つくつくぼ~し」と標準語の鳴き声には聞こえない。

鎌倉のセミは「オーシーンツクツク、オーシーンツクツク、ツクイーヨ~ ツクイーヨ~」と聞こえる。

早朝散歩のコースでドングリを拾い集め、カラスウリを持ち帰った。
玄関カウンターの上に飾り、中秋を愛でるつもりだ。


東の空に中秋の名月 9月12日 18:47
e0050231_1112278.jpg

玄関カウンターに飾った秋のみのり
e0050231_1113398.jpg

秋の定番パンパースは名月に映える
e0050231_1114396.jpg

鎌倉野菜産地 関谷原オグラの花
e0050231_1115585.jpg

山アカネ 秋をしらせむ 芋畑
e0050231_1121135.jpg

by isoda-shonan | 2011-09-13 11:02 | コラム | Comments(0)
大和なでしこ
11日間で5試合という過密日程を耐えて、なでしこジャパンが五輪アジア予選を一位で突破した。

9月11日は東日本大震災の6ヶ月目、ニューヨーク貿易センターの同時多発テロから10年目の特別な日。

この日の対中国戦、「なでしこ」の活躍は被災地の人々を元気づけ、あきらめない勇気を示した。

「大和なでしこ」は、日本女性のピンと背筋の伸びた美しさと、女性本来の優しさ、優雅さを表す言葉。
「なでしこ」には、「可憐な」との意味も含まれる。

ワールドカップに優勝し、無敗でアジア1位となり、オリンピックの切符も手にした。
こんなに強くなった「なでしこジャパン」を誰が想像し命名したのか。

男は度胸、女は愛嬌とあるが、怪我を押し最後まで頑張ったFW丸山選手、5試合連続出場した川澄選手は、愛嬌もあり度胸の土台となる根性も見せた。

草食系男子が増え、もう女性は度胸と愛嬌を併せ持つ時代に。

「なでしこジャパン」、日本女性の優雅さと芯の強さでロンドンオリンピックの「金」を期待する。
by isoda-shonan | 2011-09-12 10:21 | コラム | Comments(0)
向田邦子さん推奨のラッキョウ
お世話になった方への贈答品はなるべく地元産の名品を選んでいる。

腰越の「高清」か「鈴伝」の干物、「鎌倉山納豆」、春一番の「天然わかめ」、「タタミシラス」。
鎌倉野菜農家の朝採れ「トウモロコシ」、「フルーツトマト」も喜ばれる。

脚本家の向田邦子さん推奨の品が鎌倉極楽寺にある。
向田さん自身の好物として、また知人への贈答品としてよく取り寄せたと云う。

その品は、アジサイ寺として有名な極楽寺の成就院を少し長谷方面に下った、三留商店で販売する「ラッキョウ」だ。 
厳選した素材に伝統の味付けをし、一粒づつ丁寧に作られている。
十数年前に当社の顧問設計士から贈られ初めて知った。

その後、私も贈答品リストの隠しカードにしている「玉黄金ラッキョウ」という名品。

今回、お世話になった人への心づくしに何がいいか相談を受けた。
何事にも「こだわり」を持って吟味する人だという。

それなら三留商店の「ラッキョウ」がいいだろうと隠しカードを切った。

たまたまその人は大のラッキョウ好き、たいへん喜ばれたのは当然のことだった。
by isoda-shonan | 2011-09-09 09:06 | コラム | Comments(0)
建設地の液状化対策は地盤調査で
私が液状化と言う言葉を知ったのは、」阪神淡路大震災の時。
神戸のポートアイランド地区に液状化が発生し、まるで洪水の後のように地面に水が溢れ出たニュースを見てからだ。

その後、元々は海だったり沼を埋め立てた土地の液状化が問題視されてきた。
各市町村も古地図との照合や専門家による地区の液状化マップを作成し、注意を喚起している。

自然な土地形態を人工的に造成した土地は、必ず自然のシッペ返しを受けるようだ。
法面を削り、下方に擁壁を積み、削った土を埋め戻して平にした土地は地震の揺れや大雨で流失しやすい。

今回の震災による液状化と土地造成による被害について、現地調査を行った住宅会社の報告会に参加した。

埋め立て地区でも杭を打ち地盤補強をした住宅は、液状化により家の廻りの道路や庭の一部に不動沈下が発生したが、建物の傾きは起こらなかった、と調査結果が報告された。

現在の住宅は着工前に専門の地盤調査会社が入り、全棟「地耐力」を調査し、軟弱のときは適切な地盤補強を行った上で基礎工事が行われている。

地盤補強を行った土地には保証書が発行されます。
法で定められた傾き以上の不具合に対しては無償で補正工事が行われ、お客様には安心してお住まい戴けるようになりました。


3.11の地震で発生した液状化(横浜市金沢区柴町 2011.4.26撮影)

液状化で駐車場の基礎が1mも隆起
e0050231_8552474.jpg

波打つような歩道
e0050231_8553635.jpg

隆起したマンホールとアスファルトはすぐに補修された
e0050231_8554725.jpg

by isoda-shonan | 2011-09-07 08:55 | コラム | Comments(0)
松下政経塾出身の宰相誕生
経営の神様と謳われた松下電器創業者の松下幸之助翁が生涯事業として発足させたのが神奈川県茅ケ崎市に在る松下政経塾。
日本の政治、経済の中心的人物の養成を目論んだ塾だ。

幕末時代、吉田松陰による松下村塾に目的も名前も酷似してるのは、翁の頭の片隅に松蔭の名が残っていたのでは、と思はれる。

松下政経塾の発足は1979年、以来32年目にして日本の宰相を輩出、翁の目論みを実現させた。

野田佳彦首相は政経塾第一期の卒業生。
民主党のお坊ちゃま首相や、実行力の伴わなかった市民活動家の首相を超えて、自身の言う泥臭い発想と地についた実行力で、ねじれ国会を克服しなければならない。

震災と原発事故の「復興と収束」は、なにを措いても最優先される政策だ。
それに雇用と国内産業の活性化、円高対策なくては日本の安定も税収も見込めず、「経済政策」は両輪とも云える最重要課題。
幸之助流の教えで日本国の経営に多いに力を発揮して貰いたい。

党のブレーンに入った前原政調会長、樽床幹事長代行、自民党の逢沢一郎国会対策委員長も松下政経塾の出身だ。
民主党には松下政経塾出身者の若手議員が多数居る。野田主相はそのグループのリーダ格でもある。

同じ釜の飯を食った者同志は阿吽の呼吸が分かるもの。意見が違っても話し合いにより協力し共に解決できるものだ。

松下幸之助さんの望んだ、「未来に夢と希望のある国」を創造するリーダーになればと願う。
by isoda-shonan | 2011-09-02 09:30 | コラム | Comments(0)