excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
 鵠沼海岸次世代型3点セットの家竣工
小田急鵠沼海岸駅すぐ近くで『省エネ性』、『耐震性』、『県産木材』を採用した3点セットの家が竣工しました。

敷地面積118.6㎡、延床93.6㎡とコンパクトな住宅ではありますが、高気密高断熱仕様と設備機器で住み心地と安全性、健康性を重視した家です。

開放的な間取りと白を基調としたインテリアは、建坪以上の広さを感じさせます。

基本仕様をソーラーサーキット(SC)外断熱工法とし、SC専用部材を全て搭載。
季節によるダンパーの開閉を自動的に行う『SCナビ』、雨季に全館除湿が行える『リフレア』、熱交換型24時間換気『SC―SVシステム』と、日本の四季を快適に過ごせる装置をセットした家です。


鵠沼の一等地に建つ白い家 外構工事中
e0050231_9483354.jpg


一階寝室 『ぐっすり眠れる部屋』をテーマに横長窓で採光を抑え
      静粛性を向上.
      枕上となるニッチの棚も横長でデザインを統一
      床カーペット仕上げ、壁一面を同色系のアクセントウオールに
e0050231_9491760.jpg


一階和室 縁無し畳は4.5帖だが踏み込み板をいれると5.25帖の広さ
       折戸左は仏間、右はW=2250のワードロープ
e0050231_9495012.jpg


洗面脱衣室 白を基調にして明るく清潔に
        床300角ジェラストーンタイル、洗濯機も収納しスッキリと
e0050231_9502615.jpg


2階キッチン オール電化食洗機付の対面式
e0050231_9524775.jpg



2階食堂   L=2200のロングカウンターは書斎代わりになる
e0050231_9543620.jpg


バルコニー リビングと食堂から出入り可 7帖の広さがある
e0050231_9552099.jpg


2階リビング 屋根勾配まで天井を上げ構造梁を見せるのは当社設計の特徴
       ここでも横長窓がアクセントに
e0050231_9554996.jpg


2階器具ニッチ 台所横の壁にニッチを設け給湯リモコン、テレビドアフォン、24時間換気、SCナビ,リフレアの操作がここ一箇所で出来る
e0050231_9563472.jpg




鵠沼海岸の家は、コンパクトの中に連なる広がりを見せ、ソーラーサーキットの
良好な温熱環境による住み心地を保証します。
県産材の檜4寸柱を使用した耐震性の高いTIP構法は安全と安らぎを
お届けし末永くお住まい頂ける家が完成しました。

 
by isoda-shonan | 2012-09-27 09:56 | ソーラーサーキット | Comments(0)
  葉山沖のキハダマグロ
藤沢で事務機販売会社を経営する友人とは50年来の付き合い。
秋分の日の夕方、息子さんが葉山沖で31Kgのキハダマグロを釣り上げたので少し届けようかと連絡が入った。以前にも3.6Kgの真鯛やワラサを戴いている。

息子さんの腕はここ数年でメキメキ上達し、とうとう31Kgの超大物まで仕留めるようになった。
掛かった瞬間に船頭さんが呼吸を合わせ操船する。乗合いの釣り人は一斉に竿を上げ糸が絡まないよう協力する。
魚とは一対一の戦いで30分も掛かって取り込んだ。この日は手巻きリールを使用してたので腕は棒のようになり精根を使い尽くしたと云う。

葉山沖でマグロが釣れるなんて知らなっかった。
魚を知り尽くす友人は背の部分と腹の2ブロックを届けてくれた。

腹身は大トロのところ。
このところ高級寿司店に行けてない私は、冷凍ものでない生の大トロに感動すら覚えた。

近くに住む姉夫婦にもおすそ分けしたが夕食の後、即「美味しかった―」と連絡があった。

こんな大物を釣り上げる息子さんを周りは心配しヤキモキする。
ますます釣りの虜になり、彼女を造ろうとしないからだ。



31Kgの大物を釣り上げた息子さんの勇姿
葉山釣り宿のホームページより転載

e0050231_116946.jpg

by isoda-shonan | 2012-09-24 10:57 | コラム | Comments(0)
   私のプレミアム焼酎
今から5年程前、森伊蔵、百年の孤独、魔王等のプレミアム焼酎が大ブレークし高値を呼んだ。そして今では焼酎は確固たる支持を得て酒党の市民権を得た。

宮崎を旅行した時、「百年の孤独」を入手出来ずにいると「綾セレクション」という焼酎をお土産にしなさいと、地元のガイドさんがアドバイスをくれた。
地元の「通」は百年の孤独と遜色ないと言う。

綾セレクションは、宮崎の雲海酒造の麦焼酎でアルコール度38度。
「綾」という地区の清水を使い、樫樽での長期貯蔵熟成の絶品でした。
価格は「孤独」の1/4程。

その後「綾セレクション」が私のプレミアム焼酎となり、知人宅に招待された飲み会には必ず持参するようになった。

ボトルも洋酒のようでウイスキー感覚の香り高い一品、焼酎愛好家にはロックをお薦めします。

これからは秋の夜長、虫の声を聞きながらバカラのグラスで飲れば、一日の疲れも忘れることでしょう。
by isoda-shonan | 2012-09-21 15:55 | コラム | Comments(0)
尖閣諸島領有権のハテナ
尖閣諸島を20億円で地権者から国が買収した。
これに反発し中国各地で反日デモが拡大してる。
デモは暴徒化し中国の国際化の遅れを自ら露呈してる。

私のハテナは土地所有者は日本人なのに何故領有権が争われるかだ。

この地権者がいつ頃から権利書を有する土地所有者として登記されたのか。
日本政府が正式な地権者か慎重に審査したうえで土地取引を行なっているのは自明の理。
今回日本国と正式契約した人が島の所有者だったのだ。

尖閣にはかって日本人による鰹節工場が有り多くの人々が働いていた。
今でも鰹船の船着場は残っている。尖閣を日本人が実行支配していた時代だ。

嵐に会い遭難した中国船を、尖閣に住む日本人が救助した史実もある。
当時の中華民国駐長崎領事からその時の礼状が届き保存されている。
中国政府機関は「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と明記し日本国領土と認識した感謝状になっている。

これらの史実を中国メデイアに伝えたり、インターネットで国際社会にも発表したらどうなのか。

この問題は二国間の権益を主張する話し合いの場で決着出来るものではない。

日本は国際司法裁判所に提訴し中国も応じるべきだ。
自国の領土とする確固たる証拠があるなら国際法廷で堂々と争い、法と正義の裁きで結審すべきだ。
法事国家なのだから日中両国民も国際法廷の決定に納得するだろう。

日本は今から腕扱きの国際弁護士のチームを編成し対処したらいい。
by isoda-shonan | 2012-09-19 15:27 | コラム | Comments(0)
 横浜自然観察の森
毎月第三土曜日は探鳥会の日。3連休となる15日横浜自然観察の森を訪ねた。

大船駅からバスで環状4号線を六浦に向かい長倉町で下車、いたち川沿いから森に入った。

いたち川は栄区と地域住民のクリーン活動の協力により、環境保全の成功事例として全国的に有名になった川。

長倉からの上流は木陰の下の遊歩道が続き、清流にはメダカが泳ぎカワニラも生息する。
オニヤンマを少し小さくしたヤブトンボも近くに来てくれた。
ホタルの生息地は立ち入り禁止の柵が設置され細心の保全が行われてる。

鳥影は少なく、探鳥より野草や生物の自然観察を楽しんだ。

自然観察センターで野鳥情報も聞いたが残暑が続き秋を知らせるモズも未だ現れていない。
山頂の海の見える高台でサシバの渡りを待ったが空振りに終わった。

この森の尾根から鎌倉天園に続くハイキングコースを案内看板で知った。
同行した知人はこのコースをすでに走破してると言う。

円海山(標高153M)から鎌倉の最高峰大平山(標高159M)を経由し天園に続くコースだが、体力のあるうちに一度チャレンジしておこうと変な闘争心が芽生えた。

いたち川沿いの玉紫陽花(つぼみ)
e0050231_11582112.jpg


玉紫陽花 額紫陽花に似てるが葉は少し異なる
e0050231_1158458.jpg


羽黒トンボ
e0050231_1159949.jpg


ツリフネソウ
e0050231_11593827.jpg


総天然色の女郎蜘蛛
e0050231_120041.jpg

by isoda-shonan | 2012-09-18 12:00 | コラム | Comments(0)
 ゼロエネルギー住宅建ててみませんか
太陽光発電の自前電気で、住まいのエネルギーを全て間に合わしてしまうのがゼロエネルギー住宅です。

過って、北欧で「暖房エネルギー“0”住宅」の研究がなされていました。
極寒の地で無暖房で済ませる住宅の開発です。

トリプルガラスサッシの採用、断熱欠損と熱橋が生じない外断熱工法を基本とし、地熱の利用,太陽光で床のレンガに蓄熱(パッシブソーラー)電灯の熱、人体から発する熱も計算に入れました。

その後、高断熱、高気密住宅へと発展し、太陽光発電と省エネ電気設備の開発も進み“ゼロエネルギー住宅”が現実のものになりました。

今回国土交通省からゼロエネルギー住宅として採択された住宅の仕様は次の通りです。

断熱材:   外断熱工法ポリスチレンフォーム屋根65mm、壁50mm、
        基礎50mm、床40mm
サッシ:    樹脂サッシ Low-eペアガラス
太陽光発電:  4.6Kw搭載
給湯器:   エコジョーズ
延床面積:  110㎡~120㎡
付属品:   省エネエアコン1台、エネルギーモニター、節湯水栓2箇所
エネルギー削減率:  120%

以上となっています。

この内大きく費用を押し上げているのは、太陽光発電とエアコン、エネルギーモニター代の費用で、これらは本体工事費以外の住宅設備機器代です。
しかしこの住宅には一棟165万円の補助金が国から支給され、設備代は軽減します。

今後の電力の需給バランスを考えた時、環境負荷への低減にも寄与する次世代住宅として貴方もゼロエネ住宅を検討してみませんか。

ゼロエネルギー住宅に関するお問い合わせは設計部岩沢まで。
by isoda-shonan | 2012-09-13 09:56 | コラム | Comments(0)
人の心と暮らしをシステムとして捉えた住宅造り 
2011年11月に竣工した稲村ヶ崎の家(ソーラーサーキットの家、TIP構法、神奈川県産檜柱採用)のお施主様が自宅建築計画から竣工までと、実際に住んでみての体験を「住まいづくりのある試み」と題してご自身のブログに5回に渡り掲載されました。
ブロガー名は「木形子(こけし)のこころ」さんです。

表題のごとく「人間生活システム工学」から住居学にアプローチする手法は、その研究に長いこと携わったご経験からと推察されます。
人の「感性」についても概念因子を抽出し、その相互関係を学術的に解説されます。

第一回は「住まいづくりのある試み(1)人間生活の視点から」始まり、(2)「災害への対応」、(3)「快適でエコな温熱環境づくりは」、(4)「老後のためのユニバーサルデザイン」、(5)「住空間づくりに感性をいかす」と続きます。

建築学と人間工学の専門書のようで、多数の参考文献の引用と紹介があります。
これから家を建てる計画のある方には「住居の本質を示す」研究レポートとして大いに参考になると思います。

住まいとは異常気象や自然災害から人を守るシェルターであり、住む人にストレスを与えず、自らの感性に十分答えられる仕掛けに満たされ、癒しの空間、と云っているようです。

「住まいづくりのある試み」は下記からアクセス可能です。

木形子のこころさん 


過去ログ 2011.11月『稲村の家竣工』も参考にしてください。
by isoda-shonan | 2012-09-10 09:27 | ソーラーサーキット | Comments(0)
 秋のリフォームフェア盛況
今日8日から始まった「秋のリフォームフェア2012」は開催時刻の10:00前からお客様が多数お見えになり大盛況となりました。

有名設備メーカー8社の協力でシステムキッチン等、水周りの商品とエコキュート、太陽光パネルなどが特別価格で購入出来るチャンスと熱心に係員の説明に聞き入っています。

この混雑の背景には2014年4月に消費税の値上げを控えて居るからのようです。
住宅建築は工期が5~6ヶ月ぐらいかかります。
そこから逆算すると来年2013年9月頃までに契約を済ませておく必要があります。

建設業界は年度末の3月竣工が例年ピークに達し、資材も労役も過不足に陥ります。
其処に消費税率逃れの工事が重なると現場は大混乱となります。

水回り商品は耐久性も永く価格も高額となります。

それなら消費税の上がらない今の内にリフォームしておこうとの心理が働いているようです。

フェアはご来場者の抽選会が有り、一等1万円の商品券のほかワインや防災グッズが当たります。

皆様のご来場をスタッフ一同お待ち致します。


9月8日(土)の会場の様子
e0050231_1463572.jpg



e0050231_1471818.jpg

by isoda-shonan | 2012-09-08 13:58 | コラム | Comments(0)
 秋のリフォームフェア2012開催
当社は新築住宅の設計施工だけでなく、既築住宅の増改築リフォームにも本格的に参画しています。
増改築専門スタッフのリフォーム事業部を1982年に立ち上げ30年を迎えます。

毎月80件近くのリフォーム工事を受注してますが、その内の半数以上が再受注となっていて、確実な施工と安心の保証体制を整えております。

30周年を記念し9月8日(土)~9を日(日)に有名設備メーカー8社が協力参加の下、「秋のリフォームフェア2012」を腰越の当社ハウジングパークで開催致します。

キャッチフレーズは「来なきゃ損する2日間!」と銘打ち、各メーカーさんが特別価格でシステムキッチンやシステムバスを展示販売致します。
一箇所で各メーカーの商品比較が出来るチャンスでもあります。
また、メーカー別プレゼントも用意し皆様のご来場をお待ちしております。

ご来場は本社裏に駐車場を確保し当日は駐車係がご案内致します。
(会場のハウジングパーク迄は徒歩1分です)

協力参加メーカーは、TOTO,LIXIL,YAMAHA,タカラ、クリナップ、ノーリツ、DAIKIN、TAKAGIです。

会場案内図
e0050231_9425237.jpg

by isoda-shonan | 2012-09-06 09:43 | コラム | Comments(0)
  鎌倉市住宅リフォーム助成制度
鎌倉商工会議所(建設部会)は市内建設業者の活性化と経済発展の為に、鎌倉市に住宅リフォーム助成制度の導入を申し入れていたが、この度、議会で予算が通り事業が開始されました。

助成を受けられる人は,市内在住の住宅所有者、また市内に事業所がある施工業者に工事を依頼することが条件となっています。

助成金額は住宅リフォーム10万円以上の工事に一律5万円を助成、耐震改修工事20万円以上の工事には一律10万円の助成が受けられます。

第一回の公募受付は8月20日に始まっていて、締切は9月7日(金)です。
今回の予定応募件数は25件で受付多数の時は抽選ですが枠はまだ残っているようです。
住宅リフォームをご検討の方はこの制度をご活用戴きたくご案内します。

今回の公募に間に合わない場合でも、続いて第二回の募集もありますので、早めにご自宅のリフォームをご検討ください。

鎌倉市の住宅リフォーム助成制度を使用しての工事のご相談は当社リフォーム事業部(0467―33-3127)で受け付けております。
by isoda-shonan | 2012-09-04 09:54 | コラム | Comments(0)