excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
   鎌倉もようやく秋模様
日光や蔵王では錦秋真っ盛りとなるシーズンだが鎌倉もようやく秋めいてきた。
鎌倉西北、関谷の紅葉は例年11月下旬以降になる。

早朝散歩では長袖のトレーナーが必要となり、関谷原から富士山が薄らと初冠雪したのが望める。

開花の遅かった金木犀も、花散らしの低気圧に見舞われあっけなく散り、代わりに秋を彩る草木が目を楽しませてくれる。

来月10日、丹沢に神奈川の原木伐採を見に行くことになっているが紅葉はどうだろう。

丹沢は寒暖の差が大きく強い木材を育む山。
もうかなり冷え込んできたので、ちょっと期待しても良いだろう。


関谷原からの富士山が冠雪
e0050231_9544156.jpg


葉の一部が紅葉してきたハゼの木
e0050231_9551130.jpg


ヒヨドリの好物 ピラカンサは房のように結実
e0050231_9554980.jpg


柿も程よく色づきメジロを呼ぶ
e0050231_9562251.jpg


雑草のチカラシバも群生すると美しい
e0050231_9565740.jpg


自治会公園の紅葉(2009.11.29撮影)この年は綺麗に色づいた
e0050231_9575673.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-29 09:58 | コラム | Comments(0)
 寺家ふるさと村の探鳥会
10月の町内探鳥会は青葉区の『寺家ふるさと村』に行ってきた。

都市化の最も進んだ横浜市に日本の原風景、里山がそのまま残され自然の環境が保存されている。
田んぼの脇の水路は立ち入り禁止、生物の採集も禁止の立て看板が目につく。

小高い森の中を登り、谷奥のかんがい用水の池に下ると刈り取りの終わった水田が広がる。

緑の中でストレッチングを行う人、森を歩く俳句会の一行、あぜ道の幼い子連れの親子と、皆ここの自然を愛し秋を楽しんでいる。

農道で老婆が柿を売っている、柿をむく手のシワがこの里の歴史を物語る。

空にはミサゴが飛び、大池の下枝にはカワセミがいた。
ここは特別のどかな空気が漂っている里山だ。

俳句会に触発され私も一句,「高音張る 百舌の尻尾や 里のぬし」

奥深い森ではカケスの声が聞こえ、この日見聞きした野鳥は16種を数えた。

かんがい用水の大池では亀ものんびり
e0050231_10135251.jpg




大池でカワセミが休憩
e0050231_947817.jpg


刈り取りの終わった稲作地が広がる
e0050231_10143272.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-25 09:55 | コラム | Comments(0)
 太陽光発電は元が取れるのか?
藤沢市高倉で2002年ソーラーサーキット(SC)の家を建てたお客様が今年7月に太陽光発電を設置した。今年ちょうど10年目を迎えるオール電化の家です。

元々、SCの家は完全外断熱による温熱環境に優れた性能の家。
冷暖房は補助的な使用で間に合うと、多くのSC施主様から報告を頂いています

この施主様が、設置された7月26日から10月16日までの『太陽光発電システム収支一覧表』を作成し届けてくれた。

住宅の延床面積は33.2坪、太陽光発電はパナソニックVBHN233×21枚、4.89Kwを搭載、設置費用 214万円、補助金32万、実費182万円。

7月27日から8月21日(26日間)
総発電量641Kw、 使用電力量418Kw+自己消費電力134Kw
エネルギ―削減率 641Kw÷552Kw=116.1%
売電額21,294円+自己消費額4,352円-購入電気代7,358円
実質電力料 +18,288円/月額


8月22日から9月20日(30日間)
総発電量771Kw、 使用電力量488Kw+自己消費電力161Kw
エネルギー削減率 771Kw÷649Kw=118.7%
売電額24,822円+自己消費額5,646円-購入電気代7,338円
実質電力料 +23,130/月額

まだ2ヶ月間のデーターであるが御本人は、月平均売電収入を1万8千円、年間21万6千円を目論んでいる。
東電との太陽光売電契約は1Kwあたり42円と固定されるので、10年間の売電総額は216万円となり初期投資額の182万円を上回ることになる。

国土交通省のゼロエネルギー住宅の採択基準はエネルギー削減率120%以上。
この高倉の家の削減率は約117%と限りなくゼロエネ住宅に近い。

以上から『オール電化、ソーラーサーキットの家、4.6Kw以上の太陽光発電』の組み合わせは充分初期投資の元は取れるし、環境にも貢献することが分かるのです。

高倉のソーラーサーキットの家太陽光発電設置
e0050231_9554236.jpg


パナソニック製モジュール233×21枚 4.89Kwの発電パネル
e0050231_9563798.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-22 09:56 | ソーラーサーキット | Comments(0)
西鎌倉のイソダ施工例
西武不動産が開発した西鎌倉住宅地には多数の当社施工例が点在します。

中でも1丁目から2丁目にかけては高級住宅地に相応しい『イソダの家』が今も周囲の街並みに溶け込み、その存在感を示しています。

当社は30年前より『美しい永持ちの住まい』を標榜してまいりました。

それは『上質な住み心地』、『普遍性の高いデザイン』、『県産檜の高耐久な家』を抱合した意味あいを示すものです。

今回は、長い歴史の西鎌倉地区施工例の一部を紹介します。



スペイン瓦の家 1984年竣工 (内断熱工法)
e0050231_11105072.jpg


並行ラインを強調した家 1989年竣工 (内断熱)
e0050231_1111377.jpg


湘南地区第一号のソーラーサーキットの家 1999年竣工 (外断熱工法)
e0050231_11122225.jpg


和の趣を取り入れたソーラーサーキットの家 2004年竣工(外断熱工法)
e0050231_1113947.jpg


レンガタイルの外壁に包まれたソーラーサーキットの家 2009年竣工 (外断熱工法)
e0050231_11134443.jpg


シンメトリーで中庭を取り込んだソーラーサーキットの家 2012年6月竣工(外断熱工法)
e0050231_11142350.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-17 11:14 | ソーラーサーキット | Comments(0)
湘南プレミアハウス連絡協議会
国土交通省のH24年度長期優良住宅補助制度に対応する『地域型住宅ブランド化事業』の応募結果が日経ホームビルダー2012-10号に掲載された。

当社が代表となり、湘南を中心にする工務店14社で『湘南プレミアハウス連絡協議会』を結成し事業申請書を提出、国交省の採択通知を8月に受けている。

この事業は地域材を積極的に使用し、地域の特性を生かした長期優良住宅の建設にグループ単位で補助金を付加するとしたものだ。

記事によれば、全国で592の応募グループが有り、363グループが採択されたという。

採択グループ別の補助金総額のランキング1位は高知県中小建築業協会(254社)の1億8240万、1社当たり71万8110円。

工務店1社当たりの補助金額のランキングの全国1位が、当社が代表の『湘南プレミアハウス連絡協議会』。
14社に対する補助金総額は1200万円、1社あたり85万7143円が第1位でした。

当会では会員の協議により、お客様に最大限戻すこととし、一棟120万円、10棟を受付順に会員に配布することを決定しました。

予算が今年度分ということで、来年3月末の完成が条件となるが、申請受付から採択の通知までが非常にタイトな日程で、早い時期から準備が出来た現場しか対応出来ず、国交省も3月末の延期を検討してるらしいが未だ決定していない。

我々14社の小グループが全国1位のランクを獲得できたのは光栄だが、なんとか完成締切日を延長し多くのお客様に補助金を利用してもらい、長期優良住宅の建設促進が出来たらと考えます。

湘南プレミアハウス連絡協議会ポスター
e0050231_9211936.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-15 09:21 | コラム | Comments(0)
  極楽寺3点セットの家
今夏7月10日に地鎮祭を行った鎌倉極楽寺の家も3ヶ月を迎え、内部階段の造作とボード仕上げに入りました。

極楽寺の家は外断熱ソーラーサーキット(SC)工法、耐震、制震にすぐれたTIP構法、神奈川産檜を使用した3点セットの家。

外断熱のSC工法は良好な温熱環境を、建物外周部に檜の4寸柱を使用したTIPは耐久性にも優れ、住む人に健康と安全、資産価値を高めます。

今年の猛暑も現場は、屋根、外壁の断熱材を取り付けた後は快適で、木の香も漂う上質な空気に作業もはかどったと棟梁の報告です。

極楽寺の本物の家造り、構造の特徴をお知らせします。


極楽寺の家 南面の開口を広くし冬の日照を取り込む
屋根、外壁、基礎を50mmの板状断熱材で構造躯体を外側からスッポリと被っている
外壁仕上げ モルタル、ベルアート吹き付けノンクラック工法

e0050231_17362152.jpg




TIP 外壁下地板を斜め45度に貼り多くの三角形で地震の揺れを吸収する。
外周部柱は4寸角(120mm)、神奈川産檜を使用

e0050231_17394754.jpg


二階床組 910mmピッチの梁に24mmネダレス合板で水平剛性を高める。


e0050231_1734675.jpg




壁と屋根断熱の結合部に気密のバンフォーム施工
室内気密測定を行う

e0050231_17342110.jpg



窓の四方枠はオーク材、巾200mmもある。

e0050231_17343312.jpg


TIPの筋交いは上下15mmのクリアランスを取り圧縮時の座屈破壊を防止
引っ張り方向にはガセットプレートが対応する。


e0050231_1734558.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-12 10:32 | ソーラーサーキット | Comments(0)
よこすか海軍カレー超旨いぞー
当社が取引する湘南信用金庫は地元企業を後押しする優しい銀行。

信金の主催する経営講演会の記念品は必ず取引先の地元企業の製品を使用する。
先日も横浜、横須賀、湘南地区の第一回湘南信金合同親睦ゴルフ大会が葉山国際カントリーで開催された。
参加140名でダイヤモンドコース貸切りの大コンペ。
この時、全員に用意した参加賞は湘南信金取引企業の商品。

大体ゴルフ大会の参加賞なんてあまり気の効いた品を貰った事はない。
ところがこの日の参加賞は横須賀名物『よこすか海軍カレー』。
しかも保冷の手提げバックに入っている。このバックだけでも家族は喜んでくれた。

レトルト海軍カレーは牛肉がこれでもかというほど入り、ジャガイモや人参も程良く混ざっている。
ボリュームも充分、これぞ海軍カレーの伝統を継承してる。

七里ヶ浜の『珊瑚礁』のカレーは行列ができる程の人気店。
信金推薦海軍カレーはそれを凌ぐ程の味わい深い一品だった。

よこすか海軍カレー
製造販売  (株)古敷谷畜産 横須賀市三春町3丁目30番地
      (電)046-853-4129
取引銀行   湘南信用金庫 横浜銀行

e0050231_985082.gif

by isoda-shonan | 2012-10-09 09:09 | コラム | Comments(0)
本社駐車場下 神戸川の野鳥
当社駐車場の下を流れるのが神戸川(ごうどがわ)です。

深瀬に鯉が15匹程住み着き、大きいのは80cmぐらい、ここで孵化した子鯉も泳いでいる。
時々近所の人が餌を与えていて、それを狙ってカルガモが常時5羽程待機してる。
パンくずを上から投げると、鯉とカモの餌の争奪戦が始まる。

神戸川には野鳥も多く、カルガモ、カワセミ、コサギ、ハクセキレイ、イソヒヨドリを観察してる。

当社ハウジング・パークの裏で神戸川に合流する二又川の源流は広町の森、蛍の飛び交う自然環境が整い水は澄んでいる。

腰越海岸からボラの稚魚イナっ子が遡上し、カワセミやコサギの狩場となっている。

先日川を覗くと見慣れぬ鳥が岸部にいる。ゴイサギの幼鳥ホシゴイだ。
ホシゴイは大きな鯉は食べられず眺めるだけ、鯉の稚魚やイナっ子を狙ってかまえている。
幼鳥であれ、本能で狩場を知ることが出来るのだろう。


神戸川 カルガモと鯉 (2012.10.01)
e0050231_1045577.jpg


神戸川のホシゴイ(2012.10.01)
e0050231_10454461.jpg


ホシゴイのアップ
e0050231_10463399.jpg


ホシゴイの親鳥、ゴイサギ(関谷川で2008.07.19撮影)
e0050231_10471251.jpg


神戸川のコサギ(2008.10.07撮影)
e0050231_10474672.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-06 10:49 | コラム | Comments(0)
  鎌倉西北関谷の秋
鎌倉西北の関谷は小高い緑に囲まれ早朝散歩では、尻尾を上下させ、キリキリーと甲高く鳴くモズにも出会えるシーズンに入った。

出雲に八百万の神々が集合し会議を開く神無月、コース途中の鎮守に日本の安泰を祈願し手を合わせます。

散歩コースではどんぐりを拾い、イガグリや見事な柿、秋の野草を見る。
鎌倉の西北、関谷里山の秋を紹介します。


関谷桐ヶ谷戸の里山
e0050231_10173886.jpg



どんぐりを集める
e0050231_9501072.jpg



イガグリを発見
e0050231_9395545.jpg


柿も今年は豊作
e0050231_9405377.jpg


高貴な風情のヤブラン
e0050231_9413311.jpg


風に揺らぐキバナコスモス
e0050231_942974.jpg


草むらにひっそりと咲く玉すだれ
e0050231_9424027.jpg


秋の到来を告げる秋アカネ
e0050231_94377.jpg


季節遅れの彼岸花が開花する(赤)
e0050231_944235.jpg


彼岸花 (白)
e0050231_9442577.jpg


野生のアサガオは花が小さく一面に広がる
e0050231_9451522.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-03 09:45 | コラム | Comments(0)
 鎌倉野菜直売所発足
台風一過、スッキリと晴れ渡るが夏日に戻りまた半袖を出した。

今回は鎌倉関谷地域のエポックメーキングな出来事を紹介します。

ここ数年で鎌倉野菜はブランド化し市内有名レストランの売りにも成っている。

中でも鎌倉西北部の関谷地区は鎌倉野菜の一大生産地。
関谷の生産農家有志が集まり、『道の駅』のような鎌倉野菜直売所『かんた村』が開店した。
朝採れ野菜と規格外の野菜を惣菜に加工し販売してる。

今年の夏は雨が降らず猛暑で野菜の作付けが叶わず、鎌倉野菜だけとはいかず、他地区ブランド品も取り揃え販売している。
生産者の目による仕入れなので、いずれの野菜の品質はみずみずしい。

小屋の中には昔の関谷農家の写真が掲載され、この地が農業で成り立っていた事が解る。

場所は関谷インターから田谷方面に向かいセブンイレブン手前、『かんた村』ののぼりが多数立っているのですぐ分かります。

営業は10:00~18:00 水曜定休 駐車場有り



『かんた村』入口、のぼりが多数立っている
e0050231_1039298.jpg


店内茄子のオンパレード
水茄子、白茄子、緑茄子、ローザ・ビァンカも。
e0050231_1039381.jpg


鎌倉産サラダ菜
e0050231_1040724.jpg


関谷農家の歴史的写真も掲載
e0050231_1041516.jpg

by isoda-shonan | 2012-10-01 10:41 | コラム | Comments(0)