excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
 庭のリフォーム大成功
我が家は築37年、まだ別の会社に勤めた頃、イソダで建てた。

3年前に断熱リフォームを行い、内外部共一新され、快適にすごしている。

37年間住んでみて、庭に大きな落とし穴が見つかった。
木々が大きくなり、根が南側の土止めブロックを押し倒していた。
南側の隣家との段差は3メートル、擁壁の上に積んだ3段ブロックは大きく傾いている。

協力会社の外構屋さんに入ってもらい、古いブロックを撤去し堅牢なブロックに積み替えた。工事は結構大がかりなものとなった。

この際庭の大きな植木を外し、素人でも簡単に手入れのできる、草花中心の庭にリフォームした。
家内はプロ庭師の意見を尊重し、私は口出しをしなかった。

カイズカ、ヒマラヤ杉、ピラカンサ、道路側のタイサンボクも撤去した。
これで私の枝払いの仕事はだいぶ楽になる。

私の希望は一つだけ入れてもらった。
それは、ヤマガラの好物のエゴの株立ちを植えること。
エゴは5月に開花し秋に実を付け、種が残る。これをヤマガラが大好きなのだ。
夏は緑の葉が日除けとなり、冬は落葉し日差しを取り込める。

我が家にはヤマガラ家族がピーナッツを求めにやって来る。
来年からはエゴの実を楽しんでもらうつもりだ。


専門知識豊富なガーディナーの仕事は小さな庭を一変させ、家人を庭に出るよう誘ってくれる
e0050231_11354895.jpg


野鳥を呼び寄せるバードバスのあるロックガーデンの部分
e0050231_11361446.jpg

by isoda-shonan | 2013-05-30 11:35 | コラム | Comments(0)
  定期健康診断の成績表
当社は社員並びに大工職方全員の定期健康診断を毎年4月中旬に行っている。

診断は血液採取、胸部レントゲン、身長 体重 腹囲測定、心電図、便尿検査、血圧測定、問診と多岐に亘る。

近年ガン予防の腫瘍マーカーによる早期発見が功を奏している。それから血液採取は全員必須に切り替えた。

大工職方は住宅では基軸となる職種、病気で休まれたら現場は混乱する。
腫瘍マーカーの検査費用は高額だが、会社負担にするとしたら全員が同意し受診してくれた。

今月指定病院から検査結果の健康診断個人表が届いた。
医師の診断によるコメントもあり、基準値オーバーの異常値には精密検査の指示がでる。

今年の自分の成績表は優秀だった。一昨年と昨年は基準値オーバーを示すHが5項目もあったのが、今年は0となった。

早朝散歩のストレッチングとスクワット、果物中心の朝食効果がでたのだ。
by isoda-shonan | 2013-05-27 09:42 | コラム | Comments(0)
  初夏の声
鎌倉西北の地にホトトギスが夏の到来を知らせている。
通年の初鳴きは5月20日前後、今年は一週間早い11日だった。

唱歌『夏は来ぬ』にも出て来るホトトギスは、古来より夏鳥として親しまれてきた。
和歌の世界でも初夏を詠ったホトトギスの句は多い。

識別しやすい鳴き声『キョッキョ・キョキョキョ』は『特許許可局』と聞きなしされ、頭上の空を飛びながら鳴いている。
縄張りを宣言してるのか、お嫁さんを募集してるのか?。

夜鳴きを『忍び音』と云い、何もない時代の風流人を楽しませた。

ホトトギスの初鳴きが聞こえると我が家は衣替えを行う。もう寒い日はないよと云う季節の使者のお達しだ。

冬物のスーツやセーターを洗濯屋に出し、クローゼットの中は夏物のスーツに一変すると、気持ちも軽くなる。
by isoda-shonan | 2013-05-23 11:39 | コラム | Comments(0)
 箱根の探鳥会は花が満開
箱根仙石原から湖尻にかけて町内探鳥会に参加した。

桃源台に近い箱根ビジターセンターに向かう途中花月園ホテル前を通過した時、満開のつつじが目に飛び込んできた。
駐車したビジターセンター職員が、鑑賞は自由にできると教えてくれた。

つつじの満開は圧巻だった。
ホテル下の土手は全てつつじに覆われ広い芝生の庭越しに神山が望まれる。
暫し探鳥を忘れ絶景の庭園に没頭する。

自然道を下り、野鳥の森へと進むがどの鳥も繁殖期を迎え求愛の囀りを発している。

カワラヒワ、メジロ、ミソサザイが目いっぱいの美しい鳴声で存在をアッピールする。
メジロの聞きなしは「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛」だが、この囀りを高根を張ると云い、野鳥を飼うのに規制がない時代、メジロ愛好家の至極の鳴き声とされた。

キジバトは仲睦ましくカップルで行動してる。

帰路仙石原の名物となっている、、行列のできる相原精肉店に立ち寄った。
箱根ローストビーフ『紋次郎』を購入。久しぶりに家内に喜んでもらえた。


花月園ホテル庭園、後方右が神山
e0050231_10282459.jpg


圧巻のつつじ
e0050231_102873.jpg


自然歩道、背丈の高い箱根やまつつじ
e0050231_10292277.jpg

by isoda-shonan | 2013-05-20 10:28 | コラム | Comments(0)
  鎌倉銘菓 豊島屋さんの快挙
公平なはずのNHKテレビが、一私企業の地域後援活動を特集した。

鎌倉市が指定する海水浴場の維持管理に費やす予算の補填に、海水浴場の命名権(ネーミング・ライツ)の販売を公募したところ、鎌倉老舗銘菓として揺るぎない地位をもつ『豊島屋』さんが落札したと云うニュースが流れた。
価格は年間1,200万円、10年契約という。

一般にネーミング・ライツはスポーツの世界、とりわけ球場やサッカースタジアムをスポンサー企業の社名やブランド名の名称にして販売する方法で広く普及してる。
新横浜の『日産スタジアム』や調布の『味の素スタジアム』がそれだ。

公正なNHKが特集を組んで私企業の命名権の購入を報じたのは、松尾鎌倉市長と豊島屋の久保田社長の会見で分かった。

前述の通り命名権は購入した企業の名前やブランドを用いるものだが、久保田社長は海水浴場(材木座、由比ヶ浜、腰越海水浴場)名に豊島屋も鳩サブレーも使用せず、一般公募で適切な名称を付けたいと述べていた。

NHKが取材で豊島屋を訪れ報道したのは、これは命名権購入の宣伝でなく、地域活性化の市財政への支援活動と捉えたためだった。

表題の「豊島屋さんの快挙」としたのも共感するところ大だからだ。
by isoda-shonan | 2013-05-16 14:02 | コラム | Comments(0)
 鎌倉幕府創立年の変更
我々の年代では源頼朝の鎌倉幕府創立は「いい国作ろう鎌倉幕府」と教えられた。
それが、1192年(いいくに)から1185年(いいはこ)に変わったと云う。

1192年は頼朝が朝廷から征夷代将軍に任命された時。
1185年は平家が滅亡し、朝廷に守護・地頭の設置を認めさせた時。

歴史教科書では1185年に鎌倉の大倉(現在の雪ノ下)に頼朝の私邸を建て、全国の守護・地頭を統率をする幕府を発足させたとしているようだ。

5月1日、世界文化遺産登録に鎌倉が落ちたニュースが発表された。
「武家の古都・鎌倉」のコンセプトを表す武家屋敷や大倉幕府の存在した形は残念ながら現存しない。

唯一武家文化を表す行事として残るのが流鏑馬神事。

頼朝の庇護に対する忠義として、御家人は武芸に励んだ。
「いざ鎌倉」という言葉が生まれ、その精神は今でも残っている。

騎馬戦による弓の射手の上達は必須、不断の訓練の場が流鏑馬だったのは紛れもない。

世界遺産申請は取り下げ、仕切り直しとなった。
形の見える大仏、鎌倉五山、八幡宮と流鏑馬、と絞った方が、武士文化という抽象的なものより、審査員にはより分かり易い。
しかし再審査申請については、市民の意見は二分されているのも事実だ。

鎌倉幕府の創立は個人的には「いい国」1192年でいいと思う。
by isoda-shonan | 2013-05-13 12:13 | コラム | Comments(0)
外国人選手は背番号42がお好き
今年の横浜DeNAベイスターズは頑張っている。

私的には大洋ホエールズの時代から横浜を応援してる。
地元チームだし個性の強い選手を多く排出してるからだ。

広島との3連戦に2勝し借金“0”となりセリーグ3位に付けた。

中日から移籍したブランコ選手が目覚ましい活躍をしてくれてる。
5月の始まりなのに17本のホームランを打った、それも特大のアーチを描いて。

ブランコ選手の背番号は42番。
セ・パ12球団中外国人選手の8名が42番を付けている。
日本的に42はあまりいい番号ではないのにどうしてだろうと、野球通の知人に聞いてみた。

それは、60年前に初の黒人大リーガーとして功績を残した「ジャッキー ロビンソン」の背番号だと知った。
1997年大リーグは彼の功績を讃え、アメリカ全球団の永久欠番にしたのだった。

大リーグで42番を付けているのは、ヤンキースの守護神リベラ投手ぐらい。彼は97年以前から42番を付けていたので免除された。

かように大リーグでは付けられない42番を、日本に来た外国人選手がロビンソンに憧れて付けるようになったのでした。

大リーグでは毎年4月15日を「ジャッキー ロビンソン」の日と決め、当日の試合は敵味方、選手、コーチ、監督、全員が背番号42を付けてプレーする。

発想を超えた、アメリカ的敬愛する選手の讃え方です。
そこから、アメリカ人は本当に野球を愛し、ウイットに富んだ国民だと分かる。

今年4月に米本土では、ジャッキーロビンソンの生涯を描いた映画「42」が公開され大好評だという。
近いうちに日本でも上映されると思うので楽しみにしてる。
by isoda-shonan | 2013-05-08 11:15 | コラム | Comments(0)
   連休明け
長い連休も終わり、今日からまた仕事モードに切り替えです。
連休の間も営業は交代で出勤し、お客様対応をしました。

ゴールデンウイークは例年本社への来場者が増えます。
お客様は、家づくりという人生の上で最重要な計画は、行楽にいくよりモデルハウスを見たり、情報収集に精力的に動かれます。

今年は消費税のこともあり、お客様はその対応をされてたのでしょう、当社にも多数のお客様が相談にこられました。

電力需給の逼迫と首都圏直下型地震の対応、環境に貢献する県産材の使用と、次世代を見据えた省エネルギーで高耐震な住宅の普及を、これからも進めてまいります。
by isoda-shonan | 2013-05-07 15:38 | コラム | Comments(0)
 鎌倉の世界遺産登録は認められず
5月のゴールデンウィークに入りました。
雨上がりの早朝散歩ではご近所垣根の「ツツジ」が満開となり華やかな季節を奏でている。

朝のニュースは「富士山」が世界文化遺産登録が通ったという。
しかし同時申請していた「武家の古都・鎌倉」は認められなかった。
この華やかな季節に残念至極なニュースとなってしまった。

鎌倉の遺産登録に関しては、市内でも賛成派とそうでもない派に分かれていた。
京都・奈良と並ぶ古都の中で、武家による政治発祥の地としての登録を果たそうと、市民の世界遺産に向けての活動は盛り上がっていた。

その反面、これ以上の観光客の増加は市民生活にも影響する、海岸の134号線や朝比奈線の渋滞解消策も出ていない。と云った議論を起こしていた。

本来6月に決定されるとされた登録は最終現場審査を経て早々と不登録と発表された。

鎌倉はこれからも自然地形と文化遺産を住民の意思で守りつづける。

秋に落葉し、木枯らしの吹き抜けた「メタセコイヤ」は我が世の春とばかり、若葉を天高く伸ばしている。

新緑の山で自生の「山ふじ」が五月の風にたわわな房を揺らし香を届けている。

旧家の「モッコウバラ」の生垣は訪問者を優しく誘っている。

鎌倉西北の里は「目に青葉 山ふじゆれて 風かおる」の一番いい季節に入った。



シャクナゲ
e0050231_1165690.jpg


新緑の中の山ふじ
e0050231_1175597.jpg


天高くメタセコイヤ
e0050231_1182513.jpg


つつじとバラ科の白い花
e0050231_119452.jpg


白い花にミツバチが盛んに飛び回る
e0050231_1194023.jpg


春紫苑の花畑 清浄な空気だと紫色に染まる
e0050231_1110665.jpg


モッコウバラ生垣
e0050231_11103983.jpg


里の旧家 モッコウバラの街道
e0050231_1111860.jpg


新緑の林に朝日が輝く
e0050231_1112653.jpg

by isoda-shonan | 2013-05-01 11:13 | コラム | Comments(0)