excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
 上原浩治投手年末紅白に登場か?
台風の襲来に何度も襲われた10月(神無月)も今日が月末。
異常気象が続き、秋晴れの晴天は少なく月末やっと「天高く」となる。

今月は八百万の神が出雲に集結し会議を開いていたが、月末を迎え神々も帰省の準備に取り掛かる
出雲大社の60年遷宮が終わり、神々も清廉なお社を堪能されたことでしょう。
新しくなった本殿には、義兄と来月お参りする計画をしてる。

米大リーグ、ワールドシリーズは第6戦でレッドソックスがカージナルスに勝利し優勝した。
この試合でも期待どうり日本人投手田澤と上原投手が活躍した。

田澤投手は7回、2アウト満塁のピンチに登板し無失点に抑えた。上原投手はいつものように9回に登場、相手打者3人を打ち取り優勝の胴上げ投手となった。

上原人気はレッドソックスの地元ボストンでもうなぎ上り、決勝戦で使用したスパイクは野球殿堂に展示されることが決定した。
ひょとしたら、今年のNHK紅白に特別審査員として招待されるかも知れない。
by isoda-shonan | 2013-10-31 13:35 | コラム | Comments(0)
 日本シリーズとワールドシリーズ
スポーツの秋たけなわで、日米野球の頂点を極める熱い戦いがはじまっている。

日本では巨人と楽天が一勝一敗の五分で東京ドームへと移動する。
土日のテレビ視聴率は何れも瞬間30%を超え、久しぶりに野球フアンが熱狂してる。
これは、田中将大投手を擁する楽天が、常勝巨人に真っ向勝負を挑んでいるからだ。
近年にない緊張感のある試合内容となっている。
ヤフーの「どちらが優勝する」のインターネット調査では楽天が60%と一歩リード、楽天初優勝と東北復興にフアンは夢を託している。

一方ワールドシリーズでは、レッド・ソックスの二人の日本人投手の活躍に期待が掛かる。中継ぎの田澤純一投手とクローザーの上原浩治投手、二人とも今シーズンは大活躍でレッド・ソックスのリーグ優勝に貢献してる。上原は、日本人初の地区優勝決定戦のMVPを受賞、あまりの重圧にマウンド上で「吐きそうだった」とインタビューに答えている。

かように、ワールドシリーズは、百戦錬磨の大男達に重圧を与え、熱い戦いとなる特別の野球なのだ。一勝二敗と負け越してるレッド・ソックスだが、今日勝って5分としたい。
そうなれば、日本からの声援も一段と大きくなって届くだろう。
by isoda-shonan | 2013-10-28 13:13 | コラム | Comments(0)
 健康が気になる年代

最近歳の近い友人に会うと、最初の話題が病気についてだ。

誰々がつまづいて転び、膝の御皿を割り入院した。
脊髄狭窄症でついに手術をすることになった。

どうも老齢化すると、転ぶと必ず骨折するらしい。
腰の痛みは、加齢により脊髄の狭窄が始まり誰にも起こるという。

それで足腰を鍛えるスポーツジムが高齢者で大繁盛してるらしい。

先日会合の合間に、血管の柔軟性と血管年齢測定をするサービスがあった。
たくさんの同年代が椅子に座り、順番を待っている。
友人に勧められ、恐る恐る測定を受けた。

平均を聞いていると、自分の年齢マイナス1歳からプラス3歳が多く、皆一喜一憂してる。
抹消血液循環分析結果と書かれたデーターが示された。
実年齢より4歳若いという判定に周囲が沸いた。抹消血管健康度は76点でまずまずだと云う。

測定した技師は毎朝の散歩とストレッチ、果物と牛乳だけの朝食等、適度の運動とバランスの良い食事が若さの基と説明してくれた。
by isoda-shonan | 2013-10-25 13:39 | コラム | Comments(0)
    自然観察で感性は磨かれる
         

バードウオッチングに興味を持ったのは、野山を歩き自然に触れることが多いから。
それと、医者であり作家、昆虫博士でもある養老孟司さんが「自然観察は感性を磨く」と言ったのも心に残ったいた。

ゴルフを少し嗜むようになり、この意味を理解するようになった。

タイガーウッズのような世界の一流プロゴルファーは感性も一流だ。
自然のちょっとした変化を読み取る、雲の流れ、芝の育ち具合、空気の重さと観衆のざわめきも、ゴルフにおける彼の感性は研ぎ済まされ結果を残す。

早朝散歩や探鳥会で野山を歩くと、昆虫、野草、樹木と多彩な自然を観察できる、同じような野鳥や植物でも、その特長や違いを教えてくれる先生もいる。

最近シャツ一枚を買う時でも、ネクタイをしない時の襟の納まりがいい、胸ポケットに特徴がある等、デザインの違いが判るようになった。

微妙なちょっとした違いが判るのが、養老先生の言う感性が磨かれたのです。
by isoda-shonan | 2013-10-23 11:49 | コラム | Comments(0)
   住宅産業の7年後は?
当社は、国土交通省の「ゼロエネルギー住宅」の公募に昨年に引き続き採択されました。

当社外断熱工法の仕様を基に、開口部(窓)の断熱性能の向上や、省エネ設備を採用し、エネルギー削減率120%を達成する設計仕様にしました。

今年はゼロエネルギー住宅を希望されるお客様がお見えになり契約、近いうちに着工する予定です。
いよいよゼロエネルギー住宅第一歩の記念すべき年となります。

10月中旬、日本経済新聞朝刊に積水ハウスが全面広告を打ちました。

同社和田勇会長兼CEOがトップインタビューに答え、積水ハウス近未来の方向性を示しています。。

骨子は、(1)急がれるゼロエネルギー住宅の普及、(2)国家戦力としての燃料電池開発 (3)技術で世界の人をお迎えしよう、と呼びかけます。

(1)は、日本の電力の3割は家庭で消費される、7年後の2020年にはゼロエネ住宅を標準化すべきとしています。

(2)は、燃料電池の性能向上と量産によるコストダウンを促し、なんとか価格を50万円まで引き下げられないかと。これは国家戦略として取り組むべきと提言しています。

(3)は、環境・エネルギー問題に先進的、革新的な答えを用意し、世界の人に環境技術で快適に過ごしていただく。

これは住宅産業会だけへの呼びかけでなく、関連産業全体に日本の物造り技術を結集しようとするものです。

我々住宅屋の役割は、住宅の基本性能としての、断熱性、気密性能を保持し、住宅本体の高いエネルギー削減率の達成を実現することです。
by isoda-shonan | 2013-10-18 17:31 | ソーラーサーキット | Comments(0)
  西欧式建築の師ジョサイヤ・コンドル(2)
前回の鎌倉商工会議所、建設部会研修見学会の続きです。

丸の内の「明治生命館」などの歴史的建物を見学したのち、上野不忍池の旧岩崎邸に廻った。
ここは明治29年三菱創設者・岩崎家本邸として完成、新しい日本の建築文化が始まった処とされている。
設計はジョサイヤ・コンドル。明治政府の招聘により明治10年来日してる。先ほど見学した東京駅設計者の辰野金吾等近代日本を代表する建築家を育てた。

館内の守衛さんがガイド役をしてくれる。
正面玄関の上部はイスラム文化のドーム屋根を構え、構造材はケヤキ、階段はタモ、床材はチークと堅木が使用されている。
当時の大財閥岩崎家の建物は、かくもありなんと思わせる重厚感。

明治中期の時代で、地下に自家発電機を設置し、廊下にはスチーム暖房を、各部屋には暖炉が有り、当時のイギリス最先端の生活文化が取り入れられている。

壁紙は「金唐革紙」と呼ばれ、和紙に錫の薄板を貼り付け、模様を彫った丸太木型に押し当て、模様を写し和ニスで仕上げると金箔色に変わる、部分に彩色を施した手のこんだ一品。現在の価格に換算すると、1㎡10万は下らないと云う。
本物の壁は触れないが、見本が置いてあり本革の感触だった。

床の一部を修理のため剥がしたところ、下から厚さ30cmの断熱材がびっしりと敷きこまれていたのを発見してる。

コンドルさんは、建物のデザインだけで無く、冬暖かい家の仕組みを知っていたのでした。


旧岩崎邸北側外観
e0050231_1351105.jpg


列柱が立ち並ぶ南側ベランダ
e0050231_13513693.jpg


和館で購入した金唐革紙のしおり
e0050231_13521195.jpg

by isoda-shonan | 2013-10-15 13:52 | コラム | Comments(0)
 西欧建築設計家ジョサイヤ・コンドルと辰野金吾(1)
鎌倉商工会議所、建設部会の研修見学会に参加した。

ジョサイヤ・コンドル(1852年~1920年)は鹿鳴館やニコライ堂を設計した日本の西欧建築の草分け的建築家であり、東京駅を設計した辰野金吾はコンドルの弟子にあたる。

今回の見学会は、期せずして、この二大建築家設計の建物となった。

最初の見学は昨年10月に復興になった東京駅。三階部分が再現されシンボルのドームも復元された。一泊4万から80万という東京ステーション・ホテルを専門ガイドが案内してくれた。一階のコーヒールームは待ち合わせに便利そうだ。

普段乗り換えに急いで通過する東京駅に、コーヒールームや一泊80万円の部屋があるなんて誰も想像もしなかった。

辰野金吾設計の八角形ドームは、干支のモチーフが入る東洋的意匠に、皆首を直角にして見入る。当日最後に見学した日本銀行も辰野金吾の設計だが、八角形のドームがシンボリックに採用されていた。

イスラム寺院のようなドームは、ニコライ堂設計のコンドルの影響だと直感させられる。

今回の東京駅改修工事では、大地震に対する耐震補強も大掛かりに行われている。
赤レンガ建ての建物を支えていた、オレゴン州産の松杭を取り除き鋼管杭に取り換え、免震装置を取り付けたと言う。

これらの復元改修費用は東京駅の容積率を近隣地権者に販売して賄ったと聞いた。

容積率が売買できるとは、丸の内は発想が違うと恐れ入ってしまう。

往時のデザインが復元された東京駅
e0050231_17221530.jpg


吹き抜けのドームを下から見上げる
e0050231_17225563.jpg


ステーション・ホテル内のコーヒールーム(左側)
e0050231_17232980.jpg

by isoda-shonan | 2013-10-10 17:23 | コラム | Comments(0)
  老後に住んでみたい街 第一位
10月5日の日経新聞が『住んでみたい街』ランキングを発表してる。

これは、マンション分譲大手(三井、住友、三菱、大京など)7社が、首都圏の「住んでみたい街」のランキングをまとめたもの。

第一位がこの処大人気の吉祥寺、二位が自由が丘、三位が横浜だった。
我が街鎌倉は第七位にランクされ、昨年の八位からランクを一つ上げている。

上位は、交通の便の良さ、商業施設が充実してる、おしゃれだから、という理由からだ。

この調査では同時に『老後に住んでみたい街』もランキングされ、第一位に鎌倉が選ばれた。
市外の人が感じる鎌倉は、歴史や自然環境を高く評価したらしい。

鎌倉市民はそうなのかと改めて鎌倉の人気度を認識させられた。

鎌倉は禅宗の五山がある、洪水を引き起こす大川は流れていない、一年を通じて気候も落ち着いている、海もある、緑も多く春先にはウグイスの声も聞く。

唯一の欠点は旧鎌倉地区の休日の交通渋滞と駐車場の少なさだろう。

一般市民は、今年世界遺産登録が外れたことを内心喜んでいる。

静かな環境と歴史の重みが保てる観光都市としての、鎌倉を継続していきたい。
by isoda-shonan | 2013-10-08 10:06 | Comments(0)
  各国消費税率の事情

安倍首相が来年4月より消費税を8%に上げると発表したことにより、マスコミ各社がこぞって世界の消費税(付加価値税)を特集しだした。

欧米諸国の平均消費税は約10~20%。平面的には日本の8%はまだまだ低いと思われがちだが、中身を知るとそうでもない。

消費税20%の国々は軽減税率を採用、食品や日用品、新聞、本、幼児の靴、衣類等は0~5%に抑えられている。

レストランの食事、映画鑑賞、動物園入園などは、規定の税率が適用される。
このシステムを構築するには、いろいろな産業の駆け引きもあり、定着させるには相当な労力があったと思われる。

この軽減税率の考えは、低所得者の生活必需品購入に負担を掛けない配慮があり、日本の誰にも一律課税とした定額消費税とは異なるものだ。

再来年には日本の消費税は10%に設定される予定だ。
生活必需品や電気ガス代、教育、医療費等については、その機会に軽減税率の導入を検討したらどうだろう。
今から、各界で議論を進め、国民納得の消費税としたいものだ。
by isoda-shonan | 2013-10-02 15:20 | コラム | Comments(0)
 日本の仕組みが変わる10月
今日から10月です。

日銀短観は、大企業の景況感を表すDIはプラス12と発表。
これは5年10か月振りの水準で大幅改善だそうだ。
しかし、この景況感が中小企業まで及ぶには、更に半年以上かかるものと思われる。

これを受けて、安倍首相は本日消費税増税を発表する。
併せて大企業の賃金アップを促し、法人への復興特別税を1年前倒しで廃止することも決定した。

復興特別法人税の廃止は被災地の人々の反感を買う。
そこで、被災地を毎月見舞う小泉進一郎を復興政務官に任命した。

小泉進一郎は、歯に衣を着せない発言をする自民党若手のホープ。

復興政務官は本人の希望でもあったらしいが、遅々として進まない現地の復興を、期限と実行を明確にし、結果の現れる復興を推し進めると就任の挨拶をしてる。

若手ホープとしての人気だけでなく、今回は本人の実力が試される仕事となる。
by isoda-shonan | 2013-10-01 11:19 | コラム | Comments(0)