excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
 奥出雲の割り子そばと仁多米
60年遷宮を終えた出雲大社にお参りし、奥出雲、松江と旅してきた。

奥出雲では、義兄の幼友達と知り合い、案内してもらったり、お茶のもてなしを受けた。
後日、その人の田んぼで採れた自慢の仁多米が贈られてきた。今年一番の新米だった。

今週のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」は奥出雲の旅で、この方が畑仕事をする場面が出てきてビックリした。
純朴な方で、稲作の他に仁多牛の子牛を生産してる。

今年生まれた子牛の取引価格が一頭十万円程上がったという。が、自分の儲けより、飼育業者の負担に気使いしてる。
たった数日御付き合いしただけなのに、奥出雲と仁多米人気を一身に背負っているような人だった。

ゲスト出演してる、伊武雅刀さんが仁多米の天日干しを何とか食べたいと必死に探す。
その仁多米を、申し訳ないが、私はもう、十分に堪能してる。白米と沢庵だけで食べると、仁多米の旨さが際立つ。

横田駅の大しめ縄も、稲田神社社務所の蕎麦屋も番組で取り上げられ、まだ脳裡に鮮烈に残る映像はもう一度、奥出雲に誘ってくれた。

12月2日(月)に「家族に乾杯」の奥出雲パート2が放映されるが、伊武さんは、仁多米に在り付けたのでしょうか。


割り子そばを食べた古民家を利用した蕎麦屋の小屋組み、出雲地方の伝統工法

e0050231_1619427.jpg


大馬木川が流れ仁多米の棚田が広がる、日本原風景の里山
e0050231_16194361.jpg


スサノオノミコトの妻稲田姫を祭る稲田神社本殿
e0050231_16201352.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-30 11:30 | コラム | Comments(0)
鎌倉西北も晩秋から冬に
ようやく鎌倉西北も気温が下がり、紅葉が美しくなった。

福岡では初雪が平年より2週間も早く降り、博多っ子を驚かした。

秋の味覚、柿の最後の収穫品を、近くの知人の果樹園で分けてもらった。
仲間内では有名になっている柿で、丁寧に育てられ、形も味覚も最上級に仕上がっている。

千疋屋は厳選した品質の果物を販売する。もちろん価格もそれなりになるが、知人の果樹園の富有柿はまるで千疋屋が販売するような品物だった。

芳醇な甘さとでも言ったらいいのか、忘れられない一品で、秋の味覚の最後の〆に相応しい物だった。

自宅近くの公園も紅葉が美しくなり、晩秋から冬に変わる季節に入る。


藤沢市村岡の果樹園で収穫された今年最後の柿
e0050231_13435258.jpg


自治会公園の紅葉
e0050231_13444063.jpg



秋空に優雅に咲く皇帝ダリア
e0050231_1345238.jpg



山茶花が咲いたら木枯らしが近くなる
e0050231_13472738.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-28 13:49 | Comments(0)
スポーツの秋 地区グランドゴルフ大会に参加
グランドゴルフご存じですか?
ゲートボールと同じではありませんよ。

一般のゴルフに若干似てますが、気楽にできる、お金が架からない、ホールインワンもよく出る、が特徴です。

24日の日曜日、関谷小学校のグランドで地区スポーツ振興会の主催でグランドゴルフ大会が12チーム、67選手が参加、開催された。

用具は地区振興会が用意、ヘッドの大きなパタークラブ1本、5cm径のプラスチックボール、30cm径の輪になったホーに玉を止める。
一番長いホールは50M近くあるし、途中に障害物あり、植込みの間を抜くホールと、それなりに難度は高い。

OUT、IN各々8ホール、全てパー3、合計パー48で行われる。最大の得点は、ホールインワンを達成すると、合計スコアから、3点差し引かれる。

我が自治会は86歳の長老をキャプテンに、男女5名×2チームで出場。
プレーは他町内の選手と回り、親睦を深めるのが目的。

INの3番ホール、約40Mを1打で入れるホールインワンを達成、皆が祝福してくれた。これが効いて合計47、1アンダーを達成したが、終わってみれば同率5位。
5位4人のプレーオフの結果、マイクラブを持参されるご婦人にあっさりと、負けました。

9時に試合開始、12時までグランドを行ったり来たりすると、結構な疲労感を覚えました。


試合前のルールを聞く各チームの精鋭
e0050231_1174149.jpg



ボールは一旦入っても往々にして飛び出してしまう
e0050231_118239.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-27 11:08 | コラム | Comments(0)
  インフルエンザの予防接種は早めに
短い秋も終わり、気候は冬に入りインフルエンザ流行の予備季節となった。

インフルエンザワクチンは、一般的に接種二週間後から効力が発揮されると云われる。
例年インフルエンザの発生は12月10日過ぎから。
ということで、今年はもう掛かり付けの医院で接種を済ました。

厚生労働省によると、国民医療費はこの処年々増加、毎年6,000億から1兆円の増加だという。
ちなみに、昨年度は、38兆4千億円に達している。
高齢化による更なる増加も見込まれ、市町村でも対策として、予防医学に力を注いでいる。

鎌倉市も65歳以上にワクチン接種の補助を決め、インフルエンザ予防の普及を喚起してる。
今年は、1,500円で予防接種を済ませた。
病気を治す費用より、予防して、病気に罹らない方が、国民医療費を抑えられるからだ。

風邪とインフルエンザの予防は、うがい、手洗い、ワクチンだと主治医から念を押された。
by isoda-shonan | 2013-11-25 13:53 | コラム | Comments(0)
 富士山が近くに見える季節
午前中に横須賀まで行くのに、8時前、海岸の134号線を逗子に向かった。

七里ヶ浜の行合橋のセブンイレブンでモーニングコーヒーを買い、県営駐車場に出てみると、富士山の冠雪が朝日に輝き、すぐ目の前に在るような錯覚を覚える。
このように、富士山が目の前に大きく、近くに見えるのは今の時期が一番。

気温が冷たく、湿度も低く、空気も清浄と、三つの条件が揃うと現れるのだ。
そういえば、今朝初めて、露地駐車場に停めている、車のフロントガラスが凍てついていた。

今日は、きっと夕日も綺麗に違いないと感じ、夕方七里ヶ浜に行ってみた。
私の感は見事に当たり、県営駐車場は大勢のカメラマンが集まっていた。

日没寸前に富士山は赤富士に変身し、七里ヶ浜の波頭に夕陽の一条が走る。

夕陽の海を見てると、七里ヶ浜からの富士は、古くから人々を感動させる景観だと、つくづく思う。

夕焼けの神々しさに、富士に向かい、思わず手を合わせる人がいる。


江の島が何時もより近くに感じる七里ヶ浜(2013.11.21am8:00)
e0050231_12181879.jpg


富士山が大きく現れる初冬の海岸線
e0050231_12202572.jpg



日没寸前の七里が浜(2013.11.21pm16:30)
e0050231_1748324.jpg


夕日と江の島
e0050231_17482994.jpg


冠雪を赤く染める富士
e0050231_17485955.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-21 17:50 | コラム | Comments(0)
 柿右衛門の柿
 
早朝散歩で黄色に染まった木の実や紅葉した葉を採集してきた。
玄関の下駄箱の上に採集した植物を飾り、季節の風情を楽しんでいる。

今年の鎌倉西北は、例年より紅葉は遅い。11月の下旬にはハゼやモミジが美しい色に変身するが、今年はまだだ。
温暖化の影響か今年のモミジの葉は元気がなく、綺麗な紅葉は期待できない。

ご近所に丸い大きな柿の実を付ける家がある。

渋柿と聞いているが、秋の日差しを浴び、見事な色を発してる。
陶芸家の酒井田柿右衛門の絵皿に描かれた、柿と同じ形、色をしてる。
「これ以上置くと鳥にやられる」と、枝付の見事な柿を観賞用にと戴いた。

JR九州が「セブン・スター」と云う、九州一周,夫婦で100万円もする、超豪華列車の運行を始めている。
超人気でもう一年分の予約が埋ったとニュースになった。

特別室の陶器の洗面ボールは、現代の柿右衛門作、見事な赤い柿が描かれている。
車内の豪華な設え、クルーの洗練されたマナー、地物を使用した特別料理、柿右衛門の名品で洗顔する、価格以上の演出が組み込まれているのだ。

九州を代表する陶芸家は自然の美しさを今も伝承し、我が家の玄関も季節の実りで、華やかさを彩っている。



早朝散歩で採集した季節のオブジェ
e0050231_11301978.jpg


柿右衛門の柿は2~3日置くと甘くなるらしい
e0050231_11311293.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-18 11:31 | コラム | Comments(0)
  ニューヨーク「タワー4」の設計者は日本人
今朝のニュースで、2001年の同時多発テロで崩壊された、世界貿易センタービル跡地に新しいビルが完成したと報じられた。

グランド・ゼロと呼ばれる跡地には、四棟の高層ビルが計画され、その内の一棟「タワー4」の完成式典が行われた。

地上約300M,72階建のタワーの設計者は日本人の建築家、槇文彦氏、式典にも招待され「いいビルが完成したと云われるのが、建築家として最大の喜び」とスピーチした。
建築業に携わる者の心情を代弁してくれる。

槇氏は、近隣では藤沢市の秋葉台文化体育館の設計で、日本建築学会賞を受賞した都市工学を専門にする建築家。

建物の内部には日本人彫刻家、西野康造さんの作品も展示され、エレベターや手すりに日本製ステンレスが採用され、日本との関連の深い建物と報道された。

日本人として、なんとも、誇らしい朝のニュースでした。
by isoda-shonan | 2013-11-14 12:02 | コラム | Comments(0)
 出雲大社は縁の神
今年60年遷宮が5月に完了した、出雲大社にお参りに行って来た。
会社の隆盛と工事安全を祈願し、二礼四拍一礼の作法で参拝する。
11月は旧暦の十月、出雲では神有月と呼ばれ全国の八百万神が集結する。

戸塚に住む義兄が、奥出雲町大馬木の出身で案内役を買ってくれた。
大社のみならず、島根県を訪ねるのは今回が初めて。

60年遷宮は参拝者を大幅に増加させ、玉造り温泉、松江、奥出雲観光と周辺への経済的効果は絶大と感じさせられる。

奥出雲は、スサノオノミコトと稲田姫の伝説が残る神話の国。
『鬼の舌震』という大渓谷に昨年新しい吊り橋が完成、「恋の大橋」と命名される。

奥出雲町は旧仁多町と横田町が合併し誕生、今後、島根の観光スポットとして期待される地域だ。

島根のブランド米、仁多米の美しい棚田が広がる日本原風景の里で、人々は「おもてなし」を伝統的に大切にしてる。

此処に、新しい観光名所が誕生した。
大銀杏と茅葺き屋根の『金言寺』が数年前に「第18回しまね景観大賞」を受賞、その後一気に観光客が訪れるようになった。

晩秋のこの季節、樹齢400年と云われる大木は葉の半分を落とし、みごとな銀杏の絨毯を演出し、多くの観光客の心を和ます。

住職は自ら交通整理に走り、奥さんは本堂に観光客を招き入れ、お茶の接待をこなす。
10人程で本堂の卓を囲み、寺の縁起を聞き、地方からの情報交換の場ともなっている。

大黒天のお引き合わせか、義兄の親戚、ご学友、観光関連会社の社員と、沢山の縁を戴いた旅だった。




大しめ縄が威厳を誇る出雲大社拝殿
e0050231_16284449.jpg


60万枚の桧皮で葺いた大屋根、千木と勝男木は漆と金属粉をこねた伝統塗料が施される
e0050231_16292440.jpg




日本の棚田100選に入る奥出雲の里山
e0050231_16295633.jpg


「鬼の舌震」恋の大橋は、紅葉が始まる
e0050231_16312410.jpg


金目寺の大銀杏と本堂
e0050231_16315036.jpg




銀杏の絨毯が広がる境内 二日間付き合ってくれたタクシーの社員
e0050231_16322392.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-11 16:32 | コラム | Comments(0)
 日本人の温かい『おもてなし』の心
時世を表す「流行語大賞」が話題になる時期となった。

上位にランクされるのは、
黙ってて、負けていないで反撃する「倍返し」、
東北復興と東北の素朴さにつながる『じぇじぇじぇー』、
即、行動を喚起させる『今でしょう!』、
オリンピックを招致し、2020年に来日される方たちに、日本人の心使いを表す『おもてなし』がノミネートされている。

何れも、単なる流行語の域を超え、日本人の深層心理が含まれる。

鎌倉商工会議所会員の基本スローガンは、ホスピタリイティー、『おもてなし』に制定されている。
観光部会や商業部会だけでなく、建設部会、工業部会、金融部会等、全会員部会がこの活動を基本テーマに事業計画をたてている。

できれば、今年の流行語大賞は『おもてなし』が選ばれると良い。

東京オリンピックで来る外国の人に、鎌倉を訪れる方たちに、日本人特有の心のサービス『おもてなし』がこの国の最高の特徴なのだと。


そうゆう日本人の温かい心情を、隣国のリーダーにも解ってほしいものです。
by isoda-shonan | 2013-11-05 10:46 | コラム | Comments(0)
  秋の到来を告げる鳥と木々
今日から11月。
一日は自治会の回覧を回す日で、早朝散歩の傍ら班長の仕事、全戸配布のお知らせを配った。

高い木の梢でモズが「キリキリキリー」と鳴いている。
ここは俺様の縄張りと云う宣言なのか。
それとも、やっと「秋になったぞー」と知らせてるのか。
土手のハゼの木も数枚が紅葉し、秋の訪れを告げている。

北海道知床の紅葉は今年全滅というニュースを見た。
夏の雨量が少なく、枝も葉も萎びてしまったらしい。
見事な紅葉は、枝が充分な養分を得て元気に育ち、急激な寒さが訪れると見られると云う。
やはり、今年は異常気象のせいなのか?

数年前に訪れた、錦秋の京都は見事だった。
嵐山のトロッコ電車は吹きさらしで、この上ない寒さに震えた。
しかし、これが普通の京都の気候だと聞いた。

自然の美しさは、季節の平常な気候や気温がコントロールしてる。

高い梢で秋を告げるモズ(関谷原)
e0050231_11494987.jpg



京都仙洞御所の錦秋
e0050231_11502581.jpg

by isoda-shonan | 2013-11-01 11:01 | コラム | Comments(0)