excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
地元工務店は住まいのホーム・ドクター
今回の大雪では沢山のお客様からの雪害による改修の依頼がありました。

当社が一度でも工事をしたお客様をイソダOB施主と顧客台帳に記録しております。

地元で永いこと商売してると、OB施主以外の一般のお客さまからの依頼も多くなるのが、大風や、大雪の自然災害発生時です。
今回の雪害による修繕依頼の受付は20件を超えています。

OB施主様を優先的に対応させて戴いてますが、一般のお客様にも、込み合いの事情を説明し、少しお待ち戴ければお請けしております。

今回の大雪では、樋、カーポート、外部バルコニーの修理改修工事等が圧倒的な多さとなりました。関連職方はフル回転で現場を廻って頑張ってくれてます。
改修工事費が20万円を超える場合、住宅総合保険や火災保険で補償されます。被害に遭われた場合は加入する保険会社に問い合わせてみてください。

体調の悪い時、何でも相談出来る医者をホーム・ドクターといいます。

地元工務店はこういう時に皆様の力になれる、住まいのホーム・ドクターなのです。
by isoda-shonan | 2014-02-26 11:04 | コラム | Comments(0)
寒中に珍鳥との出会い
2月の町内探鳥会で珍しい野鳥を観察した。
柏尾川の金井遊水池にヤマシギとアリスイが出てるという情報に、定例探鳥会は、金井遊水池経由の舞岡公園に変更。

情報の場所に到着後すぐに、アリスイを発見、残雪の湿地を餌を探して歩いている。
キツツキ科の鳥と聞くが、ケラ類とは違う初めて観察する鳥だ。
蛇柄の羽色をまとった珍鳥といえる。
金井遊水池はカワセミ、オオバン、アオサギ、コガモ、カイツブリと多様な水鳥を観察したが、ヤマシギは空振りにおわった。モズのメスは小首をかしげ愛くるしいポーヅで観察者を魅了する。


次の舞岡公園も多くの野鳥を観察できるポイントだ。このシーズンヤマシギも現れると聞く、駐車場につくと沢山の車があり何か特別の鳥が来てるかと期待が膨らむ。

カメラを担いだ人に情報を聞くと、タシギが出てると言う。タシギも初めて観察する鳥だ。

池の周りには多くのカメラが並び、タシギとコジュケイが観察できた。
タシギは一度飛び去ったが再び餌を求めてこの場所に舞い降りた。モヒカン刈りの頭に長い嘴で一生懸命餌を採り観客を楽しましてくれた。

春とは名のみの寒い日でしたが、31種の野鳥と出会う大当たりの探鳥会でした。



アリスイ(野鳥図鑑より)
e0050231_172886.jpg



タシギ(舞岡公園)
e0050231_17285224.jpg


残雪の山道
e0050231_17291770.jpg


春の訪れを知らせるネコヤナギ
e0050231_17294995.jpg


マンサクも咲き始めた
e0050231_17314996.jpg

by isoda-shonan | 2014-02-24 17:32 | コラム | Comments(0)
南岸低気圧
今日の3週連続の降雪は避けられた。南岸低気圧が列島からはるか南に反れたからだ。

今年の天気予報のキーワードになった南岸低気圧は45年振り、地方によっては100年振りの大雪となり、食糧の物流に、除雪と、生活全般にわたり多大な影響を与えた。

天気予報のはやり言葉となった南岸低気圧とは、台湾海域で晩冬から春先に誕生する大型の低気圧で、日本列島南岸沿いに発達しながら東に進む。
これに、大陸の寒気が日本上空まで南下すると、防風を伴う大雪となる。

この南岸低気圧を古老は「台湾坊主」と冬の暴れん坊を別名で呼んでいた。

別に台湾を揶揄する言葉でなく、台湾海域で発生するからで、夏の台風が赤道付近で誕生するのと分けていた。

2月14日の「台湾坊主」は、山間部の住民を未だに孤立状態にするほどの大暴れをした。
by isoda-shonan | 2014-02-20 13:24 | コラム | Comments(0)
日本スポーツ界の伝統的マナー
高校野球時代のことを思い出しました。

グランドに入る時と出る時は、グランドに必ず一礼をするのが選手必須のマナーでした。
これは、自分達を「鍛え成長させてくれるのがグランド」と教え込まれていたのです。

高校野球の甲子園でも選手が入退出の時には、必ず脱帽しグランドに一礼するシーンが日常のように見られます。
日本人の修練の場に敬意を払う伝統的マナーが継承されているのです。

ソチのスケートで金メダルを受賞した羽生選手にお祝いの電話をする安倍首相のニュースを見た。

首相は今回の羽生選手の快挙を称賛し祝福した。

最後に「氷に向かって一礼するという佇まいは、さすが日本男子ですね」という言葉をそえて電話を終えた。

日本武道に流れる相手に対する敬意、修練の場を清め畏敬の念を持って礼をするのは、日本の伝統武芸の重要な作法。

若い羽生選手がこの伝統作法をオリンピックの場で、当然のごとく行っているのを首相は誇らしかったのでしょう。
by isoda-shonan | 2014-02-18 14:38 | コラム | Comments(0)
日本は寒くソチは熱い週末でした
2週連続の大雪に見舞われた列島でしたが、ソチでは日本の選手が大活躍した週末でした。

男子フリースケートで羽生選手が日本人選手初の金メダルに輝くと、翌日ラージヒルのジャンプで「レジェンド』葛西選手が銀メダルを獲得、深夜の中、国民は眠気も忘れて大声援を送った。

両選手とも、オリンピックの「国民の期待」という重圧を撥ね退け自らの力を出し切った。
そして優勝のスピーチもアスリートを超えた、人間味にあふれた、爽やかなものでした。

列島を冷蔵庫の中に押し込めた14日の雪は、再び住人に苛酷な雪かき作業を架した。

15日土曜日、朝の9時半、御近所が一斉に外に出てきて雪かきを開始した。
我が町内住人はボランティア精神が旺盛な人が多い、自分の玄関先より道路を優先的に片づける。
今回は、元気な3軒の若者が手伝ってくれた。年寄は先週の雪かきの痛みが残り少々バテ気味で助かった。

重い雪に片持ち型のカーポートが3軒ほど倒壊してしまった。湘南も寒冷地並みの積雪の重みに耐えられるカーポートを選定する必要があります。
雪害は火災保険の特約で保障されます。損害が出たときは写真を撮っておき、保険会社に問い合わせてください


100M程の道は車一台は通れる幅を確保した
e0050231_1537487.jpg


今回の雪は水分が多く重く、助っ人が居たのに12時過ぎ迄まで掛かった
e0050231_15382486.jpg


まるで信州の雪国のような鎌倉の西北部 14日 AM8:15
e0050231_15391723.jpg

by isoda-shonan | 2014-02-17 15:40 | コラム | Comments(0)
ソチ・オリンピック佳境に
日本人選手の活躍で寝不足気味の人も多いようです。

ソチは黒海に面するロシアの保養地で黒海を挟み対岸がトルコのイスタンブールというと分かり易い処です。時差は5時間でソチの19時が日本の深夜0時、夕刻に始まる競技は深夜に報道されるのです。

一昨日のスノーボード、ハーフパイプの中高校生二人の銀、銅メタルの受賞に続き、昨夜ノルディク複合でも渡部暁斗選手が銀メダルに輝いた。

メダルを獲得したアスリート達は、引き締まった体に清々しい顔で、やり尽くした競技に満足していた。
彼らは、アスリートとしてのスキル以上に、精神力に勝るオーラが出ていた。
次のラージヒルも暁斗なら遣ってくれると予感させる顔つきだ。

今夜はいよいよ男子スケートが始まる。優勝候補はロシヤ、カナダ、そして日本の羽生選手の激戦だ。3人の力量は拮抗してるという。

女子で本命視されてる浅田真央選手には、国民の期待を大きく掛けない方がよいと思うようになってきた。
日本人という人種に起因する、生真面目さ、責任感がどんなに平常心を保とうとしても、完璧であるはずの演技を狂わす作用が働く。

4年に一度のオリンピックは、「何かが違った」とジャンプの絶対女王に言わせ、スノーボードの絶対王者の心をも狂わせたのでした。これが、「オリンピックには魔物がいる」と云う所以なのです。
by isoda-shonan | 2014-02-13 15:25 | コラム | Comments(0)
健康・省エネ住宅推進協議会
先月29日、表題の協議会設立を呼び掛けるセミナーが開催された。

セミナーには、主催の「健康・省エネ住宅を推進する国民会議』と共催の国土交通省、林野庁,同名の国会議員連盟を立ち上げた代議士、全国木材組合連合会、断熱建材協議会、住宅供給会社が広く参加した。

頭に『医学的根拠のある』と記された健康住宅と省エネ住宅の普及を図る団体です。

このセミナーでは、慶応大学理工学部教授による、高断熱住宅のモデルハウスでの、健康に与える実験と研究の成果が発表された。

また広島大学医学部教授からは、室温低下に伴う血圧上昇、高齢者の代表的疾患の動脈硬化等の起因と住宅の関係についての講義があった。

結論は『暖かい家は健康にいい』
   『断熱向上による省エネと健康増進』
の2大テーマを国民的合意の形成へ結びつけようと呼びかけているのでした。

これらは、2020年の低炭素住宅の義務化に向けて、産学共同の大きな潮流となっているものと感じました。


水道橋の『すまい・るホール』で開催された『健康。省エネ住宅推進協議会』設立セミナー
e0050231_9352933.jpg

by isoda-shonan | 2014-02-12 09:35 | コラム | Comments(0)
45年振りの大雪
今朝寝床で目覚めの背伸びをすると、腰にズキンと痛みが走った。
昨日の雪かきで腰を痛めたらしい。

土曜日に終日降った雪は45年振りの大雪となり、日曜の朝はご近所総出で雪かきを行った。

北面道路は積もった雪を放置すると凍り付いてどうにもならない。
それを知っているので、雪の止んだ朝は、雪の柔らかい内に雪かきを行うのが町内会の慣習となっている。

東西に走る生活道路はおよそ100M、それでも雪をどけ開通させるのに1時間以上掛かった。
これで子供も年寄りも安全に歩ける。

ご近所と一緒に汗をかき、雪かきが好いコミニケーションの場となりました。


満開の蝋梅も雪化粧
e0050231_11105094.jpg


桜の大木は雪の花が咲く
e0050231_11112086.jpg


餌を求めてムクドリが来た
e0050231_11115651.jpg


ヒヨドリは餌台にミカンが在るのを知っている
e0050231_11122656.jpg

by isoda-shonan | 2014-02-10 11:12 | コラム | Comments(0)
日本列島は冷凍庫に入った

寒い日が続きます。
日差しがあるのに風がものすごく冷たい。
大陸からの強力寒波に日本列島はすっぽりと包まれ、皆、マフラーで顔の半分を包み肩をつぼめて歩いています。

今週末は雪の予報で、立春を過ぎても春はまだまだ遠い先のようだ。

先月末から、シンポジウム、展示会、講演会と立て続けて出席しました。
1月29日は『健康・省エネ住宅を推進する国民会議』、31日は東京ビッグサイトで、HEAT-20、とENEX展を見学し、2020年を見据えた住宅の高断熱化の技術開発の進行を見学してきました。

いずれの会議でも、住宅産業界の目覚ましい発展と、その目的意識の高さにさすがと感銘しました。

次回から斬新な開発や、新しい住宅に対する考え方を特集してみます。
by isoda-shonan | 2014-02-07 12:38 | コラム | Comments(0)
鎌倉西北では梅が咲きました
今日はとても暖かな日となりました。

中国では旧正月を祝う春節に入り、祝いの花火でPM2.5が20倍の値になったという。
中国産PM2.5は、2~3日で日本に到達するので、注意が必要です。

鎌倉西北では、蝋梅が満開を迎え、早咲きの梅も咲き始めました。
黄、紅、白の3色の梅の競演です。

本日は、今年の年男、年女が江の島神社の節分祭に参加し豆まきを行います。
社長を始めとし、邪気を払い運気を呼び込むよう奉納してきます。

暖かさも今日までで、明日からまた厳寒の冬に戻ります

蝋梅は満開を迎える
e0050231_10334245.jpg


紅梅は3分咲き
e0050231_10341319.jpg


早生の白梅も8分咲き
e0050231_10351394.jpg

by isoda-shonan | 2014-02-03 10:40 | コラム | Comments(0)