excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
 さくら咲く
昨日の低気圧の大暴れにも耐え、近所公園のさくらが朝日を受けて満開となりました。

さくらは日本の国花でありその華やかさと清楚さは、つぼみ、開花、満開、散りぎわと短期間に見る人の感性の中で風情を変化させる。

江戸時代の国学者本居宣長は「敷島の 大和心を人問えば 朝日に匂う 山桜花」と詠んでいる。

戦時中軍部により引用されたが、本来は山桜の「美しさ」と「もののあわれさ」「清らかさ」を基本とする武士道が大和心と言っている。

ラグビー日本代表のジャジーには桜のエンブレムが縫い込まれている。
日本の誇りと武士道の精神をジャジーに秘めて選手は戦う。

過って、大学入試の合否は電報で伝えられた。
「サクラサク」は受験生にとっても、両親にとっても最高のお祝いの言葉でした。



近所公園の桜は朝日に輝いている
e0050231_11462685.jpg


今朝は少し遠回りして鎌倉山の桜トンネル通って出勤
e0050231_1147249.jpg


福島県の三春滝桜の苗木が東北復興を願って「希望の桜」として鎌倉山笛田公園に植樹された
e0050231_11481372.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-31 11:48 | コラム | Comments(0)
 ゼロエネルギー住宅完成しました
25日は暖かな陽気に誘われ鎌倉西北でも桜が開花しました。

桜の開花に合わせるように建設中の「ゼロエネルギー住宅」、西浦賀の家が竣工しました。

国土交通省が推進する「ゼロエネ住宅」は、2030年までに日本の標準的住宅として普及される計画です。

住宅の外皮(外壁や窓)の断熱、気密性能を高め、合わせてエアコンや照明器具は省エネ性の高い製品を住宅に組み込み、自家太陽光発電量と生活に必要な一次エネルギーの消費量を概ね”0”とする住宅造りが始まっています。

当社にとって、昨年国交省にエネルギー削減率125%の家で応募し採択された「ゼロエネ住宅」の第一号がこの西浦賀の家です。

西浦賀の家には家庭用蓄電池はまだまだ高価なので設置されてません。

しかし、太陽光の自家発電を家庭で誰でも蓄電出来るようになれば、夜間に自家電力として使用可能となり、東電にお世話にならなくても良い時代がやってきます。

蓄電池の開発と住宅の高性能化は、エネルギーとCO2の削減を同時に実現させるのです。



高断熱の外断熱工法、神奈川の木材を使用した長期優良住宅に5.76Kwの太陽光発電を搭載した認定ゼロエネ住宅
e0050231_13194364.jpg


リビング 木部を現しにした折り上げ天井 西側窓は全てLou-e遮熱複層ガラス
e0050231_13225034.jpg


リビングに連なる真壁工法の和室6帖
e0050231_13232698.jpg


インターホンと一体化したエネルギーモニター、発電量と消費電力が見える
e0050231_13242486.jpg


二階踊り場のファミリールーム8帖には造りつけ本棚設置、右は小屋裏への階段
e0050231_13251851.jpg


約14㎡の小屋裏物入れには明り取りも
e0050231_13254741.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-26 13:26 | ソーラーサーキット | Comments(0)
3月探鳥会はAクラスの鳥ばかり
今月23日の日曜日、藤沢の立石でチョウゲンボウとクイナ、キジを、境川遊水池でオオジュリン、タシギ、カワセミ、柏尾川の金井遊水池では珍鳥アリスイとハッカチョウを探鳥しました。

医学博士であり昆虫博士とも云われる養老孟司さんは「自然を観察することで感性は磨かれる」と言っています。

探鳥会に入り、野鳥や草花の自然界の営みを知ることは、まさに養老先生の言葉どうりです。

野鳥は普段家の周りで観察できる鳥と、めったにお目に掛かれない鳥と、神奈川県内で観察できる鳥を私の中でランク分けしています

Sクラス  サンコウチョウ、オオルリ、タゲリ、ヤマセミ、アリスイ
Aクラス  カワセミ、クイナ、タシギ、カケス、トラツグミ
Bクラス  ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、コゲラ、カルガモ
Cクラス  トビ、ヒヨドリ、スズメ、キジバト、ハシブトカラス、ハシボソカラス
となります。

今月は3ケ所を廻り、Sクラスのアリスイ、Aクラスのカワセミ、クイナ、タシギ、とAクラス以上を4種も、そして観察した全野鳥は42種に達する大当たりの日となりました。

県立境川遊水公園のベンチで、春の日差しを浴びながらのオムスビも、近くの水場にきたカワセミが、人をウオッチングする長閑な時を過ごしてきました。

そこには探鳥に来なければ感じられない喜びと感動がありました。


カワセミは岸部の宝石と云われ、羽色はAランクの美しさ(境川遊水地)
e0050231_1344926.jpg


近くに来て、人間を観察するカワセミ(境川遊水地広場)
e0050231_13451889.jpg


此処で生まれたバンの幼鳥はのんびりと餌さがし(境川遊水地)
e0050231_1347614.jpg


ハッカチョウは群れで行動してる(金井遊水池)
e0050231_134818100.jpg


この日最大目的のアリスイは、今季最後の姿を見せ皆を感動させた(金井遊水池)
e0050231_14175599.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-24 13:50 | コラム | Comments(0)
 谷戸のウグイス春一番を呼ぶ
春一番も吹いて鎌倉西北の谷戸に、本格的春を謳歌するウグイスの声が冴え渡る。
今年のウグイスの初鳴きは3月15日、あの美しい声を聴くと早朝散歩の足も軽くなる。
ウグイスの初鳴きは生物季節観測指針に基づき専門観測員が調査し気象庁に報告してる。

鎌倉の西北関谷には里山の風情が残っている。
周辺には、小高い緑に囲まれた谷戸が多くある。

ウグイスは縄張りの強い鳥、声を聴く場所はだいたい決まっている。
こちらの谷戸から向こうの谷戸と、ウグイスを訪ね、春の草花を見つけながら早朝散歩を楽しめます。

鎌倉西北の旧家や自然が色濃く残る長閑な春の里山をご案内します。


花モクレンも開花寸前
e0050231_1135621.jpg


つくしんぼが顔を出す
e0050231_1135403.jpg


里山の旧農道、山腹の山王様が見守る
e0050231_11361841.jpg


林の中でコジュケイに出会う
e0050231_11364495.jpg


早咲き桜は満開
e0050231_11371640.jpg


ほとけの座もウグイスに応える
e0050231_11374599.jpg


畑の脇の菜の花
e0050231_11381432.jpg


農家の入り口の街道
e0050231_11384678.jpg


自然の残る桐ヶ谷戸池
e0050231_11392185.jpg


旧家の生垣の道を通う学童を紅梅が見送る
e0050231_1140245.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-19 11:41 | コラム | Comments(0)
  玉縄地区「わくわく体験あそび場」開催


玉縄地区社会福祉協議会主催の子供育成プログラム「わくわく体験あそび場」が15日関谷小学校で開催された。

毎年地区社協からは、木工教室の教材用に木材の提供を要請されている。
数か月前から、現場の端切れ材を大量に集め提供しました。

昔からの懐かしい遊びや体験が得られる一日ですが、今年は「関谷川をきれいにする会」も竹細工のコーナーを設け、竹とんぼ、竹行燈、虫かご造りを指導、親子共同の作業で見事な作品を完成させていました。

このような物造りを体験し、将来大工さんになりたい子がたくさん出ることを願っています。


関谷小学校入口の「わくわく」の看板とパソコン台を完成しました
e0050231_1661970.jpg


花台(?)出来たー
e0050231_1671442.jpg


大勢の参加者
e0050231_1674634.jpg


関谷川をきれいにする会の竹細工コーーナー
e0050231_16966.jpg


虫かご造り
e0050231_1693223.jpg



作品を誇らしげに抱える子
e0050231_1610697.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-17 16:12 | コラム | Comments(0)
  太陽と海と汐の香りを楽しむ家
七里ヶ浜2丁目は海岸線の高台にある風光明媚な住宅地。
海抜は35Mで津波の心配もなく、湘南の風景に相応しい瀟洒な住宅が建ち並びます。

晴れた日は陽光がさんさんと輝き、波頭がキラキラと光る相模湾を望める。

此処に、まさに太陽と海と汐の香りを楽しむ七里ヶ浜の家が完成しました。

この土地柄で外断熱工法の家は、天気の良い日は暖房がいらないほど、夏は窓を少し開け涼風だけで過ごせます。出来るだけ冷暖房に頼り切らない省エネで健康的な住宅の実現です。

一階に個室4室を、見晴しの良い2階にドーンと20帖のリビング・ダイニングを設け、自然素材に包まれた大空間は解放感と個性溢れる住まいとなりました。



外壁に防火認定品の天然木を使用した個性的な外観、外壁通気も確保されている。
(鎌倉市は防火地区でなくても外壁だけは防火認定品とする『22条指定区域』が適用されます)
e0050231_13511735.jpg


一階ホールの廊下は天然木フローリング、壁、天井は珪藻土フラット仕上げ、一見して木造りの家を感じる
e0050231_13521558.jpg


一階和室は柱を見せた真壁工法、縁無し半畳で市松に、障子取付
e0050231_13524830.jpg


2階に上がると目に飛び込んでくるのが屋根まで吹き抜けの大空間、構造用の梁が現しになるイソダの特徴ある設計、移動階段は3階ルーフバルコニーに上がるもの
e0050231_13535922.jpg


リビングキッチンは対面式 床は檜無垢木地仕上げ、壁、天井は珪藻土と自然素材に包まれる明るい空間だ、奥の上部はロフト
e0050231_1355668.jpg


奥様が選定したツタをあしらったエキゾチックな照明
e0050231_13563484.jpg



天井高1。4Mの小屋裏収納はリビングから直接上がれる、床杉の木地仕上げ、お子さんの隠れ部屋になりそう
e0050231_1358355.jpg



2階南面に大きく設けたセランカンバツのウッドデッキバルコニーは花火大会の特等席にも
e0050231_140832.jpg


3階部分にあたるルーフバルコニーは、サーフィンを趣味とされるご主人の汐見場所、遠く三浦半島まで海を見渡せる
e0050231_141247.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-14 14:01 | ソーラーサーキット | Comments(0)
 3.11 3周年 
毎年この時期になると東北大震災の復興の歩みと被災者の生活など、テレビで特集されています。
一番肝心の被災者の救済が遅れ、避難所生活の長引くのが歯がゆく、もどかしいかぎりです。
復興住宅の建設は、宮城県、福島県が約2.7%、岩手県が7.7%と大幅に遅れている。

このブログの2011年3月を開くと、同時の混乱と自粛生活が呼び戻ります。

スーパーの棚から商品が消えたこと。
ガソリンスタンドが閉鎖され、何時販売なるか係員も分からない。
計画停電は、生活も経済も人の心も停滞させたこと。
災害時はデジタルよりアナログ機器が強いと解ったこと。
華美を慎み自粛を国民が自発的に行ったこと。
そして、家族を失った東北人の深い悲しみと芯の強い生きる力を。

早朝散歩では山王様に、一日も早い復興を祈るのみです。

家には自己防衛で、飲料水、電池、携帯ラジオ、懐中電灯を常備するようになった。

福島原発は地震には耐えられたのか、想定外の大津波が原因なのか原因は未だに解明されてない。
原発を推進してきた大手企業も早々と原発産業から撤退していった。
原発の是非は、都知事選で原発反対派と推進派の論議が戦わされたぐらいだ。

3年経っても、復興の着地点と日本のエネルギー政策のロードマップは混とんとしたままだ。
by isoda-shonan | 2014-03-11 10:32 | コラム | Comments(0)
鎌倉西北関谷川の清掃活動
3月の関谷川定例清掃活動が行われました。

先日の大雪で山裾の篠竹が関谷川に倒れ込み、流れを阻害してる。
倒れた竹を切り集め束にし、市役所の回収車が取りにくる場所に置く。
単純作業のようだが翌日腕に痛みが残る。



会員と近隣住民での二時間程の作業も、皆若いと思っているが、そせぞれに年をとったようだ。
作業の後のジュースと甘いものが美味しく感じてしまう。

関谷川も不法投棄による大型ごみは無くなってきた。
ビニール袋や空き缶なども少なくなっている。
カルガモ、キセキレイ、コサギが遊び、時々カワセミも観察するようになった。

水が浄化され、いつの日かホタルの飛び交う川を皆で願っている。


関谷川をきれいにする会が管理する『よへい谷戸』に清掃活動の呼びかけ看板掲示
e0050231_10564546.jpg


岸の篠竹の伐採と回収
e0050231_10572453.jpg


流域旧家の枝垂れ梅が関谷川の風情を高める
e0050231_1058228.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-10 10:58 | コラム | Comments(0)
 暖かい家は健康に良い

最近住宅トップランナーの名称は、『スマートウェルネス住宅』と言う名で実現と普及が計画されるようになりました。

国土交通省は住宅政策として、「長期優良住宅」、「低炭素住宅」、「ゼロエネルギー住宅」と日本の住宅の方向性を示してきました。
これらの政策は、逼迫する電力事情と二酸化炭素の低減を図る省エネルギー住宅(スマートハウス)として開発が進められてきたのです。
スマートハウスは省エネを推進することを第一義とした住宅です。

高気密高断熱住宅の暖かい家に住む人を調査をしたところ、病気に罹りにくい、室内歩行歩数が増える、血圧が低下する等の健康指数の高い医学的データーが研究者により集められました。

そこで新しい住宅概念として、スマートハウスを超える、『健康』と『超省エネ』を両立させる住宅、『スマートウェルネス住宅』=(SWH)が国交省等の主導による新しい住宅プロジェクトとして誕生したのです。

3月5日、東京ビッグサイトでの建築・建材展2014でも『SWHの実現に向けて』としたセミナーが「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」により開かれ、多数の聴衆が参加しました。

今後も、産学共同の研究と普及活動が行われる予定で、当社も「健康・省エネ住宅を推進する国民会議神奈川協議会」設立に向けて協力していく予定です。
by isoda-shonan | 2014-03-07 15:22 | コラム | Comments(0)
湘南春の風物詩ワカメ干し始まる

湘南に春の到来を知らせるワカメ干しが始まった。

砂浜にロープで棚を張り、洗濯ばさみで吊り下げ天日干しの風景が広がる。

現在は養殖のワカメの収穫時期で、天然ものはその年のワカメの成長を見て漁業組合が解禁日を決定している。
毎年3月下旬から4月にかけて解禁日が決定、その日を地元では、「ワカメの口があいた」と言って本格的な春が湘南に来た季語のように使われた。

天然ワカメは岩場にガッチリと根を張り波に流されないよう、茎もしっかりしてる。
天然ものは、しっかりした歯ごたえと磯の風味がある。

養殖ワカメは、静かな海の中でロープから吊り下がりゆっくりと育ち柔らかな食感がある。
好みはそれぞれで、両方とも湘南名物として人気がある。

もう一方の名物シラス漁は一月から禁漁になっていたが、今月11日から解禁となる。

シラスは何と言っても生シラス。
おおばにショウガを添え生シラスをのせ、旭のポンズを垂らす。
春一番の旬が口いっぱいに広がる。

腰越実家自慢のシラス料理は玉ねぎ、人参を混ぜた生しらすの天ぷら。
かりっと揚げずにソフトに柔らかく仕上げる。なつかしいお袋の味が伝承されている。


腰越海岸のワカメ干し
e0050231_114059100.jpg


みどりが鮮やかに風にゆれる
e0050231_11412855.jpg

by isoda-shonan | 2014-03-04 11:41 | コラム | Comments(0)