excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
『病気と住まいの深い関係』
「ソーラサーキットの家」主催の講演会に出席した。

講師は「ソーラーサーキット」で新築し、現在夫妻と子供合わせて11人の大家族で快適に暮らす、医学博士 脳神経外科医の深谷 賢司先生。
年間約230症例を執刀する脳神経外科のエキスパートだ。

近年住宅の断熱性能と住む人の健康には深い関連性があることが解り、政府も高断熱化リフォームに補助金を出し、この方面より医療費の削減を計る政策を展開してる。

講師の深谷先生は勤務先の病院の新棟が、スウエーデン方式の外断熱工法、高断熱・高気密仕様で建てられ、その温熱環境の素晴らしさを体験する。
旧病棟は一般工法で施工されていて、冬寒くまた夏は暑苦しい環境も知っていた。
近い内に旧病棟は外断熱工法で建て替える予定になっているそうだ。

その経験から9年前に自宅を外断熱工法の「ソーラーサーキット」で建てた。
9人の子供達は冬でも素足で部屋中を走り回っている。

断熱性能は人の健康に重大な関連がある・・・と。
家庭内事故(浴室でのヒートショックによる脳卒中や心筋梗塞)で亡くなる人は年間17,000人に上り、交通事故死者を上回っている。

北海道は厳寒の地、しかしヒートショックで亡くなる人は少ない。
これは寒冷地として断熱性能や気密性能を極限まで高め、暖房も効かせて生活してるから。
真冬でも家の中では半袖で活動的に過ごしてる。

外断熱の家は室内温度差も少なくカビも生えない。
家の中のカビがウツの原因とする論文も学会で発表されている。

外断熱のソーラーサーキットの家が初期投資として、一般住宅より200万円高くても、老後に温熱環境の悪い家で病気になり、入院したり要介護を受ければ、その費用は初期投資の200万円を軽く超えてしまう。

35歳前後で新築する人も、30年後は65歳になる。
年老いても住み易い、ヒートショックのない家を建てておくほうが、どれだけ得になるか問い掛ける。

講師は医学知識を基に、『病気に成りにくい家」を実生活の体験から、分かり易く講演されました。

日本の高寿命化と高齢者医療費の削減にも高断熱、高気密住宅は必然と感じました。
by isoda-shonan | 2014-11-28 15:26 | ソーラーサーキット | Comments(0)
   鎌倉の紅葉は今が盛り

昨日までの肌寒い雨が一転し、小春日和の暖かな日となりました。

箱根はとうに紅葉の盛りは過ぎてしまったが、鎌倉は今が盛り。

早朝散歩のコースもモミジやカエデが色付き始めた。

昼食の帰りに小動神社に寄ると、参道脇の大銀杏が黄金色に色づいている。

小動岬の見晴らし台からは、この日の暖かさで江の島はカスミが懸かって見える。

海も凪でヨットはノンビリと浮かんでるだけだ。

ベンチに腰掛け海を見てると眠気をもよおす。
今日のお天気は、冬が来る前の、湘南らしい晩秋のひと時でした。


鎌倉西北の紅葉
e0050231_14514172.jpg

e0050231_14521749.jpg


小動神社の大銀杏
e0050231_14524199.jpg


見晴らし台からの江の島、トビがピーヒュルルと岬に当たる上昇気流を楽しんでいる
e0050231_14531528.jpg

by isoda-shonan | 2014-11-27 14:53 | コラム | Comments(0)
 玉縄谷戸池に冬の渡り鳥到着
大船観音の西、玉縄交番を右折した奥に玉縄谷戸池がある。

谷戸池は元々は灌漑用で、一時は汚水が流れ込む汚れた池だった。
近年、周辺住民の浄化と保全の手が入り、野鳥の訪れる池となった。

春には池を取り囲む桜の名所にもなっている。

ここに厳寒のシベリヤ方面から越冬にやって来た野鳥を観察することができる。

晴れた休日の早朝訪れると、キンクロハジロ、ヒドリガモ、マガモが朝日を浴びてのんびり。その数およそ30羽。
周りの桜には、シジュウカラ、コゲラ、ハクセキレイも来てる。

木陰を避けた日の当たる水面での羽色は美しく、双眼鏡の中のマガモの顔は金緑や金紫に変化する。
ヒドリカモのモヒカン刈りも黄金色に、順光の中での野鳥は一段と美しく輝く。

キンクロハジロは冠羽をふりふり、人の方に近寄ってくる。



マガモのツガイ、朝日に当たると羽色が輝く
e0050231_13104674.jpg



人懐っこいキンクロハジロの目が可愛いい
e0050231_1312012.jpg


ヒドリガモのメスもこんなに美しい
e0050231_13123366.jpg


モヒカン刈りのヒドリガモ、オス
e0050231_1313119.jpg


谷戸池には30羽のカモが住み着いている
e0050231_10563055.jpg

by isoda-shonan | 2014-11-26 13:10 | コラム | Comments(0)
本社ビル メンテ中

腰越の当社本社ビルは外壁コーキング材の打ち直しのため、全面に足場が架かりシートで覆われております。

本社は平成3年2月に竣工し、今年築23年になる。

鉄骨3階建で外壁は当時開発された、ガラス繊維でタイル状に成型した材料が使用されている。
鏡面仕上げになっているので、汚れが付きにくく塗り替えは行っていない。

しかし、反面、突きつけの部分はコーキン材でシールされていて定期的なメンテナンスが必要。
23年の風雨によく耐えたが、劣化が激しく一部雨漏りもしてきたので今回の大補修となった。

目地のコーキング材は丁寧に全部取り外す。
作業を見てたが、ナイフとペンチを用いて引っ張り出し、そしてカスも取り除く。
5人の作業員で10日ほど掛かっている難儀な作業。

何の工事でも、メンテナンス・フリーはあり得ない。
屋上と手すり笠木の防水も今回全面的に補修する事になっているので、足場が取れるのは12月に入ってから。

お客様には入口が狭く、何かとご不便をお掛けしてますが何とぞご協力お願いします。


全面にシートが架かった本社ビル
e0050231_8572871.jpg


タイル目地のコーキング材の打ち直し
e0050231_85848.jpg


サッシの取り合い部分も劣化打ち直す
e0050231_8583958.jpg

by isoda-shonan | 2014-11-22 08:59 | コラム | Comments(0)
  皇帝ダリアが咲き誇る道
絢爛に 皇帝ダリア 天高く ・・・・・!


早朝散歩の道沿いに、皇帝ダリアを植えてる家が増えている。

今が盛りで、3m程の茎を天高く伸ばし、瀟洒な花を道行く人に,その気高さをアッピールする。

3年ぐらい前からご近所の庭に見掛ける様になり、それが広がりを見せている。

誰が付けたのか皇帝の名。
女性の皇帝と思わせる絢爛豪華な花。

晩秋の青空に、一時の安らぎを奏でてる。

e0050231_10303641.jpg

by isoda-shonan | 2014-11-19 10:31 | コラム | Comments(0)
 コエンザエムQ10の効果

当社の推奨する『ソーラーサーキットの家』(SCの家)はカネカのグループ会社。
SCの家は、カネカ製の断熱材、樹脂サッシ、換気設備が指定部材となっている。

カネカは住宅建材の外に、化学繊維、医療分野にも製品を製造してる総合化学会社。

そんな訳で『SCの家』関係者から、カネカが製造する「還元型コエンザエムQ10」を紹介され、飲み始めて一か月が過ぎた。

サプリメントの服用は初めてで、体内のエネルギ―生産に係る成分が加齢とともに減少するのを補う・・・。平たく言えば臓器の免疫力と活動力を高めるのだ。

若い頃の喫煙が原因で肺気腫のステージ1と診断され、特に坂道、階段の上りに心臓の圧迫が気になっていた。

もともとコエンザエムQ10は心臓治療薬として開発された経緯があり、アンチエイジング(抗老化)にも、心臓と肺の機能低下の予防にも効果があるとされる。

自宅はゆったりとした500mもの長い登り坂の頂上。
若い頃は坂道とは思いもしなかったのだが、最近は途中で心臓の鼓動を休めていた。

それが、実際の感覚だが、途中で休む程の胸の痛みを感じなくなってきた。

野山の探鳥会でのトレッキングも、アップダウンのゴルフ場も、当分のあいだ挑戦できそうな体力が戻ってきた。
by isoda-shonan | 2014-11-14 10:50 | ソーラーサーキット | Comments(0)
少子化対策と保育園の役割
少子化対策は、若い母親が安心して子育て出来る環境を整えるのが先決。

現代は専業主婦の時代が終わり、夫婦共働きが普通となり、女性の社会進出と登用を政府も推し進めている。

そこで保育園の待機児童を減らすためにも、保育園の増設が叫ばれている。

ところが此処にきて、保育園の建設に周辺住民が反対してると言う。
理由は園児の声がうるさい、騒音だと各所でクレームが多発してるらしい。

子は国の宝物、元気に騒ぐのは当たり前。
近くに保育園が無いから子は産めないでは少子化は解決できない。

前回このブログで防音工事をとりあげた。
現代の建築では、省エネ性の観点から防音性能や気密性能の高い建物は当たり前になっている。
園児が騒いでも近所に迷惑を掛けない、防音性能の高い保育園にすればいい。

防音性能の劣る既存保育園は、リフォームで窓を防音サッシに交換する。
併せて、周辺住民にも住宅の窓の気密化を促進するよう働きかける。

費用は基地周辺の防音工事と同じに国が補助したらどうだろう。

若い母親が安心して子を預け、仕事に付ける環境が、少子化を防ぐ。


近くの小学校のグランドを借りて運動会を盛大に開催する保育園が増えている
チビッコ運動会は祖父母の心を温め、歓声は喜びの声。
e0050231_1035369.jpg

e0050231_1036448.jpg

by isoda-shonan | 2014-11-10 10:37 | コラム | Comments(0)
  防音工事と気密断熱工事は同じこと
厚木基地周辺住民の騒音障害軽減の為に、防衛省は基地周辺住宅の防音工事を促進してる。
当社リフォーム事業部も防音工事の施工を数件請け負っている。

W値と云う「うるささ指数」を測定し、各々のレベルにより、防音工事の設計仕様を防衛省が決めています。

騒音のうるささ指数が小さい地区は防音サッシへの交換とエアコンの取り付けで済ます仕様になっている。

騒音の大きい処は、防音サッシへの交換と、他に外壁と天井に高性能の防音マットや防音ボードを敷きこむ仕様になっていて、これは、かなり大掛かりな工事となります。

防音工事が済むと、騒音が軽減されると同時に断熱性能も上がり暖かい家となります。
エアコンの使用時間もぐっと少なく済みます。

騒音を聞こえなくする防音工事、実は気密と断熱性能を高める工事なのです。

既存住宅の高断熱化工事で一番効果の大きいのは、窓の内側にもう一枚インナーサッシを取り付けることです。(一般的には二重サッシと言ってます)

これで、気密性が高まり、外部の冷たい空気の浸入を防ぎますし、室内の暖まった空気を逃がしません。

これで今までより暖かい家になれますが、同時に外の騒音も軽減され、夜はゆっくりと休めます。

当社のソーラーサーキット(SC)の家の平均気密値(C値)は0.5cm/㎡という高気密住宅。。 
そこでパンフレットには、『ぐっすり眠れるそんな家』がキャッチフレーズになっています。
by isoda-shonan | 2014-11-08 09:44 | コラム | Comments(0)
寝違いに効くストレッチ
酷い寝違いに襲われ苦しんでいる。
首が後ろに回らない。車をバックさせる時は最悪だ。

テレビを見ながら寝てしまったのが原因のようで、行きつけの接骨院でマッサージと電気治療を7日ほど受けたが一向に改善されない。
とうとう針の施術も受けたが、これもダメで2週間が過ぎた。

若い時は2~3日で治った首の痛みがこれほど続くとは、自分の加齢に体が就いてこれないのか?

手足が攣った時に即効で効く漢方薬、芍薬甘草湯は筋肉の緊張や痙攣を和らげる薬。
野山の長い歩行の常備薬として処方してもらっている。しかしこれも効かない。

なにか方法が無いかと『寝違いの治し方』で検索すると、ストレッチで治すやり方が出ていた。
しかも首の痛みは腋の下の圧迫から派生してると言っている。
そうだ、テレビを見ながら、左腋を下にして横寝したからだ。

早速このストレッチで腋下と肩を伸ばすと傷みが和らぐ。

そろそろ治るに時期に近づいたのか、このストレッチが効いたのか、傷みは半減した。
by isoda-shonan | 2014-11-06 15:40 | コラム | Comments(0)
  日本の物づくりは世界の一級品
4日のニュースで、英国の「ワールド・ウイスキー・バイブル2015」は、サントリーウイスキー「山崎」を世界最高ウイスキーに選出した。

現在NHK朝ドラで、ニッカウイスキー創業者竹鶴政考をモデルにした「マッサン」が放映されている。
スコッチ・ウイスキー本場のスコットランドに単身留学し、ウイスキー造りと嫁さんを手に入れて帰国。
ドラマは気骨者のマッサンが、外人嫁さんの協力のもと、孤軍奮闘して国産初のウイスキーの開発に苦悩してるところだ。たいへん面白い朝ドラになっている。

竹鶴はサントリー創業者(当時は寿屋)の鳥井信治郎に請われ、1924年末、京都山崎の地にウイスキー工場を竣工させている。
ニッカウイスキーを起こす前は寿屋の山崎工場長だったのでした。
それから92年、日本のウイスキーはとうとう世界一の称号を勝ち得た。

米もリンゴも世界の富裕層は日本産に厚い信頼を寄せている。
サハリンでは中国や韓国産リンゴの3倍もする日本産リンゴが、圧倒的に人気がある。

日本の新幹線は、いま世界に向けて、日本の技術と安全性を官民一体で売り込みを賭けている。

医学でも、脳外科や心臓外科のカテーテルを用いた手術は世界最先端を行っている。
電気自動車のバッテリーもしかりだ。

東南アジアでノーベル賞受賞者の多さも日本が特出してる。

サントリー『山崎』の世界最高賞の栄誉は、竹鶴政孝に始まる日本の技術(mado in Japan)の結晶だ。

NHKの朝ドラ、マッサンはこれから増々面白くなる。
by isoda-shonan | 2014-11-04 15:05 | コラム | Comments(0)