excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
 今年一年のお引き立てありがとうございます
 イソダは今日仕事納めです。

机の廻りを片づけ全員で大掃除を行い、昼過ぎからの納会で今年を締めます。

日めくりカレンダーの標語は、『掃除は繁盛のもと』と表示されている。
その通りと思い、打ち合わせコーナーの床は念入りに掃除機をかけた。

12月30日から1月6日までを年末年始の休暇とさせて戴きます。

来年は創業90年の節目の年です。
社員一同、「イソダに頼んで良かった」と言われる建設会社をめざします。
地域での評判やお客様の声がその会社の存続を決定する。

省エネ性の高い、健康的な家。
本質は住み心地に在ると、外断熱ソーラーサーキットの家に尽力します。

来年も変わりませぬお引き立て宜しくお願い申し上げます。
by isoda-shonan | 2014-12-29 12:49 | コラム | Comments(0)
  今年の年末を飾る大ヒット曲
2歳半になる孫娘の大好きなのが「アナと雪の女王」。
♪ありのーままでー・・・と口づさんでいる。

そして、ありのままはアナと雪と女王の歌なの…と私に教えてくれた。

孫娘の好きなこの曲がかかると聞き入ってしまう。
なるほど、大ヒットしても可笑しくない心に響くものを感じる。

もう一つ、年末にかけてユウセンのリクエストやCDの売り上げを急激に伸ばしているのが「the water is wide」(広い河の岸部)、歌うのはクミコさん。

340年前のスコットランド民謡で、NHKの「花子とアン」と「マッサン」で主人公が歌った優しいゆったりとした曲。
なにか遠い哀愁を感じさせ、これも心に響く。

目の前に立ちはだかる困難を乗り越える『希望の曲』で、特に中高年層に人気があると云う。

アナと雪の女王「let it go」は紅白で特集されるが、「広い河の岸部」もNHKのサプライズで誰かに歌わせて欲しい。

こうゆう企画がマンネリ化した紅白の流れを断ち切るのだが、思い切って出来るでしょか?
by isoda-shonan | 2014-12-25 15:20 | コラム | Comments(0)
 エネルギー政策のロードマップを
太陽光発電による電力買取制度を中断するというニュースが突然流れた。

福島原発の事故以来、太陽光発電は代替エネルギーとして大いに期待されていたのに。

よく読むと、10KW未満の家庭用発電は買い取り継続で、大規模(メガ・ソーラー)の太陽光発電の買い取りを中断するという。

東京電力、中部電力は10KW以上の大規模発電も従来どうりで、北海道、東北、四国、九州、沖縄電力5社がメガ・ソーラーからの買い取りを中断する。

ドイツでは既に電力会社の体力低下を理由に太陽光発電の買い取り制度は中断されていて、日本でも遅かれ早かれそうなるのかと懸念していた。

しかしながら、再生可能なクリーン・エネルギーとして市場形成を後押しされた太陽光発電業界には大きな痛手となる。

電力自由化の先鋒としてメガ・ソーラーに投資した会社は掛けた梯子を急に外された格好になった。

政府の日本エネルギー政策のロードマップは未発表のままだ。

原子力を再稼働させる手段としての地域住民の賛同が得られるのか?
それとも数10年のタームで完全廃止に向かうのか?

火力発電による地球温暖化、円安によるコスト高の対応として、最新の既設原子炉のみ再稼働させる現実論で進むのか?

地熱、水力、風力、太陽光の再生可能エネルギーの発電量をどこまで伸ばすのか?
もうそろそろ、方向性をはっきりさせてもいいだろう

住宅はゼロエネルギー住宅に、自動車は電気や水素に、脱化石燃料へと業界を挙げて舵を切っている。

今年日本中で起きた自然災害は地球温暖化による異常気象が原因とされる。
エネルギーの創造を何に求めるのか

政府にはエネルギー政策の具体的工程表を掲げてもらいたい。
by isoda-shonan | 2014-12-24 15:18 | コラム | Comments(0)
   19年一度の朔旦冬至
今日は冬至、日照時間の一番短い日です。

昔は一年の切り替わる日とされていた。
中でも今日は「朔旦冬至」といって19年に一度の新月と太陽が調和する、とても御目出度い日のようです。

日本の生活様式に定着する節気は、季節の移り変わりの中で細やかな行事や祝い事をしてきました。
我が家でも今日は柚子風呂に入り、健康で居られることを感謝します。

昨日相模原の沈殿池に行き探鳥会をしてきた。
腰を痛め休会してた元会長さんが復帰し、元気な姿を見て、皆で祝福する探鳥会でした。

カイツブリはハジロカイツブリ、カンムリカイツブリと3種を観察、カモ類もエクリプスが終わり綺麗な冬羽に変り、観察の目を楽しませてくれた。

5月に購入した42Xの小型ハンディーカメラが威力を発揮、腕前も上がってきた(?)ようで、水鳥の美しい羽色が撮影できた。


カンムリカイツブリが近くに寄ってきた
e0050231_11394345.jpg


今年初見のハジロカイツブリはすぐ潜ってしまう
e0050231_11412071.jpg


地味ながら胸の羽紋が美しいオカヨシガモ
e0050231_11415942.jpg


オカヨシガモ メス
e0050231_1142375.jpg


カワウのディスプレイ
e0050231_11431727.jpg


オナガガモは群れで来ている
e0050231_11435698.jpg


冬羽が美しいコガモ
e0050231_1146196.jpg

by isoda-shonan | 2014-12-22 11:40 | コラム | Comments(0)
 東京都庭園美術館の研修見学会
鎌倉商工会議所建設部会の研修見学会に参加し、皇居、目黒雅叙園、東京都庭園美術館を見て廻った。

なかでも東京都庭園美術館は今年11月にリニューアルが終わったばかり、いい機会だった。

1925年頃、一世を風びしたアール・デコ様式はパリ在住の朝香宮夫妻を魅了し、帰朝後朝香宮本邸として具現化された。
日本ではアール・デコ建築の代表的建築物として高く評価されている。

宮内省内匠寮の建築技師多数がこの建物の造営に関わっている。
またフランスの装飾家アンリ・ラパンやガラス工芸家のルネ・ラリックも協力,建築物の造形的美しさだけでなく、空間に合わせてデザインされた内装や家具、装飾が奥深い。

名前が東京都庭園美術館となっているが、その意味は広い庭の中に佇む美術館(朝香宮邸)のことだった。

当日は彫刻家、内藤礼の作品展が新館ギャラリーで開催されていた。


旧朝香邸外観
e0050231_10554529.jpg


外壁換気口のガラリもアール・デコだ
e0050231_10562437.jpg


玄関正面のルネ・ラリック制作ガラスレリーフ扉
e0050231_10565861.jpg


暖炉のグリルも統一されたデザイン
e0050231_10583138.jpg


ラジエーターカバーは魚がモチーフ
e0050231_110449.jpg


内藤玲の作品がさりげなく窓枠に飾られ1人静かに外を見ている
e0050231_1111184.jpg

by isoda-shonan | 2014-12-17 11:05 | コラム | Comments(0)
勝って兜の緒を締めよ
衆議院選挙は自公連立与党の圧勝に終わった。

自民党のホープ小泉進次郎氏は選挙前に、「今回の選挙の大義が判らない」と心境を吐露してた。
「景気観や市民の感情からは冷えたものを感じる」と、素直に発言している。

この年末に631億円とされる選挙費用を使い断行された総選挙、狙いは何処に在るのか?

結果は与党の圧勝をどの新聞も予想した通りで2/3の議席を確保する安定政権に。
アベノミクスは国民の信任を得たのだから思い通りやるぞ・・・。だけでは困る。

確かに暗黒の民主党時代を脱出し景気は上昇、輸出関連企業は軒並み利益を拡大し従業員の給料も上がった功績は大きい。

景気は一気に好転のギヤに変わり始めたが、消費税増税後はブレーキがかかり始めた。

さてこれからがアベノミクスの正念場、「勝って兜の緒を締めて」有効な三本目の矢を放つことが期待される。

金融緩和による行き過ぎた円安に消費者は困っている。牛肉を始めとして輸入品が軒並み値上げされてる。

金融政策は輸出企業と輸入関連企業の攻めぎ合いだが、『適切な円相場』を取り戻し、安心した消費生活を望みたいのも国民の声だ。
by isoda-shonan | 2014-12-15 12:00 | コラム | Comments(0)
 イソダ創業90周年
イソダは今月21日に創業90周年を迎えます。

初代磯田五郎左衛門は大正13年12月(1924年)、当地腰越に於いて磯田工務店を創業しました。

大工棟梁として、腰越や片瀬の職人を集め、磯五会と云う協力会を組織してます。
昔から腰越と片瀬には職人が多く住み、現在のイソダ協力会の中心的職方が地元の業者でした。

そんな中心的業者のガラス建材会社より90周年を祝う花が届き、本社一階のエントランスに飾られた。

木製窓がアルミサッシに変わる頃からのお付き合いで、同社の創業も63年となる。
同社初代との交わりは深く、故五郎左衛門からは、磯五会親睦会での和気藹々を聞かされている。

五郎左衛門は「お天道様は見ている」が座右の銘で、職人は誰も見てない処でも誠実な仕事をしろと指導した。
そこから「磯田工務店は堅い仕事をする」との評判が生まれてる。

それが現在の「評判を大切にする」とした社風に残り、お客様の紹介やイソダ施主からのリフォーム再受注の多さに繫がっております。

来年1月6日に市内のホテルで、新春の集いを兼ねて「イソダ創業90年祭」を開催する予定だ。

ここまで永きに亘って協力してくれた、大工職方、協力会職方、取引先皆様に感謝し、これからの更なる結束を誓いたいと思っています。


90周年を記念し社員に配布した記念社章
e0050231_1304849.jpg



協力会ガラス建材店から贈られた胡蝶蘭、右は五郎左衛門手造りの墨つぼ
e0050231_1312795.jpg



本社の外部補修工事が終わり足場も取れ、90周年を告知する懸垂幕が架けられた
e0050231_1322492.jpg

by isoda-shonan | 2014-12-08 14:24 | コラム | Comments(0)
相模原沈殿池の冬鳥
先週末、県立相模原公園横の沈殿池に冬鳥が集まっていると仲間からの情報で探鳥に行ってきた。

到着時には、公園入口のメタセコイヤが一瞬の日差しの中で輝いていた。

瞬間うす日が射す場面もあったが重い空で、昼前からはカッパを着る程の雨に。

池には、カワウ、ヨシガモ、コガモ、マガモと種類は多いが、皆お昼寝タイム。
唯一カンムリカイツブリの優雅な泳ぎと潜水を観察。

一番のお目当ては水質検査棟の棚場に来る「オシドリ」だったがこの日はなぜか姿を見せない。ガッカリしてると、
「オシドリなら見れるよ」と週一回はここに来る地元の愛鳥家が案内してくれたのが、隣接する相模原麻溝公園にある動物園。

鳥たちは人の入れる大きなケージの中で放し飼いされている。
オシドリケージの中には、小さな池もあり至近距離でオシドリが観察できる。

オシドリの羽色の美しさを肉眼で確認したのは初めてで、夢中になってシャッターを切っていた。


公園入口シンボルツリーのメタセコイヤが見事に色づく
e0050231_14113394.jpg


沈殿池の鳥たちは昼寝の時間
e0050231_1412354.jpg


ヨシガモの昼寝
e0050231_14123710.jpg


コガモも眠る
e0050231_141389.jpg


カンムリカイツブリは冬毛の白い姿に
e0050231_14134812.jpg


オオバン
e0050231_1414147.jpg


オシドリ夫婦
e0050231_14145227.jpg

e0050231_14152445.jpg

by isoda-shonan | 2014-12-05 14:15 | コラム | Comments(0)
  吉野家の「牛すき鍋膳」にはまりました 

海岸の134号線、腰越橋のたもとに在る牛丼の吉野家は、全国に数ある支店の立地としては、海を見ながら食事のできる唯一の店ではないか。

いまから約50年程前、サラリーマン時代のこと。
銀座の十字屋楽器店に先輩のお供で納品に行くと隣の吉野家で牛丼を奢ってもらった。

当時でも銀座で昼食をとるのは贅沢なこと、ましてや牛肉も高価な食べ物。
先輩のおごりで食べた牛丼はたまらなく旨かった。

懐かしさはあったが牛丼を食べる年ごろでもなく、近くの「134号線江の島店」に行ったことは無かった。

テレビCMで、宮川大輔が吉野家のすき焼きを食べるのを見て旨そうだなと感じた。
また、COPDの患者は呼吸時に体力を使うので高カロリーの食事が必要と聞かされ、軽めの昼食から吉野家に切り替えた。

昼時は満席で、年配の夫妻も「牛すき鍋膳」を食べる人が多い。
「窓には、席から海が見えます」という看板が、海岸線を行く車にアッピールする。

昼からすき焼きとは思ったが、価格(並み630円)からすると、大変な御馳走。
CMの通り、卵に付けて食べるすき焼きは本物。若い頃食べた銀座吉野家の味が蘇える。

それからすっかりフアンとなり、昼時は海岸線まで歩いて吉野家に行っている。

現在はサービスチケットが発行され、580円ですき焼きが食べられる。
寒い時期の熱々のすき焼はありがたい。


店内窓から海が見える
e0050231_10105716.jpg


店舗横からの134号線と江の島
e0050231_10112956.jpg

by isoda-shonan | 2014-12-02 10:11 | Comments(0)
  雨でも暖かい師走
今年も早いもので今日から師走です。

月初めは自宅神棚に、庭の榊と灯明を上げ、家内安全と商売繁盛を祈っている。

近くの山で採集した渋柿を、玄関に飾っていたのが熟したので、庭の餌台に置いておく。
柿はメジロとヒヨドリの好物で、山の餌が少ない時期なので喜ぶだろう。

今日は全国的に雨だが比較的暖かい月初め。
しかし、島根県の松江では今晩から雪に変わると天気予報は伝えてる。

やはり師走に入ったのだ、油断は禁物。
明日からは急激に冷え込むともいっている。

そろそろ年賀状のデザインを考え、準備に入ろう。


山裾の柿の木が小さな実を付けていた(11月16日撮影、直径4㎝程の豆柿は渋かった)
e0050231_12324969.jpg

by isoda-shonan | 2014-12-01 12:32 | Comments(0)