excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
鎌倉中央公園探鳥会
町内6月探鳥会は近場の鎌倉中央公園を歩いた。
薄日が射しているが、木陰に入ると涼しい一日だった。

途中の柏尾川でカルガモとヒメアマツバメを観察、いつも通勤時に橋の上から水鳥が泳ぐ姿を見ていたが川の畔に車を停めての観察は初めて。

中央公園には家族連れの公園整備ボランティアが大勢来ていて、水路の草刈りや、湿地の雑草や葦を刈り取っていた。
作業はかなりの重労働、若い人が膝下まで湿地に入り泥だらけで作業してる。

小さな子も同行していて、母親の子供担当が幼児を遊ばしている。
木陰にブルーシートを広げ、作業終了後は昼食会を開くみたいだ。

ボランティアの後のオムスビは殊の外美味しいだろうし、日本の若者も大いに期待できると感じる。

鳥影は少なく、アオゲラ、ウグイス、コジュケイ、カワセミ等の声を聞くが、観察出来たのは、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメに何かの幼鳥ぐらい。

初夏の休日、園内の山道を歩き、鎌倉の自然を満喫してきた。



ショウブ園に来たショウジョウトンボ
e0050231_1121748.jpg


ハンゲショウ(半夏生)が満開
e0050231_11213422.jpg

七十二侯の半夏生は夏至から11日目
e0050231_11215547.jpg


トンボは多くオニヤンマも飛ぶ(シオカラトンボ)
e0050231_11224773.jpg


秋になると真っ赤に色づくミズキの実は野鳥を呼ぶ
e0050231_11231431.jpg


水浴びに興じるスズメ
e0050231_11243070.jpg

by isoda-shonan | 2015-06-29 11:24 | 探鳥 | Comments(0)
日韓国交正常化50周年
1965年、日韓基本条約が締結され本年6月22日、50周年を迎えた。

当時の首相は佐藤栄作総理、安倍首相の叔父だ。
韓国大統領は朴正煕、現朴クネ大統領の父親と何か特別な繫がりを感じる。

現在、史上最悪という日韓関係の中での50周年だったが、両首脳とも50周年式典に出席し祝辞を述べた。

共存共栄で未来志向のために協力していくと宣言する。

韓国の有力紙『中央日報』は「韓日関係の梗塞を解く転機になると期待する」と報じている。

歴史認識、従軍慰安婦問題、竹島と両国の認識の差は大きな隔たりがある。

韓国では日本からの謝罪も賠償も済んでないとする国民感情が主流。
日本は村山、河野談話、日韓基本条約の締結で十分尽くしてきたと。
これが両国の認識の差。

韓国大統領は、主流の国民感情を無視できない。
この問題の決着が無ければ首脳会談は行わないと、言い続け今日に至っている。

両国の国民感情が納得する解決策は相当にハードルは高い。
しかし二国間の関係改善のため両首脳が会談することは重要だ。

真に友好的な国民感情が芽生える首脳会談の開催を願っている。
by isoda-shonan | 2015-06-25 11:42 | コラム | Comments(0)
抹茶はクール ニューヨークは抹茶の和文化がブーム
私の事務所には引き立てのコヒーが飲めるコヒーメーカーが設置してある。
来客の好みに応じてホットもアイスも作れる重宝なサーバーだ。

しかし1年程前からコヒーでなく緑茶を飲むようになった。
私だけでなくお茶を呑む社員が増えている。
砂糖もミルクを使用しないお茶のほうが健康的とする風潮からか?。

作り方は簡単、スティック状の一杯分の粉茶を湯呑に入れて熱湯を注ぐだけ。
抹茶もブレンドされた商品で、色も香りも、ほんのり渋みを感じる呑みやすいお茶。
お茶の爽やかさがルーティンとなり、朝、昼、午後と一日3回は呑んでいる。

健康志向の抹茶フィーバーで続々と抹茶カフェが、ニューヨクでオープンしてると云う。
和食に始まり日本酒の獺祭、抹茶と和文化の素晴らしさを外国人が知るようになった。

しかし住宅での和文化は衰退ぎみ。
和風建築や和室の併設を求める人が少なくなっている。

和室の座卓でゆっくりと日本茶を飲む、ゆったりとした空間を楽しむ和文化も大切にしたいものです。
by isoda-shonan | 2015-06-22 09:00 | 建築 | Comments(0)
 鎌倉海水浴場今年の海開きは7月1日
沖縄は早々と6月11日に梅雨明けとなったが、関東地方は梅雨の真っただ中。

鎌倉の梅雨明けは例年7月中旬頃なのでもう一ヶ月、小ぬか雨の風情を楽しみましょう。

夏の到来を表す鎌倉市の海水浴場(材木座、由比ヶ浜、腰越)の海開きは7月1日です。

由比ヶ浜海の家建設工事は今年で8年目となりますが、海開きに向けて急ピッチで作業が進められている。

昨年、逗子海岸では海水浴客のマナーの低下に、周辺市民の苦情が相次ぎ、逗子市条例で「安全で快適な逗子海水浴場の確保」に向けた厳しい条例を制定、海の家の営業時間は午後6時30までと決められた。

その結果、元の静かな海岸に戻ったが、海水浴客は激減。海浜業組合からは猛反発が上がった。

鎌倉市は逗子市に一年遅れて、「海水浴場のマナーの向上に関する条例の改正」を行いました。
海岸での事故防止と周辺住民への配慮、マナーの向上を求めた改正です。

従来の条例より厳しくなったのが、海の家の営業時間が日の出から午後8時30分までに、海の家のクラブ化禁止、音楽イベント等は事前の許可が必要などです。砂浜での飲酒や喫煙の禁止は従来どうりだ。

海浜業組合等の事業者と市の話し合いが何回も続けられ、改正案がまとまりました。

鎌倉の海水浴場は安全で綺麗、海の家もお洒落で格好いいと、沢山のお客さまに親しまれる海水浴場として発展していきます。


多くの海の家の建設が始まっている由比ヶ浜
e0050231_1693240.jpg


木工事がほぼ完了し仕上げに掛かる工程
e0050231_1695688.jpg


専用砂浜とデッキテラス
e0050231_16102363.jpg

by isoda-shonan | 2015-06-18 09:00 | 建築 | Comments(0)
  鎌倉野菜耕作地の散策
鎌倉西北の休日、早朝散歩は少し遠出し、人気の鎌倉野菜の耕作地を歩いた。

小高い台地の関谷原では、薄曇りの空にヒバリが囀り、キジのケンケンと発する求愛の声が聞こえる。

鎌倉野菜がブームとなった火つけ役は、有名レストランのシェフ達。

減々農薬の安全、安心、新鮮をモットーとした珍しい洋野菜を鎌倉連売所で販売したところ、その新鮮さに目を付けたシェフが、レストランのメニューに鎌倉野菜として紹介しました。

無農薬栽培なのでキジやヒバリも子育てを安心して出来るのだが、鎌倉にキジが住み着くとは知らない人は多い。

一部の農家ではEM菌を使用したトマトやヅッキーニの栽培をしており、固定客を掴んでいる、。

先日関谷農家の無人販売所で購入したナスで夏カレーを作ったが、ナスの瑞々しさに家庭カレーは高級レストラン風に変わった。

そして朝どれのナスにはトゲが付いていることも知った。

関谷原の鎌倉野菜耕作地(2015.6.14)
e0050231_1354938.jpg

鎌倉在住のキジが現れる
e0050231_1354283.jpg

泰山木、紫陽花、ホタルブクロ、ハナショウブと梅雨花が咲く
e0050231_13544794.jpg

e0050231_1355990.jpg

e0050231_13552759.jpg

e0050231_13554478.jpg

by isoda-shonan | 2015-06-15 13:39 | 探鳥 | Comments(0)
つばめの巣づくりは近くに自然環境が整っているから
当社ソーラーサーキットの家モデルハウス、ポーチ軒天に今年もツバメが巣を造った。

昨年は巣づくりが無く、ポーチタイルの頻繁な清掃も不要で、少し寂しかったが今年又来てくれた。

ツバメは縁起物で巣を造る家は繁栄すると言い伝えられる。

どこも都市化が進み巣づくりの土が少なく、ツバメにとって建築資材不足で民家の軒下に巣を造る環境は激減してる。

腰越は過って腰越津と云われ、腰越地区は漁業、津地区は農業の半農半漁の地。
鎌倉山の裾野は耕作地で、今でも広町緑地として山の谷あいに田んぼが保存されている。
神戸川の源流となる小川には、カワニラが生息し、ホタルやギンヤンマが飛び交っている。

ツバメにとって資材調達も餌の虫も豊富な自然環境が近くに在る。

縁起物なので巣を取り払う事もせず、清掃をこまめにして自然にまかせている。

ヒナも大分大きくなり、巣から親鳥の餌運びを待ちかねて顔を出している。



親鳥は近くの電線に止まり巣を見守っている
e0050231_1125934.jpg


大きくなった雛鳥
e0050231_11253991.jpg


ツバメも住み心地のいい、当社ソーラーサーキットの家
e0050231_11261486.jpg


半農地区 津の広町緑地の田んぼ
e0050231_11403356.jpg


半漁地区 腰越魚港
e0050231_1141718.jpg

by isoda-shonan | 2015-06-11 11:26 | ソーラーサーキット | Comments(0)
明月院ブルー色づく
北鎌倉の紫陽花寺明月院の紫陽花が、平年より1週間早く淡いブルーに色づき始め、昨日日曜日の境内は込み合ったようです。

観光客はテレビの取材で、今の淡い明月院ブルーが一番美しいと満足の様子。

紫陽花は赤、白、青と花の色は多種。
明月院は『姫紫陽花』と云う青い花の単種のみ約2,500株が育成されている。
故に『明月院ブルー』と呼ばれるようになったが、寺と庭師の感性の素晴らしさが読み取れる。

北鎌倉の谷合いの古刹と、ブルー一に染まる紫陽花とが何とも鎌倉らしい風情を醸し出している。
姫紫陽花は咲き始めは白く、次第に色づきを濃くしていく。
花の期間は6月いっぱいまで、訪れる時期により紫陽花の表情は異なる。
谷戸の奥からホトトギスの声が聞こえたら初夏の取り合わせは最高です。

明月院ブルーとホトトギスを堪能するには、早めの訪問をおすすめします。


涼しげな明月院ブルーに染まる園路
e0050231_13543047.jpg


見ごろのポイント 山門とすり減った鎌倉石の階段
e0050231_13553789.jpg


方丈の丸窓から見る裏庭のあやめも一景


e0050231_13561056.jpg

by isoda-shonan | 2015-06-08 13:56 | コラム | Comments(0)
夏の風物詩金魚すくい、その達人の教え
日経新聞文化面で夏の風物詩『金魚すくい』が特集された。

金魚の産地、奈良の大和郡山で金魚すくいの道場が有り、金魚すくい全国選手権大会が近付くと1日50人近くの門下生が集まるという。

道場の規律は厳しくモラルと礼儀が守れないと出入り禁止になるほど。
道場主は団体戦の優勝経験者、3分間で90匹もすくうその道の達人だ。

昨年の全国大会には2000人近くがエントリー、小中学生の部ではこの道場で鍛えた小5年生が3分間で31匹をすくい優勝してる。

金魚すくい道を極めた館主はすくい網(ポイ)を金魚と共に泳がせるのがコツという。
精神を統一し集中、無我の境地でポイと金魚を遊ばせる。

ポイの選び方、入水角度、持ち手、狙う金魚と「すくい技術」の奥は深いが、焦らない心が大切らしい。スポーツ道で言われる『泰然とした平常心』と同じだ。

たかが子供の遊びの金魚すくいを、『心技体』の日本武道の精神まで高めた道場主が、多くの入賞者を誕生させている。

大和郡山を舞台にした金魚すくいの漫画が講談社から出版され、この原画展を開催し、町おこしの一助になればとする実行型の道場主だ。
by isoda-shonan | 2015-06-04 10:45 | コラム | Comments(0)
水無月は雨の多い月なのに

先月下旬から真夏日が続き、熱中症の予防が喚起されている。

ご近所垣根の紫陽花が色好き、ホトトギスの初鳴きも今年は例年よりは早く、季節は盛夏だと感じる。
これも地球温暖化の影響なのかと気にかかる。

ご近所の長老がゴミだしで、「雨が少なかったので野菜が高騰してる、円が最安値を記録、輸入食品が上がり年金生活者には厳しい生活が続く」と嘆いている。

天候も物価も『平年並み』が最高の安心と安全を表す。

月始め神棚の榊を取り換え、お灯明をあげ、平穏な気候と景気を祈念する。

6月は梅雨入りの月、なのに水無月とは?

今年は平年並みの梅雨となり、ゲリラ豪雨などが発生しないことを祈りたい。
by isoda-shonan | 2015-06-01 11:38 | コラム | Comments(0)