excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
栄区の健康・省エネ住宅完成
横浜市栄区飯島町の高台に収納をとことん考えたソーラーサーキット(SC)の家が完成しました。

基本仕様は冬暖かく夏涼しい高断熱・高気密SCの家。エアコンは補助的に使うだけで快適に過ごせます。
それに国土交通省の長期優良住宅の認定も取り、国から120万円の補助金を受けています。

お施主様の要望は収納の効率をとことん高めたいとのご希望で、『収納計画』という収納専門プロに入ってもらい計画しました。
収納プロは建築前のお住まいの家に出向き、新しい家に持ち込む家具や荷物をリストアップ、必要な物入れやクローゼット、棚の量をアドバイスしました。

下駄箱ではなくオープンなシューズクローク、収納取り出しは前後から取り出せるクローク等、ユニークなアイデア満載の家が完成しました。


道路から見上げる東南面
e0050231_1755822.jpg


玄関ホール横のシューズクローク L=2700
6段の可動棚で自在に調整できる
e0050231_1761713.jpg


収納たっぷりのキッチンはバックガードまで一体型のステンレストップ
正面にみえるのは勝手口、その左右にも収納棚設置
e0050231_1763220.jpg


リビングに連なる和室6帖 天井は神奈川産桧無垢の羽目板
夏の風通しを考え東と北に窓設置
e0050231_1765583.jpg


17.3帖のリビング・ダイニングは床暖房設置(キッチン対面式)
e0050231_1771298.jpg


二階ランドリースペース
物干し場であり洗濯物のたたみやアイロン掛けも、そしてその場で収納してしまう。
究極の動線を考えた収納計画
e0050231_1772831.jpg


ランドリーの収納クロークは寝室と廊下からも直接取り出せる
e0050231_1774389.jpg


主寝室 東面をアクセントウオールに、床は神奈川産桧フローリング
e0050231_178224.jpg


2階子供室にはロフト 小さい時は遊び場に大きくなったら収納に使用
ロフトは小屋裏収納と連結してる
e0050231_1782389.jpg



SCの家は屋根断熱、小屋空間はそんなに暑くならず広々使えます。
この住宅ではロフト2か所と合わせ14帖の小屋裏収納に
e0050231_1784337.jpg


2階ホール廊下の洗面コーナー 背面にはピアノを設置する
左は小屋裏収納に入る専用階段
e0050231_1792850.jpg

by isoda-shonan | 2015-11-26 09:00 | ソーラーサーキット | Comments(0)
南箱根ダイヤランドPJ外壁工事(9)

秋晴れの中,富士山と沼津の街並みが望める現場は、内部の造作工事が順調に進み、外部の外壁工事が始まっています。

ソーラーサーキットの家は日本型パッシブハウスの家.
湿気やカビを寄せ付けない、内外壁通気を利用する二重通気工法を採用しています。

外壁をサイデングのような乾式工法の場合、外壁通気は容易に確保されます。
しかしモルタル壁の湿式工法では特殊なラス網を採用しないと外壁通気は確保されません。

外壁のモルタル壁は和洋風住宅を問わず、日本の街並みにしっとりと馴染み、古くから採用された材料。10年に一度づつ塗り替えを行えば綺麗な外観が保持されます。

外壁通気工法はモルタル壁と外断熱材の間に通気層を設け、壁下部の通気水切りより軒裏の通気口へと空気の流入を積極的に行い、結露の発生を抑えます。

今回はモルタル仕上げの外壁に重要な通気層を確保する工程を説明します。


断熱材の上に通気胴縁を打ち付け、この胴縁に腰の強い通気ラス網(ニシヤマラス)を取り付け。 胴縁の中間には、ラス網ヘコミ防止用の樹脂製補助胴縁を取り付けています
e0050231_16355619.jpg


通気ラスにモルタルの下塗り、乾きをみて中塗り、上塗りと3回塗りの上に仕上材が吹きつけられる
e0050231_16363273.jpg


下塗りには割れ防止グラスファイバーネットを塗り込む
e0050231_16371048.jpg


現場に搬入されたグラスファイバーネット
e0050231_16375788.jpg


外壁下部の通気水切り
e0050231_16383968.jpg


このような左官工事を行うことにより、割れない、耐久性が高い、何時までも美しいモルタル壁が完成します。
by isoda-shonan | 2015-11-21 09:00 | ソーラーサーキット | Comments(0)
鎌倉西北の秋 
週明けの今日は秋の代名詞、“天高く”の青空を迎えた。

日差しに誘われ早朝散歩で里の秋を見つけに出かけたた。

今年シベリヤからの渡りの遅かったジョウビタキがお気に入りの梢で「ヒーヒー、カタカタ」と鳴きメスを誘っている。

何時もなら此処がオレサマの縄張りと鳴いてるだけだが、すぐに近くの木に飛び移る。
後を追いかけてみるとその先にメスが来ているではないか。
仲良く木々の間を飛び交っている。ジョウ君の恋はうまくいくのでしょうか?

野鳥撮影には超望遠レンズ付きカメラが必要だが、重装備になる。
手軽く超望遠の世界を楽しめるコンパクトデジカメの開発が進み、3年前に購入したのがニコンP-520、41倍のコンパクトデジタルカメラだ。
この後続機がP―610で61倍に伸びた。
それが少し大きくなるがニコンからP-900という81倍という2000mm相当のコンデジが発売された。

41Xの倍率では野鳥撮影には限界を感じていたので思い切ってP-900に切り替えることにした。
ところが、P-900は大人気。入荷待ち3か月とのこと。

コンデジで超望遠の世界を楽しみたい人は沢山いるのは分かったが、製造技術の進んだ今日3か月も待たされるとは。

それほどのカメラなら『鳴くまで待とうホトトギス』の境地になった。


天高く貴高く咲く皇帝ダリア
e0050231_1142536.jpg


山裾で自生した豆柿
e0050231_11423924.jpg


P-520で30メーター先のジョウビタキを撮影。これが限界か。
e0050231_11431599.jpg


同じくシジュウカラ
e0050231_11434434.jpg

by isoda-shonan | 2015-11-16 11:44 | 探鳥 | Comments(0)
住宅と健康の本贈呈


最近断熱性能(住宅専門用語で外皮性能と呼ぶようになっています)の良い家は、極めて健康的とする考えが広まっています。

外皮性能とは住宅の壁、窓の断熱気密性能を表します。
ドイツの住宅建築では、『カーボンニュートラル』と言う考え方が外皮性能を決める基準になっています。
国策としてこの基準を義務化し、この高い外皮性能を守らなければ住宅は建てられません。

平たく言うと、外皮性能を上げ冷暖房に頼らなくても生活できる住宅です。
無暖房住宅に近い家ですが、実際にはエアコン一台で充分暮らせる住宅です。

心臓疾患、脳こうそく、浴室での事故死等を寒冷地の北海道と温暖地の内地を比較すると圧倒的に北海道のほうが少ないとされています。
北海道の家は外皮性能が高く暖かいからです。

夏の熱中症も高齢者は住宅の中で発症してます。
外皮性能の悪い家ではエアコンをガンガン働かさないと快適温度にならない。また節約家の年寄はエアコンを廻すのは贅沢と思っているからです。

当社が会員として所属する一般社団法人『健康・省エネ住宅を推進する国民会議』が編著した『先生が語る病気にならないための家づくり』が発売されました。

今後家を建て替えたい、断熱リフォームで暖かい家にしたい、家族の健康を守りたい方には必見と存じます。


ご希望の方は当社営業部 吉田までお申し込みください。
先着30名様まで無料で贈呈いたします。
by isoda-shonan | 2015-11-10 14:55 | ソーラーサーキット | Comments(0)
 日光山輪王寺三仏堂平成の大修復見学会
紅葉真っ只中の日光に行ってきました。

鎌倉商工会議所建設部会の定例見学会で、宇都宮の大谷資料館と日光山輪王寺三仏堂、大猷院の見学旅行です。
バスで朝7時30分鎌倉を出発、先月末開通した圏央道から東北道に乗り宇都宮の大谷石の採掘場に、。

外気温18℃なのに地下30Mの場内は9℃と肌寒い、土ではなく大谷石に囲まれているからと説明される。まるで石舞台のある地下宮殿のようだ。
昔は人力で切り出した過酷な作業による建設資材。帝国ホテルの高級外装材として使用された。
現在は廃抗となり見学やイベントに使われている。

大谷資料館 大谷石の砦に囲まれた入口
e0050231_15195012.jpg


次に向かったのは平成の大修理が行われてる日光山輪王寺三仏堂。
日本最大の木造建築物三仏堂の仮囲いは、幅66M,、奥行き40M,高さ37Mのクレーン付の鉄骨建屋で覆われている。
e0050231_15223282.jpg


修復中の工事現場は回廊を回し見学できる。
最上階は『天空回廊』と呼ばれ、ビルの高さだと7階に相当するそうだ。

素屋根の登り梁が施行され屋根下地の工程を待っている。各階建物の廻りの床には解体され再取付される多様な部材が並べられている。古い痛んだ部材は新しく造り直されている。

解体時に取り外した者しか分からない新旧大小、多様な木片の小山がいくつもある。

真近で見た千手観音は修復が終わり、黄金色の輝きは更に神々しく、人を安堵させてくれる。

良い時に来たもんだと御利益に感謝し、大伽藍の修復現場に古代職人技を見せてもらった。

徳川三代将軍家光公の墓所大猷院は紅葉真っ盛り
e0050231_15231236.jpg

by isoda-shonan | 2015-11-06 15:30 | 建築 | Comments(0)
11月は秋雨のスタート


今朝は久しぶりの雨。下の駐車場に車を取りに行き、室外温度を見ると10℃。
季節は初冬を感じる肌寒さ。
急遽冬物のスーツを出す。

旧暦では11月は霜月と呼ばれた。霜が降りる頃と言う事らしい。

今秋お目に掛かっていないジョウビタキが1日の日曜日、鎌倉西北にもやって来た。
尻尾を小刻みに震わせ「カタカタカタ」と鳴いて冬の到来を告げている。

数日前の晴れた日は半袖で過ごしたのに、この温度差は要注意。
早い内に今年のインフルエンザ・ワクチンの接種を受けておこう。

それと風邪の予防は「手洗いとうがい」が一番と医者は言っている。
by isoda-shonan | 2015-11-02 11:03 | コラム | Comments(0)