excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
南箱根ダイヤランドP/J竣工

今年4月中旬より開始した南箱根ダイヤランドの別荘建設工事も、ようやく完成しお施主様ご夫妻を迎え、竣工立会検査を行いました。

この地を選ばれたのは、富士山を眺望、温泉が出る、最寄り駅から30分、という3条件を満たしたからです。

当日雲間から冠雪した富士山が現れ、リビングからの眺望は駿河湾から沼津、三島、箱根の山並みが一望できる壮大なパノラマビューが広がります。

お施主様は「計画した通りの景観だ。別荘のつもりだったがここに定住したくなった」とのお言葉。

設備器具や取扱い説明も行い無事竣工立会検査を終了しました。

お客様のご協力を戴きソーラサーキット、ZEH仕様の竣工を紹介いたします。


外観東面 屋根には、屋根一体型はカネカ太陽光発電『VISOLA』を搭載
e0050231_1165166.jpg


外観南面
e0050231_118750.jpg


外観北面  敷地は斜度30度に深礎工事の上に人工地盤を打設
e0050231_119861.jpg


建築家の御子息提案によるガレージとエントランス
e0050231_1195528.jpg


階段を上がりリビングに入ると、吹き抜けに横架材を現しにした大空間が広がる
天井と床には無垢材を張り、木の優しさと安らぎを
e0050231_11122259.jpg

e0050231_11125857.jpg


キッチン扉は施主ラッキーカラーのワインレッド
e0050231_11151461.jpg


二階にはエアコンは一台のみ、天井のシーリングフアンを有効使用
e0050231_11161072.jpg


二人乗りの家庭用エレベーターも設置
e0050231_11165215.jpg


リビングより駿河湾と沼津市内を望む
e0050231_11173651.jpg


南箱根ダイヤランドP/Jの連載も今回で終了いたします。ご愛読ありがとうございました。

本日29日で今年の業務は終了いたします。
午前中は社員全員で事務所の大掃除を行い、その後納会で全員を慰労します。
本年の皆様のお引き立てに感謝し、来年も宜しくお願い申し上げます。

尚、新年は7日より平常業務に入ります。
by isoda-shonan | 2015-12-29 11:17 | Comments(0)
木と緑の新国立競技場に決定
新国立競技場は建築家の隅研吾氏と大成建設のA案に決定し再スタートが切られた。
予算と工期をクリアし2020年のオリンピックに対応する。

『木と緑のスタジアム』がコンセプトとなり伝統木造建築の意匠が多く取り入られてる。

隅氏は帝京大学小学校の設計で『木の小学校』を完成させている。
この小学校では木材の特徴を活かした設計で、木のもつ柔らかさと優しさ、安心感を醸し出している。

新国立競技場もたる木を表現した軒裏や、屋根は木組トラスを採用しており、日本の木築工法を彷彿させる。

木造建築の耐久性は金属やコンクリートより長いと法隆寺の五重塔で実証されている。
国土交通省の長期優良住宅の基本コンセプトは200年は持つ住宅の建設を推進させるだった。
今では地元木材を適切に使い、耐用年数の長い住宅の建設は当たり前になっている。

国家プロジェクトの国立競技場で『木のスタジアム』が建設され、改めて木の強さ、美しさを世にアッピールできる。
我々木造建築に携わる者には隅研吾氏のA案が選ばれたことは嬉しい限りだ。
by isoda-shonan | 2015-12-26 09:00 | 建築 | Comments(0)
  師走の探鳥会 超望遠カメラを試す
例年と比べてそんなに寒くない今年の師走、町内探鳥会は近場の大庭城址公園と引地川親水公園に行ってきました。

野鳥の集まる裏門公園には『オナガ』の群れが来ており、極楽鳥のごとき長い尾をひらひらとさせ食餌に夢中。

城址公園には桜の新芽の好きな『ウソ』を観察に行ったが空振りに終わった。

すぐ下の引地川沿いを歩くと、ユリカモメ、カワセミ、コサギ、カルガモ等の水鳥も。

新しく手に入れた倍率83X、、2000mm相当のコンパクトデジカメの威力を試した

林の中のオナガドリ、色が薄いが精一杯の一枚
e0050231_15593440.jpg


ユリカモメの休憩
e0050231_1601044.jpg


引地川のカワセミ
e0050231_1604365.jpg

e0050231_1611980.jpg


コサギの日向ぼっこ
e0050231_1623872.jpg


翌日の日曜日、小雀公園に散歩に出かけS級の『カケス』を撮影
新カメラの威力を知る
e0050231_16143325.jpg



エナガの群れに出会う
e0050231_1634552.jpg

by isoda-shonan | 2015-12-21 16:04 | 探鳥 | Comments(0)
湘南の夜を彩る江の島シーキャンドル
12月17日は大安で逗子市池子で上棟式に出席し、帰りは日の暮れた134号線で帰ってきた。

稲村ヶ崎を越えた海にライトアップされた江の島の灯台が現れる。
シーキャンドルだ。

この時期に開催される関東三大イルミネーションに選出された『江ノ島 湘南の宝石』のイルミネーション。
海に長い光が投影され、なにかロマンチックな風情を現す。

冬のクリスマスシーズンは、各地で大掛かりなイルミネーションが点灯される。
その中でも、照明演出のオリジナルティが優れる、エンターテイメント性が溢れる等の審査を通った施設が関東三大イルミネーションに認定された。

2013年12月、初めて灯台下のサムエル・コッキング苑のイルミネーションを訪れたが、規模の大きさやスワロフスキーの宝石をふんだんに飾った光のトンネルに圧倒された。

認定審査では「毎年拡張し、翌年以降への期待感を有する事」とする項目もあるので今年はもっと盛大になっていると思われる。

開催期間は2016年1月31日迄がイルミネーション、2月6日から2月14日迄はミラーボウルの光が会場に飛び交う「光のアート・イルミネーション」となる。

初参りは午後少し遅く江の島神社を参拝し、灯台まで上り、『湘南の宝石』の夜景観賞するのもお奨めです。


腰越海岸からのシーキャンドルは漆黒の海に届く(2015.12.17 17:57)
e0050231_14352100.jpg


2013年、『江の島 シーキャンドル』スワロフスキー5万個の光のトンネル
e0050231_1475499.jpg



灯台下の大規模なイルミネーション(2013.12.24)
e0050231_1445425.jpg

by isoda-shonan | 2015-12-18 14:04 | Comments(0)
今年の冬は暖冬予報
師走も中旬に入りましたが、暖かい日が続きます。

気象庁によるとエルニーニョ現象が続き、南からの湿った暖かい空気が日本列島に流れ込み、平年より暖冬になると予報します。

高齢者にとって暖冬は有りがたい。

古傷が痛み出さない、戸外の活動量も減らない.
但し冬のゴルフは控えるように主治医からは言われている。

ところがスキー場は雪が降らなく困っている。
ここ数年スーキー人口が復活し安定した処に雪不足、ゲレンデの開場を一週間程遅らせたが雪雲は来ない。

気候の変動は地球規模で起きている。
パリ開催コップ21もようやく先進国と後進国との合意で議決案が採択され、温暖化防止に足並みは揃った。

冬のレジャーや冬物衣料、鍋料理やさんにとっては冬は寒いほうがいい。

経済的見地からは、気候は『平年並み』が最良とされている
by isoda-shonan | 2015-12-14 11:49 | コラム | Comments(0)
人気の超望遠カメラで野鳥撮影
近くのカメラ屋に頼んでおいたニコンP-900が届いた。
町内探鳥会に所属して早7年、双眼鏡だけの探鳥から野鳥撮影に楽しみが増してきた。

しかし、大型の望遠レンズは野山のトレッキングには不向き、ハンディーカメラ型の超望遠カメラを探していた。

今春ニコンから2,000mm相当の超望遠を搭載したクールピクスP-900が発売された。
たちまち超人気カメラとなり、予約は3か月待ちだったが、ようやく手に入った。

従来は倍率42XのクールピクスP520を使っていたが、遠くからの小さな野鳥の撮影は難しかった。

今回購入したP900は、83倍という超倍率のハンドカメラ。
手振れ防止も働き連写もできる。三脚なしでも充分いける手軽さだ。

早速近くの小雀公園に出かけ、新カメラの威力を確かめてきた。
撮影後の感想は一言で言い表すと『83倍は凄い・・・!』でした。


(今回の写真はブログ用に圧縮してますがトリミング等の編集は行っていません)
多くのの野鳥を観察できる栄区の小雀公園
e0050231_15243666.jpg


此処に定住するカワセミ、枝が被ってしまったが羽色は映える
e0050231_1525615.jpg

e0050231_15254460.jpg


トビの飛翔を連写で捉える
e0050231_15262011.jpg


ノスリがカラスの攻撃を退けて枝に止まった
e0050231_15273211.jpg

こっちを向いてくれた
e0050231_15284779.jpg

溜池のアオサギは哲学者のように物思いにふける
e0050231_15294013.jpg


近くに飛んできたシジュウカラ順光の中、羽色が映える
e0050231_15301813.jpg

by isoda-shonan | 2015-12-11 15:30 | 探鳥 | Comments(0)
干し柿作りに挑戦
朝夕の冷え込みも厳しくなり、鎌倉もやっと紅葉が美しくなりました。
長谷寺の紅葉が見ごろとなり、夜間のライトアップがテレビで紹介され、大勢の観光客で賑わっている。

先月友人から干し柿を作らないかと誘いが有り、小粒の渋柿を届けてくれた。

彼とは同い年で50年以上の長い付き合いだが、先月ある会社の会長職を退任し非常勤の顧問に就任した。
お互いに仕事や人生でも相談したりアドバイスを貰っていた。
ビジネスにおけるライバルがリタイアし、何か気が抜けた感じがしていた。

休日に干し柿作りに挑戦した。

まず小刀型の包丁研ぎ。
長い間使ってないので大分錆ついている。

小粒の渋柿は指先で丁寧に皮をむくのは大変な作業。
まずよく切れる包丁でなければならない。

日中暇になった友人は、かなりの数の干し柿を創ると聞いていた。
こんな風に干し柿作りを楽しんでいるのか?・・・・皮をむきながら、ふとそう思った。

友人のアドバイスは、皮をむいた後熱湯に5秒間浸すと教わった。
こうすると、悪いカビが生えないらしい。
紐に結び軒下に吊り下げて完了。寒中二~三週間干すと出来上がる。

包丁研ぎから吊り下げまで午前中を費やしたが、何か小さな達成感を貰った気がした。

鎌倉は今が紅葉真っ盛り(自治会公園の紅葉)
e0050231_18363942.jpg


我が家軒下に吊るした干し柿
e0050231_18371280.jpg

e0050231_1838823.jpg

by isoda-shonan | 2015-12-09 09:00 | コラム | Comments(0)
冬の貴婦人タゲリの里

今から7年前、町内探鳥会に誘われ、茅ヶ崎の香川で厳寒の中初めて観察したのが冬の貴婦人と呼ばれるタゲリでした。

目から涙が出るほどの寒さに震えながら、タゲリが畔の土手を風除けに、集まっているのを観察、その羽色の美しさに感動しました。

茅ヶ崎中央インターから圏央道の延伸工事が始まった頃で、まだ橋げたが数本立ったばかりでした。

ここは小さな農家が田んぼを細々と維持し耕作してた処、無農薬を謳い文句に『タゲリ米』と名付けて販売、自然派の人々がタゲリの飛翔を願い田んぼの維持にタゲリ米を購入し協力しました。

しかし圏央道の工事が進むと貴婦人はやってこなくなります。

探鳥仲間から香川の西、平塚の北豊田でタゲリを観察したとの情報が入っていた。

好天に恵まれ15羽ほどの飛翔を何度も観察、タゲリは一度去って行っても暫らくするとまた帰ってくる。
この日初参加の会員もタゲリに大喜び。

ケリ、モズ、キセキレイ、なども観察できたタゲリの里北豊田探鳥会でした。


田の先に冠雪が始まった富士山が浮かぶ
e0050231_178297.jpg


タゲリの飛翔
e0050231_1785822.jpg

畑に舞い降りたタゲリ
e0050231_1795136.jpg

e0050231_17104011.jpg

e0050231_17112198.jpg


キセキレイ
e0050231_17121067.jpg


モズ
e0050231_17123970.jpg

by isoda-shonan | 2015-12-07 09:00 | 探鳥 | Comments(0)
日本型パッシブハウス和泉町の家竣工
ソーラーサーキット(SC)の家の最大特徴は冬は高気密住宅(相当隙間面積0.5c/㎡)なのに、夏は通気ダンパーを開けて非気密住宅に夏と冬とで衣替え出来ること。

首都圏は断熱区分でⅣ地区とされ比較的温暖な地域ですが、冬には雪も降りますし、夏は36度の猛暑日にもなる気温差の大きい処です。。

極寒の冬と、比較的夏涼しい北欧の地で生まれた超高断熱超高気密住宅と異なり、ソーラーサーキットの家は、壁体内通気で床下地熱を取り入れ、夏の室内温度を3℃程下げることが出来ます。
そして、外壁と内壁に通気層を持つ二重通気工法で結露やカビの発生を未然に防ぐのです。
これが日本型パッシブハウスと呼ばれる所以です。

この日本型パッシブハウス・ソーラーサーキットの家が泉区に竣工しました。

南面は冬の日射を取り込む掃出しの大きな窓、跳出しバルコニーが庇替わりになって夏の室内への日射を遮ります。

リビング・ダイニングは階段室を取り込だ大きな吹き抜けにシーリングファンを取り付けました。
暖かい空気や涼しい空気を上下階でやりとりできます。

従来このような設計は温熱効果の悪い家とされてきましたが、外断熱工法のSCの家は、屋根、外壁、基礎と外側からスッポリ高性能断熱材で覆う魔法瓶のような住宅、一度温まる(又は冷やす)と熱は容易に逃げません。

玄関ホールから室内に入ると、延べ床面積114.7㎡とは思えない空間が広がります。

それでは、お施主様のご協力を得て、日本型パッシブハウス和泉町の家を写真で紹介いたします。


土地は真南に向く日当たりの良い土地柄、和室とリビングには大きな掃出し窓
e0050231_11191610.jpg


玄関ホール。当社は昔風の下駄箱は採用しません、高さも巾も2,200のシューズクローク
e0050231_11203221.jpg


家族との会話がはずむ対面式キッチン
e0050231_11215742.jpg


これぞパッシブハウス、冬の日差しがたっぷり入るリビングと和室
e0050231_11223159.jpg


リビング・ダイニング北方向
正面の3連小窓は夏の通風用
e0050231_11363868.jpg


この家の設計の中核を成すダイニングの吹き抜け
シーリングフアンは反転させて風向きを上下に切り替えられる
e0050231_11242427.jpg



二階ホールから吹き抜けを見下ろす。トップライトは北面屋根に取り付けられてる。
e0050231_11251924.jpg


和室4.5帖 天井は神奈川産桧羽目板(長期優良住宅仕様)
e0050231_11255978.jpg


一階トイレ。 階段下のスペースを利用した物入れと飾り棚設置
e0050231_11262612.jpg


ダイニング横の丸太柱は木造りの家を主張する当社設計のシンボル
e0050231_11274373.jpg

by isoda-shonan | 2015-12-03 11:27 | Comments(0)
スポーツの秋 地区グランドゴルフ大会で準優勝
鎌倉の西北、関谷城廻地区スポーツ振興会主催のグランドゴルフ大会が関谷小学校と隣の養護学校のグランドで開催された。

地区自治会のゴルフ腕自慢が集まり熱戦を繰り広げた。
でもグランドゴルフはゴルフが上手いから強いとは限らない。

直径7cm程の固いプラスチックボールを木のパターで打ち40cm径のホールポストの中に止める競技。近くから打ってもリングの外に飛び出してしまったら止まるまで打つ。
これが厄介でリングにはホールポストの足が3本付いてて、これに当たると弾かれてしまう。

一番長いホールは50mもあり、強く打つとカーンと打球音がグランドに響き心地いい。
アウトコース、インコース各々8ホール合計16ホールパー48で競われる。

特に養護学校のインコースは築山を超えたり、通路の落ち葉を抜けたり、芝生のコース有と自然との闘いの場が設定され少年時の冒険心が思い起こされる。

一打で入れるホールインワンを達成すると合計スコアから3点減じてもらえるボーナスが付く。

我が自治会は老々男女混成3チームが出場、昨年優勝し二連覇を目指したが1ストローク差で同率2位に。準優勝決定戦のプレイオフが行われた。

プレイオフには、この日ホールインワンを達成してる私がキャプテンから指名された。
チームの仲間が我が自治会名を連呼する中、2打でホールインしプレイオフを制し仲間から大喝采を受けた。

天高く青空が抜ける絶好のスポーツ日和、顔見知りの他町内会の選手とも親しい交流の輪が広がる地区グランドゴルフ大会でした。
by isoda-shonan | 2015-12-01 15:40 | Comments(0)