excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
慌ただしく過ぎた2016年


今年も本日29日は、午前中社内大掃除をし、社員全員での納会を行い今年の〆といたします。

2016年は英国のEU離脱、東京都民小池知事選出、リオオリンピック開催、米国大統領選でトランプ候補勝利、広島カープセリーグ優勝、SMAP解散・・・等々、慌ただしく過ぎ去りました。

当社の今年最大イベントは新モデルハウス『ソーラーサーキットの家NEXT』の建設とオープンでした。

一昨年末より、新モデルの企画、コンセプトの立案、設計,仕様決定と、建設プロジェクトリーダーとして各所を訪問研鑽し、計画を遂行してきました。

テレビ神奈川や日本経済新聞の取材も受け、その超燃費の環境性能と超高断熱の健康、長寿住宅として、2020年型住宅の標準モデルハウスとして、各方面から注目されることとなりました。

今後日本の平均寿命は更に伸び、超高齢化が進む予定です。「超」の付く住まい造りが必要な時代に入りました。

いえづくり90年となるイソダが、来年も近未来の住まいづくりを湘南から発信続けてまいります。

今年一年、皆様のご支援に感謝し、来年も変わらぬお引き立てをお願い申しあげ、年末のご挨拶と致します。

来春は一月七日より平常業務を開始いたします。
八日(日)~九日(月祝日)は新モデルの特別イベントを開催します。詳しくはホームページをご覧ください



新春を迎える設えが済んだ本社エントランス
e0050231_1601458.jpg

by isoda-shonan | 2016-12-29 09:00 | コラム | Comments(0)
南箱根ダイヤランドP/J外構工事竣工


昨年12月末竣工した南箱根ダイヤランドプロジェクトの外構工事は、今年の春になってから開始することになっていた。

ダイヤランドは標高650メートル、冬は道路も凍てつくほどだからだ。
また、実際にここでの生活を体験した上で、外構の実施設計に取り掛かることとしていました。

住宅本体と外回りの外構植栽工事のバランスは特に大切、打ち合わせは何度と繰り返し行われました。

お施主様は海外の生活も長く、広い見聞と豊かな感性を持つお人柄。
基本設計は二転三転としましたが、急傾斜地を有効利用した大掛かりな外構工事を無事竣工することができました。

お引渡しの当日は、白雪をまとった富士山をリビングから望め、今年の夏休みにはご家族が集合し楽しいBBQが開けそうです。

お施主様の了解を得、眺望絶景な別荘地外構工事を紹介させていただきます。


竣工した山荘外構植栽工事
e0050231_114146100.jpg


シンボルツリーはアオダモ 春に白い花が咲く
e0050231_11432168.jpg


斜度30度の傾斜地に設置された回廊とBBQコーナー。ステンレスワイヤー採用は施主提案
e0050231_1146499.jpg


BBQコーナーの流し台
e0050231_11474568.jpg


傾斜地の裸地は全てウッドチップでカバーした
e0050231_11504448.jpg

e0050231_1151847.jpg


建物南面より
e0050231_1153011.jpg

by isoda-shonan | 2016-12-24 09:00 | 建築 | Comments(0)
SCの家は日本型パッシブハウス
高断熱高気密住宅が普及してる欧州と比べると、日本は四季によって日本独特の気候があり、その設計は慎重に取りくんでいる。

温暖地の首都圏でも、冬は雪も降るし、氷点下を超す気温もある。
夏は最高40℃近くの猛暑日も続く。

SC(ソーラーサーキット)の家は、外断熱工法の高断熱高気密住宅ですが、夏は高気密を解除できる機能を備えています。これを「衣替えができる家」と呼んでいます。

SCの家の冬は、基礎換気口を閉め、冷たい外気の侵入をシャットアウトし高気密住宅として機能します。基礎断熱と地温の影響でフローリングの上をスリッパ無しでも歩けます。

夏は、基礎換気口を開け小屋裏ファンを廻します。すると冷たい床下空気が壁体内に入り小屋裏を抜けて外部に排出。
この効果で室温は3℃近くも冷却されます。

また高性能なサッシで南側は「日射透過型」西側は「日射遮蔽型」のローイーガラスを採用、西日の当たる窓の外には日差しを遮る、スクリーンも設置してる。
夏の風抜けを考えた窓位置も考慮した設計も重要、風道を設定してやれば好く通る。

このように自然の日射、地温、通風、通気を積極的に取り入れる設計が『パッシブハウ』です。

今年の師走、ここ数日晴れた日が続きますが『ソーラーサーキットの家NEXT』は超断熱の家、日中エアコンは稼働してないが、それでも室内は16℃から18℃をキープ。
夏の工事中も、窓を開け室内を抜ける風だけで涼しい環境が保てた。

日本の夏対策として夏は非気密住宅に切り替えられるのが『日本型パッシブハウス』と呼ぶ所以です。
by isoda-shonan | 2016-12-20 14:56 | ソーラーサーキット | Comments(0)
イソダ新モデル日本経済新聞で紹介


10月上旬オープンした新モデルハウス『ソーラー―サーキットの家NEXT』は、2020年を見据えた超省エネ健康住宅として各方面から見学、取材の申し込みを戴きましたのは、既報の通りです。

12月16日、日本経済新聞の朝刊35面の『神奈川のエンジン』と云う記事で当社の新モデが紹介されました。

サーラーサーキットの家NEXTは日本型パッシブハウス、エアコンに頼らず、自然の太陽光や地熱、通風を積極的に利用しています。

取材の当日は10℃を下回る外気温、しかしよく晴れた日でした。
南の窓からの日差し(ダイレクトゲイン)で、北側の洗面所や廊下もリビングと変わらぬ室温(平均17℃)をHEMSで確認、暖房用エアコンが作動してないリビングフローリングの床もスリッパ無しで過ごされました。

当社は少数精鋭主義、モデルハウスの待機人員は配置してません。
新モデルハウスの見学は事前のご予約(0467-32-8181)でお願いしてます。


12月16日(金)日本経済新聞朝刊の記事 記事の拡大はこちらから
e0050231_1155422.jpg

by isoda-shonan | 2016-12-16 11:06 | 新モデルハウス | Comments(0)
国交省2020年低炭素住宅、2030年ZEH100%義務化


2020年に低炭素住宅の義務化、ZEH50%の着工、そして2030年にはZEH100%の着工(義務化)が国土交通省のロードマップに示されていることは、一般ユーザーにはそれほど認知されていないようです。

現在の断熱基準が4年後には過去の基準となってしまい、14年後はさらに高い断熱基準が要求されることになっているのにです。

日本の住宅耐用年数は長期優良住宅の普及により、50年以上100年もという時代に入りました。
私どもは、家の断熱性能も長期にわたる地球温暖化に対応した性能が必要と考えます。

日本の断熱基準は欧米諸国と比べると低すぎると,国に代わり提言し始めたのが民間団体のHEAT20です。2020年を見据えた新しい断熱基準を普及させる提言です。
その提言では、温暖地として指定される首都圏でも、現行北海道の断熱性能を規定しています。(HEAT20 G-2規格)

従来から高断熱、高気密住宅の必要性は指摘されていましたが、大メーカーと中小工務店が混在する日本の住宅業界では、急激な高気密、高断熱基準の引き上げは、その工法の違いや利害が対立し、国として統一することが甚だ困難な事情がありました。

そこで地球温暖化の進む中、10年後、15年後には住宅はこうなりますよ、と長期にわたる対策を業界にも、一般ユーザーにも示したのが、国土交通省の住宅ロードマップです。

先進の住宅建築家はこれから家を建てるなら、HEAT20のG-1基準必須、できればその上のG-2規格を検討して欲しいと言っているのです。
by isoda-shonan | 2016-12-15 09:00 | ソーラーサーキット | Comments(0)
日産EV開発早め、テスラ社は個人発電促進


日産自動車が系列主力部品メーカーの『カルソニックカンセイ』を売却するニュースが流れた。

EV(電気自動車)はモーターで動くため、従来のガソリン車より大幅に部品点数を削減できる。
ニュースは、将来縮小を余儀なくされる主力部品メーカーの売却で得た資金は傘下の三菱自動車の支援と、EV関連の開発資金に充てると報じている。

すでにトヨタ自動車は2020年には、普及型のEVを量産化すると発表。

アメリカでEV市場を先導するテスラ社は太陽電池の最大手ソーラーシティーを買収、家庭用蓄電池とソーラーパネルを組み合わせ、個人発電を促進させる目標を掲げた。
今年前半テスラは家庭用蓄電池を日本円で40万円台で発売している。

電気自動車の充電も自宅の太陽光発電から賄う計画を推し進める戦略なのだ。

米国では、EVと太陽光発電と自家用バッテリーの組み合わせによる『エネルギー自立型住宅』の普及は自動車会社の主導で始まっている。

当社は住宅の断熱性能を一段と高め、小規模の太陽光発電でもZEH(ネットゼロエネルギーハウス)が可能な住宅を提案しています。

近い将来EVが車の標準となる日が来るのは確実です。

住宅は現在50年以上の高耐久化時代に入っています。
今の断熱基準で建てるのでなく、2030年のZEH義務化に対応できる超省エネ住宅をお薦めしている所以です。
by isoda-shonan | 2016-12-12 15:54 | Comments(0)
神奈川ビジネスUp To Date You Tubeで見れます

11月28日(月)テレビ神奈川(tvk)でイソダを紹介した番組、神奈川ビジネスUp To DateがtvkからYou Tubeを介して視聴することができます。

かって、TVKはUチャンネルの地方局でしたが、いまは地上デジタル波の3チャンネルになっています。
しかしながら、神奈川エリアの地方局には変わりがありません。
東京に住む知人からは、当日録画して後日見せてほしいと頼まれたほどでした。

視聴方法は、『tvkビジネス』で検索すると、テレビ神奈川のリストが現れます。
『神奈川ビジネスUp To Date 見逃し配信開始しましたーYou Tubu』から「イソダ・磯田賢吾 代表取締役『神奈川ビジネスUp TO Date』2016.11.28放送」で視聴できます。

興味のある方は是非ご覧になってください。
by isoda-shonan | 2016-12-09 16:08 | Comments(0)
手広青蓮寺の大銀杏見ごろ
このところ暖かな師走でしたが、一転今日から寒波が近づき寒くなりました。

鎌倉手広の青蓮寺は地元では鎖大師と呼ばれる名刹。
山門脇の大銀杏が見事に黄葉し、葉を少し落としながらも朝日に黄金の輝きを放っている。
寒さとともに、山門下は黄金色の絨毯に覆われることになる。

水曜日は営業定休日、担当の代わりに新モデルの開館にいき玄関を入るとホワットした暖かさを感じる。
暖房のエアコンは止まっている。

新モデル、ソーラーサーキットNEXTは、南の窓からの日射取得を考えたパッシブ設計になっている。

HEMZをチェックすると、
発伝量3.0Kw,消費電力0.4Kw 蓄電1.5Kw 売電1.1Kwと表示

外気温9.4℃、リビング17.6℃、洗面所17.5℃ 二階の廊下も部屋も平均17.5℃、二階トイレのみ16.7℃です。

和室とダイニング、リビング高窓の日射取得だけで、無暖房の家がこれだけ暖かいのだ。
鉄骨3階建ての本社事務所は設定25℃で暖房機が稼働してるのに。

今年の地球温暖化対策パリ協定では、今世紀末での各国のCO2排出量0%を採択した。

低炭素住宅の建設と普及は世界の潮流となりつつある。

その時には、ビルや住宅でもカーボン排出量取引(カーボン・プライシング)が始まるとニュースは報じている。


手広鎖大師の大銀杏は近隣のシンボルツリー

e0050231_13531737.jpg

e0050231_13534998.jpg

e0050231_13541657.jpg

by isoda-shonan | 2016-12-07 13:56 | Comments(0)
新モデル『ソーラサーキットの家NEXT』来訪者多数
10月8日オープンした新モデルハウスは2030年度の住宅政策を見据えた家造りになっている。

国土交通省は2030年に着工する住宅は全棟ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)を義務づけています。住宅の断熱基準(外皮性能)は今後ますます強化される予定です。

一方、各地の行政機関も省エネ政策を推し進める手段として、スマートタウンの計画や、市の開発する分譲住宅はHEAT-20 G-2規格の高断熱住宅で建設するとした市も出現しました。

このような方向性から、新モデルハウスには、神奈川県庁エネルギー課、鎌倉市環境政策エネルギー担当が来訪、鎌倉市は松尾市長自らが超省エネ住宅の実態を視察されました。

県も市も太陽光発電、家庭用蓄電池、HEMSを設置した住宅には補助金を設け省エネ住宅の推進を計っているからです。

このほか、環境ビジネス研究者、エコハウスを専門とする建築家、TV、新聞のマスコミ関係者等多数の方々が取材に来られ、2030年型住宅を体感されました。

外皮性能を高めた住宅の省エネルギー性の実態はどうなのか?本当にエアコン一台の稼働で快適なのか?
HEMSによる発電と消費電力の見える化と、各所室内温度をチェックされました。


断熱性能を高めた真の省エネ住宅は、そのまま健康住宅にも繋がります。

生活の中心となるリビングダイニングと廊下や洗面脱衣所がほぼ変わらぬ室温となり、ヒートショック死や夏の室内熱中症のリスクを低減するからです。

住宅は長期耐久資産、もう築30年で建て替える時代は終わりました。

今後のエネルギー政策を考え2030年にも通用する断熱性の高い住宅を建設しておくのが、コスパ(コストパーフォーマンス)面でもずっとお得となります。


世界一の長寿命国家の日本には、健康・省エネ住宅の建設推進が不可欠となりました。
by isoda-shonan | 2016-12-03 09:00 | ソーラーサーキット | Comments(0)
鎌倉西北師走の入り


いよいよ12月師走に入りました。

12月は何かと気ぜはしく、普段ドンと構えてる偉い先生方も走り出すそうです。

そう、まだ衣替えができてない、空気清浄機の掃除も手つかず、年賀状も書かなくては、と次々にやらねばならないことが浮かぶ。

鎌倉西北も冬の花が咲き、紅葉が一段と美しい季節となりました

一年を振り返りどんな年だったのか・・・心の整理にもなる師走です。

自治会公園にやってきた野鳥達の紅葉の葉の中を楽しんでいる姿を撮りました。


天高く、気貴く咲く皇帝ダリア
e0050231_14554380.jpg


ご近所垣根の菊の花
e0050231_145739.jpg


公園にやってきた野鳥達

シジュウカラ
e0050231_15575355.jpg

エナガ
e0050231_1551879.jpg

エナガ
e0050231_1540191.jpg

メジロ
e0050231_15512941.jpg


グラデーションの美しさ
e0050231_150634.jpg


メタセコイヤも色ずく
e0050231_1503071.jpg

by isoda-shonan | 2016-12-01 09:00 | 探鳥 | Comments(0)