excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
かながわ健康・省エネ住宅シンポジウム2017開催(1)

2020年に向けてのZEH50%の目標が進む中、断熱性に優れた省エネ住宅=『暖かい家』は健康的とする新しい医学的エビデンスが収集されている。

10月28日表題のシンポジウムの基調講演で慶応大学 伊香賀 俊治教授は、寒冷地と温暖地の『冬季死亡増加率』は寒冷地北海道の10%増加に対し、温暖地の茨城県が25%も増加してると指摘。

さらに他の寒冷地の断熱住宅普及地でも冬季死亡増加率は低くおさえられている。
『暖かい住まい』は高い血圧が抑制されるからとも。

寒冷地の住宅は気候に準じた高断熱住居になっており寒さは軽減され、反対に温暖地は住宅の断熱化に関心が少なく、断熱住宅の普及率が遅れたからとデーターを示した。

また国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部 渡辺麻衣子氏は、カビ・ダニの権威として、『住宅の性能・住まい方と室内のダニ・カビ汚染』について講義された。

具体例として、石巻の仮設住宅の調査結果を報告された。

応急仮設住宅はその目的から断熱性が乏しく結露から多くカビが発生、住人は多量の病原物質に暴露され続け、アレルギー性気管支肺真菌症患者が多く発症してる。

またその改善には

・住居の断熱/気密性をバランス良く高める

24時間換気装置のような新たな換気システムの導入

・湿気の供給源の特定とその除去を上げました。

住宅内のダニ(ヒョウヒダニ)は室内のカビをエサとして繁殖するので、カビの原因になる結露を抑える断熱改修が必要とも。

やはり住宅は結露しない、補助的な暖房で快適に過ごせる、高気密高断熱の省エネ住宅が健康住宅の本流に位置してると確信しました。

(次回に続く)



by isoda-shonan | 2017-10-30 16:19 | Comments(0)
魅力的な都道府県ランキング2017


この10月、国内の魅力的な都道府県の21017年ランキングがブランド総合研究所から発表された。

我が郷土神奈川県は5位、都市ランキングでは鎌倉市は7位となっている。

ちなみに47都道府県ランクでは、①北海道②京都府③東京都、都市では①函館市②京都市③札幌市とランクされた。

北海道の人気が高いのは、北の大地、夜景、ロマンチック小樽、美瑛の花畑、ニッカ、イカ刺、白い恋人、日ハム大谷のおかげか?

神奈川県は湘南の海、箱根の山、歴史の鎌倉、葉山御用邸、横浜みなと街、京浜工業地帯、と経済と自然が調和した近代的都市を形成する。

鎌倉市は源氏による鎌倉幕府発祥の地、鎌倉五山と禅、流鏑馬、鎌倉彫、能舞台、鎌倉文人、別荘文化、鳩サブレー、鎌倉シャツに連なる。

特に湘南地区は、穏やかな海洋性気候に恵まれ、明るく、スマートなライフスタイルを醸し出す土地柄と感じています。



by isoda-shonan | 2017-10-25 09:00 | Comments(0)
超大型台風一過

本日の早朝上陸予報の超大型台風に、久しぶりに前日から雨戸を閉めて対応した。

エリアメールでは、何度も避難準備を伝えてきていた。

深夜まで選挙速報を見ながら起きていたが雨風とも超大型にしてはそんなに酷くなかった。

我が家の窓を二重サッシにした効果も大きく、外部の音は半減してる。

衆院選でも、小池代表の嵐は吹かず、国民は安定政権の道を選択した。

鎌倉市長選も3期目を目指す現職が早々と勝利宣言し、あっけなく終了した。

稲村ケ崎のお客様訪問で134号線を走ったが、海は大荒れ、晴れた青空を波しぶきで霧が掛かったような視界に。

海もいつもの青さは見えず、茶褐色になっている。

大リーグもヤンキースの嵐は大人しく、アストロズに優勝を預け、ワールド・シリーズ日本人対決の投手戦は実現しなかった。

あと残るは横浜ベイスターズが王者広島カープに、どこまで食い下がれるかだ。まだ期待したい。

それと、ボクシングの村田選手が実力を発揮、世界チャンピオンを捕れたのは、快挙だった。


台風一過の七里ガ浜 134号線

e0050231_14085846.jpg


腰越漁港に押し寄せる荒波

e0050231_14095175.jpg




by isoda-shonan | 2017-10-23 14:10 | Comments(0)
今年のワールドシリーズの期待

メジャーリーグのリーグ優勝決定シリーズで両リーグとも日本人投手の活躍で、今年のワールドシリーズは日本人投手の投げ合いが観られるかも知れない。

これが実現すれば、日本野球史上の快挙となるはずだ。

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手はリーグ優勝シリーズ5戦目に先発し、3勝目となる貴重な試合に快勝し、ア・リーグ優勝に大手を掛けた。

マー君は、ピンチを凌いだ場面では久しぶりに吠えていた。

同じくロスアンジェルス・ドジャースのダルビッシュ有投手も3戦目に投げ、気合の入った投球でドジャースを3勝目に導き、ナ・リーグでも大手をかけた。

まだ分からないが、両チームの勢いから、あと1勝での優勝は確実とみられる。

大リーグ日本人選手の歴史で、野茂投手、松井秀喜選手、一郎選手と日本人選手が活躍してきたが、ワールドシリーズで日本人投手が投げあうのは初めてのことになる。

ドジャースには、前田健太投手も在籍、抑えで活躍することは間違いない。

楽天の選手は自分達もパ・リーグの優勝をかけて頑張っているが、過ってのチームメイトのマー君の活躍を海外ニュース実況で聞きながら戦っていると解説者は伝えている。

楽天の選手達は田中投手の活躍に即発され、見事な戦いで初戦に勝利した。



by isoda-shonan | 2017-10-19 15:53 | Comments(0)
少子高齢化社会の対応

神奈川県黒岩知事の『未病』対策の呼びかけは、医療関連業界にも浸透してる。

先日パシフィコ横浜での『バイオ・ジャパン2017』の中で神奈川県は、未病産業研究会を立ち上げ、未病対策としてのヘルスケア産業を紹介する展示会を開催した。

長寿社会の進む中での医療費の削減と少子対策は日本の未来社会の重要な課題、今回の選挙でも重要政策とする政党は多い。

今朝の外気温鎌倉西北では12℃、事務所のある腰越では14℃だった。

腰越は海に近く海洋性気候のおかげで、同じ鎌倉でも内陸部より暖かいのだ。
これが厳寒期になると3℃は違ってくる。

3年前ごろから築40年の自宅は寒く感じるようになった。

若いころ気づかなかった、自宅までの坂道がきつく感じる年齢になったのだ。

体の中で未病が現れてきたのだ。

思い切って自宅の断熱リフォームを行い正解だった。

未病対策の一番は暖かい家に住むこと。

血圧も安定し室内歩行も増えるというエビデンスも集まっている。

国土交通省も今後は既築住宅の高断熱化と耐震性向上の長期優良化リフォームを住宅政策の第一義と掲げているのです。



by isoda-shonan | 2017-10-16 15:56 | Comments(0)
夏の腰越海岸も昨日で終わり

10月12日の昨日は日中29℃の真夏日のような暑さだった。

最近お昼時間は歩いて海岸線のレストランまで行き、昼食をとっている。これもメタボ解消法だ。

食事前に神戸川河口の突堤に出ると、薄曇りの海は夏の終わりを惜しむサーファー達がウインドサーフィンを楽しんでいる。

今日からは急激に気温がさがる予報で、ジャケットを着こんで出勤した。

湘南の海も『♫今はもう秋、誰もいない海』の季節に入る。

夏を惜しむ水辺で遊ぶ鳥達を撮影してきました。


オグロシギ(?)のつがい 河口は栄養分が豊富 ゴカイは採れる

e0050231_17023708.jpg


夏空に煙る腰越海岸

e0050231_17014681.jpg
獲物を待つユリカモメ

e0050231_17031685.jpg

捕まえた
e0050231_17034380.jpg

私のお立ち台
e0050231_17041297.jpg





by isoda-shonan | 2017-10-13 09:00 | Comments(0)
衆院選公示 小池都知事の決断は?


日本全国が選挙モードに入った。

私の友人は皆過酷な人生を潜り抜けてきた強者であり、街の評論家でもある。

政治家や邪な人間の裏側をズバリ見抜く眼力をもっている。

久しぶりに何時もの居酒屋に集まり、一献傾けながら世情を語り合った。

街の評論家は、今度の選挙の本質は阿部首相の信任を問うために、安倍さん自身が仕掛けたと見抜いている。

当然、今なら選挙は絶対勝てる・・・・。勝てば官軍、国民は私を支持してくれた、と言える。

本来解散総選挙の大義を問われた時,『森友・加計問題では世間を騒がせた、自身の進退を懸けて信を問う』と真正面から出ればよかった。

この方が、よほど人間味があり国民は支持できる。

自民党の小泉進次郎氏は本質を突く政治家である。

今回の選挙遊説でも『他党の批判はしない。なぜなら自民党も批判される身だ。総理も自身に関わる事は自分で説明すべき』と、釘を刺している。

『こんなことを言える自民党議員は他には居ない』。と街の評論家は絶賛する。

希望の党の小池代表の独善的な党運営にも馬脚が現れ、支持者が急落、人気にあやかりたい元民進党議員も充てが外れる。

ここで本来の『安倍一強を倒す』を貫くのであれば、一髪逆転、都知事を降りて誹りを受けようが、党首として国政選挙に討って出るのが本質と街の評論家は喝破したが・・・・嵐は吹かなかった。

保守第二党として大きく育てば、日本の新しい二大政党の時代が生まれると街の評論家は期待したのだが・・・。



by isoda-shonan | 2017-10-11 08:00 | Comments(0)
鎌倉市内小学生への環境教育課外授業の計画

神奈川県の地球環境賞応募の中で、ソーラーサーキットNEXTモデルが完成したら、住宅の省エネ性が地球環境の保全に寄与するとした課外授業を開始したいと、計画を記載していました。

モデル開設一年が経過、ゼロエネ住宅の実態(年間の消費電力と太陽光発電力±0)データーも揃い始め、鎌倉市の環境部を通じ市教育委員会に講座計画書を提出、地元腰越小学校に具体的な内容を説明することが出来ました。

カリキュラムは長岡技術科学大学の中村和男名誉教授と株式会社カネカが後援して作成しました。

中村名誉教授は当社の建て主様であり、子ども大学かまくらの事務局長を務めております。

講座名は『地球・森・くらしをまもる家づくりを学ぼう』となっており、小学生高学年を対象として課外授業申し込みの受付を開始します。

講座はモデルハウス横の研修棟でOHPを使い中村先生が講義、その後ゼロエネルギー住宅(ZEH)モデルハウスに移動しエアコン一台で過ごせる温熱環境や、神奈川の木材、太陽光発電と家庭用蓄電池の仕組み等を見てもらいます。

子供たちには、温暖化の防止は生活面からも貢献できることや、森の役割の大切さ、自前の電気で過ごせる未来型住宅を学んでもらう計画です。



by isoda-shonan | 2017-10-03 16:42 | Comments(0)