人気ブログランキング |
excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


里山の初夏と水辺の生き物

初夏を彩る草花が一斉にピークを迎えてる。

今の季節を表わす[目には青葉 山ホトトギス 初ガツオ]にピッタリな季節。
初ガツオは今月の無尽の会で食し、昨夜は初アユが食卓に並んだ

今年はまだホトトギスの初鳴きは聞いてない。
緑の多い鎌倉郊外では鳴きながら飛ぶホトトギスを観察できる里山が残っている。

この季節 野鳥達は営巣や子育てで忙しくする。

我が家の『ヤマガラ』のために植えた『エゴノキ』が満開を迎え、黒い大きい花蜂が引っ切り無しに花蜜を集めている。

e0050231_13594494.jpg

近くに下見にきたのか ヤマガラのニーニーと鳴く声も。


そうだ 早めに朝食を済ませ 近くの里山に探鳥に出かけ、カメラで季節を切り取ってこよう。

近くの里山公園カワセミの池に行き、子育ての姿を期待したが空振り。

『モウ―モウ―』と鳴いているウシガエルが顔を出した

e0050231_14005024.jpg



カワセミの止まり木には『亀』が暖かな日差しを浴びて、目はうつろ

e0050231_14012630.jpg

湿地帯の『カキツバタ』

e0050231_14020404.jpg


同じく『半夏生』はまだ青々として田植え時期を待っている

e0050231_14024299.jpg

柿の葉は今が一番美しい、花芽もついている

e0050231_14031190.jpg

場所を変えて柏尾川遊水地での子育て中の『カイツブリ』を探したが 親鳥のみ。

ザリガニを捉えて水面に出てきた『カイツブリ』

e0050231_14035654.jpg


中州に営巣中の『アオサギ』

e0050231_14042985.jpg



# by isoda-shonan | 2019-05-20 14:04 | Comments(0)
バンテリンが応援するタイガーウッズ

517日(金)、今朝の日本経済新聞に タイガーウッズの大統領自由勲章 受賞の1ページ広告が掲載された。

大統領自由勲章は日本の国民栄誉賞に匹敵する、米文人に対する最高位の栄誉。
米ゴルフ界ではアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラスのレジェントが受賞してる。

広告スポンサーは筋肉炎症剤を販売する『バンテリン』、多くのアスリートがお世話になっているシップ薬の会社。

自由勲章を首から下げたタイガーの 満面の笑顔が溢れた写真。少し目が潤んだようにも見える。

バンテリン 軟膏は腰痛に悩まされた時自分も使用していた。

含有するインドメタシンが痛みに効くと友人から勧められたのがきっかけだった。

バンテリンはTVコマーシャルでもタイガーと契約してる。

昨年タイガーが5年振りにツアー復活優勝した『ツアー選手権』。

会場のイーストレイク・ゴルフ・クラブの18番ホール、観衆がタイガーの復活に狂喜し、ガードマンの制止も聞かず、一斉にフェアウエイになだれ込み、そのまま18番グリーンを取り囲んだ。

バンテリンは、このシーンをCMに採用し自社の宣伝とタイガーの応援を続けている。

昨日から『2019全米プロゴルフ選手権』が始まった。

マスターズに続きメジャー連覇を期待するタイガーフアンは世界中で応援する。



# by isoda-shonan | 2019-05-17 11:51 | Comments(0)
何事も『流れ』が大切

勝負事の勝ち負けも、商売の浮き沈みも肝要なのが『流れ』を掴み、その流れに上手くのっていくこと。

最近の横浜ベイスターズを見てると、この『流れ』から大きく外れる状態がつづいている。

開幕好調な滑り出しを見せたが、後半から負けが続き脱出の糸口も見えない。

先日の巨人戦 せっかく5点リードの先行で、久々の勝利を期待したのに逆転された。

ベイスターズファンは何が原因なのかも分からず、ヤキモキしてる。

選手もベンチも 所謂 流れに乗れないルツボに落ち込み 自信を喪失してる。

一般的に上記の『流れ』というのは、 目には見えない方向性 、『運気』だと思う。

流れを掴んだいる状況では、心は何時もポジティブで マイナス的な思考は微塵もない。

だから何をやっても上手くいってしまう。運気上昇状態なのだ。

流れから外れた時は運気を感じず、自信も失っている。

私は色々なスポーツをやってきて、勝負の流れを何度も経験してきた。

中でも どうにもならないのが ゴルフの流れ。

流れに乗れた時のナイスショットの連発、心静かに構えるだけで出来た。何故かは解からない。

反対に流れを外した時の悲惨さは『ゴルフって、何と意地悪な競技』なのかと思った。


こんな経験もある。

ナイスショットした一打はディボット跡に、其処から打つとバンカーに入りライは最悪、バンカーから砲台グリーンオーバー、4打でオンしたもののピンまでショート、下りパットをオーバーし返しも入らず、合計7打のトリプルボギー。

一つのミスが次々とミスの出やすい処に行ってしまい、頭の中は真っ白け!

流れを掴むのは、自信に溢れた精神力であり、身体のコンデション、運気が来てると思い込まないと 滅多にできない特別の状態なのかもしれない。



# by isoda-shonan | 2019-05-10 17:07 | Comments(0)
ゴールデンウイークは近くで過ごす

令和に入る今年の大型連休は自宅近辺で過ごした。

交通渋滞での苦痛は若い頃 充分体験し、車での遠出は避けていた。

観光地鎌倉も旧市街に近付かなければ、空いている。

平成最後の430日は生憎の小雨模様だったが、取引先の役員と茅ヶ崎の名門コースでゴルフを楽しんだ。

ゴルフを始めた頃の先輩の教え、ゴルフ当日は『雨模様でもゴルフ場まで行く』マナーを固く守っている。

案の定 同伴者は全員揃い、雨具に身を固めスルーで18ホールを回った。

高機能の雨具も普及し、競技ゴルフを経験した者には この日の霧雨は、春のそよ風程度だ。

コースは完全に整備され、グリーンの水はけも良く、貸し切り状態のゴルフ場を充分堪能した。

51日も 鎌倉カントリーの予定になっていたが、柔な友人は雨模様の天気予報に前日キャンセルしてきて中止、一日中 『令和』スタートの中継を見て過ごした。

新天皇と皇后の固い決意を聞くと、令和の新時代も安寧な時を過ごせると予感する。


鎌倉に初めて本格サーカスが来た。

モノレール湘南深沢駅の広場に大型テントを張り、世界中のプロ・パーフォーマーが出演。

孫の思い出作りにと感じ 53日の指定席を購入しておいた。

舞台を飛び出し、観客の頭近くまで ブランコに乗った出演者が近づく演技に 歓声をあげて喜ぶ孫、いい思い出になったことだろう。

自分の幼い頃藤沢の遊行寺の境内にサーカスが掛かり、大型の桶の中で、単車が壁を水平に走った。

単車の爆音とライダーのカッコよさに、子供心でも感動した思いが残る。


10日間の長い連休もあっという間に終わってしまった。

今日から令和の業務が開始する。



# by isoda-shonan | 2019-05-07 15:38 | Comments(0)
平成最後の大型連休と思い出

いよいよ平成もあと4日となり、大型連休中には新元号「令和」がスタートする。

平成の大型連休も最後となりますが、4月29日は「イソダ木工教室」を開催、参加者には、プランターとブックスタンドを造って頂きます。

イソダの春のイベントとして定着した「木工教室」も沢山のお申し込みを頂き、ありがとうございます。

連休は55日までは、新築営業部が交代で出勤しています。

工事部とリフォーム事業部は6日までお休みとさせていただきます。


平成最大の思い出は、平成233月の東日本大震災、津波による福島原発事故、計画停電、流通混乱、我慢生活、等々でした。

被災地を含め、日本が一体となり復興に励んだ時代でした。

新しい元号「令和」には安全安心な生活と、経済の安定を願っております。



# by isoda-shonan | 2019-04-26 17:33 | Comments(0)
真の黒人解放者はオバマ氏とウッズ選手

今年のマスターズは14年振り復活のタイガーウッズが優勝した。

百戦練磨のマスター(名手)が出場する会場のオーガスタは、タイガーの一挙一投足で大歓声に包まれた。

最終日、赤と黒、いつもの勝負カラーに身を包んだタイガー、全盛時を彷彿させる集中力で難解なグリーンを次々と制覇していった。

観衆はその度に歓喜の雄たけびをあげ称賛の拍手だ。

これほどまでにパトロンに愛される選手なのか。

過去の栄光を極めたタイガーも、女性問題で離婚、薬物中毒、膝、腰の度重なる手術と、人生を見失った時期があった。

当時、交通違反で逮捕された映像の目は虚ろで生気を失い、誰もがタイガーは終わったと見た。

ただこんな生活の中でも、二人の子供の成長が生きがいだと述べていた。

昨年ツアー優勝を果たし復活の兆しを期待されたが、今回早くも『タイガー完全復活』のニュースが飛び交っている。


米国での黒人の地位の低さや差別は長い間つづいた。

湾岸戦争を指揮したパウエル国務長官に国民の人気が集中、次期大統領選出馬の機運が高まった時、パウエル婦人は「貴方は殺されてしまう」と出馬断念を懇願したと云う。

当時は黒人の大統領などもっての外、黒人男性が白人女性と結婚しただけで命を狙われた時代。

これらの米国に流れる黒人差別を払拭したのが、オバマ前大統領であり、マスターズ5回優勝のタイガー・ウッズ。

それは世界一の名手として復活したタイガーと、優勝を祝う親子の固い抱擁が、世界中に感動と幸せを届けたからだ。



# by isoda-shonan | 2019-04-15 12:00 | Comments(0)
国土交通省グリーン化事業の補助金で高品質住宅を

2019年度地域型住宅グリーン化事業運用方針が国交省より発表された。

この事業は地域中小工務店がグループ化し、原木供給者、建材流通事業者、製材業者等が連携体制を構築、地域材の積極使用で長期優良住宅、ゼロエネルギー住宅等、質の高い木造住宅の建設を促進するための事業です。

国交渉に採択されたグループには、長期優良住宅一棟当たり100万円、ゼロエネ住宅には125万円の補助金が国から支給されます。

地域材(当社は丹沢檜)を使用することで、さらに地域材加算20万円も支給されます。

当社は『湘南プレミアハウス連絡協議会』18社のグループを立ち上げこのグリーン化事業に参画し、多数の質の高い住宅を建設、補助金はお施主様に還元してまいりました。

今年度の地域型グリーン化事業は7月上旬から受付開始の予定です。

各グループの補助金対象枠は昨年度実績で決まりますが、今年住宅建設予定のお客様はお早めに当社営業部にご相談くださいませ。

お申し込み順に補助金枠を決定させていただきます。



# by isoda-shonan | 2019-04-12 15:11 | Comments(0)
入学式の思い出と地域の3大銘木


昨日の統一地方選で近所の小学校の投票所に行くと桜が満開だった。

無事投票し帰りにNHKの出口調査に協力した。

深夜の開票結果を見ていたが、大阪は維新旋風が沸き起こったらしい。

首都圏の桜は例年より開花が早く、今年の入学式には盛りが過ぎると見ていたが、今朝の入学式にはいい状態で新入生を迎えたようだ。

私が勝手に地域の3大銘木とした町内公園の桜は今朝の雨でほとんどの花を散らし葉桜にかわっている。

分譲地の開発時に入居者の有志により植樹され50数年が過ぎ、最も樹勢の盛んな桜になっている。

立派に大きく育った小学校の桜は少し遅く咲きはじめ、新入生を祝ったようだ。

華やかな気持ちと少し不安な気持ちが混じった自分の入学式を思い出し、今日新一年生になる孫の母親にお祝いのメールを送った。

私が勝手に選んだ、鎌倉西北地域の3大銘木

  1.  町内公園の桜    ( 撮影2019,4.1)

    e0050231_15124511.jpg

  2.  関谷川の枝垂れ梅 (撮影2019.3.1)

    e0050231_15131384.jpg

  3.  バス停中村,旧家のハクモクレン (2017.3.20)

    e0050231_15134469.jpg



# by isoda-shonan | 2019-04-08 15:14 | Comments(0)
2018 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞

当社は今月、住宅の躯体と設備をセットで捉え、省エネルギー性能の高い住宅を表彰する『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018』で優秀賞を受賞しました。

日本の住宅の断熱性能は世界基準と比較すると緩すぎるとの反省から、2020年を見据えた断熱基準を提言する民間機関HEAT-20が立ち上がり、G-1とG-2グレートが設定されました。

当社は『健康・省エネ住宅を推進する国民会議』に参画し、HEAT-20 G-1以上の高断熱住宅を多数供給してまいりました。

2017年にはG-2規格を超える外皮性能UH値0.41という高断熱モデルハウスを建設し、神奈川県より『かながわ地球環境賞』を受賞しております。

高い省エネ住宅はイコール健康住宅と言えます。

夏の熱中症も浴室のヒートショックも断熱性の低い家で発症しています。

これら高断熱住宅の健康面での優位性は『健康・省エネ住宅を推進する国民会議』により、そのエビデンスが収集され発表されているところです。

これらの所見から、私どもは、住宅の断熱性能は最低HEAT-20のG-1規格クリアーをお薦めしております。


ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018 表彰状

e0050231_14493956.jpg

e0050231_14500449.jpg




# by isoda-shonan | 2019-04-04 14:50 | Comments(0)
帰ってきたイチローの気構え

東京ドームでの巨人対マリナーズのオープン戦は『野球界の宝物イチロー』の勇姿を目に焼きつようと46千人の観客が集まった。

イチローが打席に入るとスタジアムは一瞬静寂となり、本人は当然集中してるが、観客も両軍ベンチも集中し静かになってしまう。

球場全体が固唾をのむ状態なのだ。

イチローの打席姿を目に焼き付けたい、スマホで勇姿を残そうと観客もマリナーズのベンチもカメラをかざす。

野球は打つ、投げる、走る3大スキルのスポーツ、観客の前でそれを披露するのが自分の仕事。

何時出場のチャンスが回ってきても若い時のスキルでプレーする、そのつもりで常日頃からフィジカルは鍛えてきた。

セカンドタッチアップのピンチにライトフライを取ると、レーザービームの送球を3塁に、それもど真ん中のストライクで走者を釘付けにする。
一瞬の静寂の後、ドーット大歓声が沸き起こり「やっぱりイチロー」だと納得する。

彼にとって、45歳でもこのくらいのプレーは当たり前。

イチローの研ぎ澄まされた打席ルーティーンは、古武道の求道者のように思えてならない。
引き締まった身体は日頃の精進の現れ。

彼の身上は、50歳でも現役プレーヤーを続けられる身体能力の維持としてる。


20日から大リーグの公式戦が日本で開幕する。

45歳、野球の求道者はスタメン出場に準備を重ねてきた。

日本での公式戦スタメンは最後かもしれない。・・・と、観客は思っているに違いない。

帰ってきたイチローは、20代の打球、20代の送球、20代の足を披露し、観客の度肝を抜くかもしれない。



# by isoda-shonan | 2019-03-19 13:57 | Comments(0)