人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
国民電波洗脳による、..
by 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード at 09:17
日大のアメフト問題は警察..
by ふつ at 06:59
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コロナ陽性者日本激減、英国再上昇

NHKの調査による10月24日(日)のコロナ陽性者数は、東京19、神奈川11、埼玉6、千葉2と激減した。全国的にも発生数は2桁以内で、陽性者”0”だったのは16県に上った。結果、全国の陽性者数は236人だった。日本の65歳以上ワクチン2回摂取率は現在90%に達っしている。

一方英国では再び陽性者が増えている。

ロンドン・ロイターは、先週7日間のコロナ発生者は83万3465人(1日平均11万9千人)で、先々週と比べると15%増加し7月以来の最多を記録してると警鐘を鳴らした。

早くからワクチン接種普及を進めた英国で再度感染が増加してるのだ。

世界はグローバル化して、人々の移動が制限され、物流も滞り物価は上昇してる。

コロナも世界全体で減少することが望まれ、それが経済復活の足掛かりとなる

日本は政府も地域行政もワクチン確保と接種普及に尽力した。

日本人はワクチンを強制されなくても、自主的に受け入れる国柄。むしろ皆早い接種を望んだ。ワクチン接種での免役獲得と、他人にうつさない効能はコロノ撲滅の切り札と政府も医師会も国民も信じてた。

海外では、宗教上や、個人の自由が優先し接種を拒否する人は多いと聞く。

持病やアレルギー体質で接種できない人は理解できるが、行き過ぎた個人主義の自由はコロナ撲滅には至らない。手洗い、マスクの着用は当分マナーとして続けよう。


# by isoda-shonan | 2021-10-25 14:05 | Comments(0)
『平成の怪物』と『ハンカチ王子』引退

光陰矢の如し、時代はどんどん過ぎ去ってでいく。

プロ野球もシーズンの終盤に入り、過っての大物選手の引退セレモニーが続いた。

先ずは『平成の怪物』と呼ばれた松坂大輔投手。1980年生まれの41歳

1998年、横浜高校のエースとして春・夏甲子園連覇を達成し高校野球史に残る活躍をした。準決勝、決勝と満身創痍で、右腕にテーピングべったりの姿で熱投した。

1999年西武ライオンズに入団、ルーキーイヤーで16勝して伝説が始まった。

負けた相手に仕返しをする『リベンジ』が流行語大賞に選ばれたり、超大物のイチロー選手と初対戦し3打席3三振に打ち取り、『自信から確信に変わった』と名言を吐いた。

2007年大リーグの『レッドソックス』に入団、1年目に15勝しその年のワールドカップ優勝でも勝ち星を挙げ活躍した。

2014年まで大リーグに所属してたが終盤は怪我が続き、日本に帰国して最後は古巣の西武ライオンズに身を寄せ引退した。日米を通じ170勝を達成してる。

引退試合では相手の日ハム栗山監督が横浜高校後輩の近藤選手を一番バッターに抜擢、松坂に敬意をはらった。

2006年、夏の甲子園決勝戦で盛り上がったのは『ハンカト王子』こと早稲田実業の齊藤佑樹投手。駒大苫小牧のエース田中将大投手と延長15回でも勝負は決まらず、翌日再試合で投げ合い、ハンカチ王子が勝った。優勝した齊藤が泣き、負けた田中は笑顔だった。

齊藤はそのまま早大に進学し、大学野球でも1年生からエースとなり4年間で30勝を挙げ大学選手権も勝ち取っている。しかし齊藤の野球人生の輝きは大学までだった。彼の肩はもう疲れ果てていた。

日ハムに入団した2011年は6勝6敗としたが、その後は怪我や故障で1軍と2軍を上下、それでも齊藤は栄光を勝ち取ろうと痛む肩で投げ込みを重ねたが、勝負の世界では叶わなかった。

一方の田中投手は高卒後プロとなり、楽天を日本一に導き、ニューヨークヤンキースではエースとして君臨、松坂を超えて日米通算177勝を達成してる。今年楽天に帰って来たが未だ1勝もしてないのが気掛かりだ。

日本ハム・ファイターズは斎藤佑樹に最大の敬意を払い、特別な引退セレモニーを開催した。

野球解説者か指導者か発表されてないが1988年生まれの33歳、知名度とタレント性は高い。齊藤投手の第2の人生が再び輝くことを願っている。


# by isoda-shonan | 2021-10-21 16:57 | Comments(0)
世界のサプライチェーン不能中

今年は残暑が長くつづきました。最高気温28~30℃もあり休日は半袖短パンで過ごした。

自然環境では、柿が実りモズの高鳴きを聞き秋の到来を感じたが、ようやく涼しげな季節です。

今回は、世界の運輸、コンテナ等サプライチェーン不能による混乱についてです。。

特に今年はコロナ禍で自動車メーカーが半導体の入荷が叶わず、減産又は一時休業をしています。同じ現象が住宅業界でも起きています。

発端は輸入材の合板や集成材が品薄になり価格が一気に上昇しました。コロナの影響で海運業界の人手不足が原因と云われ、住宅業界ではウッドショックと呼んでいます。それが国産材や住宅設備製品全般に広がりました。世界はグローバル化時代に入っています。物流での素材、部品、製品は世界中から調達されている。電子部品トップだったハズの日本が半導体が手に入らず車が造れないなんて?。実態は巨大化、細分化したサプライチェーンがコロナによる人手不足で物流停滞が起きたのです。イギリスで起きたガソリン不足もガソリンメーカーの在庫は十分なのに、コロナによるタンクローリーの運転者不足でスタンドまで届けられないのが実態でした。

便器の陶器は常滑産だけど、電子部品は輸入品という実態は車と同じです。給湯器(外窯)が急に故障した。トイレのウオシュレットの水が出ない。寒くなったので二重サッシにしたい等々、早めのお手配が必要な状況です。

何かお困りなことは当社フォーム事業部(0467-33-3127直通)に早めにご連絡ください。


# by isoda-shonan | 2021-10-15 10:07 | Comments(0)
イソヒヨドリは超人気

10日、日曜日、NHK午後7時半の『ダーウインが来た』でイソヒヨドリが特集された。

イソヒヨドリは探鳥の世界に私を誘ってくれた鳥。

初めて町内探鳥会に誘われ、三浦半島の城ヶ島で最初に観察した野鳥。

島の切り立った断崖に佇む鳥は順光の中で美しく輝いていた。野鳥の羽色の美しさを感動と共に知って以来、毎月第3土曜日は探鳥会の日になり野山を歩いた。

NHKは美しい鳴き声と幸せの青い鳥と紹介しその生態を紹介した。

近年イソヒヨドリは内陸都市部で増え、人気者だという。・・・どうして? これが特集テーマだった。

当社本社は海岸から1KMmも満たない場所。裏の駐車場、本社塔屋、近くの腰越消防署には絶えずイソヒヨドリが飛来してくる。イソヒヨは高い見晴らしの良い場所を好む。また海に近いから当然と思ってもいた。

しかし4~5年前に自宅の鎌倉西北でイソヒヨをカメラで撮影した。どうして海岸から7KMも離れた場所に海鳥が来てるのか驚いた。

気候変動か、迷い鳥として来たのか?

以前コチドリが鎌倉野菜の生産地関谷原や、柏尾川流域の空き地で営巣するのを見てるので、羽が有るのでそれもありか?ぐらいに思っていた。『ダーウイン』ではそれを解明してくれた。


腰越港護岸で餌を探すイソヒヨドリ(ヒタキ科)

イソヒヨドリは超人気_e0050231_14592883.jpg

鎌倉西北の契約駐車場と近隣屋根上に来たイソヒヨ

イソヒヨドリは超人気_e0050231_15010124.jpg
イソヒヨドリは超人気_e0050231_15013374.jpg
イソヒヨドリは超人気_e0050231_15020105.jpg


腰越本社塔屋の上で囀る

イソヒヨドリは超人気_e0050231_15023576.jpg

腰越消防署屋上

イソヒヨドリは超人気_e0050231_15030839.jpg

一般ヒヨドリ(ヒヨドリ科)は地味な羽柄

イソヒヨドリは超人気_e0050231_15034631.jpg


# by isoda-shonan | 2021-10-12 08:30 | Comments(0)
秋空にモズ高鳴きの季節

ようやくコロナも終息に向かっていると感じる。

今月6日、神奈川県の感染者は84人と100人を切るまでになった。

緊急事態宣言が解除され1週間、ゴルフ場レストランもビールの提供を始めた。

自分は酒は飲まないが、メンバーの友人は、プレイ後のビールは格別と心底喜んでいる。

嬉しそうな笑顔を見てると、こちらも嬉しくなる。

このまま第6次のピークが抑えられ、平穏な生活が戻ることを願うばかりだ。


この季節散歩に出かけるとモズの高鳴きが聞こえる。

『キリキリキーツ、此処は俺様の縄張りだー』と叫んでる。

住宅のテレビアンテナの上、見晴らしのいい高木の枝でも。

モズは野鳥の中で一番小さな猛禽類(江戸時代)とされてきた。肉食系でカエル、カナヘビ、鼠まで捕らえる。嘴は鋭く鷲鷹に似ている。

そのどう猛性に、小さな体のスズメやメジロは恐れおののく。

鎌倉野菜の産地関谷原では多くの野鳥を観察してる。

古来から秋の風景画には稲木に止まるモズが登場してる。これぞ日本の秋なのです。

野鳥ファイルに撮り貯めしたモズの勇姿を掲載します。


鎌倉野菜関谷原のモズ、これぞ日本の秋

秋空にモズ高鳴きの季節_e0050231_16463735.jpg
秋空にモズ高鳴きの季節_e0050231_16471551.jpg

小雀自然公園で出会ったモズ、超望遠で見ると羽色は美しい

秋空にモズ高鳴きの季節_e0050231_16481805.jpg
自宅近くの電線に止まったモズ君
秋空にモズ高鳴きの季節_e0050231_12520357.jpg


# by isoda-shonan | 2021-10-07 16:49 | Comments(0)