excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


給湯システム研修会
低炭素社会に向けての住宅設計と家造りが更に進む中、住宅本体そのものと住宅設備、とりわけその家のエネルギーをどのようにセーブするか慎重に計画することが大切です。

一番身近なところでは「給湯」や「調理」を「電気」にするか「ガス」で行なうかです。

従来は台所や洗面所、お風呂の給湯はガス給湯器が当たり前でした。
外部設置により、安全性も確保され、費用面(イニシャルコスト)もそんなに高くありません。

しかし「エコ」に対する家庭のCO2排出量の低減化計画により、ここ数年電気温水器が急速に普及する様になりました。

深夜電力を利用した時の給湯システムの長所と短所、「コジェネレーション」を採用したガスによる自家発電システムの長所と短所を知る為、最先端の「給湯」システムの工場見学に参加してきました。

見学先はボイラーで著名な長府製作所です。
同社は電気やガス、灯油による各種の給湯器を製造しています。

ガス業界の省エネのキーワードは「コジェネレーション」です。
「コ」は二つを意味し、電気を発電した時に発生する排熱を利用して、給湯や空調にも利用する二方向の効率的運用システムのことです。

電気業界のオススメ品は「エコ・キュート」。低料金の深夜電力を使います。
ガス業界のオススメ品はコジェネレーションの「エコウィル」。
ガスエンジンで発電し、その廃熱を給湯に使います。


比較する時の重要項目は
・初期設置費用(イニシャルコスト)
・運用したときの年間エネルギー費用(ランニングコスト)
・補助金の有無、額
・敷地の余裕、機器の体積、重量
・湯切れの時のバックアップ、使い易さと快適性
・ポンプやエンジンの騒音は
・故障時の対応とメンテナンス。
と、多岐にわたります。

費用、家族構成、調理、生活リズム、低炭素化貢献度等も考え、自分の家にマッチするのはどっちか、良く検討してから決定することをお勧め致します。
by isoda-shonan | 2009-05-29 16:39 | コラム | Comments(0)
<< 10年振りの三光鳥の観察 この不況を脱出する為には >>