人気ブログランキング |
excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
日大のアメフト問題は警察..
by ふつ at 06:59
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


長期優良の上をいく地域型グリーン化事業(3)

認定長期優良住宅の普及率はこの10年間で約25%と国土交通省から発表された。

だが実際の長期優良の普及率はずっと高いとみている。

住宅メーカーも先進的地場工務店も住宅の性能競争に遅れを取らぬよう 長期優良は当たり前の仕様規格と捉え始めた。

『認定』されるには、申請書類の作成、審査中の待ち時間、現場写真の記録等々、煩雑な準備と作業が必要となる。

住宅各社の基本仕様は長期憂良適合としてるが、工期が厳しい現場等、迅速な対応が必要な現場では『認定』申請は敬遠されてしまう。・・・これが統計上の認定長期優良住宅の最大の伸び悩みとみている。



H24年国土交通省は地域の中小工務店への長期憂良住宅の普及対策として『地域型住宅ブランド化事業』を開始した。  

採択されたグループの工務店には、長期優良住宅 一棟100万円の補助金が建て主に還元された。

当社はいち早く『湘南プレミアハウス連絡協議会』を代表として立ち上げ 積極的に活動。

県産材の丹沢檜を50%以上構造材に使用、塩害に強い仕様等を取り入れ長期優良の上をいく独自の仕様を設定、同省の採択を得てる。

その後H27年から事業名称は『地域型住宅グリーン化事業』に変わり、長寿命住宅、認定低炭素住宅100万円の他 ZEH住宅には140万円が補助されるようになった。

湘南プレミアハウス連絡協議会はグループ仕様を高め、耐震性能は最上位の等級3を推奨、ZEH住宅の省エネ性能も更に高めて採択を受けた。


次回最終章につづく



# by isoda-shonan | 2019-06-24 10:20 | Comments(0)
認定長期優良住宅のメリットは?(2)


長期優良住宅としての『認定』に必須要件は以下の通りと成っている。

1.劣化対策(等級3以上)
2.耐震性 (等級2以上)
3.省エネルギー性(等級4以上)
4.バリアフリー性
5.維持管理の計画
6.居住環境(良好な景観の形成等)


概略としては以上で第三者機関の審査をうけ『認定』される。

10年前は経験のない工務店には『認定』のハードルは高かったものの、大手住宅メーカーでは現在標準的な仕様となっている。

10年の経過で 性能向上の流れが進み 地域の地場工務店でも標準仕様とするところは多くなっている。

長期優良住宅のメリットとしては・・・高い性能が約束される、所得税固定資産税等の税の特例措置、ローンの金利引き下げが受けられる。

国交省の長期憂良住宅の満足度調査では「満足」と「ほぼ満足」の合計は、86.7%だった。

長期優良の本来のメリットは高耐久住宅としての資産価値の向上であるべきだ。

しかし、日本では22年で木造住宅の耐用年数が終わり、会計学上資産価値は『0』となってしまう。

従来の建て替えの理由は会計学上の『耐用年数が終わった』と『建築基準法の甘さ』にあると思えてならない。

建築基準法は安全とすべき最低基準を示したにすぎない。

熊本地震では耐震等級2では倒壊しており、最上級の等級3で建てた家は残った。

建築基準法は耐震等級1で合法、家は建てられる。
より安全な耐震性能は建築屋の裁量に任せているのが現実だ。

欧米では住宅は資産であり、日本では消費財として考えられている。

高品質な長寿命住宅に住み続け、転売する時、資産として『安全性が高く、住み続けられる価値ある家』とする文化が定着する必要がある。


次回に続く



# by isoda-shonan | 2019-06-20 14:24 | Comments(0)
10年経過した長期優良住宅促進と認知度は?(1)


永い間続いた日本住宅の『スクラップ&ビルド』と称された 短期住宅寿命からの脱皮の切り札として、長期優良住宅の促進法が施行(H21.6.4)されて今年で10年となる。

欧米並みに200年は住み続けられる家として 当初200年住宅の名称も取り沙汰されたが 現名称の『長期優良住宅』で収まった。

10年の節目を迎え長期優良住宅の促進と更なる普及のために 有識者による同法の検討会が6回開催され、国土交通省のホームページにその内容が公開されている。

資料によると、施工後の2年間を除き、この7年間(H29年度)の認定長期優良住宅は全着工棟数の平均24.5%だった。

記載されたデーターはH29年までの統計だが、グラフを見る限りH30も同じと推定する。

なんだ、10年たっても75%は従来通りの短命住宅で建てられているのか。

大手住宅メーカーも当社も基本仕様は認定長期優良仕様100%で着工してる。

此の低い着工率(普及率)は何なのか?


疑問は次回につづきます。



# by isoda-shonan | 2019-06-18 16:43 | Comments(0)
カイツブリ子育て中


庭の紫陽花も色濃くなり 梅雨は真っ盛りとなった。

この季節 鳥友達から近くの遊水地の野鳥情報が届く、それも長年狙っていたカイツブリの子育てのニュースだった。

土曜の朝8時に遊水地近くの駐車場に着き、メールの情報に沿って探鳥する。

頭の中は親鳥の背中に乗ったカイツブリの幼鳥 そのかわいらしさをカメラに収めたい。


其処では、3組の巣があり 子の成長期はまちまち。

生まれたばかりの雛や、独り立ちした幼鳥、親の後ろについて泳ぐ家族連れが観察できた。

上流のビルに子育て中のチョウゲンボウも観察できたが カメラの性能が追い付かない距離。

もう一度下流に戻り オオヨシキリが目いっぱいに囀る姿を撮った。

カイツブリは、いたづら坊主のような目をしてる。

なにか やらかそうととする目。

だが 子育て中の親は一心不乱に潜り 餌を捕っては子に与える。

今日のその目は優しい目に変わっている。



遊水地の一号巣 生まれたばかりの雛が餌を待っている

e0050231_16494732.jpg

e0050231_16502238.jpg

一人立ちした幼鳥

e0050231_16505607.jpg

親の泳ぎについていく家族連れ
子が背中に乗ってれば最高なのだが

e0050231_16512801.jpg

辺り一面に響くようなオオヨシキリの囀り 赤い口を目いっぱい開いて

e0050231_16521137.jpg



# by isoda-shonan | 2019-06-10 16:52 | Comments(0)
『エアコン一台で過ごせる家』がテレビで特集


表題のテレビ番組(WBS)が22時から放映される予定だったが、錦織のテニス番組がフルセットまで長引き、超高断熱住宅の番組は午前1時に延長、眠くて見る機会を失った。

夏、冬 『エアコン1台の稼働で過ごせる家』はそんなにニュース性が高いのか?

2017年このテレビ番組と同じコンセプトで開設した当社新モデルハウスは超省エネ、高断熱住宅として『かながわ地球環境賞』を受賞してる。

日本の断熱基準は諸外国と比べると低すぎると、民間団体で構成された2020年を見据えた断熱基準 HEAT-20、ハイレベルG-2をクリアーする外皮性能でモデルハウスを建設。

新モデル『ソーラーサーキットNEXT』は、真夏に設定温度27℃で小屋裏のエアコン一台を稼働、全室内の温度は平均27℃前後をキープ。
夏の熱中症の予防、冬の浴室ヒートショックの危険も軽減する健康住宅,住まいは住む人の安全と安心の器を実証する。

これからの未来型住宅として、我が国の長寿化と気象変動対策としても 高断熱、高気密住宅は住宅トレンドの中心的役割を担っていく。

当社主軸の外断熱ソーラーサーキットの家は、HEAT-20 G-1(ZEH基準)を標準仕様として 全棟建設。

30℃を超える真夏日、35℃以上の猛暑日にお越しいただき、『エアコン一台で過ごせる快適な家』を体感されては如何ですか。

ご予約で体験宿泊も受け付けております。



# by isoda-shonan | 2019-06-06 15:01 | Comments(0)
水無月 自然環境で共生する昆虫

一番雨の多い6月を水無し月とはこれ如何に。

古語で無は『の』の意を表している。

神無月は神の月、水無月は水の月となる。

ご近所垣根の紫陽花も色づき始め、今年の梅雨は6日頃から始まる予報がでてる。
夏の訪れを知らせるホトトギスは、今朝鎌倉西北で初鳴きを聞いた。

朝の散歩道には蝶やトンボが飛び交うようになった。

木々も若緑から深みを増し季節が変わる時と感じさせる。


6月26日に販売予定の季刊誌 湘南スタイル夏号、当社広告ページに使用する写真を決定。

近くの里山公園で撮影した 半夏生とトンボの写真に。

ここは蛍が飛び交い、カワセミが繁殖する池も、自然環境が大切に保全されている。

これからの季節と 自然環境の共生を表す一枚。

雑節の半夏生は7月2日。
農家には、半夏生までに田植えは終えさせると言伝えが残る。

e0050231_17472208.jpg


探鳥会では、鳥だけでなく、草花や昆虫類に詳しい会員から いろいろ教わった。

冒頭の『無はの』の意も探鳥会の長老からだ。



今月は、これからの季節の昆虫 トンボ写真の特集です。

ショウジョウトンボ (近くの里山公園)

e0050231_17444371.jpg
e0050231_11011597.jpg




シオカラトンボ (里山公園)

e0050231_17451805.jpg

麦わらトンボ (鎌倉野菜の畑)

e0050231_17454819.jpg

総天然色の草トンボ (葉山 森戸川林道)

e0050231_17462107.jpg



# by isoda-shonan | 2019-06-01 08:30 | Comments(0)
腰越神戸川の散策

五月晴れの爽やかさに誘われ 本社裏を流れる神戸川沿いに 腰越海岸まで歩いてみた。

川の擁壁の朝顔が咲き始め 透き通った川底にボラかアユ?の稚魚が群れをなしている。

何故アユと思ったか。広町の自然を守る会員から『神戸川にはアユが遡上する』と聞いていたからだ。

稚魚が身体をくねらすと、青い筋がキラリと光る。ここはもうアユと信じておこう。

波も静な腰越海岸は大潮で、砂浜はいつもの倍に広がっている。

砂浜で膝で太鼓を抱える青年が 無心に同じ音をなんども奏でてる。
ここなら誰からも文句は出ない。

今日は波音もなく湖のような 長閑さだ。

漁港の坂では 腰越名物のしらす干しが始まっている。



神戸川の早咲き朝顔

e0050231_11460425.jpg

神戸川の稚魚 アユか?ボラか?

e0050231_11463175.jpg

腰越漁港のしらす干し 高級品のタタミイワシになる

e0050231_11471791.jpg

砂浜も倍に広がった腰越海岸(神戸川河口より)

e0050231_11535996.jpg

 



# by isoda-shonan | 2019-05-30 13:37 | Comments(0)
5月連続の夏日、猛暑日、 家を建てるなら屋根断熱で!

風香る五月・・・。日本で一番過ごしやすい季節を表す言葉。

処が各地から五月の観測史上記録的な気温上昇が報告され、日本列島は熱中症で緊急搬送される人々が急増する。

これは地球温暖化の傾向が極端に出てきた兆候と懸念する。

熱中症は家の中で過半数が発生してると報告されている。

だが、家を建てる時、断熱材種類、厚み、断熱性能に関心を持たれて検討されるお客様はまだまだ少ない。

住宅は 住む人の安全と安心を守るのが第一義・・・と建築家の安藤忠雄氏は述べているのだが。

夏の暑い頃、飛騨の合掌造りの古民家に宿泊した経験がある。

厚い茅葺屋根が断熱材と成り、家全体を日陰にし、クーラー無しでも充分心地よかった。

周辺は農道や草地に囲まれ、窓は開けっぱなし、蚊帳を吊って眠った。

汗ばむこともなくよく眠れた。

朝起きたら、蚊帳のそとには沢山の虫たちが集まっていた。

都会では考えられない自然との共生の生活。

当社は屋根、外壁、基礎の構造躯体を外側からスッポリと覆ってしまう外断熱工法を標準仕様としてる。

一般的な家は二階の天井面で断熱してるが、当社は屋根面で断熱し飛騨の古民家の快適性を追っている。

しかも高性能なポリスチレンフォームを採用、民間の断熱基準を提案するHEAT-20 G-1基準の断熱仕様としてる。

真夏の盛りにモデルハウスにお越しいただき、屋根断熱の快適性を体感して頂きたくお薦めいたします。

なお、既築住宅にお住まいの方には、現地見積もり後、一日で施工できる ワンデイ・リフォーム屋根断熱を行っています。ご希望はリフォーム事業部まで。



# by isoda-shonan | 2019-05-27 16:17 | Comments(0)
里山の初夏と水辺の生き物

初夏を彩る草花が一斉にピークを迎えてる。

今の季節を表わす[目には青葉 山ホトトギス 初ガツオ]にピッタリな季節。
初ガツオは今月の無尽の会で食し、昨夜は初アユが食卓に並んだ

今年はまだホトトギスの初鳴きは聞いてない。
緑の多い鎌倉郊外では鳴きながら飛ぶホトトギスを観察できる里山が残っている。

この季節 野鳥達は営巣や子育てで忙しくする。

我が家の『ヤマガラ』のために植えた『エゴノキ』が満開を迎え、黒い大きい花蜂が引っ切り無しに花蜜を集めている。

e0050231_13594494.jpg

近くに下見にきたのか ヤマガラのニーニーと鳴く声も。


そうだ 早めに朝食を済ませ 近くの里山に探鳥に出かけ、カメラで季節を切り取ってこよう。

近くの里山公園カワセミの池に行き、子育ての姿を期待したが空振り。

『モウ―モウ―』と鳴いているウシガエルが顔を出した

e0050231_14005024.jpg



カワセミの止まり木には『亀』が暖かな日差しを浴びて、目はうつろ

e0050231_14012630.jpg

湿地帯の『カキツバタ』

e0050231_14020404.jpg


同じく『半夏生』はまだ青々として田植え時期を待っている

e0050231_14024299.jpg

柿の葉は今が一番美しい、花芽もついている

e0050231_14031190.jpg

場所を変えて柏尾川遊水地での子育て中の『カイツブリ』を探したが 親鳥のみ。

ザリガニを捉えて水面に出てきた『カイツブリ』

e0050231_14035654.jpg


中州に営巣中の『アオサギ』

e0050231_14042985.jpg



# by isoda-shonan | 2019-05-20 14:04 | Comments(0)
バンテリンが応援するタイガーウッズ

517日(金)、今朝の日本経済新聞に タイガーウッズの大統領自由勲章 受賞の1ページ広告が掲載された。

大統領自由勲章は日本の国民栄誉賞に匹敵する、米文人に対する最高位の栄誉。
米ゴルフ界ではアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラスのレジェントが受賞してる。

広告スポンサーは筋肉炎症剤を販売する『バンテリン』、多くのアスリートがお世話になっているシップ薬の会社。

自由勲章を首から下げたタイガーの 満面の笑顔が溢れた写真。少し目が潤んだようにも見える。

バンテリン 軟膏は腰痛に悩まされた時自分も使用していた。

含有するインドメタシンが痛みに効くと友人から勧められたのがきっかけだった。

バンテリンはTVコマーシャルでもタイガーと契約してる。

昨年タイガーが5年振りにツアー復活優勝した『ツアー選手権』。

会場のイーストレイク・ゴルフ・クラブの18番ホール、観衆がタイガーの復活に狂喜し、ガードマンの制止も聞かず、一斉にフェアウエイになだれ込み、そのまま18番グリーンを取り囲んだ。

バンテリンは、このシーンをCMに採用し自社の宣伝とタイガーの応援を続けている。

昨日から『2019全米プロゴルフ選手権』が始まった。

マスターズに続きメジャー連覇を期待するタイガーフアンは世界中で応援する。



# by isoda-shonan | 2019-05-17 11:51 | Comments(0)