excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


50年前には熱中症は聞かなかった


各地で第100回を迎える、夏の甲子園野球の予選会が開催されている。

高校球児は暑さに対しても鍛えられているが、今年の猛暑に足が吊り、エースが降板を余儀なくされた試合を見た。

このような現象を見ると、現代の子たちはひ弱なのかと思ってしまう。

我々の時代は喉が渇いても水を飲むのは厳禁という規律があった。

いまでは考えられない危険な指導方法も、運動部の鉄板の規律だったし、選手は皆耐えてきた.

昔の選手は体力も根性も現代の選手より優れていたのか。・・・そんな訳はない!

これは、地球温暖化が進み、気温が50数年の間に1℃以上上がった原因であって、子供達の体力が低下したわけでは無い。

熱中症は室内で43%も発症してる。

高齢者の体力低下は否めない。電気を節約する気持ちや冷房が嫌いも分かる。

しかし、ここはもう地球温暖化なのだから冷房を入れなければ危険だと悟るしかない。

室温28℃、湿度70%が熱中症発症のボーダーラインと予報士は注意を喚起している。



# by isoda-shonan | 2018-07-21 08:30 | Comments(0)
平年並みの気象状況はどこへ行った!


九州、西日本を襲った豪雨災害、そして連日35℃越えの猛暑日、熱中症で緊急搬送される件数の急増、これは何か可笑しいぞと思わざるを得ない気象状況だ。

北極海の巨大氷山が流れ出したり、異常なエネルギーの巨大台風が発生したり、未だ経験のない大洪水に襲われたり世界中で異常気象が発生してる。

気象状況は平年並みが極上な状態とされ、気温も降水量も平年並みが平穏な暮らしを保証する。

むしろ、景気の安定も人の健康も、自然界の魚や動物、作物の収穫も気候の変動で上下する。

海水温の上昇は異常降水や潮の流れを変え異変な状況を生み出す。

サンマの不漁で高騰する価格、庶民的魚の代表が超高級魚に変わってしまうのだ。

科学者は全ての元凶は地球温暖化だという。

排出された二酸化炭素が地球を覆い、大気圏外への熱の放出を妨げ、地球の温暖化を招いている。

自動車産業界はガソリン車からEV(電気自動車)に、住宅産業会は2030年ゼロエネルギー住宅(ZEH)の標準化を進めている。

地球上で生活する一人一人が平年並みの気象状況を取り戻すために、省エネと再生可能エネルギーの普及に貢献する時なのです。



# by isoda-shonan | 2018-07-18 08:30 | Comments(0)
七里ガ浜 SCの家竣工

西武が開発した七里ガ浜住宅地は潮の香りが漂う海辺の分譲地。

当社の施工例も多く、瀟洒な住宅が建ち並ぶ。

現代は健康寿命が問われる100歳時代、省エネ性、耐震性、健康性に優れた住宅が完成しました。

基本仕様は外断熱工法のSCの家、木造耐震構法T・I・P採用、神奈川産檜を構造と内装にも最大限使用している。

二階建てだが一階はご夫妻が平屋建ての生活が出来る間取りとなっていて、長寿命時代に対応したプランとなっている。

取材当日エアコンは未だ稼働してないが、屋根断熱で覆われた室内は爽やかな空気に包まれていた。

お施主様のご協力で自然素材に溢れた木造りの家をご案内いたします・



大きめの茶の窓枠が七里ガ浜の家を個性的に主張しています

敷地234.67㎡ 一階88.6㎡ 二階40.57㎡ (外構工事施工中)

e0050231_15004602.jpg

リビングは二階までの吹き抜け、高窓はモータドライブで開閉、冬の日差しを取り込めるパッシブ・デザインの家。

一階の床は、玄関ホール~リビング・ダイニング~主寝室とも神奈川檜フローリング、壁漆喰こて仕上げは共通

e0050231_15011991.jpg

リビング・ダイニングより東方向  正面はタモ材による造り付け飾り棚

e0050231_15015094.jpg

対面式キッチンカウンター 丸柱はイソダ木造りの家のシンボル

e0050231_15022712.jpg

ダイニングに連なる和室4.5帖 縁なしタタミ、天井檜羽目板

e0050231_15032921.jpg

e0050231_15040325.jpg

和室小上がりの下は収納庫となっている

e0050231_15043797.jpg

二階踊り場よりのリビング吹き抜け

e0050231_15050756.jpg

二階は子供室2室と防音室、トイレ・洗面室のみ

子供室は檜羽目板を屋根までの勾配天井に施工 木視率を高めてる

e0050231_15054942.jpg


楽器練習の防音室(3.4帖)

外断熱と壁ボード二重張りで音は外に漏れない  換気扇は同時給排気のロスナイ

e0050231_15062736.jpg



最先端住宅は気密性能も大切(気密測定中)

SCの施工基準書で気密測定は造作工事完了時(C値0.5㎠)、竣工時(C値0.6㎠)と2回計測してる

高気密住宅は24時間計画換気で家の中の空気は2時間で1回転の割合で新鮮空気と入れ替わる。
海風の強い日は窓を閉めエアコンを稼働した方がカビが生えにくい。

e0050231_15073445.jpg


プリンスホテル横の坂道から七里ガ浜の海が見える 
鎌倉のレストラン王はイタリアのアマルフィーに似てると云う

e0050231_15081089.jpg




# by isoda-shonan | 2018-07-13 15:08 | Comments(0)
備えよう、自然災害の恐ろしさ

先週末から九州、四国、広島の豪雨による被害が、連日報道された。

自然の前に、人間の力はこれ程弱いかを見せつけられた。

山からの鉄砲水、堤防を決壊し押し寄せる泥水、道路が川のように流れる映像を見ながら十数年前の本社水害を思い出した。


本社の在るここは、昔、神戸川から引水する稲作をする湿地帯だった。

この日、雨の勢いが突然強くなり、目の前の江の島―手広線が見る見る増水、何処からのサーフボードか、海岸にむけて流れていく。

あっという間の集中豪雨、テレビの映像を見てて、この光景を思い出した。

事務所1階にも浸水し、OA関連の配線や、NTTの電話交換機、エレベイターなどの被害を受けた。

本社前に駐車していたライトバンは水に浸かり廃車になってしまった。

この時は水が引くのも早く甚大な被害とはならなかったが、数日間は復旧作業に費やされた。

その後、出入り口を合板と新聞紙による浸水対策法を用意し、警報が出た場合は早めの処置を行っている。

『線状降水帯』、なんと恐ろしい豪雨をもたらす気象現象、一か所に停滞し記録的雨量となる。

常日頃から備えを怠らず、チコちゃんに叱られぬよう、気を引き締めていかねばならない。

この度の水害に襲われた地域の方々には心からのお見舞いと、早期復旧をお祈り申し上げます。



# by isoda-shonan | 2018-07-09 11:31 | Comments(0)
栄光に輝く日本選手団帰国

前回のブログで勝利を予想した日本対ベルギー戦は大接戦の末敗れた。


2点を先取した後半の始めは歓喜、其処から耐える時間帯、ロスタイムに入り延長戦突入を期待したが、鋭いカウンター攻撃で逆転された。

やはりベルギーの底力は凄かった。

すぐに終了のホイッスルが鳴り、しばし放心状態が続いた。


現地で長谷部キャプテンと本田選手が日本代表を去ると発表した。

二人には、今までの感謝と日本サッカー界発展のため、今後も頑張ってもらいたい。

今回のワールッドカップは色々と話題なったが、日本代表は素晴らしいゲームを披露し国民に夢と希望を与えてくれた。

正装の三つ揃いのスーツに身を固めた選手団は、胸を張って今日帰国する。

次のワールドカップの前に2020年の東京オリンピックでの金獲得をサムライブルーには期待したい。



# by isoda-shonan | 2018-07-05 12:32 | Comments(0)
日本代表西野監督 智将の采配

7月1日湘南の海は一斉に海開きをおこなった。

連日の真夏日に呼応するように、ワールドカップの決勝トーナメントも過熱する。


世界のサッカー界の賛否を二分した西野ジャパンの0-1で負けさせたポーランド戦。

サムライの決闘における心構え「皮を切らせて肉を切る、肉を切らせて骨を断つ」を思い起こしながら、大ブーイングの中で,淡々と玉回しを行うサムライブルーを見ていた。

選手は一体となって、監督の指示と長谷部のキャプテンシーに従いタイムアップの笛を待った。

色々な思いが残るこの作戦の評価は、明日早朝のベルギー戦で答えが出る。

西野監督は、強かな智将。
決勝トーナメントに進み、其処からのの作戦を考えている。

智将は、マイアミの奇跡と言われた1996年、アトランタオリンピックでブラジルを破っている。

「敵を知り己を知らば、百戦危うからず」と、相手を分析し、其処から弱点を突いて勝った。

現代サッカーはフィジカルの優位性だけでなく、情報収集戦の勝負とも言われている。

未だ成しえてないベストエイトも夢でなくなるかも知れない?

今日は早寝をし、3時に目覚ましをセットしておこう。






# by isoda-shonan | 2018-07-02 11:58 | Comments(0)
私の梅雨明け宣言


今日の早朝散歩、日差しがやけに強い。

低い薄雲が南西から沸き上がり、強い風で北東に流れた後、真っ青な空が顔を出す。シオカラトンボと麦わらトンボがつるんで飛んでいる。

これはもう真夏だ、私の五感では梅雨明け宣言を発したい。

小動神社の天王祭は7月第2日曜日の8日に開催される。

例年天王祭が行われると梅雨が明ける。

今年は1週間ほど季節の移ろいが早い・・・・・私の予想の拠り所です。


今朝の夏空

e0050231_11523539.jpg


トンボも生体維持の行動

e0050231_11534419.jpg

ネムの木も花盛り

e0050231_11542706.jpg

ショウジョウトンボも現れる

e0050231_11545705.jpg

家庭菜園をするご近所のミドリのカーテンの休憩所

冷たいコーヒーを御馳走になった

e0050231_11554244.jpg



# by isoda-shonan | 2018-06-29 11:56 | Comments(0)
鎌倉大町の洋館竣工(2)


大正ロマンは自由主義や欧米文化を積極的に取り入れる進歩的富裕層により発生した。

当時、デザインは欧米風だが、建築資材は日本古来の材料を使用せざるを得なかった。

このアンバランスが何とも言えないレトロの伝統として洋館建築に根付いてきたのです。

鎌倉大町の家でもこの手法を取り入れ、屋根は敢えて和瓦を採用、主要な建具は、障子や和の格子戸を多用したリ、天井には数寄屋建築の網代を、壁には左官仕上げの珪藻土、土壁も積極的に用いてる。

また夏季の通風に、採風欄間を多く採用している。

総体的デザインは、当社SCモデルハウスに端を発しているが、お施主様の建築に対する造詣の深さが随所に現れる拘りの家が竣工しました。


その特徴を写真でご案内します。


外観

緑の和瓦、バルコニー外壁にブリックタイル、通気モルタル仕上げの外壁

出庇の腕木と玄関アール壁には輸入品のモールディング使用

e0050231_16354125.jpg

e0050231_16361531.jpg

玄関ホール

レトロなパズルタイル張り(養生中)、ベンチ下に足元燈も

e0050231_16365672.jpg

中廊下

左格子戸はシューズクロークの入り口、床300角チーク・モザイクパーケット

e0050231_16372522.jpg

リビング20帖(東→西)

床チーク・モザイクパーケット、壁天然スタイル土壁 腰板張り、天井梁現しビニールクロス

正面暖炉内床置きエアコン設置、窓ワーロン両面組子障子

e0050231_16381536.jpg

リビング(西→東)

正面洋風床の間 軸を掛ける予定

e0050231_16390292.jpg

ベイウインドウに囲まれたサンルーム

ベンチは収納を兼ねる

e0050231_16393251.jpg

リビングよりダイニング・キッチンを見る

e0050231_16401328.jpg

ダイニング・キッチン

居間との境の間仕切りドアー閉鎖

e0050231_16410566.jpg

間仕切りドアー開放しリビング方向を見る

間仕切りドアーは吊り下げで敷居は不要

e0050231_16414254.jpg

一階トイレ

腰壁に菱形タイル採用、レトロチックに、網代天井、採風欄間付き 

e0050231_16423474.jpg

2階階段室(北面)

屋根にトップライトの採光で明るく

e0050231_16432996.jpg

2階セカンドリビング

10.5帖の広さで多目的に使用 

南面はワーロン障子両面組子、壁一部檜板張り、上部天然スタイル土壁、天井ビニールクロス

e0050231_16450165.jpg

主寝室(夜)

床カーペット,網代天井

鎧戸と雨戸、障子を閉鎖

e0050231_16465591.jpg

主寝室(昼) 

明かりを取り入れた時

e0050231_16474461.jpg

2階書斎

床 ビンテージフロア、壁 珪藻土、網代天井

e0050231_16503793.jpg

書斎書庫とステンドガラス付きドアー(輸入品)

採風蘭間

e0050231_16513135.jpg



# by isoda-shonan | 2018-06-25 16:54 | Comments(0)
鎌倉大町の洋館竣工(1)



鎌倉大町の高台に大正ロマンを彷彿させる洋館が竣工した。

この住宅のお施主様は、当社旧モデルハウスに来場され、このモデルハウスにそっくりな自宅を建てたいとご要望された。

過っての鎌倉には海の在る別荘地として、品の良い多くの洋館が立ち並んでいた。

ソーラーサーキットの旧モデルは、今から18年前の平成12年、鎌倉の別荘文化を継承するデザインと高気密・高断熱をコンセプトとして建設され現在に至っている。

現代はゼロエネルギーハウス(ZEH)の断熱住宅が主流だが、このモデルハウスは18年前に現ZEH認定に必要な断熱性能を満たしている。

そして、多くのお客様が厳寒期に宿泊体験をされ、寝る前に暖房を切っても朝までほっこり暖かい家を体験された。

大町の家も断熱工法は異なるが高断熱・高気密で設計され、取材当日外気温28℃でも、室内はカラットした上質な空気感に満たされ、まだ冷房は稼働してないが汗ばむことはない。

今回、お施主さまのご協力を戴き鎌倉大町の家を2回に分けてご紹介いたします。



住宅設計の参考とされた旧SCの家モデルハウス(H12年9月完成)

e0050231_16060863.jpg

デザインのポイント『ベイウインドウ』を強調した鎌倉大町の家

e0050231_16061634.jpg
e0050231_16062490.jpg

西面より



e0050231_16062967.jpg


2階バルコニーから法華堂の山を望む,尾根の向こうが材木座海岸(42X撮影)

e0050231_10385392.jpg








# by isoda-shonan | 2018-06-22 16:10 | ソーラーサーキット | Comments(0)
緑のカーテンで涼しさを

鎌倉市の環境政策課は省エネ温暖化防止に緑のカーテンの普及活動を行っている。

先日も農業の専門家を講師にゴウヤの栽培方法の講習会を開催した。

緑のカーテンは、特に夏の西日による室内の熱籠りを軽減する効果が大きくなるようです。

最先端をいく省エネ・健康住宅では、断熱、気密性の他にも日射遮蔽性能も重視、住宅における夏の日射遮蔽率(イータ値)を高めています。

健康・省エネ住宅推進国民会議のホームページには全国最先端の健康・省エネモデルハウスが紹介されているが、イータ値も掲載されている。

イータ値は小さい値が夏の暑い日射熱が入りにくいことを表しています。

住宅設計では、西日の当たる窓を小さくしたり、西窓は日射遮蔽Low-eガラス採用、窓外にブラインドを設置したりして、夏の室内環境を整えます。




イソダ・ハウジングパーク会議棟の緑のカーテン(スーパーゴウヤの苗)

e0050231_11221285.jpg

キュウリの苗の緑カーテン育成中

e0050231_11192008.jpg

モデルハウス下の神戸川の中州に営巣したカルガモ一家

今年は9羽の子ガモが成長した

e0050231_11242520.jpg

6月の花アガパンサスが咲きました

e0050231_11250286.jpg



# by isoda-shonan | 2018-06-20 11:25 | Comments(0)