excitego

湘南・鎌倉・藤沢の地で92年の実績の工務店・イソダの会長が住宅造りについて考えていること。
by isoda-shonan
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
御社のホームページを拝見..
by 李英治 at 17:07
新たな貴社のモデルハウス..
by 木形子のこころ at 09:55
はじめまして。 地域に..
by Misa Hayashi at 12:48
服部です。おわかりになり..
by 服部です。 at 11:19
現在都内に2X4で自宅新..
by きぬがわ邦彦 at 10:00
アジとシラスと温かいおも..
by mio&ririママ at 12:49
まさにおっしゃるとおり・..
by hirofu at 17:28
久しぶりのコメントです。..
by ふみ・H at 20:04
磯田様 早速の対応、誠..
by 片瀬の住人 at 21:02
片瀬の住人様 ご指..
by isoda-shonan at 18:24
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大リーグ偉大な母をリスペクト

今朝の早朝NHKを見ると米大リーグを放送してる。

大谷の出る試合かと思ったら、ヤンキース戦だった。

ヤンキースのユニフォームがいつものペンストライブではない。

皆ピンクの派手なストッキングを履いている。

相手のインディアンスもピンク色の帽子にピンクのアンダーシャツ。

この日は大リーグの偉大な母に感謝する『マザーズ・デイ』だったのだ。

毎年4月15日に大リーグの選手全員は背番号42を付けプレーするのは知っていた。

大リーグ永久欠番となった偉大な黒人選手、ジャッキー・ロビンソンを称える日なのだ。

大リーグの大男と云えども母親には勝てない。

『マザーズ・デイ』は、偉大な母をを称えて、全球団、全選手が『ピンク』を身に着けて参加する記念日なのだ。

なんとアメリカらしいセレモニーなのかと、大リーグの運営に感心する。

5時からBSで大谷登板放送があると知って切り替えた。

エンゼルスVSツインズ戦でも選手は皆ピンクの帽子を被り、シューズやリストバンドもオールピンク。

大谷が良い仕事をして6回まで無失点で抑えていた。

大谷選手もピンク色を付け大リーガーの一員として立派に活躍。そして身体の強い子に産んでくれた日本の母に感謝する。


5月15日 追記
その後の報道で『ピンク』は乳癌患者支援と撲滅のキャンペーン色で、当日使用したユニフォームやピンクバットはオークションに懸けられ、売上金全額が乳癌基金財団に寄付されるそうです。

プロゴルファーのバッバ・ワトソンもピンクのドライバーを使用し、乳癌撲滅キャンペーンに協力するが、全球団が参加する米大リーグ機構のボランティア活動って凄いですね。



# by isoda-shonan | 2018-05-14 12:30 | Comments(0)
野鳥の世界 托卵の子育て

鎌倉西北の緑の谷合では、早朝散歩で多種多様な野鳥に出会ったり、鳴き声を聞く。

今の時期、鳴き声の主役はウグイス。

何処の小山からも「ホーホケキョ」の大合唱で例年より多く感じる。

ホトトギスはウグイスの巣に卵を産み(托卵)子供を育ててもらう。

古来より、日本の風流人に愛されたホトトギス。
夏が近づくと鎌倉西北にも必ずやって来るが、子供を他人(鳥)に育ててもらうちゃっかり者なのだ。

この分だと今年は沢山のホトトギスが誕生するのではないかと、勝手に期待してしまう。

脳学者であり、昆虫学者でもある、養老孟司東大名誉教授は「自然を観察することにより、子供達は感性を磨ける」と言っている。

野鳥は季節の移り変わりと、環境生体の保全状態を人に知らせる。

ウグイスは早春を、ホトトギスは夏を、ジョウビタキは秋の深まりを告げてくれる。

ウグイスが増えていることは環境状態が良好なのだ。

気がかりなのは、外来種の「ガビチョウ」の声も増えたこと。

ウグイスの声をかき消すように、大きな声でがなりたてている。

日本野鳥の生態系に悪影響を起こさないことを願っている。


エゴノキの白い花

e0050231_15582302.jpg

8日の強い雨で花びらが散り足元を彩る

e0050231_15590085.jpg

花蜜を探すマルハナバチが受粉を促す

e0050231_15593049.jpg

庭に来たエゴの実が大好きなヤマガラ

e0050231_16001985.jpg

背中は黒いが胸はオレンジの雅眉鳥は繫殖力が強い(小菅谷戸)

e0050231_16005641.jpg
雅眉鳥後ろ姿
e0050231_11425970.jpg






# by isoda-shonan | 2018-05-11 08:30 | Comments(0)
GW明けは一転して寒空

今年のゴールデンウイークは穏やかな暖かい天候に恵まれ、箱根山のホテルのツツジ庭園を訪れる観光客は最高の人出だと報じられた。

GWとツツジの見ごろ時期が一致したのだ。

兎に角、ここのツツジは一見の価値ありで人気の高さも頷ける。

GW前半は箱根方面に友人達と一泊二日のゴルフコンペに参加、西湘道路の混雑もなく快適なドライブでした。

後半は庭の梅の木の枝払いや草取りでノンビリと過ごした。

庭にヤマガラを呼ぼうと植えた『エゴノキ』が満開に白い花を咲かせ、この花蜜を吸いにマルハナバチが忙しそうに飛び回っている。

今年は実をたくさん付けてヤマガラを喜ばすことだろう。



7日から平常業務に戻ったが、一転して3月並みの気候に寒さが戻る。

今日は日中16℃で小雨模様。

ナイター観戦にはちょっと寒い五月雨と成りました。



# by isoda-shonan | 2018-05-08 15:31 | Comments(0)
鎌倉彫の玄関履き





取引先信用金庫の親睦コンペに参加し素敵な賞品を受賞した。



過ってのコンぺ賞品は鍋釜等の日用品で、戴いても家内はそれほど喜んでくれなかった。



今回、大した成績では無かったが、飛賞にはいり高価な鎌倉彫の『玄関履き』を戴き家内も喜んでくれた。



玄関履きとは、外の郵便受けに新聞を取りに行くとき履く突っ掛けの下駄。


漆が黒光りする下駄で裏底に滑り止めのラバーが貼ってある。履きやすく脱ぎやすいのが特徴だ。



和風玄関ならピッタリの風情を醸し出すが、洋風の家でも何となく気品が漂い好い感じがする。



鎌倉彫は本来普通使いの食器として栄えてきたが、今はお祝いの返礼品として重宝される。



鎌倉彫の伝統は、何気ない玄関の突っ掛けにも、主の感性が現れる気がする。




鎌倉彫 陽雅堂 玄関履き

e0050231_15183274.jpg
e0050231_15190901.jpg











# by isoda-shonan | 2018-04-27 15:19 | Comments(0)
安倍政権の支持率低下?

最新のマスコミによる安倍首相の内閣支持率は38.3%、不支持率は54.1%と発表されている。

反対に資本金10億円以上の企業調査では、73%が阿部自民党政権の存続を支持してる。

安倍政権は望ましく無いは、たったの27%だ。

この乖離は何なのか?

国民感情的には、加計学院、森友問題での官僚の過剰な忖度、それを引き起こした長期政権の弊害が原因とされる。

内閣として任命責任を問われているが、官僚の失態で足をすくわれている感もある。

アベノミクスは経済的には、企業に恩恵をもたらし、賃上げ効果も促進し経済の安定化を構築してきた・・・・・。これが経済界の支持する主張だ。

自己流に分析するならば、それでは、誰がこの日本を引っ張っていけるのか。

代わりの人物や政党が見当たらないのが現状ではないか。

人気の小泉進次郎氏に期待がかかるが、まだ若すぎる?。
石破さんも岸田さんも支持者は少ない。

代わりの野党への期待度は皆無だ。

だからと言って、安倍3選で良いのか?

肝の据わったスケールの大きい、世界の指導者と対等に付き合えるニューリーダーの出現を期待したい。




# by isoda-shonan | 2018-04-25 08:30 | Comments(0)
目に青葉 ヤマフジ ツツジ 初ガツオ


今年の季節の旬は一週間程速いようだ。

桜も1日には散ってしまい、花見のタイミングが外れた。

表題は5月の季節を表すが、今年は暖かさが先行し、今がピッタリの季節だ。

先日仲間内の会合では、初ガツオを堪能した。

分厚いタタキは流石旬のそのものだった。

早朝散歩では、ツツジが満開を迎え、山フジが風にゆれている。

『柿若葉』は5月の季語だが、ご近所庭の柿の葉は今が美しさのピーク。

ホトトギスの初鳴きはまだ聞かないが、谷合からはコジュケイが」『チョットコイ、チョットコイ』と呼んでいる。

県内ツツジの名所、葉山の湘南国際村には例年GWに見に出かけていたが、今年の満開は少し早そうだ。

箱根山のホテルのツツジは手入れが行き届き、最高の美しさだが、ニュースで見頃はGWに入ってからのようです。


季節は5月、近くのツツジ山も満開を迎えている

e0050231_13231089.jpg

関谷川沿いの山フジ

e0050231_13240209.jpg



# by isoda-shonan | 2018-04-23 13:24 | Comments(0)
大谷翔平選手は心・技・体が充実

春満開の4月も街路樹のハナミズキが満開となり、ツツジ、モッコウバラも盛りと成りました。

野球界も花盛りで、我が横浜DeNa8連勝で首位を突っ走っている。

米大リーグに渡った大谷翔平選手の二刀流の活躍が連日ニュースとなって沸騰してる。

投げては2勝、打っては3ホームラン、先日の試合では投手打者として初の敬遠を受けるほどの勢いがある。

古来日本の武道は心・技・体を最高の武道者の奥技としてきた。

ベーブルース以来の投打二刀流選手の完成度が期待され、連日翔平特集が組まれるが、彼の凄さは『心』の鍛錬と平静さなのだ。

「今は好い状態が続くが、いつ不調に成るかわからない。その時の準備も考えている。」と今の素晴らしい成績に有頂天になることなく、冷静さを保っている。

それは高校時代に、目標設定に『人間性』、『努力』、『平常心』等の心の持ち方を張り紙にして掲示、精進してきた経緯が報道されていた。

若干23歳の大リーガーは日本古武道の『心・技・体』を基本に、大リーグの歴史を塗り替えていく。



# by isoda-shonan | 2018-04-17 08:30 | Comments(0)
自宅は4軒目 葉山終の棲家(2)



葉山の家に取り忘れたシーンを再度撮りに出かけた。

風が強い日で海岸の134号線には礫砂が舞い上がっている。

葉山町役場の土手には皐月が満開を迎え、施主の入居を待つ部屋の中は静寂そのもの、断熱気密性も高い家と感じさせる。

この家は立地条件が素晴らしい。
周囲は緑に囲まれ燐家の視線は感じず、夏の通風も充分。
この立地を生かした設計が随所に取り入られている。

窓は引き戸を多用、カーテンは使用せず竪繁上下障子とし、夏は下の子障子を上げると網戸となり、採風涼房できる。

エアコンは設置してあるが、補助的稼働で収まるだろう。

そして引き戸は全て壁の戸袋に収納され、全開口が広がる。

構造は枠組壁工法の重構造だが、内外部に日本の伝統色ベンガラと黒を基調色に使用、日本の伝統和文化を継承する。

冬は個室、洗面所、リビング・ダイニングは電気式の床暖房が入っており、太陽光発電の自前電力で暖房は賄えるゼロエネ住宅を目論んでいる。


2階の回廊は出幅も広く、家をぐるりと散歩でき葉山の四季の変化を漫喫する。

クライアントは、この大きな跳ねだしバルコニーを受ける外柱は望まなかった。
構造設計者、現場監督、大工を多いに悩ましたがこの希望を叶えた。

2階リビングの床を二重床として、掘りごたつ式の8人掛けテーブルを設置の予定、床下収納庫も多数設置した。

自然エネルギーを上手に利用し、楽しそうな集いや、エコに花鳥風月と共に生きる住まい・・・・・・・。

2年間練りに練った終の棲家の完成でした。



葉山町役場 
土手に満開の皐月が来訪者を迎えてくれる

e0050231_12054883.jpg

玄関格子引戸(特注)

外壁の一部を『ベンガラ色』のアクセント・ウオールに

e0050231_11534957.jpg

一階和室6

上下障子もサッシも壁の中に収納、全開口となる

e0050231_11544323.jpg

e0050231_11551886.jpg


2階キッチン

e0050231_11554941.jpg

2階南、東面に広がるリビング・ダイニング

和室と同じようにサッシも障子も壁内に収納して全開口となる

写真は障子を閉めた→子障子を上げて網戸→全開口

e0050231_11564473.jpg

e0050231_11574120.jpg
e0050231_11581001.jpg



リビング吹き抜け

構造梁を現しにして上部の明り取りは搭屋から

e0050231_11591557.jpg

リビング集いの場となるコタツ式大テーブル(床暖房入り)

8人掛けが可能な天板テーブルは施主支給

e0050231_11594747.jpg

北側の廊下に床下収納設置

e0050231_12005121.jpg



2階は生活の場、長寿の時代に将来を考えて家庭用エレベーターも設置
e0050231_12264057.jpg

2階回廊

北面と東面には緑と野鳥の声も、南面には近くの戸根山が望まれる

e0050231_12015177.jpg

e0050231_12022124.jpg
e0050231_12272397.jpg
                                     戸根山方面



外部

軒天 檜板張り 外壁 耐震ボードダイライト下地にナチュレウオール板張り黒塗装

e0050231_12031061.jpg



# by isoda-shonan | 2018-04-10 12:06 | Comments(0)
究極の終の棲家竣工(1)

とてつもない規模の『終の棲家』が竣工、お引渡しを待っている。  

『この住宅がイソダの宣伝に成るなら、建築雑誌でもインタ-ネットでもどんどん発表しても構わない』と有難いお言葉を戴いていた葉山の家の建設物語です。

住宅に求められる機能やデザインはお施主様によって人さまざま。

今回のテーマは施主にとっては4件目となる終の住まい、今までの住まい方の経験と要望を全て取り込む住宅の実現でした。

建主も設計者も施工技術者をも多いに悩ました住宅でした。

施主の多様な要望を聞き入れ、構造の検討、コストと予算の調整等、設計には約2年間の歳月が流れた。

『住んで楽しくなる家』、『エネルギー自立型住宅』、『雨水の再利用と通風涼房』と次世代を見据えた住宅。 太陽光発電は南と東の屋根2面に6.95Kwを搭載してる。

設計上重要なポイントは木造住宅の限界を超える『廻れる跳ね出しバルコニー』、太陽光発電の最大効率化を意図した『異勾配の屋根』、構造計算の成立と安全性から最終的に『枠組壁工法』に決定した。


外観西面 西屋根勾配14.7寸

e0050231_17440303.jpg

外観南面 南屋根勾配6.35寸 瓦一体型太陽光発電カネカVISOLA 3.65Kw

屋根頂点は搭屋になっている 
東面は5寸勾配とし太陽光発電は3.3
K
wを搭載

e0050231_17445079.jpg

家庭用蓄電池11.1Kw設置 太陽光の余剰電力は蓄電し夜間使用できる

e0050231_17452648.jpg

搭屋と樋の雨水を溜める雨水槽1,000ℓ  トイレや庭の打ち水に使用する

e0050231_17461087.jpg

開口部木製サッシ(アイランド プロファイル ウインド)110Kgと重いが滑りは軽い

スライド式で気密性も高く、戸袋に収納され全開口となる 一階は電動シャッター雨戸付き

e0050231_17465315.jpg

二階の回廊となる跳ねだしバルコニー出幅は1,850㎜ 軒天からハンモックを吊り下げ野鳥の声と涼風を楽しむ

e0050231_17491018.jpg

二階の回廊から庭に直接接続してる回り階段は遊び心を満喫させる

e0050231_17494558.jpg

最上階の搭屋 床FRP防水 遠く葉山の海を望める

e0050231_17502190.jpg

e0050231_17505790.jpg

次回につづく



# by isoda-shonan | 2018-04-06 17:51 | Comments(0)
三浦半島衣笠山の桜と同窓会

41日日曜日、今年最後の桜見物は横須賀名所の衣笠山公園に出かけた。

高校時代の友人が衣笠山のすそ野で温泉旅館を経営しており、其処での同窓会の前に桜見物を兼ねた企画だった。

三浦半島は少し暖かいのか、花見客は大勢訪れていたが、花吹雪も終わってしまい、枝垂桜が名残りの宴を仕切っていた。

上の平から急な山坂道を下山し宿の『衣笠温泉』に到着したが、足はガタガタ。

宴会の前に、まづは温泉で疲れた身体を癒した。

『温泉水滑らかにして凝脂を洗う』 高校時代漢文で習った唐の詩人、白居易の一節を想い浮かべながら湯に浸った。

漢文は嫌いではなかった。衣笠温泉の強アルカリ水鉱泉は身体をスベスベにしてくれる。

いい温泉に入ると、この漢詩が思い浮かぶのである。

50年来の友達の宴は夜遅くまで続き、皆、多感な青年時代に戻っていた。

今年の暮れは、アンコウ鍋の忘年会をここで開くことに決め、再会を約束した。



衣笠公園 上の平

e0050231_10520776.jpg




# by isoda-shonan | 2018-04-03 14:49 | Comments(0)